07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.03.23 (Fri)

そんな目で・・・

あぁ、とうとう木曜夜10時のお楽しみが終わってしまった。
最終回、良かった。すごく。

でも。

この切ない感じは何?
失恋した感たっぷりのこの感じ。
ナオミを呼び捨てにできるような関係になれたのね、よかったねー。
・・・とはとても言えないこの感じ。

あーもう私のことはほっといて。もしくは好きにツッこんで!!

だってあの目!
ナオミを見つめるあの目ったら・・・・・・はぅ。
そんな目で見ないでー!って。
重ねた手を見て、手だけなのに2人の気持ちが見えた。
なんかたまらない・・・!
「教えてやらない」っていうあの言葉が、何よりも雄弁に「2人のこと」を語ってると思った。
あぁたまらーん・・・。

あれを書いた聰ちゃんもさることながら。
にのちゃん、やっぱりすごいよあなた。
こんな気持ちにさせるなんて・・・。
あぁもう大好きー(>_<)

はい。わかってます。
どんだけだよ!と好きなだけツッこんでいただいて結構です。
所詮私はただのアイタタ女です。

はぁ。
でも、この3ヶ月というもの、ほんとに毎週木曜日が待ち遠しかった。
楽しい月日をありがとう。
思う存分、にのを堪能できた3ヶ月でした。
次はどんな顔を見せてくれるのか、今から楽しみです。

さぁ、明日の日テレジャックに備えてガッツリ予約して寝よっと。

スポンサーサイト
02:25  |  ドラマの嵐!  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.10 (Sat)

かわいい2人に・・・

あ?、今週もよかったねぇ、父上様&花男☆

父上様ではにのちゃんのあまりのかわいさに癒されたり、萌え疲れたり(爆)
もう一平ちゃん見てるときって毎回ニヤニヤが止まらないんですけど!
1人で見てるからいいけど、あれパパと一緒に見てた日にゃぁ怪しすぎて怖がられること必至だね。
ほんと、毎度毎度声出して笑っちゃってるからね。

今回も最初から最後までツボだらけだったけど、やっぱり究極はあのちゅー顔かなぁ。
もう1人で「きゃーキタキター(>_<)」って大騒ぎ。アホだね。いやほんと。
ナオミに手ぇ引っ張られて走ってるときに、ナチュラルに横分けってた前髪とかもよかったわー。
あとはカフェでシャク半さんに隣に座られたときの内股。
「うっはぁ?」言ってました。もう完全に怪しい人(笑)

一平ちゃんの妄想劇場の中でも、ずーっと手をつないでるから
「いや?!手ぇつないじゃダメー!」とかさ(笑)病んでる?
ははは、まさにARASHIC☆

予告ではついにお引越しなのかな?ご近所のお姉さんみたいな人は誰?
「青春が・・・」とか言ってたけど、あのお姉さんも関係あり?
早く続きが見たいよ?!1週間、待ち遠しいなー。


花男もね。
今回も潤くんがキュートだったねー。
でも類さまにもキュンキュンしちゃった。おぐりん、素敵。
宗二郎、つか翔太くんも捨てがたい。(←え、そうだったの?)
だってカッコいいじゃーん☆あの髪型似合ってるし。

人のことを考えるあまり、どこまでも自分に素直になりきれないつくしに
ちょっとイライラ。
そして滋ちゃん、それはずるいよ!とか。でも気持ちわかるなぁ・・・。
滋に冷たくできない司もいいよね。いい子だってわかってるんだけどね。
人の気持ちってそういうことじゃないんだよね・・・。

花男も来週がいっそう楽しみですな、ほんとに。



さてさて、私事の方ですが。
前のエントリーに対してコメントやメールをたくさんいただいております。
皆さま、温かいお言葉、本当にありがとうございます<(_ _)>

身内というのはぶっちゃけ私の父なんですが、おかげさまで手術は無事に終わりました。
しかし高齢の上にいろいろ持病もあり、術後の経過もしばらくは要注意らしく。
まだ当分病院通いが続くことになりそうです。

とはいえ私自身はちょっと風邪気味なくらいで元気ですので、どうぞご心配なきよう。
ま、疲れていないと言えば嘘になりますが、この3連休でできるだけ睡眠を取って、ゆっくり休めればいいなと思っております。


ということで、また溜め込んでしまったコメントのお返事をさせていただこうと思います。
今回はとりあえず1月中にいただいた分だけ・・・。
2月に入っていただいた分は、また後ほどお返事させていただきます。
メールをいただいてる方に関しては、今メールソフトがおかしくて送信ができない状況になっているため、それが直り次第返信させていただきますので、気長にお待ちくださいませ<(_ _)>

ではお返事です(って大したこと書いてなくてごめんなさい)。

01:28  |  ドラマの嵐!  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.02 (Fri)

マジで

萌え殺す気だな・・・。

毎回毎回、これでもか!とばかりのかわいこちゃん攻撃。
道明寺潤(違)も毎回最高点を更新してるけど、この一平ちゃんはハンパじゃない。
1回見終わるまでに何回「かわいい?(>_<)」ってさせりゃ気が済むのか!?

寝癖全開のあの頭とか。
あのあわあわ、あわわわ・・・(爆)
おかみさんに頼みごとされて困りまくる顔!
ポスターににらまれてビビる顔とか(>_<)
竜さんに見つかった時の、あぁ☆

なんてかわいいのー(>_<)(>_<)(>_<)
はぁしあわせ。
てか聰ちゃん本気でにのに惚れてるね?
でなきゃ一平ちゃんがこんなにかわいくなるわけないっ!

はぁしあわせ。
寝よ。

00:01  |  ドラマの嵐!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.30 (Thu)

一週間経ちましたが

「少しは、恩返しができたかな」が放送されてから早一週間。
未だ感想を書いていませんでしたが、今日やっと書いてみようかなと。
って大したこと書けないと思うけどね(^^ゞ

結局、原作は半分までしか読み終わらないうちにドラマを観ることに。
初見時、実はあまりのCMの多さに気が散ってしまって、
ドラマに集中できなかった私。
いつも楽しみに読ませていただいてるブロガーさんたちは、
あんまりそこに触れている方がいなかったように思うんですが、
皆さんはそんなことは気にならずに観られたのでしょうか?
私はダメだったなぁ、まったく。
涙が出そうになるとCMが入っちゃって、「あー!」みたいな。

そして時間が短すぎた。あの内容で実質1時間半ほどしかないなんて。
SPドラマなんだから3時間ぐらいの枠取ってほしかった。
おっと、感想のつもりがいきなり文句から始まっちゃったぃ。

でも、最初は心して、息を詰めて観てました。
いきなり受験当日の場面で松葉杖をつくにのの腕の細さに、胸が痛くなった。
そのシーンから、そこにいるのは和憲くんだと思った。

そして元気な頃の卓球から最初の入院のところまでの、信じられないくらいの
にののかわいさったら!
これから始まるだろう辛いシーンの連続の前に、正直一瞬ヲタ魂全開になった私。
「かわいい?☆」言いながら観てました。
特にあの青いチェックのシャツにはやられたわ。

髪を剃るところからあとはもう、ただじっと画面を見つめるばかりで。
本当に、あの状況であんなに周りの人に思いやりを持って接することができるなんて…。
もし自分がそうなったらどうするだろう、と考えずにはいられなかった。
とことん自己中な私にはきっと、あんなふうにはできないと思う。
そして娘がそうなったら…と思っては打ち消し。
たまらないよね、自分の子どもがそうなったら。怖い。何にもできないんだもん。
普段あんまり子どもをかまってやらない母である私。
でもそうできるのも健康だからこそなんだって、丈夫な娘たちに感謝したくなった。

そして全編を通じて思ったのが、優しさはもちろん和憲くんの素直さ。
育ちの良いことが見て取れるけれど、普通高校生の男の子ってあんなに
母に近い存在ではないんじゃないかと思う。
それはもちろん、病気になったことで、よりそうなったということはあるだろうけど。
あんまり家族の一体感みたいなものを感じることなく育ってきた私には、
その関係がなんだか羨ましい気がした。

っていうか、親子だったよね。間違いなくあの2人は。
大竹しのぶと二宮和也ではなく、母と息子以外の何者でもなかったね。
もう、出てくる誰もがみんなそうだった。
お父さんもお兄ちゃんも。先生もお友達もみんな。
あんなにブツ切りだったにもかかわらず、やっぱりこれだけ心に残るドラマに
なったのは、俳優陣の力量を抜きにしては語れないと思う。

集中しきれていなかった私をもついに泣かせた拓巳くん。
メールをお母さんに持ってきたあのシーンでポロポロとこぼした涙。
留学から帰ってきて弟の死を知り、泣き崩れたお兄ちゃん。
何度リピートしても泣けるこの場面。

そして言うまでもなく、和憲くん。
最初から最後まで、そこにいたのは和憲くんだった。
どんどん痩せ細っていって。顎がどんどん細くなって。頬もこけていって…。
ほんとに上着の袖の中の腕が、みるみる細くなっていって…。
観ていて怖かった。にのがほんとに死んじゃいそうで、胸の奥が冷たくなった。

というか最初からそうだったんだけど。
後半まで泣けなかったのは、胸が震えて涙にならなかったせいもあるのかも。
なんていうか、極度に緊張した時みたいな感じ?ものすごく胸の奥が冷えて。
夜、窓辺に立って外を見つめているところとか。
和憲くんはどんな気持ちでいたのだろうと思うと、たまらなかった。

でも、自分のやりたいことを精一杯やって、結果を残して逝けたことは、
彼にとってはとてもよかったと思う。
こんなありきたりな言い方しかできないのが歯がゆいのだけど。
受験することを選んでいなかったら、やはり後悔が残ってしまったんじゃないだろうか。
「目標があれば頑張れる」そう言ってそれを成し遂げた彼には、そういう意味では
悔いはなかったんじゃないかと思う。
あまりに短い自分の生涯を思ったときの無念さは言うまでもないけど…。

毎日を精一杯生きるということは本当に大切で、いつも心がけるべきことなんだと
実感したし、周りの人とのつながりについてもいろいろ考えさせられた。
にのが出ていなかったら、たぶん観ていなかったと思うこのドラマ。
原作ともども、この作品と出逢えたことで、確実にいろんなことを考える
きっかけになりました。

俳優・二宮和也の輝かしい未来も確信することができたし。
決して俳優だけで終わる気はないだろうけど、いつまでも演じることは
やめてほしくないと思います。
雑誌で「これからは芝居の仕事が来たらどんどんやりたい」と言っていたので、
きっとこれからはもっともっとにのの演技を見られる機会も増えるでしょう。
それを楽しみに、前向きな生活を送りたいものです。はい。


以下、コメントお返事。


01:35  |  ドラマの嵐!  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.28 (Tue)

イマキヨな潤さま☆

面白かった?!!「イマキヨさん」!
潤くんよかったね?☆いい顔してたねー♪
やっぱ潤くんてキョドってる感じとかうまいよね(笑)
しかも高田和男って名前がまた潤くんじゃなさすぎ!
結構笑いながら観ちゃったよ。

面接受けに行ったりリクルートスーツ着たり、
あんまり見られない姿も見られて楽しかったわ?☆
あれが道明寺とはね!(違)
うーん、しかし役者やのー潤さま。
こりゃぁますますワルキューレが楽しみになってきましたわい(誰)

やっぱりさー、今度「嵐の特別編」やってほしいよね、5人で。
前にSMAPがやったみたいに。
嵐も十分いけるよ、1人1話で。

潤くんの「世にも」出演が発表になる直前、仲良しの嵐友さんとも
「それ、やってほしいよね?」なんて話してたんだ。
そしたら潤くんが決まって。
ぜひぜひ、にのにも出てほしい!
嵐なら絶対みんな面白い話ができるもん。
5人いっぺんが無理でも、それぞれお声が掛かるのはそう遠くなさそうだね♪

次は誰かな?楽しみ?☆


…でも、超短編はイマイチな話ばっかりだったなー…。
もっとホラー色強くしてほしかったよ…。
昔やった「私リカちゃん」って電話してくるお人形の話、
まだ強烈に覚えてるもん。
今度はぜひあの路線でお願いいたしたく。
よろしく、フ★テレビさま<(_ _)>
23:46  |  ドラマの嵐!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。