FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2008.07.14 (Mon)

和也つながり

BAY STORMレポです。
今夜は邪魔されずにできたよ(;^_^A

今回はいろいろ当選や正解の発表があったりしましたが、お宝音源はナシということで。
【シャッフルファイト・キーワード】のコーナーの名前の話題では、にのが亀ちゃんと
名前の漢字が被ってるという話に。
そしてジャニーズのデビュー組の方々は、名字が被っている人がいないと。
そういえばそうだよね、まぁキンキは例外だけど。

そんな感じでございました。
では、レポスタート。



【More・・・】


「腹筋割れたかも」

「はい、こんばんは。嵐のカズナリニノミヤです」

 『二宮くんは6月22日のゲームニッキXで、咳が止まらないと言っていましたよね。
  実は私も6月2日から20日間ほど咳が止まらなくて困っていました。夜も眠れないし
  腹筋も痛くてさんざんでした。腹筋はほんとに固くなって、親に「腹筋割れたかも」
  と騒いでいました。今では病院にも行って、薬をもらってだいぶ良くなりました。
  二宮くんはもう大丈夫ですか?』

「ということで。まあ、まま、普通にだいじょぶはだいじょぶなんすけど、まぁ
 未だに咳は出ますねー。なんかねぇ、なんか出るんですよねー。俺ね、咳して
 疲れて寝ることもあるんすよ」

オ「咳のし過ぎでですか?」
「咳のし過ぎで。だ、今そんなね、前…でもね、寝る時も起きる時も結構ね、喉に
 関しては普通なんですよ、状況的には。たぁだ、咳だけは延々出るっていうね」

「んー…心配ですね」
「心配だな」

「はい」
「(低音で)まぁ、このよーに。まだまだ。え?…暗い。暗いか。そっかそっか」 

「そして今夜はね、【オレってこんな奴クイズ】の正解発表もしますので、メールを
 送ってくれた皆さんは楽しみにしていただきたいと思います。それではカズナリ
 ニノミヤのBAY STORM、今夜のオープニングナンバーを紹介しましょう。
 リア・ディゾンで『Vanilla』」

「さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、この時間は、
 こちらのコーナーをお届けしましょう!」

【シャッフルファイト・キーワード】

「はい。まずはこの人。キーワードは?」

 ■ギリギリ
 『レポートやテスト勉強など、早く取りかからなきゃいけないのがわかっているのに、
  いっつもギリギリになるまで取りかかることができず、徹夜とかしています。にのさんは
  学生時代、テスト勉強は事前からしっかり取り組んでいましたか?ギリギリにならない
  コツがあれば教えてください』

「…でもそれがやり方だったらいいんじゃないの?ダメかなぁ、そんなこと言って
 しまったらわたくしが。だってさぁ。それでもう身に付いちゃったらそれしか
 できないよね。そう思わない?俺もギリギリまでやらない、タイプとか、やる
 タイプとかいっぱいあったけど。俺まちまちでしたけど。でもそれが一番、頭ん
 中に入ってんだって。そうじゃない?だって一番最新に取り込んだ方がさ。
 だってそれ、反復練習とかしなきゃいけないでしょ?いわゆる復習とかしなきゃ
 いけないわけじゃない?…それだったらさぁ。1回、でさぁ。パチってやっちゃった
 方がさぁ。まぁ身にはならないけどね?あぁ、そのテストは逃れられるよねぇ。
 続いてこの人」

 ■名前
 『…双子が生まれたって。へぇー。名前はすいません、勝手ながら、二宮くんと
  大野くんからの漢字をいただき、えー、俺の一文字、和也の和と書いて「ひより」、
  大野さんの智と書いて「さとり」ですと。二宮くんの「かずなり」も、わりと珍しい
  名前と思うのですが、この名前で得したこと、損したことありますか?』

「だって。ふふ、ほんっと得したことないね。今まで生きてきて。名前間違えられ
 ますよ。あのね、名前間違えられたらね、あのね。間違えた方は、『うわぁ!
 すげぇ申し訳ないな』とか思うと思うんですけど。間違えられる方ってね…も、
 永遠間違えられてますから。んもね、気にしないんですよ。だからぁ、僕、ドラマ
 とかの、最初の時とか。間違えられて紹介されても、全然普通に、それで通し
 ますからね」

「ほぉー。どう間違われるんですか?」
「カズヤですね」

「あ、そのまま読んで」
「うん」

「音読み?音読みか、はい」
「して。あのー、僕でもね、『タッチ』の影響だと思うんだよなぁー!いい奴だった
 よねぇ。和也」

「お兄ちゃんの方でした?」
「えーとねぇ、兄、弟の方ですね」

「弟ですか」
「んー。あーれがねー、たぶんね僕けっこ効いてると思うんですよ。あと亀梨くんね。
 ただ…あー、得したこととして言うとね。…カウントダウンコンサートとかで、
 亀梨くんのファンとか、でも、和、同じ、字体だから、すーげぇいっぱいいるなって。
 思えることぐらいかな」

「…そこはでも、二宮さん。じゃ、ないんですか?」
「ぃやもしれないよ?でも。亀梨くん、かもしれない」

「わかんないですね」
「わかんないよ。だってどっち行っても盛り上がんだから」

「はいはいはいはい…」
「それはさ、わかんないよ。どっちがどっちか」

「ほー」
「だか、すげぇいっぱいいる感じになってちょっと嬉しいの。そこは。同じ名前だと」

「あー。なるほど」
「うん。だかね、亀梨くんのファンはね、やっぱ『亀』とかにしといた方がいいんだ
 よ。でも亀とかにするとさ、やっぱりドラゴンボールみたいになっちゃうでしょ、
 いよいよ。そうなっちゃうとかわいそうだよね。あいつもあいつで。でそぅすっと
 名前になると今度俺と被っちゃうし」

「なるほど」 
「だ、ああいうのがまた大変なのよ。ジャニーズ事務所って基本的に被んないのよ。
 なぜか知んないけど。今まで名字とか。『松本』とかいそうじゃん」

「…普通にいそうですけど」
「でも、普通、その、いないんですよ」

「そうっすね」
「うん。デビュー組は。『山口くん』とかいそうじゃん。ねぇ!山口くんいないし。
 だぁれもね。被っていないっすよ。『大野』とか『櫻井』とか。『岡田』とか。
 『森田』!とか。『坂本』とか!『坂本』『長野』は結構被りそうだよねぇ」

「んー」
「でも兄さんたち被ってないもんね。1人もねぇ」

「ほんとっすねぇ」
「ただね、下はねぇ、被ってる人が誰かいるみたいですね。だ、僕と亀梨だったり
 とか。…松岡くんと、松兄と中居くんかな?」

「あー、そうっすね。『まさひろ』」
「字は違うけど」

「はい」
「ちょっと被ったりとか。してますけど。被ってないんですよほんとに。ね、珍しい
 んだよね。被るのねぇ。続いてこの人」


 ■傘
 『最近傘が折れちゃって、どんなのを買おうか迷っています。前は、黒にピンクの
  小さいハート柄で、その前は黒にピンクのさくらんぼで、いつも同じようなのを
  買っていると。どんな傘を持ってる子がかわいいですか?えー、どうでもいいよ
  とは思いますが、答えてくれると嬉しいです』

「と。そんなね。悲観的にならなくても大丈夫じゃないっすか?…ねぇ、そんなぁ。
 でもそんなの可愛いんじゃない?今までの、こういう傘。どう?俺でも必ず、
 俺傘はコンビニって決めてんの」

「へー」
「なぜならば。いつでも手に入るでしょ。低予算で」

「そうっすね」
「んー」

「あの、透明なやつですか?」
「透明なやつですね」

「ほー」
「透明なやつに、マジックで、いろんなもの書きますね」

「えっ?書くと(笑)どの部分に」
「ふふふふふ…あの、傘の部分ですよ。当たり前じゃないっすか」

「いやいや。柄の部分ではなく」
「あの傘の部分に、いろんなもの書きますね」

「へぇー」
「そうすると、持ってかれないでしょ?」

「はいはいはい」
「店に置いてあっても。開けた瞬間さぁ。なんだこれ!?みたいな(笑)感じに
 なっちゃうでしょ。どんなに酔っ払っててもたぶん」

「はい」
「『…んだこれ!?』みたいな。持ってかれないですよ。俺だ、それにしてから、
 まだ1回も持ってかれたことないっすよ」

「へぇー」
「いろんなの書き込むからー。ちょ、楽しいじゃない。透明だし」

「例えば(笑)」
「え?」

「例えばどういう」
「例えば?例えばねぇ…何書いてたかなぁ。こないだは」

「はい」
「テーマを決めてね?書いた。ですよ。…こんな傘が、日本で売ってたら、たぶん、
 外国の人は、お土産で持って帰るだろうなって(笑)」

「(笑)」
「いうような感じを、いっぱい書いた。傘」

「へぇー。ほんとですか」 
「『寿司』とか」

「絵を描く…」
「字でした」

「あ、字をね」
「それ、漢字をね。『寿司』とか。『愛』とか。『誠』とか」

「はい。あー」
「『写楽』とか」

「(笑)…」
「はははは…書いて。お、絶対持って帰んないでしょこれ」

「そりゃそうですね」
「イヤでしょ。俺もやだもん。差してるの。だ、子どもとかに書かしたら。まぁ
 天才的な傘がたぶん、出来上がると僕思いますよ」

「ですねぇ。あんま見たことないですよ。いい、アイデアですね。それ」
「そう。絶対持ってかないでしょ?『写楽』とか書いてあるからさ。(笑)いらない
 でしょ?そんなの。まあ。ね?今日はここまででございますけども」

「それではここで1曲聴いていただきましょう。SoulJa×YUKIEで『そばにいるね』」

「さて。嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、ここで、嵐の
 オリジナルグッズのプレゼントの当選者の発表にいきたいと思います!」

「今回の宿題は『パス』『ポート』『ケース』のどれかを使ってダジャレを書いて
 くることですがどのようなダジャレを考えてくれたのか。当選者3名の、発表に
 いきましょう。まずはこの人」

 『「野球選手で誰が好き?」「パス!」』
「……ありがとうございます。続いて」

 『ケース庁(警視庁)』
「……はい。続いて」

 『「テゴマスって何て呼ばれてるの?」「手越です」「パッスーです」「2人で、
  テゴパスです!」』
「と。……はい、やっぱりね、オオクスさんのウケだけはいいという、このコーナー」

「(笑)」
「でもね?これも。当選ですから。今の方にね、えーぜひともね。大事に使っていた
 だきたいと。まぁね、皆さんね、いろんな人がね、応募してくれたんですけどね。
 諦めずに、次回もね?参加していただきたいなぁというふうに思います。さあ!
 続いてはメールフォーム限定の企画のこちらにいってみましょう」

【オレってこんな奴クイズ】

「さて。お待たせしました。毎月第2週目は正解発表の日ということで、この番組の
 メールフォームだけで僕にまつわるクイズを出題中の『オレってこんな奴クイズ』。
 6月分のクイズは正解率50%を超えることができたのか!…まずはクイズのおさら
 いをしましょう。6月分のクイズはこちらでした。『今年の誕生日会は3回開いて
 もらった。Oか×か』」

「ということで。まぁまぁいろいろありましたけどもね、正解の発表にいきたいと
 思います。正解は…×でしたー!!(パチ)…それ何をそんな、シャットアウト
 すんの?だいじょぶだよ。大きくやっても。(パチパチパチ)でもまぁたぶん、
 4?5回、ぐらいしてもらいましたね。…ええ」

「誕生日会を」
「すーごいでしょ!俺ついに人気が出たなと思いましたよ」

「(笑)…いえいえ元から、ありますから」
「いーやーはや。今回に関しては後輩とか。M.A.Dのね」

「へぇー」
「子とかがね。祝ってくれたりして」

「んー」
「粋な感じで。M.A.Dの人が、お店、を、とって。その店で、いきなり電気が暗く
 なって。祝ってくれたりしましたねぇ。まぁ。なぜだか知んないけど、お金は
 俺が出したんだけども」

「へへへ…」
「まぁまぁ。でも、そういう感じも、ありましてねぇ。まぁやりましたけど」

「さあ!気になる正解率50%以上だったらお宝音源をオンエア、さらに70%以上だっ
 たらレアグッズをプレゼントです!が。今回のクイズの正解率はなんと、33%!
 ということで。まぁ以外だろうな。3回ってのがミソだろうな!…うーん。…もう
 できました?レアグッズ」

「はいっ?レアグッズ?」
「レアグッズ、なんか」

「レアグッズーはー…えー、え?」
「レアグッズ」

「はい?」
「…グッズ」

「あー!レアグッズはー、まだですので。引き続き」
「なんかじゃあ。オオクスさんがさ、ハンドメイドで(笑)作ってきてよ」

「いやいや(笑)僕は(笑)」
「ねぇ。作ったらいいんじゃない。たぶん。なんか」

「いやぁー」
「それこそパスポートケースとか作っちゃえば?自分で」

「自分でですかぁ?」
「勝手に。うん」

「いやぁー!全然そっちの才能が。たぶん…」
「ないからいいんじゃない?」

「あぁそうですか」
「んー。ないからいいんだよ。ねぇ?最近ね。昔のでもいいんですよでも」

「昔のありますよね」
「余ってるやつ。んー」

「余ってるのはないので。えー」
「いや、余ってるのいっぱいあるよ」

「いやいや(笑)」
「余ってるのいっぱいあんの」

「ちょっと、あの。今の、これ、ループですよね?そういえば、そうですね。失礼しま
 した。あのー(笑)…レアグッズ。探してきますので(笑)」
「『今の、これで』って何なの?」

「いや(笑)すいやせん(笑)」
「今の、わからないな」

「はい。あー!いやいや」
「『今の、これで』っておかしいよね」

「すいません。以前言ってた。はい、思い、ちゃんと覚えてます」
「あれだからね?あのー。『花より男子』を見てとかさ」

「んー」
「『ひみつのアラシちゃん!』見てとか。そういうとこでファンになった人もいる
 かもしれない」

「そうですよね。んー」
「そういう人はさ?昔のグッズとか、これまたね。また嬉しいし」

「はい」
「昔から応援してくれてる人は。あれ、もらいたかったけどもらえなかった。その
 チャンスがまたあるのかと」

「はい」
「思うわけだよ!」

「ご用意します」
「だ、余ってるやつさぁ!もうもう出しちゃえばいいんだあれ」

「余ってないっすけどちょっと」
「ほほほ…」

「Jストの方に聞いて」
「ははははは…あれね?お願いしますよ」

「はい」
「まぁまぁまぁ今回はちょっと50%もねちょっと、届かなかったのでぜひともね
 来月皆さん頑張ってく、いただきたいと思うんですが。…これ。その代わりと
 言っては何ですが。解禁が」

「はい」
「無事されまして。えーと皆さんに聴いていただけるということですよね?」

「そうなんです」
「あーぜひともね。皆さんに聴いていただけますか、じゃあ」

「はい!」
「えーこれ、両A面なんすね、久々にね。それの、片方でございまして、皆さんも
 お聴きいただいてる方もいると思いますが。えーぜひともね、聴いていただき
 たいと思います。『魔王』の主題歌、嵐で、『truth』」

「…こんな強い感じの、曲は。なんか『時代』以来ですね」

「そうですねぇ」
「んー。これは?23枚目のシングルになるんですよね?」

「はい」
「『truth』はね?久々の両A面ってことで。えーもう1曲は、翔さんが。メイン
 キャスターを担当する、日本テレビオリンピック番組の、テーマソング。
 『風の向こうへ』」

「はい」
「曲が。入るということで。そちらは、いい曲なんですか?」

「あのー、非常にポップチューン、で」
「はい」

「はい。洋楽っぽい、イメージ、ありますね」
「あぁ(笑)あれ、外人さんが作ってますからね(笑)あぁも洋楽っぽくなってるでしょう
 よ。それは。ははは」

「はい」
「ははは…まぁあれが。入るということで。ぜひともそちらの方もね。『風の向こう
 へ』の方も、ぜひとも楽しみにしていただきたいと思います!お送りした曲は、
 嵐の新曲でございます!えー『truth』でした」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしてまいりましたBAY STORM、そろそろ
 お別れの時間なのですが」

「オオクスさん」

「はい」
「なんか、嵐情報があれば」

「はい。えー…わたくしから、ですか。じゃあですねぇ、はい。
『ARASHI Around Asia 2008』ということで」
「なるほど」

「はい」
「それをね。改めね」

「はい」
「9月の5日」

「6日」
「6日」

「国立」
「でやると」

「はいっ」
「2日間やってから、えーとー」

「アジアに」
「アジアに。台北公演、ソウル公演、上海公演と。…すごいよねぇほんとにねー」

「ですねぇ。上海はー、ジャニーズ、初と」
「そうだよね。かなり冒険だよね、1日だし」

「そうですねぇ」
「ねえ」

「はい」
「怖いなぁ」

「楽しみですね」
「みんなね、これね。成功するといいですね」

「いやもうもちろん」
「ねー」

「大成功。したいですね」
「そうですね。まぁたぶん。そんなこと言いながらオオクスさんどこにも来ないん
 ですけど」

「いやいや(笑)わたくし」
「国立ぐらいじゃないすか?来るの」

「アジアも、ピシッと。お供させていただきます」
「行くの!?」

「もちろんじゃないすかねぇ」
「おぇーぃ!え?オオクスさん英語しゃべれんの?」

「(笑)いや、しゃべれないです」
「でも行くんだ」

「はい」
「いいなー、メシ食ってんだもん、っとにねー」

「いやいやいや(笑)」
「やんなっちゃいますよ頑張ってんのに」

「ごはん、ごはん、食べる間もないんでね」
「これまた頑張っていきましょうね」

「頑張りましょう」
「11月。えー、ですね。9月から11月にかけて」

「はい」
「それがあるということでございます。えー、ということで、お相手は嵐の二宮
 和也でしたぁ、また来週」



02:36  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★どうも!!

いゃ~
レポ、ありがとうさんです!!
みょうじょー |  2008年07月16日(水) 17:48 | URL 【コメント編集】

★お返事です

みょうじょーさん☆

コメントありがとうございます。
また、寄ってください(*^-^*)
みゆゆ |  2008年07月25日(金) 23:17 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/1051-3244161c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |