07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.08.10 (Wed)

教授のライヴを語る

もはや水曜日ではございますが、今回のJUN STYLE レポです。
何やらフェチバトンなるものも回ってきているんですが、それはまたあとで
書きたいと思います。
ではどうぞ。



「おはようございます。8月6日土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。僕ら嵐はですね、今夏のコンサートの真っ最中ということで、
 今日6日は北海道に来ています。あなたは今どこで聞いてくれているんで
 しょうか?約30分間ですが、僕、松本潤と今からお付き合いください。
 それではJUN STYLE スタートです」


嵐『Yes?No?』

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。もう8月に入ってねぇ、
 1週間経とうとしております。が、これがねぇ、またびっくりすることにねぇ
 僕はようやく夏を感じる機会がありまして。まぁ夏を感じるという意味では、
 ライブをやったりとか、そういうことで夏を感じる機会はあったんですけど
 実際こう、外に出て、なんか夏っぽい空気を味わうっていうのはほんとに
 なかったんですよ今年。7月もずっとコンサートのリハーサルでずっと室内に
 こもってて、んで7月下旬からツアーのほうも始まって。よりいっそう外に
 出る機会もなく、みたいな状態だったので、久々にバラエティのロケで、
 『Dの嵐!』なんですけど、ロケに行ってきて、普通に立ってるだけで汗が
 ダッラダラかくぐらい暑い日だったので、それで『あ?もう夏なんだなぁ』
 っていうのをようやく味わうことが8月に入ってからやっとできた松本潤です
 けども。

 だからね今年、それこそ花火大会とか、花火も見てないし、まだ海も行けて
 ないし。そういう意味では夏らしい夏を感じていることがまだなくてですね、
 んーなんかやりたいなぁと思っている次第でありますが。
 この北海道行って北海道から帰ってくるとスケジュール的にも少し楽になる
 と思うんですけどね。えぇ。そんな感じでございます。皆さん、昨日の
 『ミュージックステーション』観ていただけたでしょうか。えぇ。よかった
 ね。最高でした。てな感じで、それではここで1曲聴いてください。嵐で
 『Lai-Lai-Lai』」


【More・・・】

「嵐で『Lai-Lai-Lai』聴いてもらいました。『ミュージックステーション』
 よかったですねぇ」

「嵐の松本潤がお送りしています、JUN STYLE です。では今日も試しましょう。

 【○○のギリを探せ!】

 ということでやってまいりましたっていうかさぁ、これさ、すごい試してる
 よね?ま、いっか。まぁいいね。ということで今日も試してみたいと思い
 ます。


 『私はいつも通学にバスを使っていますが、以前おばあさんに席を譲ろう
  としたら「失礼じゃん!」テンションで怒られたことがあります日本語
  がよくわからない
バスを譲るか譲らないかの境界線を潤くん目線で
  考えて欲しいです。P.S.前に1回だけやっていただいたマシンガントーク
  はどうなりましたでしょうか?(笑)やっぱり反響がなかったんですかね?
  ふふっ考えてみた私はとっても気になります。
  ぜひ結果だけでも教えてください』

「あー、すげぇ切ねーな俺。15歳の子に『反響がなかったんですかね?』って
 聞かれちゃった。よし、頑張っていこう今日も。もうすぐ22歳の松本潤。
 あのー、もうね、これはすごく簡単なことですよ。この境界線というのは
 自分の良心次第ですね。うん、何というか、今行くべきと思うか行かなくて
 いいと思うかっていう。なんかさ、電車とかバスとか、そのね、シルバー
 シートがあったりとか、ないものにしてもそうだけど、体がちょっと疲れて
 そうな人だとか、体調の悪い人とか、健康状態がすぐれてない人とかに対し
 て席を譲ったりとかするっていうこと自体がもう自分の良心の範囲内でやれ
 っていうものでしかないと思う。別に譲る譲らないを他人がとやかく言う
 必要もないと思うし、別に譲らないからといってどうかっていうと、別に
 それはどうでもないと思うんだよね。

 ただその何だろ、コミュニケーションの取り方の一つとかさ、んー、なんか
 いいことした気持ちになるっていうかさ、全然知らない人なんだけど手を
 取り合えるっていうかさ、なんかそういう感覚っていうのは、そういうこと
 するとなんかちょっと芽生えたりしますよね。うん。そういう意味ではすご
 くして損ではないと俺は思うし、確かにその、『席どうぞ』って言うタイミ
 ングとかすごく難しいと思うし、逆になんか言ったことによって、言って、
 でも『いいんですよ』って言われちゃってすごく気まずくなってしまう瞬間
 とかも、俺も味わったこともあるし、かといって自分が『あぁこの人座らせ
 てあげたほうがいいな』と思う人に対してそれを言わずにほっとくっていう
 のもなんか・・・なんかなぁみたいな気がしますよ。

 まぁこの人は15歳っていう年齢もあるかもしんないけど、寝たふりをして
 回避してますということだけど。なんか別にその、恥ずかしがることでもな
 いと思うし、むしろその、譲ろうとしたのに怒られたっていう、「失礼じゃ
 ん!」テンションで怒った人の意味もわかんないし。まぁ年的に『私ゃまだ
 よ!』っていう人だったのかもしれないけど。ま、その気持ちもなんかわか
 らなくはないけど、まぁそういう人ばっかりじゃないし、喜んでくれる人も
 たくさんいると思うし。

 だからその年がどうとかってことよりも見てて『あぁこの人座ってもらいたい
 な』って思う人っているじゃない。その年が云々じゃなくてすごく疲れてる
 とか。例えば妊婦さんだってそうだし、怪我してる人とか、そういう人とか
 松葉杖持ってる人に立っててもらうよりさ、座っててもらったほうがよかっ
 たりもするじゃない。っていうことだったりとかさ。なんかそういう『この
 人座って欲しいな』って思う人に対して『どうですか?』っていうふうに聞く
 のは全然失礼なことでも何でもないと思うし、それで『失礼じゃないか』って
 怒られたら『てめぇが失礼だこのやろー』って話ですからね。まぁそういう
 ことだと僕は思いますけどね」


「・・・サントラですかね。『星になった少年』のサントラの中から坂本龍一さん
 で『Shining Boy & Little Randy』を、『星になった少年』を聴いてもらい
 ました。えー、先月末になりますか、先月末Zeppのほうで教授がライブを
 やってて、ちょっと観てきまして。いやぁ面白かったですね。もう『CHASM』の
 アルバムの曲をやりつつ、昔の、それこそ『千のナイフ』とか、あの頃の曲
 とかもやってて。『うわぁー!』と会場がものすごく盛り上がったことが
 すごく鮮明になったり。あのー、『CHASM』の中の、『CHASM』もそうだし、
 『WORLD CITIZEN』とか『War&Peace』とかあのへんの曲とかももちろんやっ
 て、すごくあの、何だろ。やっぱりあのレベルになるとね、もうね何をする
 じゃないんですね。もう、居て、やる、プレイすることに意味があるみたい
 な。なんかその・・・上質な感じがすごく素敵でしたね。うん。なんかさ、別に
 ほんとに何するわけじゃないし、別にMCも普通に淡々とエコの話とか、ツアー
 グッズの話とかをしてたんですけど、僕の回は。初日だったので。うん、何
 でもないことをやってるだけなんだけど、すごいなあと。改めて思いましたね。

 ちょうどその次の日から僕は大阪に行ってコンサートのリハを1日やって次の
 日が僕らのライブの初日だったので、その前の日に行ったんですけど。んー、
 『はぁ?なるほど』とちょっとなんかもう、このレベルはすごいなって、思い
 ましたね。最後、終わってからそのzeppの後ろのところにバーカウンターみ
 たいのがあって、その周りに関係者の人たちがみんな集まってて、そこでなん
 か軽く乾杯とかして。久々にお会いして。ちょこっとしか話してないけど、
 なんかあの、『どうも、お久しぶりです』って話から入って。で、俺もその
 ライブのリハがあったからいつ行けるかわかんなくて、結局ギリギリになっ
 ちゃって。ギリギリに坂本さんに直接メールを送らせもらって。『すいません
 が』って言って無理やり入れてもらったんだけど。

 いやぁあのね、ほんとにすんごい気合い入ってたし、その昔の曲の盛り上が
 れる、その何だろ、あんまりさ、そういう感覚ないのかなぁと思ってた。
 ライブに行ったの初めてだったから。その・・・もちろんファンの人を楽しま
 せるっていう気持ちはもちろんあると思うんだけど、今その自分がいるとこ
 ろに対してすごく執着する人なのかなぁっていう印象がすごく強くて、俺は。
 だから過去にそんなに囚われることなく、今回のライブっていう意味で今回
 の、最近出たものとかをやってくのかなと思ったら、昔の曲とかをやったか
 ら、俺はそれはすごい意外で。『あー、なんかすごい、押さえるとこ押さえ
 るんだなぁ』みたいな感じがすごくしたし。うん。素敵でしたね、そんなと
 ころが。ちゃんと成立を狙ってるっていうか。うん。そう思います。はい」

嵐『素晴らしき世界』


「いかがでしたか?今回の嵐JUN STYLE。今日のエンディング曲は、アルバム
 『One』の通常盤の中から『風見鶏』聴いてもらってます。嵐のインフォメー
 ションとしては、嵐のニューアルバム『One』皆さんのおかげでいい感じに
 売れております。ありがとうございます。まだ手にしてない方はぜひ!大宮駅
 西口アルシェビル5階にあるCDショップ『Nack5 town』に行ってみてほしいと
 思います。
 
 ではまた来週も聴いていただきたいと思います。お相手は嵐の松本潤でした。
 バイバイ!」




これやってる途中で1回PCが固まっちまいまして、エンディング部分、
ちょっとはしょりました。
でも語ってる部分はちゃんと残ってると思いますのでご了承くださいませ。

あー今回も語りが長かった・・・(笑)

01:56  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/159-56b309ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。