09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.08.27 (Sat)

大切な『One』

今回は久々にまともな時間にJUN STYLE レポできました☆やれやれ。
今週はプレゼント企画のお題、「あなたにとって大切な『One』」という話です。

では、どうぞ。




「8月27日土曜日の朝いかがお過ごしですか?松本潤です。
 8月もラストの土曜日ということで、ゆく夏、そしてゆく21歳を楽しんでいきたい
 と思っている松本潤です。私事ですが8月30日に22歳になるということで、
 21歳最後の放送となるわけです。楽しんでやりたいと、そんなふうに思います」


「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日の1曲目は
 『BEENIE MAN feat. JANET JACKSON』で『FEEL IT BOY』を聴いてもらって
 ます。えー、この曲は非常に懐かしくて、何年前だ?・・・2002年とか?
 3年前ぐらいかな。なんかに、旅行にいった時にずーっと聴いてた曲をコンピの
 アルバムの中に入っているのを見つけて、久々に聴いたらちょっと懐かしく
 なって、『俺もちょっと遊び行きてぇ?』と思って(笑)選んでみました。
 遊び行きたい願望の曲ですこれ。僕が。休み、待ってます」





【More・・・】

「あのー、最近、DVDなんですけど、よく観てまして。けっこう観たよ、俺ここ
 一週間で何本ぐらい観たかな、えーとね、6本観ました。けっこう観てるよね。
 いいペースです。結局映画館に行きたくて行けなかったレイ・チャールズの
 『Ray/レイ』をジェイミー・フォックスの『レイ』を観まして。えぇ、いいもん
 でしたね。なんか、音楽も素敵だし、話もいいし、すごくいい映画でしたね。

 前、このラジオでも掛けたと思うんだけど、曲自体はいいというふうには思って
 たんだけど、首位に認定されたときに歌ってる映像とかがその映画の中に
 入ってて、『あぁそういう曲だったんだ』っていうこととかも全然知らずに
 聴いてたんで。『あぁそうだったんだぁ』という印象があって、ちょっと
 見方が変わったり。その映画を観てからちょっとその、何て言うんですかね、
 レイ・チャールズの歌がまた改めて良く思えたりとかして。うん。素敵な
 映画でしたね。

 あと『スターウォーズ』を観たりとかしてますね。なんとかエピソード3を映画
 館で観ようというふうに思ってて、4をずいぶん前に1ヶ月前ぐらいですかね、
 に、観たんですけど。で、5,6と昨日1日で2つ続けて観まして。まぁちょっと
 話は変わりましたが、レイ・チャールズのDVDを観たということから続いて
 レイ・チャールズの曲を聴いてください。ライブテイクですね。『ホワッド・アイ・セイ』」

「21歳最後の松本潤がお送りしています、嵐JUN STYLE。今日は、以前呼び
 込んだ『嵐オリジナルファンライト』についてのお題『私の一番大切なOne』を、
 当選発表を兼ねて紹介したいと思います。夏に作ったファンライトということ
 なんですが、気がついたら9月前ということで(笑)今年使える日が来るんで
 しょうか?もう、当たった方にはすぐ送りたいと、そんなふうに思います。
 では、シャッフルします。・・・今、僕の中で『私の大切なOne』を書いて
 くださったみなさんの中からいいなと思った『One』を抜粋させていただき
 ました。その中で、ここで選んでいきたいと思います」


 『私にとって「一番大切なOne」は「夢」です。今大学に通っていますが、近い
  将来のことばかり考えています。将来なりたいと思っている職業があるの
 ですが、狭き門を突破しないといけないこともあり、いつも不安があります。
  生きていく上では楽しいほうがいいけれど、夢は絶対叶えたい。考えると
  どつぼにはまることも多いです。そんな中でいつも自分を支えてくれる
  のはそれぞれに夢を持って頑張っている友達だと感じています。浪人生
  だったり、ダンサーだったり、オーディションを受けまくっている子
  だったり・・・バラバラなベクトルを持っている人たちが、夢を目指すという
  ところでお互い尊敬し合って高めあっている、この関係が大好で、
  今の私の原動力です。そういう友達に「○○になりたい」と言った時点で
  発生する、いい意味でのプレッシャーが好きなんです。おお、すごいね
  この人。
言ったからには叶えるぜ、みたいな。今まで書いた
  ことは全部自分に夢があるからだと思います』
 
「『夢』ですって。いいですねぇ。最近ね、映画よく観てる中で『ネバーランド』
 のDVDを観たんですよ。映画館でも観たんですけどそれは。いやぁ、改めて
 その、信じれば叶う、的な。自分がそういう気持ちになることでほんとに
 変わってくんだよってことって俺実際やっぱあると思うのね。いろいろ、
 結果ダメだったことって多々あると思うけど、ほんとになりたいと思う
 ことに対して、なろうと思う気持ちとか、そういうことってすごく生きてく
 上で大事だなぁと僕も思ったので、この1枚選ばせてもらったんですけど。
 いや?、いいですね。はい」
 

 『今私にとって「一番大切なOne」はたくさんあります。でもその中で今一番
  感じるものはバイト先で支えてくれるスタッフの皆さんです。私のバイト先
  は昔から雰囲気のある喫茶店で、お年寄りの常連さんが多いんです。そこで
  は私に「かわいいですね、学生さんですか?」と話しかけてくれる元気な
  おばあちゃんもいます。これが私の仕事を頑張れるひとつの大きなエネ
  ルギーです。そんな中で、小さな失敗を繰り返すばかりの日があって、
  悔しくて仕事中に泣きそうになりました。その時社長が「今朝電話が
  あって、あなたの接客がよかったとお客さんが言ってましたよ」と、
  今までにないぐらいの笑顔で誉めてくれました。そのあと社長がスタッフ
  全員にその話をしてくれたようで、あまり話したことのない厨房の大先輩
  にも「すごいね、よかったね」と声を掛けてもらえました。お客さんにも
  「頑張ってね」と言ってもらえてすごく幸せを感じました。注意する
  ときは本気で叱ってくれて、落ち込んだときは心から励ましてくれる
  スタッフのみんなやお客さんには感謝の気持ちでいっぱいです。私には
  家族や学校とはまた違う大切な時間であり、大切な「One」でもあります』

「これもいい話かなって思いますね。バイト先、んー、まぁ、そういうのが
 度重なって辛くなる、なんか一気にドーンと落ちる瞬間て、人ってけっこう
 あったりすると思うんですけど、ほんと、言い方悪いかもしれないけどちょっと
 したことだったりとか、些細なことですごくポジティブに変われたりとか。
 その、落ちてる時だからこそいいみたいな。失恋した時に優しくされた男性を
 好きになってしまう(エコー)、みたいな、そういう感じですかね(笑)ちょっと
 違うか?なんかまぁ、そういう、なんていうんですか?その浮き沈み的な?
 ことって、なんか些細なことで解決されたりとかするような気もするんですけど。
 えぇ、素敵な話ですね。
 ではここで1曲。Babyface『Sorry For The Stupid Things』」


 『自分の一番大切なものは、もう30年近く前、18歳の頃に付き合っていた女性
  の写真です。あ、男性の方なのね。今でも一番忘れられない素敵な女性
  でした。男ってある意味ロマンチックな面もあるでしょう?何年たっても
  一人くらいは忘れられない女性はいるものではないでしょうか(女性もです
  かね?)。松本さんは誰かいませんか?』

「(エコー)あるあるあるある。あぁこの時誰か好きだったなぁとか、この時片想い
 したなぁみたいなのとか。普通に全部覚えてますけど。んー・・・しみじみ(笑)」
  

 『私にとっての「One」は中学3年の時の担任の先生が毎日発行してくれた、
  学級通信「すばる」です。これにはその日のクラスの出来事や面白話など
  先生からのいろいろなお話がたくさん書いてあり、とても励みになったもの
  です。今でも時々読み返しています』

「中学3年ていうのがすごく思い出深い年になってるのかな?この人にとって
 は。ふーん、学級通信か。俺全然そんな記憶ねーや。そんなのあったのかな。
 学校行ってなかったからな(笑)しょうがないね、こればっかりは。

 さぁ!ラスト1枚、泣いても笑ってもあと1枚ですよ。今聞いてくれているアナタ、
 アナタかもしれませんよ(エコー)そんな煽りいいよね(笑)全然いらないね、
 そんなの」


 『大切な「One」それはダンス、特にバレエです。今年の初め頃に脚を痛め
  ダンスができなくなり、かつてないほど凹みました。バレエには小1から
  高2まで行っていましたが、受験も重なり、今ではレッスンにも行っていま
  せん。それでもダンスがやりたくなる時があって、ストレッチや、狭い場所
  でもできることをやったりしています。気分転換とかリラックスにもなるし、
  やる気もわいてくる。いつかまた復帰したいと思っている、私の大切な
  「One」です』

「ダンスねぇ。なんか・・・いいすねぇみんな。バラバラで。あのー、まぁ全部
 目を通さしてもらったんだけど、やっぱり友達とか家族とかっていうのはもの
 すごく多くて。それも今たまたまですけど、俺が読んだ中にはなかったんだけ
 ど。もちろんこっちのほうにも選んではいたんですが。ま、それが一番多かった
 ですね。友達・・・友達が一番多かったかな。親も多かったけど。うん。という
 ことで、当選した方ありがとうございます。また、当選しなかった方、残念
 ではあります。僕も残念だとはすごく、口先ながら思っています。えー、残念
 だと思います。でも、ま、今当たった人、おめでとうございます。またこういう
 ことをやっていきたいと思うので、次のチャンスに送ってきてほしいと思います。
 よろしくお願いします。では、ここで1曲。まぁ夏休みもね、もうそろそろ
 終わるということで。嵐で『風見鶏』を聴いてください」


「いかがでしたか?今回の嵐JUN STYLE。今日のエンディング曲は、嵐で
 『夏の名前』聴いてもらってます。夏、夏と、8月が終わっても夏が終わるわけ
 ではないんですが。まぁ8月、なんかね、夏休みっていうのと、自分の誕生日が
 30日っていうのがあるのかなぁ。自分の誕生日過ぎると夏休みも終わるし、
 夏が終わってくような印象がすごく強いんですねぇ僕は。えぇ。ということで
 夏の曲をかけてますが。ここで嵐のインフォメーションでございます。
 今日、あなたの一番大切な『One』、紹介していきましたが、僕らとあなたの
 大切なアルバム『One』が出ております(笑)うまい文句言うねぇこれ!うまい
 文句書いたもんだよ唐崎さん。

 あと、サマーコンサートにいらしてくださった皆さん、ありがとうございます。
 あ、えとね、今日、今日の『まごまご』僕です。今回は僕とリーダーと2人で
 野球行ってきました。野球の大好きなおじいちゃんのところに行ってきました。
 あのー、珍しく本気になってます(笑)非常に感動的な、おじいちゃんが、ある
 理由でどうしても孫たちにはできないから、ノックができないから代わりに
 僕らが行ってノックを受けるっていうことなんですよ。
 で、その『なぜ』っていうのがちょっと重い話だったりとかして。ちょっと感動
 的な、いいなっていう感じになってるはずです。なんか、その番組スタッフ
 とかは絶賛でした。自分たちの番組じゃん、と思いながら。絶賛でした(笑)
 ま、そんな番組『まごまご嵐』観てほしいと思います。

 ということで、8月も終わりということで、学生さんは来週から学校が始まると
 思いますし、皆さん、9月に入って楽しく、夏休み気分も抜いて、これから、
 もうあと4ヶ月ですからね。年の3分の2終わっちゃうということで。楽しんで
 いきたいと思いますね、これから実りの季節ですから。はい。ってな感じで
 ございます。ではまた来週も聞いてください。来週からは22歳の松本潤を
 聞いていただけると思います。お相手は嵐の松本潤でした。バイバイ!」



ということで、潤くんが予告してくれた通り(笑)次は『まごまご嵐』でエントリーしますね。

18:21  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/177-b56a497b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。