FC2ブログ

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2005.09.24 (Sat)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」を語る

まごまご、ほんとにボート部始めちゃったねぇ☆
今日のは30分拡大SPでいつもより長丁場なので、このあと落ち着いたら
やりたいと思います。
しっかし今、みんなのビジュアル最高だね!

というわけで、まずは本日のJUN STYLEから。


「おはようございます!9月24日土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。えー、昨日秋分の日も過ぎ、いろんな秋を楽しんでます
 でしょうか。そして今日から新企画をやっていきたいと思います。では
 約30分間、僕松本潤とお付き合いください。JUN STYLE、スタートです」

「改めまして、おはようございます。嵐の松本潤です。今日の1曲目は、押尾
 コータローさんで『サバンナ』聴いてもらってます。えー…あのー、先週

 (今日ですが)見ていただけた方はわかったかと思いますが、ボートを始め
 まして。あのーすごく、これもまぁこないだね、サーフィン行ったって話しま
 したけども、すごく難しいスポーツなんですわ。これまたボートが。
 やっぱりね、水の上に浮くというのはすごく難しいんだなと思いますね。
 すごく思った。あの…そのスカルっていう、すごい細い、何ていうのかな、
 公園とかにあるボートみたいにデカいボートじゃなく、ほんとに自分のケツの
 幅ぐらいしかないほっそいボートにでっかいオールを持ってバランスを取ろう
 とするんだけど、ほんっとになかなか取れないんですよ。

 でもその中で少し、どっちにバランスを置くとどうなるっていうのが少しわかっ
 たりして。すごく難しんだけど、すごくそれも面白いスポーツでしたね、
 ボート。んー。ここ最近新しいスポーツに出会うことが多くて。なんか…どう
 したの?俺。みたいな(笑)なんか、新しい出会い探してんの?みたいな、
 なんかそんな感じがすごくするんですが(笑)あの、両方とも、サーフィンも
 ボートもすごく、「難しい」っていうのがいいですね。なんか、純粋にちっちゃい
 頃感じてた時みたいに「楽しいなー」って、「難しいけど楽しいなぁ」って思え
 るものに、なんかこう、出会えるのってすごく嬉しいですね。うん。まぁ今後
 練習して、うまくなりたいなぁと思っております。はい、そんな感じです。
 ではここで1曲聴いてください。嵐で『Only love』」



【More・・・】

「嵐で、『How's it going?』のアルバムの中から『Only love』でした」

「さあ、松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEですが、早速今回からお届け
 したい新企画でございます。【MVD】というものが今日から始まります。
 説明しよう!【MVD】とは「松本・VIEW・DIARY」だったり、「MOVIE・VIDEO
 ・DISC」だったり、「マネージャー・びっくりするほど・だらしない」だったり、
 そんな感じで、何でもいいんです。何でもよかぁない。とにかく、映画に
 どっぷりな松本潤が毎回1作品ずつ、自分が持ってるDVDの作品だったり、
 劇場で観た映画だったり、そういうものをご紹介していきたいと思います!

 では、今日紹介する1枚はこちらでございます。ジャン!
 『パイレーツ・オブ・カリビアン?呪われた海賊たち?』でございます。はい。
 こちらを今日は紹介したいと思います。えー…なぜこれを選んだかと言います
 とですね、今公開中ですけども、『チャーリーとチョコレート工場』、僕も
 観させてもらったんですけど、あのー、すごくいい作品、ティム・バートンと、
 デップがこう、やってる、いい作品だなぁと思うところはもちろんあります。
 その反面、やっぱりこの作品の、なんていうのかな、影響力っていうか、イメー
 ジっていうか、それがやっぱ強いなっていうのが、改めて感じたんですね。

 すごく、日本に来てるジョニー・デップの映像とかを見てたりとかすると、
 やっぱり前と変わらずすごく普通の、物静かな人間だったりするじゃない?
 それをなんか、日本のあの出迎え方とかそういうのを含め、この『パイレーツ・
 オブ・カリビアン』ていう作品が、ものすごく彼を、彼というブランドを押し
 上げた気がすごくするのね。で、やっぱりこの作品観て、僕もそれは否めない
 というかそれはすごく感じるところはやっぱりあって。そういう意味でも
 ちょっとこの作品をクローズアップしようかなぁなんて思ったので、まだ観て
 ない方がいらっしゃったら観てみてほしいと思いますし、また観たことある人
 は今から僕がベスト3を発表したいと思うので「あーあー、なるほどね」みた
 いなことを感じるんじゃないかと思います。

 ではいきたいと思います。松本潤的に「ココがいいんだよなぁ」というランキ
 ングベスト3を紹介します。では、ベスト3、まず第3位は、時間帯。時間は
 ですね、始まってから9分58秒、細かい(笑)この9分58秒で何が起こるかって
 いうと、まず登場の仕方。カッコイイ。いいよね。ジャック・スパロウのカッ
 コよさがその前にいくつか印象的なのがある中で、こんな遊び方をしてるのが
 僕はいいなぁ、という印象が最初観た時もあったし、こないだ、この紹介する
 にあたってもう1回観た時もやっぱりいいなぁと思ったので、これを3位にさせ
 てもらいました。

 続いて第2位。第2位はですね、1時間55分43秒、このタイミングです。このタ
 イミングで起こることはですね、ブラックパールを乗っ取ったバルボッサ、
 相手の親玉ですね。相手の親玉をジェフリー・ラッシュさん演じる相手の親玉
 ですよ、が、グサッってジャック・スパロウを刺して、後ろに下がってったら
 自分も呪いにかかってて、骸骨の姿になって、こう、指の上でコロコロとコイ
 ンを回すところ?あそこが、んー、なんだろ、この映画の、エンタテインメン
 トとして、その映画の仕掛けの中ですごく印象に残るところっていうか。CG
 を使ってその…月の光が当たると骸骨の姿に見えるっていう状態の、そのカラ
 クリの中で面白いことをやろうっていう中のひとつとしてそのコインを手でグ
 ルグル回すところっていうのがすごく印象的なので、これにしました。

 あとすごく印象的なのはバルボッサが、途中でエリザベスを捕まえた後に、
 「俺は呪われてんだよ」っつって外に出てった時にワインを一気にガって飲む
 ところがあるんだけど、そこも月明かりが当たってて骸骨状態になってて、
 ワインをガーッて飲むと、こう、胸の肋骨の辺りからワインがベタベタベタッ
 て下に落ちるのが見えるところとかも、ある種その呪いの、骸骨と生身の人間
 ていう、そこの面白さを表す画のひとつだなぁと僕は思うんですけど。はい。
 そこが第2位でございます。

 そして栄光の第1位、ベスト1はですね、2時間13分の、もうほんとに最後の最後
 です。最後の最後の、デップが「yo-ho」って言ってコンパスをバシッて閉めて
 エンドクレジットに入るところです。そこが僕は何回観ても「うぉーっ」て、
 こう、なんていうの、盛り上がっちゃう瞬間ですね。俺は何回観てもそこが
 一番面白い。し、そこが一番、なんだろ、俺全然出てないのに、そこ観てエンド
 クレジット入った瞬間ガッツポーズしたくなんだよね(笑)「ぃいやったぞぉ!」
 みたいな(笑)なんか、感じが僕はすごくあって、ジャック・スパロウカッコいい
 なぁって思う瞬間ですね、えぇ。ここが全て、全てというか一番いい、かなぁ。

 「うわぁ、ジャック・スパロウ、デップ、カッコいい!」みたいな感じですね。
 ええ。まぁ、そんなベスト3なんですよ。観たことがある人、観たことがない人
 どちらとも、この時間を気にしつつ(笑)観てもらうもよし、観たあとに「ここ
 のこと言ってたんだ」って思ってもらうもよし。あの、全く観たことない人は
 時間とか気にせずに(笑)まず普通にこの映画を楽しんでもらうほうが、僕は
 いいかなーなんて、そんなふうに思います。ですです。えーでは、【MVD】
 1回目、終わりたいと思います。ぜひ皆さん、あなたの目で確かめてみてくだ
 さい。ではここで1曲です。ベスト盤が出て、ひっさびさにこの曲聴いて『懐か
 しいな?』とこれもすごく思ったので選んでみました。RIP SLYMEで『雑念
 エンターテインメント』」

「えー、RIP SLYMEで『雑念エンターテインメント』でした。懐かしいです。
 そして、ちょっとお話をしたいと思いますが」


 『潤くん、お誕生日おめでとうございます。22歳の潤くんにぜひやっていた
  だきたいこと、それはズバリ「充電」です。今年のアルバムタイトルも
  コンサートのコンセプトも新しい舞台も、みんな潤くんのアイディアと
  伺い、その天才的な才能に、そしてファンを思ってくださるお心に、感動
  せざるを得ません』

「…という、ものすごい丁寧な文章の、ものすごく誉めていただいてる文章を
 いただきましたが。僕にやってほしいこと、来ましたよ。『充電』ですよ。
 これはねぇ、あのーほんとに、今まで必要ないかなぁと思ってたところもあった
 んですけど、充電の大事さっていうのをすごく感じるようになりましたねぇ。
 あの…まぁほんとに、何がねぇ、十代とか二十歳になったばっかの頃と何が
 変わったって、その、勢いだけでガンガン責めてく感じっていうのがやっぱり
 もうないんです(笑)早い早い。もう、たった2年でなくなりましたよ、そういう
 のが。んー、ていう感がすごく僕はあって。

 あのもちろん今も勢いとかあっていけるところとかももちろんあるんだけど、
 なんかその、ちゃんと回ってくために、ちゃんと物事を進めてく上で、自分が
 先に、なんていうのかな、動く時間と、その静と動じゃないけど、自分のONと
 OFFをしっかり切り替えたりとか、そういうタイミング?がやっぱないとなぁっ
 ていうふうに、すごく思いますね。あのね、僕はONとOFFが毎回、仕事終わった
 たんびに切る気はそんななくて、別になんか、ONもOFFもそんな関係ない状態
 で、ありたいとは思うの。なんだけど、ほんとにOFFになる瞬間ていうのが今ま
 でなさ過ぎたから、それをしっかり用意しないといけないなというふうには
 すごく思って。

 毎日毎日その、それをリセットっていうか1回区切って、休んで、みたいな
 ふうにするのはね、あんまり得意じゃないし、なんだかんだ家帰って仕事の
 ことやったりとか、そういうことする時間も、俺にとってはすごい大切な時間
 だから。その時間を全部OFFに切り替えるのはすごく…ただ、それはそれで
 窮屈になる気がするから、それはそんなにしたくなくて。ただその『充電』と
 いうフレーズで『おぉーなるほど』とは思ったんだけど、ほんとに。僕が最近
 感じることを…モロ、言い当ててもらってるなぁということで、この、ぜひ俺に
 やってほしいこと、1年間、23になるまでにやってほしいことの中でいろんな
 ものがあったんですけど、まずはこれを選ばせてもらいました。
 
 ということで、皆さんもONとOFFだったり、こう、切り替えて、ほんとに休む
 とか、ほんとに楽しむとか、そういう時間はぜひ!作ったほうがいいし、ある
 人って俺すごい強いと思うんだよね、やっぱり。なので僕も作っていきたいと
 思います。そんな感じです!」


Elton John 『YOUR SONG』
 
「いかがでしたか?今回の嵐・JUN STYLE。今日のエンディング曲は、嵐で
 『BLUE』です。えー…ということで、先ほど初めてやった【MVD】という
 コーナーなんですが、あの、ぜひ今日紹介した『パイレーツ・オブ・カリビア
 ン』の、『私のベスト3』だったりとか、私が好きで、私の好きな映画はこれ
 なんだけど、これのベスト3はこれです、とかだったり、そうですね…ゆく
 ゆく、じゃあこの映画を次は紹介しますっていうのを先に皆さんに告知した
 上で一緒にそれをディスカッションしたいと思う人は、言ったタイミングで
 観てもらって、僕と一緒にベスト3を考えつつ『え?あなたのベスト3ソコ?』
 みたいな。『僕はソコ1位だったんだけど』『そんなの圏外圏外』みたいな。
 そういうことができたら面白いかなーなんて思うので、ぜひどんどんどんどん
 送ってきてほしいと思います。ということで新企画、いかがだったでしょうか。
 来週もやりたいと思います。ではまた来週聞いてください。お相手は嵐の
 松本潤でした。バイバイ!」




潤くん、まごまごボート部もやる気だね。
家で自主トレとかやりそうだよね。
さてさて、これから夕飯の支度して、一段落したら『まごまご嵐』レポ
始めますからね?(*^-^)
17:47  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

レポお疲れ様です。

さっき早速パイレーツオブカリビアン借りてきました☆
時間気にして観ちゃいそうですよ(^^;
昼はゆっくり観れないので今夜の楽しみに♪
潤クン、チャーリーとチョコレート工場もう観たんだね。
絶対観るだろうって私も先週観たんですよね♪

まごのレポ頑張ってね。長そうなので・・・

さなちょん |  2005年09月25日(日) 14:17 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/209-9b4941af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |