FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2005.10.23 (Sun)

レンコンでまごまご(1)

今回の『まごまご嵐』は、相葉ちゃんが3ヶ月ぶりに孫として登場!
ボート部の速報も入ったりして。
ではっ!さっそくスタート!



地平線が見えるような、広?い田舎道。

ナ「今日の孫は誰かな??」
翔雅「ここだよ??!!」
下からぴょこっと立ち上がって、最初っからハイテンションな2人。
翔ちゃん、雅紀と一緒だとテンション一緒になっちゃうよね(笑)
すでにハチクロ仕様で髪が黒くなってます。グレーのVネック長T。
雅紀はオレンジの半袖Tシャツ。しかし楽しそうだ(笑)

翔「あっはっは?というわけで来ちゃいましたねぇ」
ここで今回のダイジェストが。

2人が今回やってきたのは茨城県稲敷市。ここは日本有数のレンコンの産地なんだ
そうで。レンコンといえば、あら技での翔ちゃんの悪戦苦闘が思い出されます。

翔「今の時期はレンコンがたくさん収穫でき、今まで食べたことがないような
  おいしいレンコン料理を食べさせてあげたいと思っております」
今回の依頼はおじいちゃんご本人から。レンコン料理を孫に食べさせたいと。
雅「レンコン料理を食わせてくれるんだね(笑)そういうことだね、今日」
翔「(笑)お願いなのかな、これ」

【More・・・】

ナ「今日は楽できる、と思って、余裕の孫2人」大きな農家のお宅に到着。
翔「これどっ…どっち、こっちかぁ」
大きな家が敷地内に向かい合っていて、右側のお宅の玄関が開け放されております。
翔「あれ?」
雅「(スタッフに)あれ?」
翔「…あれじいちゃん?」
玄関を入ったところに座って新聞を読んでいるおじいちゃん。
雅「お早い登場ですね、これ」
翔「(笑)」
翔雅「こんにちは?!」すごい。ぴったり合ってるよ。
じ「はい!こんにちは?」
雅「はいどうも!」
翔「レンコン食べに来ましたぁ!」
じ「待ってました。どうも」
雅「どうも、お邪魔します」
じ「はいどうぞ」
翔「櫻井翔です?」
じ「どうも」
翔「おじいちゃん今日はおばあちゃんは…」
じ「おいばあや、嵐くんが来た、嵐くん」
ば「(笑)」
翔「どーもぉ、嵐くんですー」
雅「どうも、こんにちは」
ば「どうもごくろうさまです」
雅「いいえ?」
翔「(笑)別に宅○便じゃないから」

今回は71歳のおじいちゃんと72歳のおばあちゃん。農業一筋50年、レンコン栽培
30年。昭和29年に結婚したお2人は去年めでたく金婚式を迎えたそう。

玄関の土間に置かれたテーブルについた4人。
翔「レンコン今日堀りに行くの?おじいちゃん」
じ「今から行くよ」
雅「うそぉ」
ば「あんたらも(田んぼに)入れよ」
翔「ねえ」
ば「ねぇ。あんた(雅紀)も入れよ」
雅「(笑)喜んでいいのよね」
ば「向こうよりいいよ、ばあちゃんといた方が(笑)」
翔ちゃんの腕をポンポンしながら。ばあちゃん、翔ちゃんファンか?
翔ちゃん、嬉しそうにばあちゃんの肩に手を置いて。すっごく優しい笑顔。
ば「ばあちゃんといた方がいいよ」
じ「雅紀くんが、じゃあ」
雅「レンコン行こう」握手。
じ「あっちだでな。田んぼな」
雅「うん。じいやんと行こう」

午前9時。
青の胴長に着替えて頭に白タオルの雅紀くん、軽トラでおじいちゃんと
レンコンの収穫へ。ほんと新鮮組みたい。

雅「行こうか」じいちゃんがスコップのような道具を渡して。
 「これなあに?じっちゃん」
じ「これでカッパぐんだよ(掘るんだよ)」
雅「えぇ?」
じ「これ、前は、これで掘ってたんだよ」
レンコンはドロの下深?くにあるため、掘り起こさなければならず。
雅「入るよ」
じ「うん」
雅「失礼しまーす。うわぁ!」
じ「大丈夫大丈夫」
雅「うわ、うわうわ。大丈夫じゃないよじっちゃん、うわぁ」
じ「つかまってつかまって」
雅「うわー」
じ「そうやって歩かなきゃよぉ、歩けねーんだ。こうやってはぁ、歩くんだ」
雅「待って。待って?!じっちゃん」
じ「じいちゃん見っけたから」
雅「うそ!どこ?」
じ「あったから」

方向転換しようとして危うく転びそうになる雅紀。とっさにじいちゃんに
つかまって、なんとかセーフ。
じ「危ねぇ。危ねぇな」
雅「ごめん(笑)ごめんごめん。じいちゃんごめん」
動こうとするとよろけちゃって(笑)
雅「ちょ、ほんとにダメだ俺ここでマイク外しといたほうがいいかもしんない。
  たぶん」
転んだら大変ってことで。

ドロを掘りながら、
雅「えー、レンコンってこんなとこになってんのぉ?」
じ「こうやってこうやって」
雅「あった!」
じ「あったべ」
雅「あった」
じ「あ、うまい」
雅「うまいっしょ?」折らないようにそっと。
 「じっちゃん大丈夫だよ」
じ「よしよし」
雅「おぉーー!!」堀り上げて高く掲げる。
 「でたぁ!」プラスチックの船に最初の収穫を積み込む。


一方、翔ちゃんとおばあちゃん。
翔「あぁ、あぁ、ひっどいくつろぎようだねこれ…大丈夫?」わんこを見て。
 「名前は?ミルス?」なでなでしながら。
ば「ミロ、ミロス。はい、こっちがラブ」2頭ともゴールデンレトリバー。
翔「ラブ。ミロス」
1頭ずつ引いてお散歩へ。翔ちゃんが大きいほうのラブ。
翔「おーおーおーおー!こんな引っぱんのばあちゃん散歩できんの?」
ば「やるよ。ばあちゃん怒んもの、こうやって」ひっぱたく真似。
翔「(笑)ばあちゃん怒んの。おーおーお!これすげーぞ」
ば「ばあちゃんこうやってやんもん」布団たたきを持って(笑)
翔「おばあちゃん、これ布団じゃないすか?たたくの」

翔「あーあ、ビールの空き缶なめてら」
ば「こりゃ、ダメ」布団たたきで(笑)「こりゃこりゃ、ダメだよ」
翔「(爆笑)わかったよばあちゃん、ぁっはっは!」楽しそう。
2人で歩いてるところを見ると、ばあちゃんが翔ちゃんの半分ぐらいしか
なくて、とっても微笑ましい。(←そうか?)
ば「ばあちゃんここへ来ると放しちゃうの、こうやって」
翔「え!それ平気なん?」
ば「うん」
翔「ラブも?」
ば「ラブも放しちゃってもいいや」
翔「うそぉ。ほんと?」
ば「だいじょぶ。放しちゃってもいいよ」
素直に放す翔ちゃん。
ば「ほら行けー!」
翔「へへ。ね、牧場みたいになってっけど」
景色を見渡し、
翔「すっげえ広いなぁ、これ全部レンコン畑?」
ば「そうそうずっとあれ」
翔「はぁ?あ…」
ば「まだレンコン…」
翔「犬行っちゃってっけど大丈夫かなぁ」
ば「犬は大丈夫、あそこに遊んでる」
翔「ラーブ!」手を叩いて呼ぶ。
ば「ラブー!」
翔「あ、いた!」
ば「いるよ、ここ、いるよ」
翔「呼ぶと来るかねぇ?」
ば「来るよ。おいで!おいでおいで。早くこ?!おいで?」
翔「一向に来ないという…状況だと思うんだけど…」


再びレンコンチーム。
あれ以来収穫は出来ていないようで…。
雅「…じっちゃんないよ?!!」ふと見ると、何かの機械が稼働中。
 「じっちゃん、怪奇現象だよ。動いてるよなんか」それを指さし。
開いた脚が膝までドロに埋まっているため、雅紀の足がとっても短いように
見えて、立ち姿がめっちゃかわいいんですが。

じ「あぁ、んじゃ、ほれ、これ今の機械。今度。今度今のほれ、な。今の最新型
  (の収穫機)」
雅「あれでやったら掘れんの?」
じ「掘れるよ」
雅「じゃああれでやろうよ!最初っから!」


わんこチーム。
翔「…こんだけ一面畑…田んぼだったらキレイだね」
ば「じいちゃんとこまで行く?いかっぺ、はぁ」
翔「じいちゃ?ん!!(絶叫)」
ば「聞こえねぇよ機械の音で」
翔「すごい食いぎみでつっこんだね今ね(笑)」
ば「聞こえねぇよ」


レンコンチーム。
雅「おおー!」尻もちついちゃったよ雅紀。
じ「あはははは!」
雅「あはははは!」

機械を使い出してから、調子よく収穫できているようで。
雅「すごいねぇ!」
水圧でレンコンを掘り起こす機械なんだね。
雅「いやぁこれ楽しいわ!おお?!浮いてきた。ほらぁ!でけー!
  バットみてぇだこれ」
 「でか??い!!」


わんこチーム(違)
家に戻ってお昼の準備中。

翔「ばあちゃん、この『ポリ・ナミンCドリンク』って何?これ初めて見たよ
  ばあちゃん…ポリナミンCってのがあるんだ」
ば「そうだよ、ばあちゃんもらったからわかんないよ」
翔「ぇえ?。俺の知ってるのとなんかちょっとだけ違うんだよね」
翔ちゃんの手のアップ。
翔「ちょっとだけだよ、でも。たぶんこれがほんとだと思うけど(違)」

翔「おばあちゃん、おじいちゃんてどんな人?気が合う?」
ば「合わせるほかないよ、もう50年いれば…」
翔「まぁそっか。50年…」
ば「金婚式やったもん」
翔「うん?」
ば「金婚式やったよ」
翔「あ、金婚式やったの?」
ば「うん。まさかね、(金婚式)やっぺってもなかなかやれないでしょうよ」
翔「うん」
ば「どっちか亡くなったらやれねぇもんな」
翔「あぁそうだよね。確かにそうだ」
ば「んー」
翔「結婚式と同じぐらい嬉しい?」
ば「(ニッコリ)結婚式のがいいよ(笑)」
翔「はっはっはっは!結婚式のがいい?(笑)」
ば「(笑)結婚式のがいいよ」
翔「(引き笑い)結婚式のがいい(笑)」
ば「あんまりマイクの前で語っちゃおめぇ、(恥ずかしくて)ダメだ(笑)」
翔「(笑)爆笑だなぁ」
ば「(笑)」


レンコンチーム。
調子よく収穫を続けているようで。
雅「あった?!あった?」
みぞおちまでドロにつかっている時、機械の水圧でドロはねを受けて
ひるむ雅紀。もう2時間ほども採り続けているので、さすがに疲れの色が。
ナ「さすがに、嵐の元気印相葉くんもお疲れの様子」

収穫した船を押していく途中、コケて尻もちつきそうに。
雅「あぁ?!もうダメだ!」
じいちゃんに立たせてもらうも、歩こうとして2人とも結局コケました(笑)
テ「限界」

初めてのレンコン収穫。大量に採れました。
雅「頑張ったもんねぇ、じっちゃんねぇ」
じ「頑張った」
全身ドロだらけになった雅紀。
雅「ちょっとね、(胴長に)入ったんだよね?水が」
軽トラの助手席でバックミラーをのぞきこみ、
雅「すーげえ汚ねー!すごい汚いね、俺ねぇ!顔ねぇ」
じ「はい行くよー!」
雅「帰ってカレーだからね。カレー食わないと」

どうやら雅紀はおばあちゃんにカレーをリクエストしていたらしいです。



つづく。
00:49  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★レンコン

相葉ちゃんも翔くんも楽しそうでかわいかったね。
あら技の時の翔くんのレンコン収穫は辛そうだったけど、今回の相葉ちゃんはとっても楽しそうだったし。
楽しそうに笑ってる嵐くんを見ると幸せになります。
レンコン料理も色々で、コロッケ食べてみたいなあ・・。
nao |  2005年10月23日(日) 12:50 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/249-dfc2aec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |