FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2005.10.29 (Sat)

『シザーハンズ』を語る

今日は昼間末姫(末姫?)の誕生日プレゼントを買いに行ったりしてたので
すっかり遅くなっちまいましたが、JUN STYLEです。
「まごまごボート部」の話もちょこっとしてくれてますよん。
12日の「まごまご嵐」はボート部だってことで、また速報が流れました。
そっちはこのあとの「まごまご嵐」レポで詳しく書きますね。

ではJUN STYLE、どうぞ。


「おはようございます!10月29日土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。早いもんで10月ももうすぐ終わりということで。ねえ?ほんとに、
 早いもんで。ドラマやってる分もあるんでしょうか。ものすごい早いですね。
 えぇ、ほんとに。残る2ヶ月悔いのないように2005年を楽しみたいと、そんな
 ふうに思います。そして楽しむために、約30分間、僕松本潤に付き合って、
 いただけたら、幸いだなと、そんなふうに思うわけです。では、JUN STYLE、
 スタートしたいと思います」



【More・・・】

「改めまして、おはようございます。嵐の松本潤です。
 今日の1曲目です。今日の1曲目はビートルズの『Yellow Submarine』
 ですね」


 『昔、いろいろなことに追い詰められて心が張り詰めていた時にこの曲を
  聴いて、自分はなんて小さいことに悩んでいたんだろうと、自然に涙が
  あふれました。今でも元気がなくなった時にこの曲を聴いて自分を励まし
  ています』

「いい曲だよねぇこの曲。なんかものすごく幸せになれるっていうか、なんか
 ゆる?い感じになれる…ん?、すごい不思議な曲ですね。どんなテンション
 になってても、この曲聴くとそのテンションになれるっていうか。そんな感じ
 がありますが。えー、そしてですね、ここでですね、団子。今ですね、もみじ
 団子という団子があるらしく、もう僕の手元にあるんですが。こちら、真ん中
 にもみじがついてる、もみじの葉っぱが乗ってるんですね。『白あんを上新粉
 で包み、もみじの葉をあしらいました。秋の風情をお楽しみください』という
 団子でございます。じゃあ頂いてみたいと思います。……んっ!おいしい。
 白あんが、上品でございますねぇ。えーこちらのもみじ団子、1日30本限りの
 限定商品だそうです。いいね。あのーそれこそみたらしとかそういうのもいい
 けど、こういうあっさりした団子も。素敵ですね。んー。

 まぁでも何はともあれ『花より男子』?(エコー)そんな感じですよ、ええ。
 ベタだな?(笑)さあ、曲いきましょう。その『花より男子』の主題歌になって
 おります。嵐で『WISH』」

「嵐の新しいシングルとして発売が決まっております。11月16日発売、嵐の
 『WISH』聴いてもらいました」

「えー松本潤がお送りしています、『嵐・JUN STYLE』。えー、すごく定着して
 きたこのコーナー、【MVD】いきましょう!今日紹介するDVD作品はこちら
 です。『シザーハンズ』です。『Scissorhands』です。えー来ました『シザー
 ハンズ』こないだも観ましたが、また観てしまいました。あの、『チャーリーと
 チョコレート工場』観に行く前の日に、やっぱティム・バートンとデップっつっ
 たらコレだろうなぁ、みたいな感じで『シザーハンズ』観ちゃったんですけど。
 そちらの作品を今日は紹介したいと思います『シザーハンズ』。特別編て
 書いてありますね。えーーこちらもね、素敵な作品でございますよ。

 どういう内容かといいますとですね、ジョニー・デップが演じますエドワード・
 シザーハンズ。シザーハンズ、まぁ言っての通りシザーハンズなわけですよ。
 ハサミの手を持つ人造人間ですかね?エドワードくん。そのジョニー・デップ
 演じるエドワードが取り残されて、1人、城に住んでるところから始まり、なん
 かひょんなことからウィノナ・ライダー演じるキムの、お母さん役ですね、お母
 さん役ペグ、ダイアン・ウィストさん。ペグさんがですね、その城に入って行き、
 どうしたのどうしたの?といううちに、ひょんな出会いがあり、町に降りてきて、
 いろいろと出会いがあって、ちょっとほろ苦いラブがあって、最後どうなっちゃ
 うのか!みたいな作品でございますよ。すごくキレイなおとぎ話というか、
 すごくキレイな作品ですね。

 僕が、これたぶん2本目かな、ジョニー・デップの作品で観たのが。たぶん。
 一番最初に『妹の恋人』を観たんで。んで、あぁこの人面白いなと思って。
 次に観たのが『シザーハンズ』だった、と思いますが。えぇ。懐かしきウィノナ・
 ライダーが出てますね(笑)懐かしきっていうのも何なんですが。『シザーハン
 ズ』でございます。えー、この作品の好きなところはねぇ、なんかノリが軽いん
 です(笑)そこがすごく好きだな。んーそれこそ、シザーハンズ、エドワード自体
 もそうだけど、なんかこう、団地っつうかその町のおばちゃんたちとかペット
 だったりとかが、すごくなんかチャーミングな、コミカルな軽?い芝居をしてる
 ところがすごく好きですね、えぇ。では、そんな『シザーハンズ特別編』をタイム
 で区切って、ベスト3のカウントダウンをしていきたいと思います。

 まずはこちらでございます、第3位。33分30秒、これはですね、発明のシー
 ンですね。あのー、発明家がですね、シザーハンズ、エドワードをこう、造る
 過程の、なんか回想シーンみたいのですね、そん中の、人造人間じゃないん
 だけど、その工場みたいになってて、いろんなものが造り出されてく、こう機械
 で動いていくさまが映ってるんですけど、それがすごく僕は一番最初に観た時
 に、もちろんストーリー的なこともあったんだけど、その機械がこう流れていく
 感じっていうのがすごく印象的で。

 昔、あのー嵐のライブで、なんか僕らが人造人間じゃないんだけど、こう
 カプセルに入っていくみたいな設定の映像を作ったことがあるんですけど、
 僕はその元ネタで『シザーハンズ』を使ったんですよね。そこの、そのモノが
 造られていく過程とか、なんか後ろのほうにベルトコンベアーがあって、手前
 に何があって、みたいな感じのイメージのことを、その『シザーハンズ』の、
 こういうイメージなんだけどっていうので『シザーハンズ』観てって言って
 作ってもらった映像が、そこの部分なんですよ。で、その印象がすごく強くて、
 改めてベスト3挙げるとすると、まぁ僕の思い入れが強いという意味で、
 ベスト3を今回これにさせてもらいましたね、えぇ。33分30秒ぐらいのところ
 でございます、えぇ。

 続いて第2位。41分30秒、ベッドのシーンですね、キムが帰ってきて、エド
 ワードが勝手に自分のベッドで寝てて、普通になんか服とか脱いで、さぁ寝よう
 かなっとした時にエドワードに気付いて悲鳴を上げた後の、ところ?あのー、
 キムのベッドがウォーターベッドなんですよあれ。で、最初にこう、なんだろ
 なんだろってブスッて刺して(笑)あのーなんだなんだ?って言ってる時に、
 クッションで、ポコってクッション置いて水を止めるところとかもすごく好き
 なんだけど、なんか間抜けで面白いなと思うのが(笑)その後に、そこじゃなく
 キムが『キャー』って叫んだ後に、みんながドタバタして『どうしたどうした』
 って言ってる中で(笑)エドワードが普通に廊下をこうテクテクテクテク歩い
 てく、あの感じがものすごく僕はツボで。すごい好きなところですね、えぇ。
 41分30秒、ベッドのシーンでございます。

 続いて、第1位でございます。えー『シザーハンズ』はやっぱりこれだと思い
 ます。『シザーハンズ』第1位はですね、1時間24分24秒、えー、あのー
 『抱いて』って言われて、抱けない、『I can't.』っていうとこ。言い方がもの
 すごくいいですね。いいし、その、そこに全てが集約されてるというか、あの、
 『あぁ!これがやりたかったのか!』っていう、ね。その、エドワードがシザー
 ハンドであるということの、一番切ないところを、『うぉー!』ってなんか、
 なんていうのかなぁ、悲しい現実を、当たり前の、その状況見ると『そうだよね』
 って『当たり前だよね』って、言いたくなるんだけど。その瞬間までそんな
 ことは考えないっていうか。…あれを言われて、現実をわかってるんだけど、
 それを口に出された時に、エドワードが口に出した時の、そのなんか切なさ
 みたいなのがすごい強いですね。んー。まぁジョニーさんあってのエドワード
 さんかもしれないですけど。すごくいいシーンだと思いますね。

 えー、いかがだったでしょうか。ぜひこのタイムを参考にしつつ、えー観て
 みたり、観なおしていただけるといいかなぁなんて、思います。たくさんある
 んだけどね。その中で、今回はこのベスト3を選ばせてもらいました。以上
 【MVD】でした。ではここで1曲聴いてください。Destiny's Child、デスチャ
 のラストの曲となったそうです。Destiny's Childで『Stand Up For Love』
 聴いてください」

「Destiny's Child で『Stand Up For Love』聴いてもらいました。
 ここで1枚、メールを読みたいと思います」


 『潤くん、おはようございます。おはようございます「まごまご嵐」すごく
  面白いですね。毎週欠かさず見ています。「まごまごボート部」を結成
  しましたよね?大会に出るとか言ってましたがほんとに出るんですか?
  また練習はしていますか?』

「ということなんですが。もう大変ですよ。あのーほんとにね、1回目すごい楽し
 かったの。なんだけど、やっぱ1回目って人間無知ほど楽しいものはないなっ
 て最近よく思う、ボートやってると思うんですけど。あのーいろんなことを慣れ
 て、いろんなことを発見してくと、発見した分だけ難しくなるっていうか課題
 が増えるっていうか。っていう感じがすごくあって。まずねぇあのー、ほんと
 にボート、光さんて、教えてくださってる方が言うのは、『ボート筋』ていうのが
 存在すると言っていて、ほんとにそうだなと思うのが、あのねぇ、持久力が
 なさ過ぎるんですよね。だから、1000とか2000とか練習でこう一遍に漕いだ
 りとかすると、途中疲れちゃうのよ。手だったりとか体が。で、手に力が入るっ
 ていうのはやっぱりその初心者的な、まだ慣れてない人間がやっちゃうことで
 はあると思うんだけど。ものすごく大変ですね。

 あとはあの、なんか室内練習機みたいなものがあって、エルゴーっていう機械
 があって、それとかほんとになんか時間がある時にスタッフと連絡取り合って、
 もうちょっとでもいいからっつって、その筋トレになるエルゴーをやってますね。
 んー。まぁ、11月、あのー1ヶ月まるまるぐらい使って、ボートのほうを、『まご
 まご嵐』はやると言ってるので。来月、楽しみにしてて欲しいなぁなんて、思って
 おります。えー、大会はどうなるんでしょうかねぇ。なんか大会出るって話も
 ありますけども。えー…(笑)どうなるんでしょうか。てんてんてん…みたいな。
 いろんな意味でてんてんてん、みたいな感じですが。正直、不安でございます。
 はい」
 
「Backstreet Boys で『Just Want You To Know』リミックスバージョン、
 聴いてもらいました」

「いかがでしたか?今回の嵐・JUN STYLE。今日のエンディング曲は、嵐で
 『EYES WITH DELIGHT』を聴いてもらってます。ここでインフォメーションで
 ございます。えーもうすぐ、11月3日、嵐の6周年になるわけですね、ええ。
 もう、あっという間ですよ6周年。してV6はねぇ、11月で10年ですか。おめで
 とうございます。えー、僕らも、4年後にデビューしてるわけですから、
 4年後には10周年になるわけですが、まぁ頑張っていきたいなーなんて、そんな
 ふうに思っておる次第であります。えーそして11月16日にですね、シングル
 『WISH』もリリースします。

 えーそして金曜10時、ドラマもやっておりますよ。どうですか?めっちゃやな
 ヤツですよ。ほんとに。あの、そろそろ、見えてくる感じなんで。3話とかすごい
 ですよ。炸裂しますからね。そのへんも楽しみにしてて欲しいと思います。
 そう、あとね、『歌笑』ですよ。『歌笑』も頑張っております。いろいろ頑張って
 ます。そんな松本潤、ぜひ!よろしくお願い致します。まぁ、寒くなってきま
 したが、この寒い感じをみんなで、っていうか個人でですね。(笑)楽しみゃあ
 いいかなって(笑)そんなふうに思います。はい、ではまた来週聞いてください。
 お相手は嵐の松本潤でした。どうも!」



23:33  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/257-ca2806aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |