07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.11.16 (Wed)

つづき。

もっとかいつまんでやろうと思ったけど、結局ほとんどって感じになったよ(笑)
だって面白かったんだもん(笑)

もうひとつの、『マジカルスノーランド』はまたあとで。
では、『HITS! THE TOWN』のつづきです。


【More・・・】

バ:えーと、デートに恋人が遅刻。どのくらいまで待てる?ずっと待てる。
に:ずっと待てますね。僕、1人が好きなんで…1人で時間潰すのとか、ものすごく
  得意になってる。
バ:はぁ?。1人遊びとか全然できます?
に:僕、ぜぇんぜんできます。
バ:それ、例えばマンガ読んだりとか?
に:マンガ読んだりとか。あとゲームやったり。
バ:ゲーム。ゲームをやったりなんかするわけですね?
に:やったりとかもしますね。
メ:1人でカフェとかには入れますよね?
に:全然。僕、1人で焼肉も行けますね。
バ:ワーオ!すごい!
メ:それはすごい!
に:あ、もう結構悟り開ける感じで。1人では過ごせますね。ほんとに。
バ:すっごいよ、やっぱね、あれは憧れだよ、大人の憧れ。1人で焼肉。
に:でもね、全然寂しくないんすよ。ものすごい、おいしいんです。(笑)
バ:ほ?ぉ(笑)
に:人とも行くんだけど、人とも、行ってもなんか、しゃべりながら食ってたり
  とか。あんまりその、食うことに執着がなくなっちゃったりするんですよ。
バ:この時間ていうか、空間がオモロイ。
に:そうそう。ですね。だから結構1人でいれるから、たぶんずっと…待てる
  だろうなと思いますね。
メ:怒らない?例えば遅れてきて、連絡なしでずっと心配するようなことは。
に:心配はする、だろうなぁ…でも、怒りはしないっすね(笑)

『WISH』は潤くんのドラマ『花より男子』の主題歌ですね、という話。

バ:マンガとか読みますか?
に:マンガ読みますね。
バ:今、お気にとかありますか?
に:今ですか?…『ホムンクルス』ですかね。
バ:あれは最高ですよね。でも好きそうな感じする(笑)
に:あとは『サイコ』とか。
バ:はいはい。あのへんなんですか。
に:はい。なんか読んでて「はぁ…」って疲れるような、のをやっぱ読みますね。
バ:(笑)どっちかっつうと笑い飛ばせたり、ダーって行くんじゃなくて、
  っくっ!くっ!(と力が入って)ふぁ?みたいのを。
に:そうですね。だ、『イチ』とかも読んでましたもん。
バ:あ、『イチ』とかも読んでたの?『殺し屋1』。
に:はい。も、結構きてましたね。
バ:映画になりましたよね?
に:映画になりました。
バ:あれもすんごい映画でしたけどね。
に:すごかったですね。観ました。疲れるんすよ。ドーンってなったやつ。
  でもそれがたぶん好きなん…体質に合ってるんだろうなって。
メ:疲れるのが。
に:うん、だって結局また次の読んだりしちゃうし。
バ:小説もですか?
に:小説はね、僕はほんっとにねぇ、あんま読まないんすよ。
バ:なるほどなるほど。エッセイとかですかね?雑誌とかになりますかね?
に:あのね、小説読んでると、眠くなっちゃうんですよ。で、そのまま結局
  寝ちゃったりとかして、起きて、どこまで読んだかわかんなくて、また
  最初から読んだりすると、またある程度までいくと寝ちゃう。だから、
  物語の3分の1ぐらいはものすごくわかるわけです。最初っから。手に取る
  ようにわかるわけですよ。「次ああなる、次こうなる」ってのわかるんだ
  けど、ある程度のとこまでいくとまた寝ちゃったりして、全然読めない
  とかありますよね(笑)
バ:おんなじだ。僕はね、読み終わるんだけど、半年ぐらいかかるんですよ。
に:僕の場合は、半年かかっても3分の1なんです。だから、自分で書いてるのが
  もう不思議なんですよね。
バ:あ、書いてるんですか?小説。
に:今、はい。小説書いてますね。
バ:へえ、え、それは自分の直筆で?それとも打ち込みで?
に:1回自分で書いて、それで、パソコンで打ち直して。
バ:え、どんな内容なんすか?やっぱり『ホムンクルス』みたいな。
に:いや。これねぇ、ちと恥ずかしいんですけど、ちょっとなんか感動するような。
メ:感動しちゃうんだ。  
に:結構感動するような話が多いですね。
バ:え、それはナチュラルな感動ですか?それとも、いわゆるファンタジックな
  SFチックな、そういうものも踏まえた感動ですか?
に:もうナチュラルですね。
バ:ナチュラル。
に:はい。
バ:ナチュラルっていうと、言い方悪いですけども『世界の中心で愛を叫ぶ』
  みたいのが、ま、言ってみりゃナチュラルじゃないですか。
に:そうですね。
バ:で、『いま、会いにゆきます』はファンタジーですよね。
に:ファンタジーですね、うん。
バ:ていうと、そういうので言ったとすると、まあ『セカチュー』みたいな。
に:のもあるし、ファンタジーのもありますね。僕結構ね、恥ずかしいんです
  よ。結構、「変わってるね」とか、「素直じゃないね」みたいなことを、
  よく言われるんです。至るところで。だからそうなのかなと思って、いざ
  書いてみると、ものすごい素直なんです。
バ:(爆笑)
に:ものすごい素直、ちょっと恥ずかしいなっていうくらい。素直なヤツが
  できちゃうんですよね。だから、なんかきっかけがないと、ほんとに発表
  できないんですよ。
バ:でも、僕は最初っから二宮くんは変わってるとは思いませんでしたよ?
に:あぁ来た。そうですよねぇ。全然普通ですよね。
バ:ある意味普通ですよ。
に:そうなの、なんかね、「変わってるね」って言われるんです。親からも言われ
  るんです。「変わってるね」って。
バ:へえ?。「ちょっと変わってるよ」って。
に:うん。言われるの。「不思議ね」って、「なんか素直じゃないね」とか言われ
  たりするんです。でも、こーれね、見る限りね、ものすごい素直なんですよ。
メ:だから両方とも持ってるんじゃないの?
バ:だからたぶん素直な部分をこうやってバーンて出すと、もう1人の自分が
  「待て待て、恥ずかしい、ちょっとやめとけ」ってなるんだと思うんですよ。
に:ぁあ、そういう葛藤ですか。ほう。
バ:うん。でもこう、『素直な僕』は、僕でいて(笑)「僕、ここにいる」みたいな。
に:(笑)
バ:でも紙に書く時は、紙真っ白だから、そのまんま『素直な僕』が出てくる
  わけですよ。
に:そうですね。
バ:で、書き終わって読んでみると、もう1人の僕が「恥ずかしくねぇ?これ」
に:(笑)でもぉ、またそのあとパソコンで打ち直したりして、そのシーンに
  見合った曲をかけたりするんですよ。もうね、泣きながら書いてるんです。
  …ちょっとね、引きますよ。
メ:自分に引いちゃうんだ(笑)

昔自分も演劇部で台本を書いていたというバカボンさん。セリフを考えながら
自転車に乗っていて、自分で感動して号泣したと。

に:あ、でもね、それはわかる。俺もセリフとか書いたりする時とかは、1回
  ちょっと本気で言ってみたりするんですよ。そうすっと隣でおふくろが、
  「うるさい!」って。ちょっと怒ったようなセリフ言ったりとかすると
  あっちからも怒られたりして。どうしたらいいんだよって。だから僕上に、
  姉ちゃんの部屋に引っ越しましたもん。パソコン持って。
バ:で、言ってみたり。
に:言ってみたり。恥ずかしいけど、でもその気持ちはわかります。泣けたり
  しますもんね。
バ:そうです。絶対に恥ずかしいって思わなくていいです。大丈夫、みんな
  やってます、実は。
に:マジ?
バ:俺も昔は白い手帳に3行詩書いてたからね。
に:何?3行詩って。
バ:昔流行ってて。
に:ポエムみたいの?
バ:ポエムですポエムです。
に:へえ?。
バ:「生きることの本当の意味は学校では教えてくれない」とか。
に:はっははは!
バ:恥ずかしいでしょ?

でもみんな日記とか書きながらガーガー泣いてるよ、絶対やってると。

に:泣くの?みんな泣く?自分で。
メ:泣くよ。
に:あっそう。結構変わってるなぁみんなね。(←巻き舌)
バ:(笑)でもみんな絶対変わってることをやってるはず。
に:それがでも普通なのかなぁみんな。
バ:そうですよ。でも恥ずかしいから人に言わないだけ。人に言ったら
  「マジでぇ??」とか「寒ーい!」とか言われるから。その言ったヤツも
  家に帰ったらやってますから。ほんとほんと。
に:でも、そうだ。リーダーも、でもそうだったもん。なんか、僕が曲を作り
  初めの時に、いつもリーダーに聞いてもらって、で、いつもリーダーが
  「いいねいいね」って言ってくれるんです。あの人いつも「いいねいいね」
  メシ食っても「おいしいおいしい」しか言わない人だから、だから全部
  リーダーに聞かせるんです。で、「やっぱりこの曲いいんだ」って思って。
  ちょっとしたらリーダーが、「俺も曲作った」って言うんですよ。
  「うわぁ、すげーじゃん!」とか言って、「ちょっと聞かしてよ」って
  聞かしてもらったら、えっとねぇ…どこからだっつったかなぁ…吉祥寺か
  なぁ。から新宿までの、駅名、を、その電車のガタンゴトンっていうのと
  その区間までの、なんか、駅名をひたすらに言ってるんです。
バ:(爆笑)
に:で、ちゃんと、着く分数なんですそれが。
バ:わっ!コワッ!
に:で、「次は荻窪」とかいうのを1人で聞いてて、「わぁ、これなんて言ったら
  いいんだろ」って。「あぁもうすぐ新宿だよ」とか思ったりして。
  「い、いいねぇ」とかっつったりしてたんだけど。そういうのはありますね。
バ:電車で、そういうの言ってる人見たことある。「次は?新宿?新宿?」って。
に:そう。なんか全部リーダーやってんの、1人で。
バ:うわっ!カッコいいリーダー!ますます会いたくなってきた!
に:それがたぶん生まれて初めて作った曲です。んふふふ。
バ:(爆笑)
に:うん。30分ぐらいあったけどね、それは。ものすごいですよ、だから。
バ:(爆笑)すーごいね!
に:どこで作ったんだろうって(笑)思うんすけど。そういう機械とかまったく
  ないんですよ、リーダーんち。
バ:機械もないのに?天才だね!
に:どこで作ってきたんだろうって(笑)
バ:あるんすよ!嵐で取ってあるマンションが。
に:…そこ!?呼ばれてないけど?
バ:(笑)部屋に、音楽機材があるところがあるんすよ。で、リーダーしか入れ
  ないんですよ。
に:じゃあリーダーの部屋じゃないすか(笑)嵐じゃなくて。
バ:(笑)そうそう。でもこれは、嵐のためになるだろ?
に:あー…リーダーのね。
バ:そういうことですよ。


バ:年末はどんな感じになってます?
に:年末はたぶん歌番組…でしょうねぇ。これで言ってて出れなかったら
  ちょっと引きますけどぉ。んははは。完全に、確信できるものはないん
  ですけど、でもまぁ、たぶんテレビつけてれば。おそらく1回か2回は
  会えるかなっていう…。
バ:そりゃまぁ確実に会えると思いますよ。
に:たぶんそうですね。
バ:ま、ひょっとしたらその時リーダーが作った曲歌ってるかもしれないけど。
に:間違いない、テレビサイズでね。
バ:テレビサイズで。
に:ちょっと特急ですけどね。
バ:特急、エディットバージョンで(笑)
に:でもまぁ来年は、みんな各々頑張っていくんじゃないかっていう。感じは
  します。僕は。頑張っていただきたい、みんな。
バ:(笑)なんかすごい、応援してるな。
に:んふふふ。
バ:でも嵐は、これでまた『WISH』で思ったけど、楽曲の幅が思いっきり広がったんで。
に:そうですね。みんなも素直だから、来たものは絶対に拒まないっていうのは
  結構ウチの売りだったりするかもしれません。作ってくれた人が持ってきて
  くれたものには、絶対拒まないで歌ってみる。まずは歌ってみるっていうのが
  ウチのやり方なんで。たぶん、ストレートに歌ってるんではないかと。
  聴いていただければわかると思います。
バ:絶対わかると思います!


バ:それでは最後にラジオの前の皆さんにメッセージを。
に:はい。メッセージですか。あの、16日に『WISH』が出ますけども。えー、
  そうですね。普通の、通常盤?には?入ってるんだっけ。まったくね、これ
  理解できてないっていうね。3曲入ってんのは何だっけ?初回盤。初回盤に
  3曲入ってんの。で、通常盤にもなんかいっぱい入ってるみたいなんで。
  ぜひともね、あの、両方聴いていただければ。友達と1枚ずつ買ったりして。
  交換こしたりしてもいいし。ぜひとも聴いていただきたい、まぁ冬、その
  クリスマスってのが結構、色として強いかもしんないすけど、冬はこの1枚で
  結構乗り切れる感じの。シングルながら。1枚になってると思うので。
バ:全部買ってみよう。とりあえず。
に:ものっすごいみんな頷いてる。全部買ってみようよ、とりあえず全部買って
  みようよ。
バ:全部買ってみよう。
に:あっそう。売ることはあとからいくらでもできるから。とりあえず1回全部
  買ってみて、「私はコレかな」っていうのを見つけてもらったらいいかも
  しんない。
バ:そうそう、そうですよ。
に:キタね。コレですよ。コレ。
バ:コレ当たり前にしよ。
に:うん。
バ:当たり前にするの?(笑)
に:(笑)もーのすごい押し売りですよコレ。あはは。
バ:でもこれ素晴らしいものですから。とりあえず全部買おう、の方向で。
に:そうですね。ぜひとも聴いていただきたいと思います。

バ:というわけで、今回のゲストは、嵐の二宮くんに来ていただきました!
に:ありぁした!!
バ:またリーダーと来てね。
に:はぁい!

19:51  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/280-05387613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。