FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2005.12.11 (Sun)

ボート部:翔の迷い

今回は二本立てSPってことで、孫編30分、ボート編1時間という
割り振りになっております。
レポの予定としては、まずボート編、次にBAY STORM、
そのあとに孫編をやろうと思います。
いつも編集すると30分しかないのが、今回は編集後で1時間半あるので、
時間も相当かかります。
なので、皆さまどうぞ気長にお待ちくださいね(*^-^*)

最近、まごまごレポの時にはものすごくたくさんの方が見に来てくださって、
嬉しい限りでございます。
これからも、どうぞよろしく(*^-^)


では、ボート部その2です。

【More・・・】

合宿初日:午後1時。

ナ「走り始めて2時間、バスは合宿地の相模湖に到着」

に「あっ!ボートいるじゃん」
相「ボートいる!」
に「やっぱほかのとこもいるんだよキャプテン」

ナ「神奈川県の山の中に位置する相模湖。ここは、1年を通じて四季折々の
  素晴らしい景色を楽しむことができる、自然豊かな観光名所」

相「着いたー!おし、到着!」
ナ「期待に胸を膨らませ、バスを降りるメンバー」
相模湖漕艇場の中に入る。

に「あー…上見て、ほら」天井に飾ってあるボートを指さし。
ナ「相模湖漕艇場の中には、東京オリンピックで使用されたカヌーやボートが
  展示されており、この地にボートを普及させた先駆者の銅像も。
  そんな場所だけに、毎日多くの学生やボートを楽しむ人々で賑わっています」

に「やっぱりでもボート部いるね」あれ、にのちゃんまだタイツ?(笑)
翔「いるねぇ」
智「光っち見っけ!」
翔「どこ?」
智「ほら」遠くを指さし。
翔「どこぉ?」
智「おぉそこそこ」
相「いたぁ!」
翔「あ、いたー!!」

智「こんちはー」
翔「おはようございます!」
相「こんちはー!光さん」
光「お待ちしてました」
翔「お待たせしました」
相「早かったですね、光さん」
智「光さん、だって先言っちゃうんだもん」
光「そうよ」
に「早いよ」
相「(笑)」
に「あとぉ…今日松本くんがいないんだけど」
光「…あ、そう」
テ「松本が来ない…」
智「今ねぇ…」
光「明日は来るんか?」
に「その、ドラマの終わり次第なんだって」
光「あぁそうですか」
に「うん」

ナ「早速メンバーは、ボート練習の基本・エルゴメーターに乗ってウォーミング
  アップを開始」
テ「合宿スタート」

オールを担いでボートに向かう嵐メン。
翔「♪夜の校舎窓ガラス…」
に「♪にゃにゃにゃにゃにゃにゃ…(笑)」上と同じ節でね(笑)

ナ「準備を整えたところで、いよいよ湖に出てのボート練習。松本がいない分
  まで頑張ろうと、メンバーたちは気合い十分」

ナ「初めて挑む湖での練習とあって、幾分緊張気味のメンバーたち」
に「じゃあオールメンでゆっくり漕いでください。ちょっとぶつかっちゃうんで」
光「はい」潤くんがいないので光さんが2番を担当。
ナ「いつもと様子の違う中、ボートは湖へ」
出航。
ナ「いったいここで、どんな進化を遂げてゆくのか」
 「『まごまご嵐ボート部』合宿初日がいよいよ始まった」

ナ「さあ、この強化合宿、初日の練習メニューは?
  スタートダッシュ:レースの勝敗を左右する重要な課題。
  以前メンバーが見た、日大生のスタートダッシュは?」
その回想シーン。
翔「うーわぁ速ぇえ!」
相「速え!」
翔「てゆーかピッタリ合ってない?オールが」
ナ「ポイントは、最初の1漕ぎ目で、オールを深く入れること。そして、軌道に
  乗るまでの本数を、極力減らすこと。緊張しがちなので、肩の力を抜く
  ことも肝心。まさに理想の形。このスタートダッシュ、メンバーたちに
  できるのか?」

に「スタート用意してください。アテンション!GO!!」気合いの入った掛け声。
ここでは光、翔、相、智の順。しかし1漕ぎ目で…。
翔「うわ…」オールが出ない翔ちゃん。
に「イージーオール!ちょっとごめん」

ナ「どうも櫻井がうまくいかない様子。みんなのリズムに合わせられず、
  苦戦していた」険しい表情の翔ちゃん。
光「一番大事なことなんで。4人がどういうふうに漕いだら(オールが)合うか
  ということを考えて、合わすことがまず大事」
に「はい」

に「GO!!」
翔「うわぁ」
相「あー、全然ダメだ」
に「イージーオール!」
翔「俺これできねぇんだよ」情けなさそうな翔ちゃん。
光「(笑)」

ナ「自分自身に苛立つ櫻井。どうしてみんなと呼吸が合わないのか」

に「スタート用意してください。ラスト5いきます!アテンション!GO!!」
やっぱり合ってない。
に「イージーオール!」
翔「ダメだ!」
光「(笑)ダメ…ちょっと考え直しましょう」うなだれる翔ちゃん。
ナ「櫻井が失敗してしまう理由とはいったい…。と、ここで光さんから
  アドバイスが」
光「あんた(翔)手首を…こう、せんように意識してね」
翔「はい」
光「(みんなに)今ので、だんだんと直して、いいフォームにして漕ぐよ!」
嵐「はい」

その後も翔ちゃんの後ろに光さんが座ったり、順番を入れ替えながら指導する。
ナ「光さんが以前からメンバーに指摘していた重要なポイント。
  それは、オールの先・ブレードの動き」
それをやって見せている光さんの映像。
その解説アニメーション。
ナ「ブレードは水面に対して垂直に入れなければならない。さらに、水を押した
  ブレードを水面から出す時は、水面に対し水平(フェザー)に上げることが
  重要なのだ」
光さんの映像。
テ「手首の使い方」

湖上で光さんから指導を受ける翔ちゃん。
ナ「櫻井は手首の使い方がうまくいかず、ブレードを垂直に入れることが
  できないでいた」
翔「こうなって…」何度もやってみる翔ちゃん。
光「バトンの軌跡を、きちんと確認して…」

ナ「一時は苛立ちを見せていたが、光さんの教えに従い、なんとか解決しようと
  頑張る櫻井。手首の返しを念頭に置き、何度も漕いでゆく。
  すると、光さんは…」
光「そうそうそう、それでいいんだよ」
翔「これかぁ…」
ナ「櫻井は解決に向けて、コツをつかみ始めたようだ」

合宿初日:午後4時。

に「はいー、お疲れさまでしたぁ!」岸に戻ってきたみんな。
翔「お疲れっした」
相「お疲れっした」
光「限界、限界。皆さん限界でしょう」

ナ「初日のボート練習を終えたメンバー。多少課題は残ったものの、明日の
  練習への手応えを感じてボートを降りる。そんな中、負い目を感じて
  いるのか、櫻井だけが浮かない表情。すると、それを察したリーダーが」

下に置いてあったオールをおもむろに取り上げ、(わざと?)翔ちゃんの頭越し
に持っていって相葉ちゃんへ。途中、水滴が翔ちゃんの首筋に…。
翔「うぇえ!冷てえ!」
智「……あっゴメン」
に「遅え!!」
翔ちゃんに90度でぺこり(笑)
智「大丈夫?」かなり心配そうに(笑)
翔「大丈夫大丈夫。大げさだよ」

ナ「いつもメンバーを気に掛けるリーダー」
智「松潤遅いな…」ほんとに心配そう。
潤くんに電話をかける智。
ナ「初日の練習を終え、メンバー全員疲労困憊の中、まだ来ていない松本を
  心配するリーダー。しかし連絡がつかない。果たして松本は、この相模湖に
  やって来るのか」

座って休んでいる嵐メン。大きく伸びをするにの。
ナ「ぐったり疲れているメンバーに対して、またしてもリーダー大野が
  ある提案を…。それは、みんなで夕食の買物に行くこと」
に「よし、リーダー行きますか?」一眼のカメラを肩から下げて。
智「よし行こうみんな!今日のボートの疲れを…癒しに、レッツゴー(笑)」
翔「グデグデやないかい!」(笑)

ナ「先ほどまでの厳しい練習から一転、ここからはお楽しみの時間に。
  初日の練習を終えたメンバーは、夕食の準備。まずは買物に向かうのだが…?」

相「ねえ、リーダー寝たみたいだね」(笑)
ナ「すっかり気が緩んだリーダーはウトウト状態。そこで…」
左手にマジックを持った人が(笑)智の眉毛をつないで、瞼に目を描き込む(笑)
相「あ、起きてる(違)リーダーどしたの?…恐い」(笑)
に「恐い目だ」智は寝ながら笑ってるけどね。
続いて翔ちゃんにもホクロを描く。デコには『肉』(笑)
ナ「さらにほかのメンバーも、落書きの餌食に…ちなみに犯人は二宮」
そういうこと始めるのはにのしかいないから(笑)
相葉ちゃんも寝たふりして翔ちゃんに描いてもらってるし(笑)
口から流血、みたいな(笑)

合宿初日:午後5時。

ナ「そしてメンバーは近くのスーパーに到着」光さんも一緒。

翔「智くんどうする?」
智「これ何?」
翔「イカ」
店「それはイカです」
智「ぉあーうまっそぉ」
翔「イカ食いたい、おかあさん」

ナ「今日の夕食は合宿の定番、バーベキュー」
翔「5個?」
相「5個」
光「あー、これおいしいんだよ、これ」
相「じゃホタテもいこう」
翔「5個」
カゴ2つにいっぱい。そのほかに魚屋さんでさらにいっぱい。
ナ「そんなに買い込んで大丈夫なの?」
いざ、お会計。
ナ「気になるお値段は?」
翔「出た!はい」
店「19,750円です」
翔「はい、あと1万円(笑)」
に「え?いくら?」
翔「19,000」
に「ちょっとぉ、そらぁ高すぎるんじゃないか?」
何気ににのも眉毛つながってるね(笑)
智「そこを1万円でいいですかね?(爆)」
一同「(笑)」
翔「絶対無理だろう」
店「ちょっとねぇ」
相「絶対無理だ」
バシィ!とにのの鋭いツッコミが智の頭に(笑)

買物袋をみんなに手渡すにの。
に「はい整調、3番入りました」
翔「はい」
智「みんな持ったかな?」
に「はい持った」
智「じゃあオールメンで帰ろう!」
翔「『オールメン』いらねーんじゃねーか」
に「はい。どうもありがとうございました」
テ「まごまご嵐ボート用語
  オールメン:ボートを漕ぎ手全員で一緒に漕ぐこと」(笑)
相「ありがとやしたー」
智「あーたぁす」
翔「ありがとー」
口々にお店の人にお礼を言って帰る。お客さんなのにね(笑)

ナ「そして一行はバーベキュー会場へ」


つづく。
22:42  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/307-0f4f9fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |