FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2005.12.13 (Tue)

ボート部:充実の合宿終了!

ナ「大会直前の合宿で、確かな進化を遂げたボート部だが、結局1000mの
  タイムを縮めることはできなかった。意気消沈するメンバーに、監督の
  光さんから、こんな言葉が…」

光「ま、ご苦労さんでした。で、有意義な最後の仕上げ合宿が無事終わり
  まして、二宮くんが非常にあの、適切なコックスがおるもんだから、
  それなりにみんなの気持ちをまとめながら練習してんのが見えてます」
満足そうにピースしてるにの。みんなから「ありがとう」と言われて。
に「ありがとう」嬉しそう。
潤くんがにのの肩をポンポンと叩く。
光「ちょっと、櫻井くんが迷ってるかなぁと…こう、フェザリングの関係で
  キャッチのところ、フィニッシュのところ…」
ナ「この合宿で課題が残った櫻井だが、大会までにはきっと間に合うはず」

【More・・・】

光「レースに向かって100%自分らの力を出すと。120とは言わんけども、普通の
  80%ぐらいでは我慢せずに、100%力を出して、レースしたいなと思います」
うなずく潤くん。
光「自分らの納得のいくレースをやろう」
智「ポジションは?」
光「あぁ、そうね。相葉くん整調の、大野くん3番、(潤)2番、で、櫻井くんが
  バウと、いうことで、いきたいですけども」

ナ「『まごまご嵐ボート部 Tempest』ポジション発表!」
説明の図。
テ「舵手つきクオドルプル
    コックス:二宮
      整調:相葉
      3 番:大野
      2 番:松本
      バウ:櫻井
  このポジションで決定!!」
ナ「これで大会に挑む!」

智「ほんと、合宿来てくれてありがとうございました!」
に「いやぁこちらこそ」
翔「ありがとうございます」
智「ほんとに、あのー、おもしろかったですか?」
嵐「(笑)」
翔「いやぁ、途中から質問に切り替えないでください」
智「はいはい…えぇ」
に「ね!」
智「じゃあ最後に気合入れますか」
に「はい」
相「おぉ!」
智が差し出した右手に、みんなが手を重ねる。光さんも後から一番下に手を出して。
潤「ちゃんと入れてよ」最後にポン、と手を置いて。
智「いいよいいよ。…えーみんな合宿ち、来てくれ…」あ?☆
翔「噛むなよー!」(笑)
相「なー、言えねーんだよ」
に「言えなくてもいいよ」
翔「いいから、そういうのもう」
に「ほら、もう撮る気ないじゃん、向こうの人が」

智「みんな合宿来てくれてありがとう!」
全「おー!」
智「あとは大会を残すのみだー!」
全「うぉーい!」
智「元気いっぱい引き締まっていくぞー!」
全「おーー!」パチパチパチ。
智「お疲れー!」
相「お疲れ!」
潤「ありがとうございました」帽子を取って光さんにお辞儀。
相「ありがとうございました」
智「じゃあみんな、オールメンで帰ろう!」(笑)
に「あい、帰ろう」
翔「東京へ戻ろう!」

ナ「合宿を終えて、リーダー大野は充実感を感じていた」

智くんコメント。目がキラキラしてる。
 「合宿やってみて…すごいなんか、なんかわかんない、ボート以外でもなんか
  リズムが良かったなって感じるんだよね。…僕が軽く言うことでも、ちゃんと
  付いてきてくれ…てると思ったから。すごい少し、まとめるっていうか、
  キャプテンとしていることがなんか、気持ちよかった、この合宿はすごい。
  …ま、コンサートとかはツアーで回るけども…なんか今回はより一緒にいた
  気がする(笑)だからなんかね、嵐的にもすごく良かったのかなって。
  全部ひっくるめても…。光さんも言ってたけど、嵐の漕ぎが大会で一番
  出ればもう…光さんやっぱそれを望んでるし」

相葉ちゃんコメント。
 「さっき光さんも言ってたけど、やっぱ納得いく漕ぎができたらいいなって
  思いますね、うん。…うん」

翔ちゃんコメント。
 「優勝したいけど……こだわりすぎると、焦っちゃうのはよくわかるから。
  光さんもよく言うし、俺自分で艇の上出ててもわかるんだけど、自分が
  納得いく漕ぎっていうのがやっぱあって、それができたらいいな、という
  のが、正直なとこかな…で、それができれば、みんながそれできれば、
  優勝も夢じゃないのかなぁと」

潤くんコメント。
 「自分たちの、この『まごまご嵐ボート部』の、ボートができればいいなって
  いうふうに、今日やってて改めて思いましたね。だから恥ずかしいタイム
  だろうと何だろうと、自分たちが一生懸命やって、自分たちが『良かったね』って
  言えれば、いいかなと思いますけど」

にのコメント。
 「何位であろうが、何着であろうが、ゴールして、『いやぁでも良かったね』って
  …言えるときに、『1つになってたんだな』っていうふうに、思えるんじゃ
  ないかな」

合宿初日からの回想シーン。
ナ「リーダー大野の発案で始まった、今回の強化合宿。大会直前の大事な時期を
  共に過ごしたことで、みんなが結束を強めた。

  ここまでチームを引っぱってきたエース櫻井が、一時スランプに陥った
  ものの、大会を目前に控え、チームは1つの目標に向かって、急速に進化を
  遂げていった。

  コックスが的確な分析力を得た。メンバー1人1人に実勢が芽生えた。
  チーム全体に、絶対的な信頼感が生まれた。コーチの光さんは、彼らの
  成長を肌で感じ、全てを任せた。2日間の厳しい練習を乗り越え、心身共に
  充実し、大会へ万全の体制で臨む、『まごまご嵐ボート部』。

  しかし、1人問題を抱えるメンバーが…」

相「今日、翔ちゃんがさ、すごい悩んでたから…」
潤「翔くん今日、なんかいろいろ迷ってたけどね」
翔「ここにきてほんとに俺、振り出しに戻っちゃった感じがあって…その、手首の
  返しがどうのっていうのを、この合宿の初日の時に光さんに調整してもらった
  ら、漕ぎ方がわかんなくなっちゃって…なんか全然…問題点だらけというか。
  ほんと極端な話、ボート乗るのが恐いっていう相葉ちゃんの気持ちが、こんな
  タイミングでよくわかっちゃったっていうか…。

  …このまま大会出ると、俺ほんとに足引っぱることになっちゃうし、俺が
  原因で負けることになっちゃうし、何よりも俺、練習量だけは誰にも負け
  ないでやってきたつもりなのに、結果が残せないって悔しいから、微調整で
  もし済むなら微調整をやって、どうにか…みんなに追いつけるように、
  なりたいなと思ってます」

ナ「実は合宿解散直後、不安を抱えた櫻井が、光さんに指導を申し込んでいた」

その回想シーン。
翔「1人がいいかな…俺誰かといるとパニクっちゃって」
光「あぁそうか。それじゃ、俺とやろう」
翔「スケジュール見て…あとでもう1回」
光「いいですよ」
翔「すいません」

翔「いや、マジでヤバイよ、ほんとにヤバイ。っていうか俺が…ちょっと
  わけわかんなくなってきちゃった」

ナ「大会直前、メンバー最後の練習中に突然のアクシデントが…」
ボートを漕いでいる時、急に腰を押さえてうずくまる翔ちゃん。
ナ「櫻井の身に、いったい何が!」


次回予告。

なぜかパラグライダーで飛んでる智(笑)
翔「大野ー!」
 「大野くん行っちゃった」えぇっ?どこに!?(笑)

さらに、
ナ「エース櫻井を突如襲ったアクシデント。大会は目の前。櫻井、出場を辞退か?
  どうなる!?まごまごボート部!!」



ってことで。まさか翔ちゃん、ギックリ腰?90度に腰曲げちゃってるけど…。
そんなことがあったとは…ってか翔ちゃん、エースだったのね(爆)
じゃあ来週は翔ちゃん編で、その次、24日が大会の様子だね、予定通り。

は?さすがに長かった。

次はベイストです。
…できるんかいな?(爆)
23:51  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/311-c3062baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |