09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.01.21 (Sat)

今年の仕事を語る

今日のまごまご、にのがニット帽で出てたから、「えっ!?もう?」とか
思ってたら、ちょっと髪の毛がのぞいてて。
あぁ、もうすぐいつもこうなるから慣れといてってことかぁ、なんて
勝手に思ってたんだけど。

リピートしてみて、あの髪の毛はダミーか本物か?
ガン見したけどよくわかんないわ、やっぱり。


さて、JUN STYLE。
今回は最近発表になった、潤くんのビッグなお仕事についてのお話です。
ではスタート。

【More・・・】


「おはようございます!1月21日土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。えー今日はセンター試験、1日目だそうでございます。
 大学受験の方々は、今日明日と、ラストの頑張り、といった感じだと
 思いますが、またその周りの方々も頑張ってこられたと思います!
 えーいい春になるといいと思いますが、えー…頑張ってる方々は
 頑張ってほしいと思いますし、えー…お家なんかで見守ってる方々は
 もうひと踏ん張りという感じでございますね。はい。では、約30分間、
 僕松本潤とお付き合いください。JUN STYLEスタートです」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤と申します。えー今日の
 オープニング曲は、Kanye Westで『Gold Digger』を聴いてもらって
 ます。えー…ねぇ、大学受験ということで、すごく…大変なことだとは
 思うんですが、あのーこういう時ってさぁ、二通りのパターンがある
 人がいると思うんですよ僕。あのーそれこそ、『今日は受験の日だ』と
 思って『さあ!勝負するぞ!』っていうタイミングにすごく、なんていうの
 力がこもって、力がちゃんと入って『よしいける!』って自信持って
 スタートできる状況でスタートできる人と、『なんか、今日は体調が
 悪いなぁ』とか、『んー、急に風邪っぽくなったなぁ』とか。体調が崩れ
 たりとか、普段起こんないことがいきなり起こっちゃって、『今日は
 なんかヤな日だなー』とか思いながら、試験を受けなきゃいけなかった
 りとか、そういう人もいると思うんですが。

 あのー、結局、センター試験 とかもそうだけど、なかなかこう1年に
 1回とか、もうここから先は絶対ないぞっていうことは、僕も経験上
 あったりとかするんですけど、例えば、んー、ライヴ?ライヴの初日
 とか、開ける時になって急になんか、そういうことを考えたりすることが
 あったりとか、なんか一発勝負っていう瞬間に、『あぁなんか体が
 ダルいな』っていうふうに思うこととかすごくあったりとかするんだけど、
 も、こればっかりはね、しょうがないんですよねぇ。んでね、なぜそんな
 ことを考えたか、今話してるかというとですね、今年ね、僕すごい運が
 悪いんですよね。…たぶん。

 あのー…知り合いの人に、今年ハワイ行ってきたんですけど、ハワイ
 行く時に、あの喉を、気をつけなっていうふうに言われていて。
 あのー風邪とか含めて喉をやられやすいから、喉をしっかり気をつけた
 方がいいと言われていたら、もう案の上なんですけど、年末もちょっと
 風邪気味だったんですけど、その年越して、ハワイに行く時の飛行機
 に乗って、飛行機で寝たんですよ。寝て、ハワイ着くちょっと前に
 目ぇ覚めたらもう喉が痛かった。とか、あのー…最近ずっとしてた、
 ロザリオのネックレスがあったんですけど、それが、ハワイに行った時
 切れて、飛んでっちゃったりとか、(笑)えーとハワイでその代わりに
 買ったネックレスがあったんですけど、そのネックレスが、気がついたら
 無くなってたりとか(笑)それはもう2日前とかの話なんですけど、僕の
 中で。全然、帰ってきてから全然経たないうちに、ネックレスが。
 そしてそのロザリオの代わりに、自分の中では代わりに着けようと
 思って買ったものだったので、それが無くなったのがすごい僕としては
 ショックなんですけども。

 あとこないだ『まごまご嵐』でロケに行ったら、おみくじ引いたら『凶』
 が出たりとか。『あぁまあ今年はほんとに良くないんだなぁ』って思ったり
 とか、するわけですよ。えぇそんな中でちょっと、仕事も立て込んでおり
 まして(笑)僕もそういう、試練のタイミングなんだなぁと、思いつつ、でも
 まぁいい仕事をできるよう、自分は今年は苦しむ年なんじゃないかなって
 いうふうにも思ったりするんですが。
 えぇそんな中でこう、結果を出したりとか、皆さんとうまくやっていく
 ことが、今年のなんて言うんですかね、テーマだったりするのかなぁ
 なんて、思っているので、ぜひとも、試験を受けてる方だけじゃなく、
 なんか壁にぶつかってる人は、そういう時もあるさと思い、前向きに
 進んでいただければと。思って、こんな話をしようと思ったわけです。
 はい。そんなこんなで、次の曲、聴いてください。Mariah Carey で
 『We Belong Together』です」

「松本潤がお送りしています、JUN STYLEです。えーCMも明けて、
まずは皆さんにちゃんとご報告せねばということがあるので、話したいと
 思います。もう、年末ですね、発表したのは。ご存知の方もいらっしゃる
 とは思いますが、えー僕松本潤が、映画、主演することになりました。
 えータイトルは、『僕は妹に恋をする』という作品でございます。
 えー公開は来年、来年じゃねーや、今年ですね。(笑)まだ正月気分
 ですね(笑)まだ年を越したことをこう、脳が理解できてないんですが。
 えー公開は今年の秋頃に、なる予定だと思います。えー、撮影に入る
 のは今年の3月ぐらいですかね。から、始まるような、ことになると思うの
 ですが。

 えー、簡単にストーリーを説明しますとですね、あの…高校生の、
 男の子と女の子の、二卵性の双子ですよ。が、っと…お互いに、その
 双子の兄と妹を好きになってしまうという、ストーリーなんですね。
 あの、ずーっと小さな頃から思い出が一緒で、あるわけじゃないですか。
 二卵性の双子ですから。で、その2人がずーっと昔から想っていて、
 ある時その、それこそ中学とか高校とか、高校生の話なんですけど、
 その話自体は。それまでずーっと、兄貴の方はその気持ちを我慢して
 伝えないように伝えないようにというふうにずーっと我慢してきた想い
 が、妹のことが好きだという想いが、高校生になってある時に、その
 気持ちを抑えきれなくなってしまい、その気持ちを伝えるというところ
 から、その話が始まっていく…んですが。どういった結末になるんで
 しょうかという、感じで、ある感じなんですよ。あのー、そんな、ストー
 リーでございます。あのー…そう、そんなこんなで、たくさんこう、
 メールなんかもいただいてるんで、紹介したいと思いますが」


 『映画主演決定、おめでとうございます。ありがとうございます。
  今回もマンガ原作で、しかもかなり色っぽいストーリー。花男をやる
  時はマンガ喫茶で一挙に読破した松本伝説を(笑)作りました。
  作ったのかこれ。今回も「僕妹」を一気読みするんでしょうか。
  ちなみにこれ、私もドラマ観たあと3日間かけて「花より男子」を読み、
  寝不足で死にそうになりました』

「という、メールがあったりですね。えー…」


 『こんにちは。こんにちは。今日、HPを見ていたら、潤くんが「僕は妹に
  恋をする」に出ると書いてありました。本当なんですか!?
  私は前に雑誌のアンケートの、「この映画のこの役をOOさんにやって
  欲しい」というものに「僕は妹に恋をする」の頼役に松本潤さんって
  出したんですよ。だからすごく驚きました。本当に出演するなら、
  頑張ってください。ちょっとHなマンガだけど、「東京タワー」での
  潤くんのように、きっといい演技をしてくれると思います。ぜひ
  頑張ってください』

「というメールがあったりとかですね、えー、結構メールはいただきました、
 この作品に関する、あのー、ねぇ、結構見てると中にあったりする
 のが、(笑)すごく批判的なものがあったりとかして。っていうのは、
 あのぉ、まあ見る人によってだと思うんですけど、原作で結構こう、
 Hな描写だったりとか、あのー…なんて言うんですか、ま、正直近親
 相姦ですよね。にあたる、その描写がこう描かれてるところとかが
 あって。そういうのが、なんか…『そういうのは見たくないです!』っていう
 人がいたりとか、結構したんですが。あのー…今回僕らが、映画を作る
 にあたって、あまりそのー、過激な表現というのは、なかったりとか
 するんです。

 どっちかっていうとその安藤監督という方が、監督をやられるんですが、
 安藤さんの、その作品のタッチっていうのが、すごくゆっくり流れる時間の
 中ですごく綺麗な絵を撮るような、監督だったりとかするので、あの実際
 僕も本を、脚本を読んでる段階なんですが、脚本読むと、そんな流れ
 ではなくて、人間の、その気持ちの深いところにある、心理描写とか、
 それこそ双子の、結局はその、二卵性であっても、血がつながってる
 わけで、その2人がくっつくことはできないっていうその気持ちの、流れ
 方、それがある上で、2人がどう思うかとか、その…禁忌を犯しちゃ
 いけない?その犯しちゃいけないものに対してどういうふうに気持ちが
 動くかっていうことがメインの、作品に、なるんじゃないかと、僕は
 現時点で思っているんですが。

 …あのー、なんかね、ちょっと、ストーリー自体も、マンガを原作として、
 そのマンガ通りに描くというよりは、そのマンガの持ってる世界観を
 使わせていただいて、その『僕は妹に恋をする』っていう、安藤さんの、
 撮る、作品になるんじゃないかなぁというふうに、僕は今思っているんです
 けど。その点はこう、『どうなんですか?』って言ってる方々には安心して
 いただけるんじゃないかなと、思ったりもしますし。逆にその、『僕は
 妹に恋をする』っていう原作がすごい好きな方も、楽しんでいただける
 ような、話であると思うし、そういうキャストになっていると思うので。
 そのへんは楽しみにしていていただきたいと、そんなふうに思います。
 まだあの、作品のその、なんて言うんですかね、全体像は見えてなかった
 りとか、もちろん撮影もまだ入ってないので、どういう感じになるかなぁ
 というのは、僕も楽しみにしている段階なんですが。えぇまずひとつ目の
 紹介でございました。ではここで1曲聴いてください。Gwen Stefaniで
 『Hollaback Girl』です」
  
「嵐の松本潤がお送りしているJUN STYLEです。そして皆さんにはもう
 ひとつ、報告することがあります。えー今年の5月に舞台をやることに、
 えーなりました。作品の名前、『白夜の女騎士(ワルキューレ)』という
 ですね、野田秀樹さんの、えー脚本、に、世界の蜷川ですよ(笑)
 えー蜷川幸雄さん演出の、えー、ものをですね、今年の5月にやること
 になりました。えー、すごくプレッシャーだらけでございます(笑)
 あのー、なんて言うんですか?えぇすごい!話だと思うんですよ、正直。
 野田さんですよ?野田さん1人で、ものすごいのに、野田さんの(笑)
 本を蜷川さんがやるっていう、なんか、とてつもないことになってきた
 なっていうふうに、すごく僕は思うんですけども。

 あのー、簡単、すごい簡単に話を説明すると、あのー…人間は、空を
 飛ぶために、4足歩行から2足歩行に変わったというふうに言っていて、
 人間は空を飛べるんだと、信じている、少年の話なんですけど。すごく
 簡単に言うと。その作品を、やることになりまして。えー、共演者もねぇ、
 すごいいい、いいっすよ。あの、まぁ二宮くんと仲が良かったりする勝村
 さんとか、えー鈴木杏ちゃんも出るし、あとは杉本哲太さんとか、えー
 ろっぺいちゃん、六平さん、山口紗也香さんが出たりとか。もう、そうそう
 たる、舞台人ですよ(笑)こう、舞台をすごく、それも蜷川さんをやり慣れ
 てる方たちの中に入り、なぜそこに僕が、みたいな、ところがあったりも
 するんですが。えぇ、ね、『今年は大変だな』って思ってる時期にですよ、
 まぁ逆にそういう時期だからこそ、今こういう話をいただいたのかなと
 いうふうにも思ったりするんですが。

 えー…まぁ、舞台をね、やるっていうのは、通算4本目ですか?1本
 やって、2本やって3本でしょ?で4本目なわけですよ。で、近年に
 至っては、ストレートプレイでやるのが2本目ですから、いや3本目か。
 3本目で、近年、久々に、まぁ去年そのストレートで『エデンの東』やって、
 それ以来なんで1年ぶりになるんですけども。まぁ…すごいたぶん、
 ものっすごい壁だらけな、なんか四方八方壁だらけみたいな(笑)そういう
 所に送り込まれるような、印象なんでございますが。まぁその壁を、
 何個越えられるかなぁなんて、今は思いつつ、えー…まぁ、恐いなと
 思いつつ、相当楽しみな、現場になるというふうに思うので。
 えぇほんとにあの、稽古場とかではけちょんけちょんに言われる画がもう
 すでに僕の頭ん中には想像ついてるので、えぇそれに負けないように、
 突っ張っていこうかなって、そんなふうに思います。
 えぇそれが5月ですね。5月スタートの、『白夜の女騎士(ワルキューレ)』
 という作品がありますので、ぜひ、そちらの方も楽しみにしててほしいと
 思います。そんな感じでございます!
 ではここで1曲聴いてください!Jack Johnsonですね、『Sitting,
  Waiting, Wishing』です」

「いかがでしたか、今回の嵐・JUN STYLE。今日のエンディング曲は、
 『WISH』聴いてもらってます!えー先ほども言いましたが。『僕は妹に
 恋をする』。そして、『白夜の女騎士(ワルキューレ)』、えー3月、
 4月、5月、死ぬ気で、芝居します(笑)頑張っていきたいと思います。
 ということで、このJUN STYLEでも、そんな情報を、ちょくちょく入れて
 いきたいと思うので、ぜひ楽しみにしててほしいと思います!」
 
「では、今のうちに、ゆったりとした時間を過ごしていたいと、思う、
 松本潤が、お送りしました。また来週聴いてください!失礼します!」

 

15:28  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★おつかれさまでーす

いつもご苦労様です♪

松本さん、今回も語ってますね~。
「僕妹」も、気にならないと言いつつ、
やっぱりどーしても避けては通れない部分の詳細を、
松本さんの口から聞けて安心しました。

舞台も、「突っ張っていこうかな」なんて。
松本さんらしくてニンマリしてしまいました。

いやあ~~~どちらも楽しみですね!
ミチ |  2006年01月21日(土) 16:18 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/355-205c9016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。