09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.25 (Sat)

カメラを語る

さて、今日は土曜日。JUN STYLEです。
今回は、にのがロスに発つ前の嵐お食事会のことをちょっと話してくれました。
あとは、久々に語り倒してますよ。
カメラのこと、子どもの頃のこと…。
そこから最近の若い子のことまで。
潤くんだってまだ若いじゃん!って感じだけど。


ではさっそく。


【More・・・】


「おはようございます!3月25日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です!学生さんは春休みに入って、新学期に向かってたり
 するんでしょうか?もうすぐ、1つ繰り上がってお兄さん、お姉さん
 です。しっかり頑張ってください。また、新しく社会人になる方とかも
 いらっしゃると思うんで、えー気分を、心機一転といった感じでござ
 います。では、(エコー)そんな心機一転、できるような、ラジオに、
 今日はしたいと思います!
 ウソです!では(笑)JUN STYLEスタートです。

 改めまして、おはようございます。松本潤です。今日の1曲目、矢野
 顕子さんwith上原ひろみさん、『そこのアイロンに告ぐ』です。この
 2人のコラボレーションはちょっと面白いなぁと思ってかけてみました。

 えー…最近の僕らは、嵐はですね、えー二宮くんが、なんとハリウッド
 進出、ということで、えー、なんか急に4人になってしまい(笑)えぇ
 国内組4人、みたいななんか、いつのまにかワールドカップのサッカー
 選手(笑)みたいになってきてんですけども。あのー…まぁ、帰ってくる
 まで4人になるってこともあったりしたんですけど、あのーまぁ、ニノが
 その、海外に行く前に、5人でみんな集まって、ひっさびさにメシ食って。
 なんか、いろんなこと話したりとか、したんですが。んー。まぁ僕らも、
 少しずつ大人になったんだなっていうふうに思いましたね。いろーんな
 話とかして、『あぁ、そうなんだ』っていうことも、5人で、せーので
 しゃべり始めて、『あぁ、そういうふうに、なんか、ちょっと変わったね』
 って、なんか…『あなた、こう変わったね』とか『私、こう変わったわ』
 みたいな、
(なんで女言葉?(笑))なんか、そんな感じの空気が
 あったりとかして。なんか、不思議なもんで、面白かったですねぇ。
 んー。なんか、たまにそういうことをやるとやっぱり、お互いの感覚も
 近くなったりとかするし。なんかいい時間だったなぁと、僕は思って
 いるんですが。んー。面白かったですよ。えぇ。

 あとはですねぇ、最近、ここ3日間ぐらいですね、僕、ジャージを
 着続けています。同じジャージを。ふふふふ。はい。あのー、今日
 着ている白いジャージなんですが。もうねぇ、なんかねー、最近ねー
 なんだろ、やっぱこう現場入るとすぐ着替えちゃうじゃん。だからって
 いうのがあるんすけど、なんか、ちょっとめんどくさいんだよね(笑)
 で、それこそ今、ねぇ、あのー映画の撮影をずっとやってたりとかする
 んで。こう、朝入って夜、帰るまでさぁ、ぶっちゃけこう、私服着ない
 わけですよ。そうするとまぁ、それこそ、朝早くから、遅くまで仕事
 入ってるから、別になんかその、なんだろ、実際その、そのまま遊びに
 行ったりとかもしないから寒い思いもしなくていいし。車で移動して、
 車で帰って、みたいな感じだから。ま、Tシャツ着て、ジャージ上下
 着て出てくと(笑)別になんか現場行ったら、あったかいもんもあるし、
 別になんか問題ないなぁ(笑)みたいな。空気があり。あの…はい。
 セットアップのジャージで、行動してます最近。はい、そんな、松本
 潤ですね。別になんかこう、ダラーっとするためにジャージを着ている
 わけではないんですけども。まぁ楽っていうのもあるし。んー、それ
 こそ風とかもねぇ、(笑)通さないし。ま、それなりにあったかいし。
 えー…なんていうんですか?動きやすさみたいな(笑)こともあって、
 最近ちょっとジャージにハマっておりますね、はい。そんな感じで
 ございます。えーでは、ここで1曲聴いてほしいと思います!
 J Five で『Wake Me Up』です」


「松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEです。えー今日は皆さんから
 番組宛に頂いてるメールをご紹介していきたいと、思います。
 えーでは1枚目。


 『潤くんこんにちは。こんにちは。潤くんはマイカメラを持ってて、
  写真を撮るのに今ハマってるんですよね。そうです。私の父は、
  プロのカメラマンで、昔、田村正和さんなども撮ったことがあるそうです。
  私が、「潤くんが写真を撮るのにハマっている」と父に言ったら、「何の
  カメラ使ってるの?」と聞いてきました。何のカメラを使っているのか、
  よかったら教えてください。父曰く、「うまく写真を撮るコツは、ゆっくり
  シャッターを押すこと」だそうです。潤くんが写真を撮る時に気をつけて
  いることは何ですか?こっちも、よかったら教えてください。お願いします』

「僕が今、使っているのは、えーと…ポラロイドのカメラで、2000年か
 なんかに、出たやつなんですけど。なんか2000年かなんかに、2000台
 だけ限定で作った、カメラっていうのが、あって、その昔の、なんか
 蛇腹じゃないですけど、こう、なんか、手前に、蛇腹って言えばいいの
 かな、こう、なんていうの、昔のさ、デカイ、それこそバイテン(?)の
 カメラとかもそうなんだけど、よく、テレビとかに出てくる、写真屋
 さんが持ってる、でっかいカメラみたいのがあるじゃない、三脚で置いて
 なんか、なんだろ、ダンボール1箱分ぐらいの、なんか長さのある、
 でかーいカメラを置いて、黒布掛けて、ピント見て撮るようなカメラ?
 なんかそういうのの、ちっちゃい版みたいな形をしてるカメラが、ポラ
 ロイド社から、2000台だけ出たカメラがあったんですよ。で、それを、
 たまたま僕がカメラマンの、知り合いのカメラマンと話してる時に、
 たまたまその人が、『いいのがあるんだよ』って教えてくれて、それで
 その、カメラ買ったんですけど。
 
 なんかね、その…確かね、記念かなんかなんすよ、その昔の、レトロな
 …なんか写真を撮れるものを作ろう、みたいな感じだったと思うのね。
 実際こないだも、あのー、映画の撮影で、とある海沿いの街に行き、
 撮影してたんですけど。そこの屋上が、屋上に上がると、学校だったん
 すけど、その学校に行って屋上に上がるとすっごい景色がキレイで。
 その屋上から見えるとこの、半分ぐらいはもう海なのね。んで、周り
 もちろんその、半島みたいなとこだから、囲まれてるから、右向いても
 左向いても、海が見えるところは海だったりして。すごい景色がキレイ
 だったんで、そこで写真とか撮ってたんだけど。なんか、やっぱ改めて
 見ると、ちょっとね、その、レンズ…なんだと思うけど、ちょっと、
 ボケッとした、写真になるんだけど、色はすっごいキレイに出たりとか
 するカメラで、面白いなぁと、改めて思ったんですが。そのカメラを
 今、最近は使ったり、あとは、『クラッセ』っていうカメラがあって、
 それを、知り合い、それも同じカメラマンなんだけど、同じ人に、
 簡単に持ち運べて、写真撮りたいなっていう話を、前にした時に、
 『これ、いいんじゃない』って言って、なんかそれはプレゼントして
 いただいたんすけど。その2つですかね。

 あとは今、もう1つ狙ってるカメラがありまして。えぇ。M型です、M型。
 M型狙ってるんですけど。それこそ昔のやつにしようかなーと思ったり
 もしてるんだけどぉ、いきなり昔のいっても、露出計付いてなかったり
 とか、その大変さがあるんで、まぁレンズはレンズで、ねぇ、昔のでも
 全然、成立するからレンズを昔のにして、最近のやつを使ってみて、
 それで、ちょっと勉強しつつ、それで楽しみながら、ほんとにやりた
 かったら、旧型を買おうかなーなんて、最近は、その…M型の、レンズ
 を、レンズについて、いろんな雑誌を見たり、それこそ、(笑)レンズ
 だけのための本を買って、『このレンズはこうで…』とか、(笑)そう
 いうのを、見て回ってますね。サンゴー(35)にしようかな?とか
 50ミリにしようかなぁとか(笑)そんなことを考えてます、空き時間に
 最近は。それが、最近一番楽しいですね。えぇ(笑)僕の、最近の
 待ち時間の潰し方は、それです。はい。そんな感じですね。
 えー、ではここで1曲、聴いていただきたいと思います。Sugarcult
 で、『A HARD DAY'S NIGHT』」

「松本潤がお送りしているJUN STYLEです。えー今日は皆さんから
 頂いているものを、引き続き紹介したいと思います。ではもう1枚」

 『私には、7歳年下の弟がいます。生まれたばかりの頃は、私のお下がりを
  着ていたせいか、近所の人から「女の子?」と聞かれました。しかし、
  自分で歩けるようになってからは、女の子でも男の子でもない、超大暴れ
  の怪獣になってしまいました。3歳の頃には、私が学校に行くのも
  遊びに行くのも妨害して、お母さんが毎日弟を止めていました。
  4歳の頃には、私が友達と遊んでいるのに部屋に入ってくるので、
  追い出すのですが、ドアを力づくでドンドン蹴ったり、叩いたり、スゴイ!
  これが最近の幼稚園児か…。5歳の頃には、私が家に忘れたお弁当を
  大人で徒歩8分ぐらいかかる場所まで走って(笑)届けてくれたり、少し
  優しい場面も登場しました。弟が自転車に乗れるようになった頃、
  たまに弟がこいで私が座って楽してたり、2人乗りをしたこともありまし
  た。もちろん少しの距離ですよ。しかし、かなりのバカ力です。
  どう見たって私の方が2倍は体重がありますから。ただただスゴイの一言
  でした。いつしか弟は小学校に入学しました。そんなある日、図工で
  カレンダーを書いてきました。明確には覚えていませんが、そこには、
  「1月はなし。2月はお姉ちゃんの誕生日でケーキが食べられる。3月は
   ひなまつりでケーキが食べられる。4月はなし。5月はこどもの日で
   ケーキが食べられる。6月7月8月はなし。(エコー)9月は、自分の
   誕生日でケーキが食べられる。10月はなし。11月はお父さんとお母さん
   の誕生日でケーキが食べられる。12月はクリスマスでケーキが食べ
   られる」そう、これは「ケーキが食べられる月はいつ?」カレンダー
   だったのです。これを見て、家族は大爆笑。弟は、これほどまでに
   ケーキが好きだったのです。今年の春から小学校5年生になる弟です
   が、ケーキも大好きだし、甘えん坊です。これからどんな少年になる
   のか楽しみでしかたありません。潤くんは昔、どんな男の子でしたか?』

「すごいねぇこれ。小学校5年生で…小学校に入学した子が、図工の
 カレンダーでケーキのカレンダーを作る。まぁ…大人になった時に、
 いい思い出話になる、話ですね。えぇ。まぁ、仲のいい姉弟なんだなって
 いうのを、このメール読むだけで思いますが。

 えー、僕が昔どんな子だったかというとですねぇ…僕、幼稚園の頃とか、
 僕の年ぐらいにちょうど、ファミコンとかができたんだよね、たぶん。
 たしか。そういうのもあって、すごく、なんかファミコンに熱中していた
 記憶がありますね。今だったらさぁ、考えられないけど、昔、ほとんど
 のゲームにセーブする機能っていうのがなくて、ものっすごい長いもの
 とかでも、セーブできなくて、うちがやってたのはテレビとか全部
 消してんだけど、電源だけつけっぱになってるファミコンが、あったり
 とか。そういうことがありましたね。あと、幼稚園の頃とかも、幼稚園
 行く前に、朝起きてゲームやって、帰ってきてゲームやってとか、そう
 いう生活だったなぁと思いますね。あのー、それこそ、ちょっと前に、
 …スーパーマリオ、マリオブラザーズが、なんか、最近のゲーム機で
 復活したりとかしたじゃない、ああいうのとかも、もちろん昔やってた
 りとかしたし。昔のゲームってすごい今思ってもねぇ、今思うとすごい
 やっぱ単純で楽しいんだよね。し、最近思うのはその、昔見たものは
 すごく、やっぱりいい思い出に、昔好きだったものっていうのはすごく
 今になっても好きだったりとかするし。

 それこそ、ジブリの作品で言うと、俺とかだと、ナウシカとかは全然
 違ったんだけど、トトロとか魔女の宅急便とか、あの頃すごく、小さい
 ながらに、よく見てた作品だったから、今見ても、トトロとか魔女の
 宅急便とかすごい、なんか、キレイな気持ちになれるし、もちろん作品
 がキレイな気持ちにさせてくれるんだけど、今見ても、一瞬でそういう
 ふうにもなれたりするのがあるし。それこそあとはドラゴンボールとかも
 好きだったしねぇ。んー。いや、ドラゴンボール、すごい嬉しかった
 のが、そのドラゴンボールとかも、今の若い子とかが見ても面白いって
 思えるんだって。それこそ今小学生の子と、こないだね、たまたま話す、
 なんか知り合いの子どもで、話してたらすっごいドラゴンボールに
 ハマってる子がいて。超マニアックなね、俺とか全然わかんないような
 こととかわかるぐらいマニアックな子がいたりとかして。やっぱ、面白い
 ものって世代超えるなって改めて思いましたね。

 最近僕、すごく思うのがですね、こう、僕らより下の世代、俺も入る、
 ギリギリ入るかなっていうふうに思うのが、僕はこう…この世界に
 すごく、昔からある種、いたりしたので、大人の人たちと接することが
 多かったから、ちょっとなんか感覚的に違うかなと思うとこがあったり
 するんだけど。思うのが、その僕らより年が下の人たちが、ちょっとした
 なんかこう、ムーブメント的なものが、今、現れつつあるとすごく思うん
 ですね。それは、なんていうのかな、その、まぁ、今ニートとかさ、いろ
 んななんかこう、世の中だったり、なんか、それこそ『使えねぇ』って
 言われる世代だったりとかして。杉村太蔵議員が言ってたじゃん。
 『僕らは意外に使えます』って。ふふっ。俺すごいそのことが印象的
 だったんだけど、なんかその、若い、まぁ、あの人とか全然もちろん
 上だけど、その、僕らより下の子たちの考え方とか、僕らより下の
 人間が持ってるものって、ちょっと、面白いなって、思いますよ。

 最近さぁ、それこそ花男とかもそうだし、そのへん、ってか去年の今頃
 からだと思うんだけど、僕より年下の子たちと、その、仕事の現場とか、
 いろんなことで接する機会が僕、すごく増えて。それまで、感じなかった
 だけなのかもしれないけど、なんかいろいろ考え方とか、こう、やり方
 とか、感じ方とかの、面白さみたいのを、ここ1年ぐらいずっと思って
 いて。それは、ひとつなんか、形になるんじゃないかなぁなんて、最近
 思ったりするんですよね。なんで若い子たち頑張りましょうよ。えぇ、
 そんな感じです。はい。ではここで1曲聴いてください!今度はビート
 ルズです。The Beatlesで、『A HARD DAY'S NIGHT』」

「いかがでしたか?今回の嵐・JUN STYLE。今日のエンディング曲は、
 『サクラ咲ケ』を聴いてもらってます。
 えー、ここでインフォメーションです!3月28日!タモリさんが、
 ストーリーテラーの『世にも奇妙な物語』、やりますんで。ぜひ、
 ご覧ください。
 
 では来週、僕は『カリオストロの城』について、語りたいと思うので、
 ぜひ楽しみにしててほしいと思います!ではまた来週、聴いてくだ
 さい!お相手は嵐の松本潤でした。バイバイ」

17:31  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

今日もお疲れ様です☆アタシはあんまり潤クンがゲームしてる映像、想像できません(笑)
ナナ |  2006年03月26日(日) 00:57 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/427-bec60031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。