FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2006.04.09 (Sun)

人形店でまごまご(2)

今回は智の笑いがほとんど絶えなかったなぁ。
「あっはっはっは!」って笑うんじゃなくて、静かに「はははは・・・」
って感じで。ずっと笑ってた。
笑い声ってみんな特徴あるよね。
私はにのの笑い声が好き。(なんでも好き)(聞いてない)


以下、まごレポその2。

【More・・・】

午後12時。お昼の時間だけど・・・。
おじいちゃんが特製の卵焼きを作ってくれました、ってことで。
でもそれちょっと油が多すぎんじゃね?
自分で作った卵焼きを試食するじいちゃん。
じ「うめぇや。ん、ん、ん」
ス「砂糖とか入れたの?」
智「何にも入れてねぇ(笑)」
じ「そうか」調味料入れに手を伸ばしてみる。
智「(笑)もう・・・遅ぇよ」
じ「いいか?」
テ「もう手遅れです!」
智「(笑)じいちゃん醤油入れすぎなんだよ。しょっぱいなこれ」
じ「でもうまいなぁ」
智「うまくねぇ(笑)」
じ「(笑)」
智「どうする?じいちゃん」
じ「(笑)もう1時だもん・・・。出前取ろう!」
智「はははは!」

早速お蕎麦屋さんに電話するじいちゃん(笑)
じ「あのねぇ、きつね蕎麦・・・い、五つ!」
智「いやいや違う違う違う(笑)四つ」
じ「四つ、よ、四つだ、四つ・・・はい。はーい、大至急ね!」
智「(笑)」
じ「大至急」電話切っても言ってます(笑)
智「じゃあちょっと(にのたちが)来るまで休憩しよっか」
じ「ほーだね、休憩した方がいいな(笑)」
智「ははははは!」
テ「大して働いてませんよ!!」

午後1時。
おなかを空かせたにのとおばあちゃんが手をつないで帰宅。
ば「ここ、ここ」
に「ただいま!」
智「あ、帰ってきた!」お茶入れてます。

上がってきたおばあちゃん、開口一番に
ば「あれ?何これ?」
テーブルの上のお皿を見てあからさまに顔をしかめるおばあちゃん(笑)
にのも思わず笑いが。
に「何コレじいちゃん」
ば「(笑)これ・・・」
智「言ってやれ、じいちゃん言ってやれよこれ」
じ「(笑)卵焼きだよ!はっはっはっは」
に智「(笑)」
ば「あれー!」
に「何このマンガみたいな失敗感」
じ「(笑)でもうまいわ、はっはっはっは」うまくねって(笑)

ナ「というわけで、孫史上初、出前のお昼!」
智「じいちゃんのオススメ、きつねうどんだ」そばでしょ。
じ「さて食おう!」
テ「その時!」

ば「これダメだぁ、おじいさん!これよく留めなきゃダメ!」
じいちゃんが作った人形をチェックしだしたおばあちゃん。
に「おじいさん、ダメ出し始まったから」
テ「ダメ出し開始!」
ば「もう1回留め直すんだよ」
じ「うん」そのまま立ち去ろうとしてるし(笑)
に「(笑)」
ば「『うん』じゃないよ!留め直すんだよ」
に「おじいちゃん頑張って」
ば「おじいさん!これやんなくちゃダメだよ!行っちゃった(笑)」
に「あはははは」
ば「釘留めてよ!釘!」
テ「無視!!」
に「ばあちゃーん!」
ば「はい」
に「食べてからにしようよ」
ば「はいよ。・・・あぁでも(人形に)着せたんだ、一応。ねぇ」
智「(笑)じいちゃん着せた」
ば「着せたとこ撮ったんだ」ちょっと嬉しそうなおばあちゃん。
ナ「ちょっとグラグラしてるけど、おじいちゃんが人形を作った。
  おばあちゃんは、それが嬉しかったようです」

じ「はい、いただきま?す(笑)」
智「(笑)はえ?」
に「これなんでサランラップかかってんの?」
智「じいちゃんなんでサランラップかかってんだっけ」
じ「いやぁ、これは・・・持ってくる時こぼすからだよ、つゆが」
に智「あははははは!」
じ「そうだよきっと」
に「そうかぁ」
智「(笑)」
に「革命だね、じゃあね」
きつねそばを食べる智。
智「あ、うめぇや」
ば「(笑)」
に「そりゃ、うめぇわな」
 「一応作ろうっていう意識はあったの?じゃあ」
智「俺たちなりに一生懸命やったよね?」
じ「あはははは!」
智「はははは」
テ「爆笑!?」
に「(笑)大爆笑じゃないかい」

お昼が一段落したら。
智「孫が聞きたいアノ話」
に「おじいちゃんおばあちゃん昔は若かったのよ」
に智「ラブラブトーク!」

に「なに、2人は恋愛ですか?」
じ「恋愛じゃない」
に「あは、お見合い?」
じ「あぁ、見合い」
に「お見合いで」
ば「これ結婚式の(写真)。実家で写したの」
に「あー!綺麗だねぇ」ほんとだ、女優さんみたい。
智「ばあちゃん綺麗だね」
ば「細かったのよ」
に「この立ってる人は誰?」
智「(笑)」
じ「(笑)」
に「もしかして?今笑ってる人?一生懸命。今一生懸命笑ってる人?」
ば「そう、そう」
に「これが何年前になるんだ?」
ば「だから、50年とちょっと。(昭和)30年に結婚したんだから」
智「いつ、知り合ったの?」
じ「もう3・・・30年ぐらい・・・」ばあちゃんを見つつ。
ば「なんで30年?去年50年やって」(笑)
じ「(笑)」
ば「(笑)なんで30年なん?去年50年やったじゃない!」
に「ねー去年金婚式やったの覚えてないの?」
智「ははははは!」
じ「(笑)」
ば「50年やったのになんで30年なのよ(笑)」
に「なんで出会って30年なの?」
ば「ねえ」
に「もう待って?眠いでしょ?」
智「はっはっはっは・・・」
目をしばしばさせるじいちゃん(笑)
テ「飲むと眠くなるタイプ」
ば「ダメだ、寝ちゃっちゃ(笑)」
に「寝ちゃうよこれ、早くしないと」
 「じいちゃん!?」
じ「はい」今にも寝そうに(笑)
全「(爆笑)」

智「じいちゃん午後やる・・・」
じ「あ?も、もうやらなくたっていいんだろ?」
に「ほら、ダメだよ聞いたら」
ば「(笑)ほら」
智「ばあちゃん決めて(笑)」
ば「あ、午後ね、ほら、保育園行って、あのケース片付けたでしょ
  お人形さん。あのお人形、行って飾るの。おじいさんほら、小さい子
  好きじゃない」
じ「んー」
ナ「自分の仕事に誇りを持っていたあの頃。もう一度、そんなおじいちゃんが
  見たい。大好きな子どもたちとの仕事の中で、昔の笑顔を取り戻して
  くれたら・・・。おばあちゃんは、そう願っていました」
カレンダーの3月3日、「おひなさま飾りつけ!」の文字を見ているにの。

じ「小道具とかあの、めんどくせぇんだよな」
ば「ん、それ(私も)行くから大丈夫」
じ「そっか」
に「智に教えてやってよ」
じ「うん。・・・はい。はい」
智「あっはっはっは・・・」
に「テンション下がってるじゃん!」


ここで嵐くん登場?!
智「というわけで今日は、人形職人のおじいちゃんおばあちゃんのとこに
  行ってきました?!」
翔相「お??い!」パチパチパチパチ。
翔「人形職人!人形職人!」手を上げて応える智。
並びは左から潤、相、翔、智。

相「あれ?なんで隣?」
翔「ニノは?」
相「どこ行ったの?」
智「ニノはちょっと、あの行方不明です」
隣の席には黒いギターが。でもいつもにのが使ってるやつじゃないね。
翔「いやいや(笑)トーンが軽すぎだよ、テレビで言うのに」
相「(笑)どうしたの?」
智「ニノ?」
相「うん」
智「マネージャーに聞いてくれよ!」
相「いや、どこ行ったの。それ教えるってさっきまで言ってたじゃん!
  自分知ってるんでしょ?」
智「それはちょっとさっき急遽スタッフに言われたもんだから!」
テ「(にのの写真)ハリウッドで映画撮影中です」
潤「ニノ連れてきてくれよ何考えてんだよ」低い声で。
テ「ドS番長激怒!」顔もコワイ(笑)
翔「ほらぁ」
相「ほら、怒っちゃった」
翔「やる気なくなっちゃった!」
智「どうでしたか?」
翔「(笑)知りま・・・立て直した!さすがキャプテン(笑)」
潤「(笑)」
相「キャプテン!」
智「どうですか、人形職人のおじいちゃん」
相「さすがですねぇ!」
翔「(笑)さすがですよ!」
智「今回問題があるんですよ」
翔「おぉ、また問題が」
智「最後にね、お別れするときにね、僕いつも似顔絵を渡すじゃないですか」
相「はいはいはいはい」
智「そん時に・・・面白い予想外な、行動を」
相「ちなみにそのおじいちゃんは、ボケてんの?」
智「もう、天然ボケですね」
相「それはわざと?」
智「わざと・・・」
相「わざとボケてやってるってこと?」
智「違、」
潤「(笑)だから天然だって(笑)」
テ「(相葉ちゃんを指さし)天然」
潤「天然はわざとじゃないでしょ」
相「(笑)そうだね」

翔「似た!」大声で(笑)
智「・・・に、似た?(笑)」
翔「(笑)」
潤「当てていい?」
智「待って、相葉ちゃん」
相「ちょっと待ってちょっと待って、今ね、すごい必死で考えてんだけどさぁ」
翔「来たよ、バラエティ班」
智「考えて、みんな」
相「考えてる」
翔「さすが、ひとつのコメント練りに練ってるからね。使われないからね、
  じゃないとね」
智「簡単にね」
相「あっはっはっは!」
潤「練りに練った、練って、時間あんま、ないよ」
相「(笑)時間、そう、時間あってもあんまり使われないんだよなぁ」
翔「(爆笑)」
智「考えて、みんな」

テ「シンキングタイム」
智がギターを適当にポロンポロン鳴らしてます。
翔「(チューニングが)全然合ってねぇし!」
潤「すーごいな(笑)」ほんとにすごい音だ(笑)
相「えぇ?!?当たってもだって正解だって言わないでしょ?」
智「ま、言わない、言わない」
潤くんに絵を渡すジェスチャーをする智。
智「・・・じゃ、おじいちゃん、これ僕からプレゼント」
絵を受け取る真似をする潤くん。潤くんをガン見する翔ちゃん、相葉ちゃん。
潤「えー、何だろうなぁ。(絵をよく見て)・・・お?!ありがとう」
絵を返しちゃったよ(笑)ここで智をガン見する翔、相、潤。
テ「松:返却した」
智「・・・あいっ!じゃあ次」
相翔「おお??いぃ!!」くるっと振り返ってプルプルする智(笑)
翔「気になる気になるー!」
潤「何だよその渡し方」
相「それちょっとねぇ、松潤が当たってんじゃないかなぁと思うんだよ
翔「そうなんだよ、そうなんだよ!」
智「どうかな?」
翔「当たってんでしょ!」
相「当たってんだよ!言いなよ」
翔「言いなよ」
相「言っちゃえよ!」
智「言ったら面白くないじゃん!」
翔「あ、ま、そうだね」(笑)
相「そうだね」
翔「じゃあいいよ、VTR振ってよ」
智「絶対言わないから」
翔「もう、だ、わかっ!2度も3度も言わなくていいよ!」口とんがってるよ。
智「どうぞ」声ちっちぇ。
潤「あははは・・・」


午後2時。
この日はひな祭りということで、子どもたちがひな人形を飾る行事に参加する
ために、近くの保育園へ。

大型バンの荷台を開ける。
じ「よいしょっと」
に「よいしょっと」
人形セットの箱を抱えて、保育園の入り口へ。なんと自動ドアなのね。しかし。
じ「なんで開かねぇんだ」
智「あっははは・・・」
ば「開かないよ」
抱えた箱をドアにぶつけるじいちゃん(笑)いや、きっと防犯上開かないように
してるんだよね。
テ「突破!?」
に「なんで入れねぇの?」
保「ごめんなさい、1回ちょっと下がっててもらっていいですか?」
ば「はいはい」

やっと中に入ると、なんとエレベーターが!なんじゃこの保育園は!
保「2階です」
に「2階ですか、はい」
というわけで、みんなで箱を抱えて2階へ。
ば「こんにちは?」
子「こんにちはー!」
じ「(笑)」
に「こんにちは」
子「だれだれ?」
子「なになに?」
じ「お人形。これからお人形を飾りますから」
保「え?お人形だって!すごいね?」
じ「どうぞご覧になってくださいませ」ぺこり。
智「硬いな(笑)」
に「(笑)ものすごい緊張してんじゃねーかよじいちゃん」
智「(笑)」
ば「みんなも一緒に飾ろうね!」
子「うん!」
子「飾ろうよー!」
ば「ね、飾ろうね」
お家ではめったに触らせてもらえないお人形に、興味津々の子どもたち。
に「あは、お、じいちゃんがやる気出したよ」
じ「よーし」
に「よし、じいちゃん頑張れ」
じ「おう!」

まず最初はひな壇作りから。智が手伝って骨組みを作る。
に「じいちゃん?じいちゃん」
ば「(笑)もうあんまり・・・無視しちゃってる(笑)」
に「ほんとだ、今自分のことでいっぱいいっぱいだよね」
ば「いっぱいいっぱいよ」
実はひな壇を組むのも久しぶりだというおじいちゃん。すると。
子ら「おじいちゃん大丈夫??」
じ「大丈夫ですよ?」
に「はははは!よかった!よかった今の、答えてくれて」
ひな壇ができあがり、いよいよ子どもたちと一緒にお人形の飾りつけ。
ば「置く場所教えてやって」

子ら「それなーに?」
じ「これはごはん。ごはんとおみおつけ」

に「(じいちゃん)すごい嬉しそう。教えてるよね」
ば「うん、やってるよ」おばあちゃんも嬉しそう。
子どもたちを相手に、笑顔が絶えないじいちゃん。
子ら「おじいちゃんがんばれ?!」
じ「(笑)は?い」

に「ばあちゃんちょっと感動してる?」にのもいい笑顔☆
ば「久々にやってるね」
に「じいちゃんが?泣きそうだもんね、ばあちゃん」
この時のにののポーズが男前。壁に手をついてばあちゃんと直角になって
話してるの。よく学校で見かけるカップルみたいな。
ば「やっぱりさ、あの小さい子に言われたらあれなんだね、
  子どもに言われるとね」
 「久々にやってる」本当に嬉しそうなおばあちゃん。


午後4時。ひな祭り終了。綺麗に飾られたお雛様。
に「チョロチョロしすぎだよ?チョロチョロしすぎだからおまえは」子どもに。
ば「久しぶりにあれでしょ」
に「でもでも、飾れたね!」
智「綺麗だねぇ」
ば「やれましたね、じいちゃん本気になってやってくれたね」
に智「ねえ」
智「がんばれがんばれ言われてた」
に「あははは!」
ば「あんなに声援されちゃっちゃねぇ」
に「ねえ!」
ば「やらざるをえないよ」
智「ほんとだよ」
ば「多少手抜きはあったけどね」
じ「うん」
に「あはははは」
智「やっぱりね」
ば「今日、一番良かったんじゃない?」
じ「一番良かった」
ばに「んー」
じ「うん。一番良かった」


つづく。
17:21  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

v-10嵐さいこーv-238v-238v-111
 |  2007年04月06日(金) 13:32 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/447-3350e22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |