09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.18 (Tue)

外国人でまごまご(3)

智とおじいちゃんが英会話教室の子どもたちを呼びに行く間に、おばあちゃんの
肩をマッサージする雅紀。

【More・・・】

雅「OK」
ば「I should give you a massage.(私があなたにするべきなのに)」
雅「OK」
ば「Oh! That feels good.(いい気持ち)」
雅「Good?」
ば「いい気持ちですねぇ」
雅「ほんとぉ?」
ば「ほんと」
雅「強い?痛い?」
ば「オ?!ちょうどいいです」
雅「ちょうどいいです」
ば「あ、これは痛いですけども」
雅「それは痛い(笑)」
ば「でも、必要ですね」
雅「必要ですね、こってるから。ん?」
ば「何か、歌ってください」
雅「・・・はははは!何か歌ってね??なるほどね?」
ば「はい」
雅「いつもやってるように」
ば「わたくし、音楽好きですけれども」
雅「あ、じゃあおばあちゃんの後でさ、ピアノ弾きに行こうよ・・・ピアノ」
おばあちゃんの顔を覗き込む雅紀。
雅「後でねぇ」
ば「あ、はい」
雅「マッサージ終わったら」歌わないんだよねー。
ば「はい」

ナ「相葉くんのマッサージ。これも想い出にしてくださいね」

一方、生徒さんたちを集めに行ったおじいちゃんと智。
ある男の子の家へ。
じ「こんにちは?」
男子「こんにちは」
智「おじいちゃんとおばあちゃんが引っ越してしまうということで、その
  生徒さんたちを呼んで、おばあちゃんを驚かそうっていう・・・」
笑顔でうなずくお母さん。
智「大丈夫ですか?来れますかね?」
母「大丈夫です」
男の子にお友達の家を教えてもらって。今度は女の子の家。

智「みんなに、集まってもらって、おばあちゃんに会おうかなっていう・・・」
うなずく女の子。
智「大丈夫かな」
女子「大丈夫です」
智「大丈夫、今から来れる?」
こっくりうなずく女の子。
じ「Thank you very much, thank you. Let's go.(ありがとう、さあ行こう)」

午後4時。ピアノの音が響く教会。
結婚式でよく聞く賛美歌だね。♪慈しみ深く?

雅「すごーい!ベリーグッド!」
ば「Thank you. 」
イスに座っているおばあちゃんの横に膝まづいてる雅紀。
雅「じゃあ、お返しに、僕が1曲弾きましょうか」弾けんのかよ!?
ば「・・・どうぞ」弾けるの?って感じの笑顔で。
雅「ね!」
ピアノのイスに座りました。
雅「いくよ?やるねいくよ?」
『エリーゼの為に』の出だしだね。でも5音しか・・・(笑)
テ「エッ!?」
雅「エリーゼの為に」さっきと同じですけど?(笑)
  「ふふふ・・・」
テ「エッ!!」
どいてごらん、こうよ!って感じでやってみせるおばあちゃん。
バシッと雅紀の胸を叩いて(笑)
出だしを弾いて・・・音が違ってたんじゃん!
ば「はい、ここから」
雅「そうそうそう、あ、ここからか!間違えた」
やってみたけど、左手がまったく付いてきませんでした(笑)拝むように、
「ごめんなさい」のポーズをする雅紀。
雅「よし。じゃあおばあちゃん楽しかったね!」えぇ?!?
テ「終了・・・」情けない文字で(笑)

その頃、おじいちゃんと智が子どもたちを連れて帰ってきました。
智「おばあちゃん」
雅「お?!ハロー」
ば「Hello」
智「おばあちゃんのためにね、スペシャルゲストが・・・来ました!」
ば「そうですか?」嬉しそう。
雅「え?どういうこと?」
智「どうぞ!!」
教会は2階にあるため、階段を上がってくる子どもたち。
ば「お?!Oh! my English students!(私の教え子たちだ!)」
雅「オー!スチューデント」
ば「(笑)」
智「おばあちゃんが、出発しちゃうから、みんな見送りに来てくれました」
雅「嬉しいねぇ?!」
ば「そう、嬉しいです」
雅「嬉しい」
すると、ある女の子がおばあちゃんに包みを差し出しました。
智「あ!」
雅「どうしたの?」
女子「これ・・・」
ば「Oh! Thank you! 開けていいですか?」
女子「はい」
中には手紙が。
ば「『英語を教えてくれてありがとうございました。今はとっても寂しいです』
  わたくしも悲しいです」涙が頬を伝うように、手で表現。
 「『でも私はどんなことがあっても絶対に忘れません』・・・ありがとう
  ございました」笑顔で。
じ「Oh, thank you.」
雅智「お?!」
ば「上手に書けました」
雅「上手に書けました」
最初のお家の男の子。
男子「Thank you. I want to you come again.」
ば「Oh, thank you!」
女子「I enjoyed English class. Thank you, mrs.・・・」
ナ「おばあちゃんに習った英語で、子どもたちが一生懸命気持ちを伝えます」
女子「Thank you.」
ば「You're welcome. Bye bye.(どういたしまして。さよなら)」パチパチパチ。
雅「お?!みんな英語でさぁ」
ば「上手ですね」
雅「上手だねぇ!」

智「でね、僕からもね、プレゼントが・・・あります。Present for you.」
スケッチブックをおばあちゃんに渡す智。
ば「お?!(笑)」
じ「お?!」
今回はまためっちゃ似てます。超クリソツ。そしていつもなら「ありがとう!」
と書くところが今回は「Thank you!!」になってます。作 大野智

ば「お?!上手ですねぇ!!」
雅「上手、ねえ、そっくりだよ」
じ「誰だかすぐわかるね」
雅「(笑)」

そして、早くもお別れの時間に。車に荷物を運ぶ雅紀と智。
車に乗り込むおじいちゃんたちに声をかける。
雅「じゃあ、気をつけてね」
じば「はーい」
ば「いろいろありがとうございました」
雅「いえいえこちらこそ、ありがとうございました」ぺこり。
ば「どうもありがとう」
智「体気をつけて」
雅「ねぇ」
ば「これ(似顔絵)も、ありがとうございました」
雅「元気でね」
じ「Thank you for being my grandchild.(孫になってくれてありがとう)」
智と握手。雅紀とも握手。
雅「サンキュー、グランパ。バイバイ」
じ「See you again.(また会いましょう)」
雅「See you again.」
智「See you again. ありがとね」
雅「バイバイ」
ば「バイバイ」
雅「幸せにね。バイバイ!」
智「バイバイ!」
雅「アイルビーバック!」???謎(笑)
走り去る車を、手を振って見送る2人。

雅「あ?行っちゃったねぇ(笑)」
智「なんか、変な感じ(笑)」
雅「俺らがいつも『バイバイ』って」
智「『バイバイ』って」
雅「こう行くところ・・・え?っ!行っちゃったよ?」
智「この家どうすんの?みたいな」
雅「(笑)えー!じゃあ、行きますか」
智「行きますか(笑)」
雅「僕らも」
智「えぇ」
雅「(カメラに)じゃあ、ありがとうございました!」ぺこり。
智「した!」ぺこり。
雅「いや、でも楽しかったねぇ」去っていく2人。
智「楽しかった」

成田空港。
カナダへ旅立つ日。
じ「忙しいところで、よく手伝って。雅紀と智、本当によくやったんですね」
ば「いい孫でした(笑)ほんとの孫のように手伝いました。いろんな、面白い
  ことを話しました」
じ「やっぱり少し、家族的な雰囲気もありましたので、ありがたいんですね」
こうして、お2人はカナダへ。

4人で撮った記念写真、今回はこんな感じ。
   
   OO O O
  智じ ば雅

本編おしまい。

なんと今回はここでやっと嵐メンが登場。出ないのかと思ったよ、ふ?。

相「初ですよ!外国人の方」
潤「そうだね、初めてだねぇ」
相「その2人が、ものすごいね、スピード婚なわけですよ」
智「そう」
翔「ほう」翔ちゃん、茶髪パーマのジョン仕様。
相「歳いってから結婚してるから」
翔「え、だって何ヶ月って言った?」
智「4ヶ月」手で4作って。あれ?智、左手の人差し指に指輪してるよ。
翔「4ヶ月でさぁ、会って4ヶ月で人って結婚できるの?」
相「だ、すごい、よね」
智「いや、もしかしたら人じゃないかもしんない」
翔「(笑)そこまで言う?」
相「見てきたじゃん」

翔「えー、ていうか面白いねぇ。やっぱ海外の人ってこれからもいっぱい
  行ったほうがいいんじゃないの?」
相「ほんとに行ったほうがいいと思うよ、だってねぇ、今日本で、実は調べたん
  ですけど、あの、夫婦で一番多いのが韓国の方なんですよ」
テ「日本にいる外国人夫婦
   第1位 韓国・朝鮮 82,105組」
相「で、2位が、ブラジル」
テ「 第2位 ブラジル   38,316組」
翔「ブラジル!?」
相「はい!さてここで問題。第3位はどこの国でしょう?」
翔「って来たらやっぱスイスでしょ」なんで?(笑)
相「スイス」
潤「リトアニアじゃないの?リトアニア」楽しそう。
相「リトアニアではないな」
智「バチカン市国!!」カメラをビシッと指さし。
翔「おま、ちっちゃ過ぎて・・・」
潤「ははは・・・」
翔「人口と合ってねーじゃねぇかよ!おまえ」
智「ははは」
相「近いよ、日本から」
智「カナダ」
翔「日本から近いの?」
相「近い」
潤「中国?」
相「正解!」
翔「うわーぃ!」潤くん、嬉しそう。
相「34,229組います」

相「どうやって終わる?」
翔「『また来週もご覧ください』的なことじゃないの?」
相「じゃ、ちょっとそれやってみて?」
翔「なんで。俺そんな面白いことできるわけないじゃん(笑)」超早口(笑)
相「(笑)面白くなくていいじゃん、別に」
翔「いいよ別に。締めなよ2人で」
智「ご覧ください」キュー出しちゃったよ(笑)
  「あ、違うか(笑)」
翔「もいっかいやれよ・・・」
テ「やっちゃった・・・」
相「(笑)グダグダだな・・・」


次回予告。

嵐の城下町。またしても智と相葉ちゃんペアで(爆)
でもまぁ、しょうがないよね、翔ちゃんと潤くんは舞台で忙しいもんにゃ。
にの?!早く帰って来?い☆4人じゃ回らないよ?!!

ナ「井森美幸姫のために、会津若松で相葉・大野が火花を散らす!!」

智「姫、バカじゃねぇの!?ほんとに」お?!
ナ「姫のお気に召すのはいったいどっち!?行く先々で出会う強烈な
  キャラクターに、一同大爆笑!2人が作るマップやいかに!!」
 
相「始まるよ?!」ハゲヅラかぶって紙芝居屋のおやじになってます(笑)



おわり。
00:05  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★初めまして☆

いつも楽しく読ませて貰っています。
ウチの地方ではまごも放送していないし、ベイストも聴けないのでレポして頂くと、本当に有り難いです!!

みゆゆさんのレポは、臨場感があるっているか、放送そのままの雰囲気が活かされてる感じがして大好きです♪

初コメントで緊張していますが、又コメントさせて頂きたいと思います!
宜しくお願いします♪
なっつ |  2006年04月18日(火) 16:18 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/460-ccdcd9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。