07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.27 (Thu)

嵐の城下町:会津若松編(3)

ちょっと疲れたので今回はコメントなし(爆)
その3。

【More・・・】

井「んー、今度姫はぁ、名所?名所に、行きたいなぁ!」超ぶりっこ。
相「んー」
智「んー、行っといで!」ちょっと口がとんがっててかわいいの(笑)
相「(笑)」
井「ちょっと!行っといでじゃないでしょ!連れてくの!私を」

お題 名所

一般に、会津若松の名所と言えば、天寧寺にある「近藤勇の墓」や、
戊辰戦争時代の弾痕などが残っている「旧滝沢本陣」が有名。

そろそろ影も長くなってきた時間。1人で歩いてる相葉ちゃん。
相「お!犬。かわいい?こんにちはーどうも」
ミニチュアダックスってやつかな?お散歩させてる親子連れの女の人。
相「おー、ねぇ、この資料館っていうのは何ですか?」
そこにあった看板を指さし。
母「あぁ、駄菓子資料館?」
娘「そこに、『長門屋』さんていう昔ながらの駄菓子屋さんがあるんですけど」
相「へぇ?!おもしろいっすか?」
娘「よかったらぜひ見てってください」
というわけで長門屋さんへ。
相「駄菓子の資料館なんて初めて見た!」

智「何かある!」その先に、『野口英世洗礼(初恋)の地』という門が。
  「いいね。初恋の地って書いてある」
  「すげーな、これ」
説明書きを見ながら。
  「歴史好きだったらたまらない」

プレゼン。

相「僕がお薦めしたいのはこちらです!『会津駄菓子資料館』!えっと、
  これはですね、昔懐かしい駄菓子や、おもちゃが展示されています」
井「あ??!」
相「で、展示されてんのが2階で、1階はお菓子を売っています」
井「あー、『これ、ちっちゃい時食べた』とか」
相「そうそうそう、あ、井森さんの時代っていうのは紙芝居とか来ました?」
井「(笑)ちょっとさ、私そんな(嵐と)変わんないよ!?」そりゃキツいよ(爆)
相「変わんないすか?」
井「そんな変わってないから」
智「いくつですか?」ナイス質問(笑)
井「(笑)・・・30ちょっと過ぎ?」嘘つき(笑)
相「あぁ、30ちょっと過ぎ・・・まぁまぁ『ちょっと』っていうのは人に
  よってねぇ、捉え方違いますからね」
智「ええ」
井「(笑)」

智「じゃ、僕はこちらです!『野口英世初恋の地』。これはですね、野口英世が
  初恋の人と出会った場所です」
井「この辺なの?」
智「この辺にあります」
井「えぇ!ほんとに?」
智「えぇ。ここに来ると、もう来るだけで、もうセンチレ、センチメンタルな
  気分に・・・」
相「ひひひひ!」
テ「大事な所で・・・」
相「一番噛んじゃいけないところで(笑)」
とほほな顔の智(笑)

判定。

井「今回は、こっち(智)に行きます!」
相「な?んだよ?」
笑顔で立ち上がってバンザイしてるけど、無言の智(笑)
井「駄菓子とか好きなんだけど、ちょっと想像がつくんだよね」
智「そう」
相「あー、なるほどね!」
井「こんなところだろうなぁって」
智「最後はね、想像ついちゃダメだね」両手を広げたまま。
相「はははは!これ(野口英世)想像つかない」
智「つかないでしょ、これ」

みんなで行ってみましょ。
相「いや?、陽もだいぶ落ちてきてねぇ」
井「ねー」
相「キレイだと思いますよ、たぶんねぇ」
智「ねえ」
井「うん、どんなところなんだろう。この辺なの?」
智「ここです!」
相「おお!」
井「これ?ほんとだ」
智「あの奥に、建物が。裏から廻ると、近づきますから」
井「どこだー?」
智「ここです」
井「えっ、ここ?ここで知り合ったの?」
なんか、うら寂しいボロ屋の庭先(爆)みたいな・・・。
智「ここです」真横に大きく手を広げたまま。そのポーズ気に入ったの?
井「へえ?っ!」
智「ここに、建物があったんですよ!」
井「建物があった?」
智「ええ。今は、今はもうきれーな空き地に・・・なってるんです」
テ「空き地」
相「井森さんやっぱ、じゃぁやっぱ駄菓子屋だったよ」
井「でも」
智「ここで初恋のね?あの、ヨネ子さんと出会ったあの」
井「あ、教会だったの!?」
智「そうです!ほんで初恋は、実ることはなかったものの・・・」看板の説明。
井「なかったの!?なかったの?」
智「残念ながら」
相「な?にそれ」
井「なんかさ、来てからいつもおかしなことになるんだよ。さっきもそう
  だったもん!」
相「そうだよ!」
いたずらっ子みたいな笑顔の智。かわええっす。

ナ「野口英世初恋の地までは鶴ヶ城から車で10分。カップルや、センチ
  メンタルな気分になりたい人にオススメです!」
智「会津若松の、イチオシの名所は、『野口英世の初恋の地』ですよね!」
井「もう建物はないけどね!」
智「よかったです!」ピースしながらペロッと舌出し。おちゃめさん☆
井「・・・よかったのかなぁ」

というわけで、嵐お薦めシールは「野口英世の初恋の地」に決定。

残念ながら・・・のお店はこちら。長門屋駄菓子資料館。
鶴ヶ城から車で15分。昔懐かしの駄菓子を堪能できるところです。

相「じゃあ、新幹線の時間もありますし」
井「え?」
智「日も暮れたことですし」
井「え、ちょっちょっちょ、もう帰るの?」
相「ええ」
智「ええ」
井「最後がこの野口英世の、建物のないとこで終わり?」
相「ま、それはもう全部、キャプテンのせいですから」
智「いや、でも、僕のせいじゃないですよ。姫が、選んだんですから」
井「いや、選んだのはそう、姫なんだけど、でも最後に、やっぱ一応ね、
  ここまで来たからには、お土産のひとつでも買おうよ!お土産」
智相「あ?」
相「お土産ね!」
井「記念に」

お題 お土産

最後は3人で一緒にお土産探し。もう真っ暗。ある地酒屋さんへ。
店「お酒の試飲やってますよ。どうぞ」
すこしずつ注いでもらって、まず香りから。
相「あ、フルーティーですねぇ」
店「ね」
井「(笑)ちょっと、ほんと?」
相「(笑)フルーティーだと」
井「合ってますか?コメント」
店「合ってます合ってます」
相「ねぇ!合ってますよね」
井「合ってる?」

3?4種類のお酒を試飲した3人。
智「姫どれですか?一番・・・」
井「私ね、一番最初に飲んだのが、わりとこう、香りもソフトな感じで、
  優しい感じがして好きでしたね」
相「リーダーは?」
井「どれ好きだった?」
智「僕これ好きでしたね」同じ銘柄の別バージョン。
相「あーなるほど」
井「あ?二番目に飲んだね。相葉くんは?」
相「僕全部好きです」(笑)

ナ「というわけで、3人が選んだのは、姫お気に入りの大吟醸『宮泉』」
こちら宮泉銘醸さんでは、利き酒を楽しめるそうです。
鶴ヶ城から車で5分。

智相「会津名物のお土産を買うなら!」
井「宮泉銘醸へ!」
店「皆さん、おいでくらんしょ」
嵐お薦めシールは、大吟醸「宮泉」に決定。

井「今日は姫のために、こんな暗がりまでご苦労さまでした」
智「いえいえいえ」
相「こちらこそ、ありがとうございました」ぺこり。
井「もう?、楽しかったです」
智「もう、できました!嵐独自観光マップが」
相「おっ!」
智「ジャジャ?ン!」
井「お?っ!」
相「はい?!」
井「すごい!」
相「あー、めでたいやさん、最初行ってね?ここから始まり、カツ丼食って」
井「そうそうそう」
相「でっかいカツ丼食って、あのおじさんとこ行ったんだよね?山田民芸(笑)」
井「いいお父さんだったんだよね?」
相「いいお父さん」
ということで、嵐オリジナル鶴ヶ城城下町マップ完成。

智「じゃ」
相「はい!ということでね」
井「えぇ」
相「本日はどうもありがとうございました!」
智「お疲れ様でした!」
ナ「嵐の城下町、全国制覇まで残り187」


今回も、ここでやっと嵐が登場。遅いってー。
相「はい!ということでですねぇ、今回は会津若松の鶴ヶ城に行って
  きました?!」
翔「いいぞレギュラー!レギュラー2人!」
両手でピースしてるレギュラー2人(笑)
相「ね、だいぶ俺ら2人で行ってますけどもね」
智「ね」
潤「こんにちはー」カメラにお手振り。
翔「どうもー、サブレギュラーです」

相「頑張ってよ。頼むよ」
翔「よろしくお願いします。ここでしゃべらないとどんどん映らなくなって
  くるから」
相「そうだよそうだよ」とポケットから何かを取り出す。
  「これは、誰でもうぐいすの音色が出せる笛」木でできた鳥の形。
翔「おー!」
潤「作ったの?」
翔「面白そう」
相「これちゃうちゃうちゃう、売ってるの、民芸品で」
潤「売ってんだ」
相「ここ(土台部分の穴)を、こうやって塞いで、ホー、ホケキョってこう、
  うまいことやると、誰でもうぐいすの・・・」と翔ちゃんに渡す。
潤「すげぇ」
智「これいいよ!」
翔ちゃんがチャレンジ。ホーーーケキョ、みたいな(笑)
翔「(笑)正解?」
潤「えぇとこれは、これはセンスの問題?」
翔「センス?ちょっと(相葉ちゃん)やってみてやってみて」
相「いやぁ、松潤」
翔「正解がわかんないけど」
翔ちゃんがその笛を潤くんへ。
相「ホーホケキョだよ」
やーん、笛くわえてる潤くんかわいい。手がきれい。
ホーーーーホケキョ、のケが妙に高い感じで(笑)
嵐「(爆笑)」

おしまい。嵐短すぎー!!もっと出せー!!


次回予告。
ナ「来週のまごまご嵐は、相葉・大野が古武道師範の孫になる!」
日本刀使うおじいちゃんなんだ。
智もやってみてるよ。バンプーみたい♪
相葉ちゃんは竹の子堀り。
ば「大きいの?」
相「大きいよ!ね、おばあちゃんていくつ?」
ば「今日誕生日!81」
相「おめでとうおばあちゃん!」
ナ「そこで、孫たちが考えた作戦とは!?」


おわり。
01:02  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

レポ、おつかれさまでした(^^)
智・雅紀はすっかりおなじみで次回もですね。
レギュラー@翔くんだものね。
でも、馴染んでてマッタリでいい雰囲気な2人かな。
ニノも帰ってきたり、翔くんもお仕事が一段落したから、別のペアでのまご嵐も楽しみ。
ニノはまだもうちょっと忙しいのかなあ・・・。

nao |  2006年04月27日(木) 08:43 | URL 【コメント編集】

こんにちは★
最後の叫びが素敵でした。苦笑

naoさんのおっしゃるとおり、
みーこも、翔ちゃんももうすぐ一段落着くだろうし…
あの二人の孫、久々に見たいですねぇ~!
兄弟みたいで可愛いんだよなぁ…(オィ)

でも、とりあえずは
明日の会見っ★ですね。
獅童さんが他の件で新聞に載ってたみたいですが、
凄く日焼けしていて、びっくり!
にのちゃんもかな~、なんて…。
でもあの写真見たときは、メイクかなぁ、なんて思ったんだけれど…
砂漠は凄く寒かったらしい(謙さん談)けど、やっぱり日差しは強いですからねぇ…
あず |  2006年04月27日(木) 16:25 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/469-cdfbd9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。