FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2006.05.24 (Wed)

ワルキューレ。

さて、週も半ばの水曜日。あと10分で木曜日だけど。
今日は、諸々のレポが終わったら書くと言いつつまだ書いていなかった
『白夜の女騎士(ワルキューレ)』の感想もどき(もどきかよ!?)を
ちょっと書いてみたいと思います。
でももどきだよ?マジで。ちゃんと感想になってないかも。

当然ネタバレ含みますのでよろしく。

【More・・・】

というわけで、先週5月19日のマチネに行ってまいりました。
この日もいろんなゲストが来ていたみたいですが、私がちゃんと認識できたのは
原田芳雄さんだけでしたわ。連れは佐田真由美さん(だっけ?類の好きな静)も
いたと言っていましたが、私は未確認。
そのほかにもテレビで見たことあるような顔がちらほらしてました。

会場に入ると、いきなり出演者がロビーをウロウロ(爆)してたのにびっくり。
幕前に徘徊しているとは知ってたけど、ロビーにまでいるとは思わず。
席につくと、真ん中の通路で蜷川さんと杏ちゃんが普通におしゃべりしてました。
そのうちレ?役の濱田マリさんもやってきて、お客さんと普通におしゃべり。

内容が難解というか、観てもよくわからないと聞いていたので、
まずはパンフをしっかり見ておかなくちゃと、最初に購入。
観劇の助けになるというキーワードを見て、「うーむ、これはわからない」と(笑)

そんなこんなで、どんな難しい、というかわかりにくい舞台なんだろうと
めっちゃ構えて臨んだわけですが。
そういった意味では、全然難しくなかったです。
というかね、難しく考えないほうが楽しめると思う。

コロコロ変わる場面を、いちいち「えっ!?これはどこからつながってるの?」とか
「なんでいきなりそうなるの?」とかね、考えちゃったら追いつけないから。
それより目の前の場面場面をしっかり観ながら、後から「あぁ、そうだったんだ」的な見方をしたほうがいいような気がしますよ。えぇ。

で、ト書きを見逃さないことも大事。
これで「あぁなるほど」と思ったところもあったからね。

で、細かいストーリーを追うことはしません。
そんな簡単に書けるようなものではないし、話の筋はそんなに重要でない(爆)
ような、気がした。私は、だよ?
でなきゃあんなに細切れな作りにはしないんじゃないかなーと。

じゃあ、だったら結局どうなんだよ!?ってなる?(笑)なるか。
私が観てて頭に浮かんだ言葉は、「右脳で観る」ということ。
この「右脳」って言葉、ライト兄弟のセリフの中に出てくるんだけど。
あれ?巨人だったかな?どっちにしてもその2人(テキトーだな、おい)

とにかく頭で理解しようとするより、感性で観るというか。
なんかちょっとエラそうかな?(^^ゞ
少なくとも私にはあんまり「えー!?わからない?」なんてことはなかったですよ。
てゆーか、わかるとかわからないとか言うこと自体が、ちょっと違う気がするんだよね。これまた私はそう思うってことなんだけど。

なんちゅーか、さっきも書いたけど、頭で理解しようとするんじゃなくて、
感覚でとらえる、みたいな方がしっくりくるんじゃないかと。

それにね、あんなにパワー全開の役者さんたちを目の前にして、
わかるのわからないのと考えるなんてもったいないって!!
そりゃもうものすごい、パワーと言うしかないあの迫力。
みんなすごいハイテンションだし、動きもすごい。あれを目の当たりにして、
素直に楽しまない手はないよ☆

今回わたくし、前から6列目という素晴らしいポジションで観劇することが
できたんですよ。下手寄りっていうの?左側のブロックだったんだけど。
だからね、潤くんの瞳の輝きまで肉眼でしっかり見えたんです。
だってね、私潤くんと目が合ったんだもん!!(放置でよろしく(笑))
ほんの何秒かだけど、絶対こっち見てしゃべってたもん(>_<)
逸らせなかったんだから。ほんとだもん!!(子どもか!!)

あぁ、もう感想だかなんだかわかんなくなってきたけど(笑)
勝村さんもね、やっぱりすごかったなぁ。んで、めっちゃかわいかった☆潤くんの次に。
「その後の信長」だったり「まさかの友」だったり、いろいろだったけど。
あの舞台があんなに面白いものになった要因には、勝村さんの存在がかなり大きく関わっているんじゃないでせうか。
特に最後の富士山でのサスケとの闘い(アドリブ合戦)、もう最高だった☆

とりとめもなくタラタラ書いてますけども。

もうね、とにかく一言「面白かった!もう1回観たい!!」ですよ。
なんちゅーかさすがだなぁと思ったねぇ、蜷川さんにしても野田さんにしても。
舞台を観慣れてない私がこんなこと言うのもアレだけど、
あれを形にしてみせるっていうことがすごい。
セリフの膨大さもさることながら、場面転換やキャラの出方にしても。
狭い劇場を存分に使って、ナマの舞台の面白さをひとつ教えてもらった感じです。

そんでね、もう嵐ヲタ的に、これを書かないわけにはいかない!!
潤くん!!ブラボーー(>_<)(>_<)(>_<)
もうキラキラキラキラしてました。着てるもんが白Tとジーンズだろうとも、
それはもうまばゆいばかりに全身がキラキラと輝いておりました。美しかったー☆
そして、あんなに飛ぶとは!ってぐらい飛んでましたね?。
高飛びの名手ってことで足から上がっていくから、何度も何度も逆さ吊りになるの。
あれは大変だろうなぁ。ほんと、毎日お疲れさまです(誰)

しかしほんとに、あのテンションで1日2回公演なんて、ひたすら尊敬ですよ。
カンパニーの皆々さま、スタッフの方々、いいもの見せていただきました。
できることならもう一度観たいと、心から思います。
残る公演も少なくなってきましたが、このまま最後まで無事にやりきれますように。

最後に、ただのおまけです。

野田さま、蜷川さま。
3部作ということなので、次回作はぜひ二宮さんで。
3部目は末っ子ず共演、などというのは夢でしょうか。
しかし全国の嵐ヲタがそれを期待していると思いますので、是非。

おまけはそう思いました(違)。
23:49  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★いいなァ♪

ワルキューレ、観に行かれたんですね。私は札幌住みなので舞台を観に行ったことがなく、とってもうらやましいです。コンサートの感動とはまた違った感動があるんでしょうね(*^_^*) 私もいつか遠征して、舞台を観に行ってみたいです。
潤くんと目が合ったんですね!?逸らせなかったんですか。すごいですね!!私はコンサートで目が合った時、思わず逸らしてしまいました(爆) だってあの目ヂカラ、すごくないですか(笑)!?
あめ |  2006年05月26日(金) 18:10 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/502-b811182a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |