FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2006.05.29 (Mon)

剣道でまごまご(3)

なんとオーラス追加ですってぇ?
申込はもうでけんのでしょ?
じゃーもうひたすら運なのねそうなのね。

はぁ・・・


剣道でまごまご、その3。

【More・・・】

午後3時。
おばあちゃんとにのも剣道の練習を見にやってきました。
おっと、ここのにのちゃんのアップ、よく見るとアゴにおひげが・・・。

特訓中の翔ちゃん、おじいちゃんに面を打たれて思わず笑い出し、
それを見たにの。
に「あははは!88歳だよ!88歳!」

翔「これ疲れるわ?!」
翔ちゃんの近くに行ったにの。
に「疲れたって」
じ「じゃ休もう」
と、そこへ。
に「あ!来たよもう」対戦相手の中学生が到着。
ば「来たぁ!」
に「こんちはぁ!」
ば「こんにちは」

翔「おいくつですか?」
中「14歳です」
翔「14歳」
に「段?段?」
中「えぇ、一応初段です」
に「あぁ、こいつ三段」ちげー(笑)
翔ちゃんを指す親指を速攻ではたく。

翔「ちなみに得意な技は小手ね」
中「はい」
に「あはははは!言っちゃうの?それ言っちゃっていいの?」
テ「言っちゃうの!?」
に「ダメなんじゃない?たぶん言っちゃ」

中学生の実力を見せてもらおうってことで。
に「ここに『めーん!』って打ってもらっていい?1回」
中「め??ん!!」バシィ!と音たてて。
翔「恐ぇ??!!」
に「あはははは!」
翔「いやこれまずい。マジ、じいちゃん!!」
に「あはははは!」にの、楽しそうだね。

午後3時半。いよいよ決戦の時。

ば「あの、(甘夏)ジュース一杯どうぞ」
翔「ありがとう」
ば「取ってきたのよ」
翔「なんかさ、ストローとかないかな、(面)取んのめんどくさいんだけど」
に「ほら。じいちゃん」ジュースを渡す。
ば「じいちゃん一杯」
翔「ある?すげぇなこれ」
じ「あるよ」
面付けたまま、ストローで甘夏ジュースを飲む翔ちゃん。なんか変(笑)
翔「あ、うんめぇ?これ!超うめー」
ば「そーお?」

?「中村くん支度できたよ?中村選手は」さっきの中学生。
翔「え?もう試合すんの?」

翔「なんか勝てる方法とかないの?」あるか!(笑)
じ「勝てる方法?勝てる方法は攻めるの。とにかく、負けてもいいから攻めるの」
に「ビビッちゃダメってことね?」
じ「そう、ビビッちゃダメだよ」
に「そーだよ、おっしゃぁ!」にのはやらないけどね。
じ「そうだよ、常に動いたらバン!」

に「じゃ、気合い入れよっか」
翔「気合い入れて。『勝つぞー!』」
じ「勝つぞ!!」
翔に「おぉ?!」声はピッタリ合ってるけど。気合い入った?
に「あははは」
ば「(笑)がんばれー」
に「そうだ!」
じ「気合いだけはいいなぁ」

というわけで、いよいよ試合。
櫻井翔(24)VS中学生(14)
おじいちゃん(88)VS先生(51)
3分間1本勝負ってことで。

先鋒は翔ちゃん。中学生と打ち合い。
に「おっ!いいんじゃない?」
しかし剣道歴3ヶ月の翔ちゃんが太刀打ちできるわけもなく、面を打たれて完敗。

続いておじいちゃんが先生と対戦。
に「じいちゃんがんばれっ!」
ば「若い人とやったらとてもかなわない・・・」
やはり体力の差はどうしようもなく、徐々に押され始めるおじいちゃん。
ば「おじいちゃんがんばってー!」
に「おーし!がんばれっ!」
翔「じいちゃんがんばれ!」
しかし健闘むなしく、1本負け。
おじいちゃんを拍手で迎えるおばあちゃん。
に「素晴らしい!」パチパチパチ。

翔「ばあちゃんどうだった?じいちゃんの・・・」
ば「やられるといけないと思ってハラハラした(笑)」
に「でも、声聞こえた?じいちゃん。ばあちゃんの声」
じ「それは・・・」
ば「聞こえないね。夢中だから」
に「ほんとぉ?」

試合には負けちゃったけど、みんな笑顔で記念撮影。にの翔もニッコリ。
翔「格別だね!試合の後の甘夏のジュースはね」

午後5時。
帰宅してお茶の時間。

じ「面をね、攻めて面を打ったっていうのは、あれ素晴らしいよ!」
翔「ほんとぉ」
じ「うん」
翔「じいちゃんもカッコよかったもん」
ば「(笑)」
じ「カッコよかった?」
翔「いやぁカッコよかった、マジで」
に「カッコよかったよ!」

に「ばあちゃん、見ててどうだったの?じいちゃんを」
翔「惚れ直しました?」
じ「(笑)」
ば「(笑)ま、惚れ直すって言うと語弊がありますけど・・・」
翔「いや語弊あんの?(笑)そこいいじゃん、認めても別に」
に「大丈夫だよ」
ば「そうねぇ、まぁ、よくまぁこれまでやれたなぁって感心しました(笑)」
翔「カッコよかったもん、じいちゃん」
ば「(笑)さっぱり気の利かないばあさんでしたけども(笑)」
に「くはは!さ、さっぱり(笑)」
翔「そこまで言わなくても」
ば「あの、今回若いことにね、気がついてくださってありがとうございました」
に「あぁいやいや、とんでもない!」
ば「お世話になりました。ありがとうございました」
に「お世話になりましたぁもうほんとに」

翔「じゃあ、ちょっと僕らから」
に「おっ!」
じば「はい」
に「おぉ、何」
翔「ちょっと」
に「えぇ?」
翔「ちょっと待っててください」

結婚60周年の記念に何かを贈りたいと、2人が用意したのは真っ赤なバラの花束。
香りを確かめるにのと翔ちゃん。

翔「おニ人が、結婚60周年ということで」
じ「はい」
ば「60周年でございます」
翔「僕らから」
じ「おや?」
ば「あら?」
翔「お花のプレゼントを」
に「おめでとうございます」
じ「こりゃどうもどうも」
翔「おめでとうございます」
じば「ありがとうございます」
翔「普段は手品なんですけども」
じ「はぁ?、これはキレイだ」
ば「これはまぁキレイだわ」
に「まぁ手品より喜んでいただけるかなと」
翔「なんでやねん!」また帽子にツッコミ。
じ「ありがとうございました」
に「はい」
じ「すいませんでした、どうも」
に「いえいえ」
翔「60周年のお祝いに」
じば「はい。ありがとうございますした」
に「いえ、こちらこそ」帽子を取る。
わー、にの、何気に真ん中に分け目が!伸びてきたのね?♪
に「そんなことしかできませんけど」
じ「あぁ、記念です、これは」

まだ明るいけど、今回はちょっと早めにお別れの時間。
玄関に出てきた4人。
じ「じゃ、ちょっと待って。私から・・・竹刀をね」
に翔「お?っ!」
に「キレイだなぁ!」
翔「新品?」
じ「新品だよ」
翔「お?!ありがとうございます」
に「ありがとざいますっ!」
ば「ありがと。頑張ってください」
に「頑張ってほんと、剣道で頂点目指します!」気合いはバッチリ(笑)
翔「(笑)」うなずきつつ。
じ「はい。その意気!」
に「はいっ!」
翔「おじいちゃん、僕の名前は・・・」
じ「しんくん・・・」
翔「しんくん(笑)」
に「あははははは!ははははは!」すごい大爆笑。
翔「しんくんです。しんくんでした、どうも(笑)」
に「じゃあね!バイバイ!」
翔「ありがとうございました」
ば「じゃあね」
翔「おばあちゃん元気で!」

に「いやぁ、ハンパじゃねぇ!」
翔「結局俺最後まで名前覚えてもらえなかったんだけど」
に「んはははは」
翔「『し』しか合ってないから」この言い方かわいい。
に「んふふふふ」

ば「気持ちが、優しい子です。ね?あの子は」和くんだよね。
じ「だから、昔にかえったような気がした。本当に自分の孫のように感じました」
ナ「おじいちゃん、おばあちゃん。孫の名前は、翔くんと和くん、ですよ」
記念撮影はこんな感じ。
     翔OOに
    じ O  O ば


本編おしまい。

嵐くん登場。
翔「というわけで、今回は、甘夏農家の孫になってきました!」
に「よ?いしょ?!」パチパチパチ。

翔「で、まぁ僕は剣道をやってきたわけですよ」
に「お?!」
智相「(笑)」
潤「ねぇ、なんでそうやってさぁ、できないスポーツをやろうとするの?(笑)」
翔「やだなー」
に「彼は剣道習ってたんだよ」
翔「習ってたから」
潤「え、どれぐらいやってたの?」
翔「3ヶ月でやめた」
相「なんで行かなくなったの?」
翔「ほんとは柔道やりたかったんだけど、気づいたら剣道やってたんだよ」
智相「(笑)」
潤「(笑)どうしちゃったんだろ」
翔「で、試合やったんだけど、まぁ負けちゃったわけですよ。しかもね、よく
  わかんないんだけど、俺、初心者の俺にはわかんないんだけど、試合中
  すごい威嚇してくんの。『フワーッ!フワーッ!』って」
に「(笑)」
翔「恐いんだな、もうそれだけで」
智相潤「(笑)」
に「そうそう」
翔「でもね、やってみて思ったんだけどぉ、なんかね、おじいちゃんとこ行って
  スポーツ挑戦すんのやっぱ面白いんですよ」
潤「んー」
相「あー」
翔「やってみたいスポーツとかない?」
相「こう、番組を通して?」
翔に「うん」
に「じゃ、何やってたか言ってくださいよ。それにハマる人もいるかもしれない」
智「あ、僕バドミントンやりたいなぁ」
に「あははは」
相「バドミントンね?」
潤「俺太極拳やりたいな(笑)」ちょっと声が擦れてるね。
に「あっはははは」
相「(笑)やってくれ」
潤「太極拳やりたい」
翔「(笑)ちょっと待ってぇ。それさ、太極拳て試合あるの?」
に「太極拳てだってめっちゃ遅いよ」手の動きをやってみる。
嵐「(笑)」
相「(笑)大会ないよね、じゃあ」

翔「来週は?来週はにのと相葉くんでしょ?」
に「あぁ!」
相「そうですねぇ」
翔「なんか面白いことあった?」
に「も、そりゃぁもう」相葉ちゃんを指す。
  「あのモノマネやっちゃいなよ」
相「じゃ、『来週も見てね』っつって」
潤「1拍おいてやればいいんだよ」
相「1拍おいてやるわ(笑)」
に「編集点作ってやればいい」
翔「(笑)」
相「『来週も見てね』で締めて?」
翔「(笑)コワイね、オンエア」
相「じゃあ!来週も、犬山城、楽しみにしててください。バイバーイ!
  ワッワワ、ワッショイ!」
智「(笑)」
テ「HG?」
翔「わかりづれぇな?」
嵐「(爆笑)」
そのモノマネやめたら?ちょっと動きがお下劣すぎてイヤ。


次回予告。

嵐の城下町、愛知・犬山城編。姫は松居直美さん。
相葉ちゃんが姫と人力車に乗ったりしてる。
にのはだまし絵のギャラリーみたいなところに行ったり。
どんな城下町マップができるのか?


おしまい。
15:38  |  まごまご嵐  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/510-9310f833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★裏ニュースポータル

ついに裏ニュースがOPEN今夜のオカズから裏業界の最新ニュースまで幅広くカバー
2006/05/29(月) 16:04:21 | 裏ニュース

▲PageTop

 | HOME |