FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2006.07.15 (Sat)

リレー日記と「言葉」を語る

JUN STYLEレポです。
今回は、アツヒロくんを中心に、ジャニーズ内でプライベートに集まる
仲間のお話と、日本語とか「言葉」について語っております。

では、どぞ。

【More・・・】


「おはようございます。7月15日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。え?、ツアー始まりました!えー楽しいです。えーそして
 明日、広島に、飛んでいきます、はい。広島の皆さん楽しみにしてて
 ほしいと思いまーす。(エコー)絶対聞いてないよね(笑)そうは思うんだ
 けど。一応言ってみました。えーでは約30分間、僕松本潤とお付き
 合いください。JUN STYLEスタートでーす」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日のオープニング
 曲は『きっと大丈夫』を聴いてもらってます。えー、ではここでメール
 を読みたいと思いまーす。


 『松潤さんこんにちは。こんにちは。松潤さんて・・・(笑)
  えー、そう。そうそう、すごく思い出してきたんだけどさ、台湾とか
  行ってもさぁ、「マツジュン!マツジュン!」て言われるんだよね。
  ・・・すごいなって思いました。えぇ、そんな話はいいとして。

  私は今回、嵐のコンサートに初めて行きます。嵐のファンになって初めての
  コンサートなので、今からほんとに楽しみです。楽しみですが、私はまだ歌の
  振り付けが何もできないので、みんなに(笑)ついていけるか不安です。
  振り付けは覚えて踊った方が潤くんも嬉しいですよね。それと、今回の
  コンサートはどんな感じなのでしょうか。テーマとかはあるんですか?』

「ということなんですが。いや、まぁあの、別に(笑)覚えなくてもいいん
 じゃない?覚えてこう、一緒に盛り上がろう!って思うんだったら覚え
 ても、楽しいとは思いますけど。なんか、『覚えて来いよ!』みたいな
 空気は別にないですよ、えぇ。なので、あの、各々楽しみたいように
 楽しめば一番いいと思うし。逆になんか、ね。ずーっと、ただ、聴いて
 るだけでも、いいと思いますし。もう、そのへんは強要しようと、は、
 思いませんし。えぇ。えー、『今回のコンサートはどんな感じなんで
 しょうか』ということですが。そうっすねぇ、あのー・・・まぁ、ここ、
 2年ぐらい、かけて、去年、一昨年と、やってきたライヴの流れがあって、
 その流れを、まぁ、自分の中では気に入ってる部分があるので。
 そっから、いいところは取りたいなぁと思ったり、面白い、なんだろ、
 なんだろうな、それは、曲だっていうよりも、自分の感覚としてなんで
 すけど。それが面白かったなぁと思ったところがあるので、えーそう
 いうところを、今回も生かしつつ、やってる部分と、あとはまぁ、こな
 いだ話しましたが、ちょっと自分のなかでこういうことを成立させて
 いきたいなぁと、思うこと、なんかも、やってたりするので。えーその
 へんが・・・今年はどうなるかっていうところが見どころ、かな?僕と
 しては。えーそう思います。

 あの、広いテーマっていうのは、まぁ、そうっすね、あるっちゃあるん
 ですけど、ないっちゃないっていうかこう、まぁ口には出しづらい、
 言っちゃうと結構ね、あの、えぇ支障が出ることなんでそれは言えない
 んですが。まぁ、全体通して観てもらうとなんとなく『あぁ、こういう
 ことなのかな』っていうのはわかるんではないかと。えーそんなふう
 に思います!では、ライヴに来る方、楽しみにしててほしいと思います。
 えー、ここで1曲聴いてください!えー『ARASHIC』の中から、嵐で
 『I want somebody』」

「松本潤がお送りしています、嵐・JUN STYLEです。ではここで、また
 メールを読みたいと思います」

 『潤くんおはようございます。おはようございます。某携帯
  サイトで(笑)某携帯サイトってすごい、Johnny's webの、
  サイトで、素敵なリレーがありましたね。楽しく読ませていただきました。
  ほんとに面白かったんですが、潤くん、達也さんに絡んでるんですよね。
  先日の達也さんのラジオでは、「松潤は俺にタメ口なんだよ」って言ってた
  ので、達也さんの「Riding!」読んだ時はものすごく笑ってしまいました。
  そして、名前は色、カラーだそうですが、潤くんはパープルですか?想像
  するに、ブラックはアツヒロくんで、レッドは光一くんかな、と。友達と
  あれこれ想像して楽しんでいます。今後も楽しい企画をお待ちしてます。
  そしてまた達也さんと連動のラジオ企画もお願いします』

「ということです。『達也さん』って面白いね。ふふっ、達也さんって俺の
 中ではちょっと、あの人はハマんないんだよなぁ、そう『山口くん』
 とか『ぐっさん』とか。なんですけど。えぇ。達也さん、はい。えっと、
 そうなんですよ。メシ食いに行ったりとか。最近そういうのがあって。
 あのーきっかけはアツヒロくん、なんですね。佐藤アツヒロくんが、
 こう、なんかみんなを集める、感じなのかな。俺はアツヒロくんと、
 ぐっさんと、両方仲良くて、で、なんかみんなで、メシ食ったりとか
 して、で、なんかそういうのがあって、今年の、あ、そうそう、あのー
 カウントダウン終わって、ジャニーズって毎年こう、初詣に行くんです
 よ。そん時に、アツ兄とかと、なんか『みんなでメシ食ったりしたいっ
 すねぇ』みたいな話をしてて、で、そん時に、あの、横にタッキーが
 一緒にいて、で、『じゃあタッキー誘おうよ』って話になって、なんか
 『メシ食いに行ったりしない?』みたいな話になり、で、『あ、いいっ
  すねぇ』みたいな感じで、で、どんどんどんどんこう、枠を広げて、
 いき、今、だから各グループから1人ずつみたいな、状態なんですよ。
 
 だから、アツ兄がいて、えっとぉぐっさんいて、光一くんいて、Vが
 まだいなくて、嵐で俺で、えーと滝翼でタッキーでしょ?んでNEWSで
 山ぴぃがいて、えっと関ジャニ∞で村上信吾がいて・・・あとJr.で
 斗真。だ、グループで出てるのはVと、KAT-TUNがまだいないのかな?
 で、KAT-TUNでこないだ、赤西を、呼ぼうよって話になって、赤西に
 電話して、今度なんか集まる時あったら呼ぶからって話をしたんす
 けど。で、Vはね、俺剛くんに来てほしいんすよ。俺は剛くんと、ちゃん
 としゃべったことがなくて、挨拶ぐらいしかしたことがなくて。なんか
 面と向かって話したことはないなぁと思っていて、ちょっと、呼んだら
 面白い・・・くない?みたいな話になって、『あぁ面白そうだね』って
 話をしてて。こないだ1回剛くんに、剛くんと話をしようと思って、
 V6に付いてるマネージャーに電話して、あのー、『剛くんと連絡取り
 たいんだけど』っつったら、剛くんが、ちょうどそん時に家に帰っ
 ちゃったらしく、もう仕事が終わってて家にいるからっつって、で、
 まぁ一応『ダメかもしんないけど、電話かけてみますよ』っつって、
 電話かけてもらって、したらその、俺がしゃべりたがってるっていうの
 を言ってくれて、『あ、わかった。じゃ番号教えてよ』っつって、
 マネージャーは番号教えたらしいのね。なんだけどかかってこない(笑)
 ふふふ・・・えぇ、まぁそんな感じで。

 あのー名前、色なんですよ。そうなんすよ。なんだけど、これ誰がどの
 色っていうのを、あの公表すんのはやめようって話になってまして。
 そこはもう想像にお任せするというか。誰がどの色なんだろう?と
 思いながら読むのが面白いかなぁって話をしていて。まだ色をその、
 みんなに公表しようという、話にはなってないので。誰がどの色か、
 僕がどの色かは教えません、はい。えー、そうなんです。あとね、
 近々、バーベキューやろうって話があって。ぐっさんが結構よくバー
 ベキューやるんだよね、好きで。だから、みんなで集まってやろうって
 話はしてますね。ちなみにまだできていません。はい。やりたいと
 思います。はい。てな感じでーす。

 では、ここで1曲聴いてください。えー先週かけましたが、僕らが
 8月2日にリリースする『アオゾラペダル』を書いてくださった、スガ
 シカオさんの新曲です。デスノートの挿入歌ですね。『真夏の夜の
 夢』」

「松本潤がお送りしているJUN STYLEです。引き続き、今日はメール
 読みたいと思います。なんかゆっくりこんだけメール読めんのって久々
 ですね。えぇ」


 『潤くんこんにちは。こんにちは。いつもラジオにへばり
  ついて聴いています。(笑)今日はちょっといい話を聞いたので
  潤くんに聞いてもらいたいなぁと思ってメールしました。潤くんは、「大変
  だぁ!」と思ったことはありますか?きっと思ったことがない人なんて
  いないかなぁと思うのですが、私はしょっちゅう言っています。
  この前、ある人から聞いたのですが、「大変なこと」って言うけど、「大変」
  って漢字で書いてみてください。そう、「大きく変わる」と書きます。
  自分にとって大変なことがあるということは、自分を大きく変えるチャンス
  があるってことらしいですよ。どうでしょうか。私はこの話を聞いて、
  すごく頷いてしまい、頑張ろうという気持ちがすごく湧いてきたんです。
  日本語って素敵だなぁと思いました。潤くんも、「この言葉いい!」と
  思った言葉はありますか?あったらぜひ教えてください』

「ということなんですが。んー、これ面白いね。面白いっていうかまぁ、
 その通り。っていう感じしますね。えぇ。大変だと思う時は、大きく
 変わるチャンスがあると。素敵な言葉じゃないですか。・・・えぇ。
 まぁ人と、人という字は人が支えあってできてるみたいなもんですよ。
 それも俺面白いなと思うんだよね。なんだろうな。漢字ってすごく
 意味が深かったり、するし、実際こう、中国とか台湾とかもそうだ
 けど、アジア圏行くと、漢字使ってるんだけど、全然言葉の意味が
 違ったりとか。あのー取り方が違う字があったりとかするんだけど。
 そこはなんだろ、こう、意味の・・・思い方の違いなのかもしれない
 し。んー・・・まぁ面白いなと、それすらも面白いとは思うんですが。
 言葉ねぇ、面白いですよね。あのー、ちょうど去年、(笑)去年じゃ
 ねーや。(笑)もう去年の話になっちゃった、自分の中で。あの、『白夜
 の女騎士』やった時に、日本語がすごいキレイだなってのをすごく
 常に、なんか思いながらやってたんですけど。言葉遊びとか、そういう
 ものってこう、ねぇ、ラップとかで、韻踏んだりとか、したりするけど、
 舞台でもああいう言葉遊びができたり、日本語の面白さっていうのは
 まだまだ、んー、広がるんじゃないかなと、思いますね。だ、もう詩
 とかもそうでしょ。歌の詞もそうだし、あの詩集とかの詩もそうだと
 思うんだけど。両方ともこう、言葉自体に、なんだろ、それぞれ、
 イメージがみんな、持つ、イメージを持つわけじゃないですか。
 こう言ってる、情感を頭ん中に描いて、その状況がどういうものかって
 いうのを想像したりとか、するのが言葉だと思うんだけど。

 んー、言葉って面白いですよねほんとに。あのー・・・言霊とかって
 言い方をしたりとか、するじゃない?それはまさにそうだなと思うし。
 んー、こうやってラジオとかやってても、自分がしゃべってる言葉に
 よって印象も違うだろうし、どういうふうに、どういうことを伝え
 たいかっていうことも、伝わり方って全然違うと思うのね。同じ言葉
 をしゃべっていても。だからそこはすごく面白いと思うし、自分が
 選ぶ言葉とか、やっぱりあるんだと思うのね。たまにさぁこう、友達
 とかと会ってたりとかすると、そういうの感じたりするんですよね。
 あのー、カップルがさぁ・・・しゃべる言葉が似てきたりとか、する
 のを見ると、あ、面白いなって思うし。なんかね、その人ね、『そう
 なのか』っていうふうに言うんですよ。『そうなのかぁ!』って言う、
 カップルがいて、両方ともそれを、同じようなイントネーションで同じ
 ように言うんだけど。それを聞いたりすると、あぁ人間てこう、生活の
 中に言葉があるんだなぁって思ったり、しますね。んー。言葉、そう、
 きれいな言葉使いたいなってすごく思うんだけど、もとが悪いもんで、
 なかなかきれいな言葉が使えないんだけど。んー。日本語ってさ、
 すごく・・・きれいだって言われたりするじゃないですか。実際そう
 だなって僕思うんですけど。日本語のきれいさみたいな、もの?
 は、もっと大事に、していきたいなーなんて、思いますね。んー。
 昔の本とか読んでたりとかするとやっぱり言葉がすごいきれいだし。
 そういうのは、素敵だなと、僕は思います、はい。・・・ね、言葉って
 いいですね、えぇ。言葉だけでこんなにしゃべれるなんて。はい。
 ということで、えー1曲聴いていただきたいと思います!えー嵐で
 『ARASHIC』通常盤に入っている『LOVE PARADE』」
 
「いかがでしたか?今回の嵐・JUN STYLE。えー今回のエンディング
 曲は、『WISH』聴いてもらってます。えー・・・ライヴ始まりまして
 明日、広島行って参ります。はい。えー、8月2日に『アオゾラペダ
 ル』リリースします。楽しんでます、毎日。映画とかも、観に行きたい
 なぁなんて、最近思っております。はい。また、花火とかもね。夏は
 ありますし。花火、夏祭り、などなど、いろんなことあると思います。
 えーそんな、夏の、体験談。今年の夏でもいいですし、以前の、今
 までの思い出の夏でもいいので、僕に教えてほしいと思います。

 えー、7月ももう半分ですか。ね。まぁ学生さんはこれから夏休み
 だったりすると思いますが。楽しみにしててほしいと思います!では
 また来週聴いてください。お相手は嵐の松本潤でしたぁ、バイバイっ」

14:36  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/560-4dcd0eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |