09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.09.23 (Sat)

コンサートを語る

JUN STYLEレポです。
今回は先ほどのエントリーでも書いたとおり、コンサートの話でした。
曲も嵐オンリーで。
『ARASHIC』ツアーで構成が変わった理由なんかも話してくれたよ。

そしてちょっとお知らせ(ってほどでもないけど)。

今回はまごレポ、久々に全編やりたいと思います!
だって大宮なんだも?ん☆かわいかったんだもん!
なんとか頑張ってやるつもりですのでお楽しみに(*^-^*)
エンディングトークから始めますから。
まぁそれは夜になりますが、気長にお待ちください。

では、JUN STYLEレポです。どぞ♪



【More・・・】


「おはようございます。9月23日、秋分の日です。土曜日の朝いかが
 お過ごしですか?松本潤です。えー僕ら嵐は、えー昨日、韓国で、
 フェスティバルに、アジアソング・フェスティバルに出まして、まだ
 実際韓国にいると思います、えぇ・・・っていうか、世の中、これ
 連休だよね。・・・羨ましい!えー、マドンナもね。東京ドーム公演、
 やりました。えー観に行った方、どうでした?ナマのマドンナは。
 えぇ、では!約30分間、僕松本潤とお付き合いください!こんな
 感じで今日は、始めていきたいと思います」

「おはようございます!松本潤です。えー今日の1曲目は、嵐で
 『夏の終わりに想うこと』でございます。8月はずっと、ツアーを
 やっていたので、えー、あまり時間もなく、9月に入って海に行った
 り、したり、してこんがり、焼けてしまったり(笑)えぇ、顔の皮がむけて
 しまったりとかですね、大変ではあったんですが。

 えー先日、あのーサーフショップに行って、すっごいカワイイ服を
 見つけまして。んふ、あの違う、ボードを見に行ったんですよ。
 もとはと言えば、あのボードを探しに行って、知り合いの人に、あの
 いいサーフショップがあるからって言って、言われて、紹介してもら
 いに行って、で実際ボードを見たんですけど。ボードはそんなに、
 ねぇ、高いもんですからぁ、なんか即決で、買えるもんでもなく、
 自分の中でも。でまだどれがいいかもわかんないから、なんかほんと
 に・・・見てピーンと来たりとか、「これだ!」って、なんか直感的に
 思えれば、即決でまだ買えるかなぁとも思うんですけど。まぁ高い
 買物ですし、まぁ大いに悩もうかなぁと思い、んでまぁそこに置いて
 あった、お店に置いてあった服を見たら、すごくいい、カワイイ、
 服で。思わずジーンズと、Tシャツとパーカーを買ってしまいました。
 ふふっ、意外に高かったです(笑)・・・意外に高く付きました。
 そういうのやめて、ボード買えばいいなとも思います、はい。
 頑張って働きます!えー(笑)ではここで1曲聴いてほしいと思い
 ます。えー今日は嵐の曲を、えーずっとかけたいと思います。
 えー去年の、アルバム『One』の中から、嵐で『W/ME』」

「松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEです。えー今回はですね、
 コンサートが、えー終わりまして、そのコンサートについてのメールが
 ほんとに、たくさん届きました。ありがとうございます。えーその
 メールを、とりあえず全部目を通したんですが、そん中から何枚か、
 ランダムで、えー読みつつ、振り返りたいと、そんなふうに思います。
 えーではまず1枚目。ありがとうございます」

 『初めて嵐のコンサートに行きました。もう、楽しいの一言です。大好きな
  曲が流れ、大好きな5人が目の前で歌って踊って走って、夢のような
  時間でした。最近モヤモヤとした気持ちになることが多くて、たくさん
  叫んで、すごくスッキリしました。最高の思い出をありがとうございます。
  来年も絶対行きます』

「というメールが来てます。えぇ『楽しい』と言ってくれるのが、僕らは
 非常に、ありがたく嬉しいことでございます。そしてもう1枚」

 『潤くんおはようございます。おはようございます。夏のコンサート
  お疲れさまでした。幸せをたくさんありがとうございました。いよいよ
  台湾公演ですね。初めは台湾のファンに嵐を取られちゃうって、かなり
  複雑な思いでした。でもよく考えると、コンサートで知り合った日本中の
  嵐ファンと仲良くできるのだから、今度は世界中の嵐ファンと仲良くすれば
  いいんだって思えて、いつのまにかジェラシーが、仲間が増えるという
  幸せな気持ちに変わりました。今まで遠くから応援してくださったファンや
  頑張って知らない国へ応援に来てくださったファンへ、感謝の気持ちが
  伝わるといいですね。潤くん、1996年、10年前ですね、10年前の
  ジャニーズJr.名鑑というものがあったんですが、そこに「将来の夢」に、
  「デビューして外国でコンサートをやってみたい」って書いてますね。
  (とってもかわいい写真付きで)って書いてありますね。
  10年後にホントに叶っちゃうなんてすごい!これって偶然ですよね。
  今の潤くんを見ていると、夢を叶えるというより、目の前のどんなものへも
  挑む逞しさを感じます。ほんとにすごいなぁと思うくらい、輝いている
  潤くんを見逃さないように、努力している潤くんの邪魔をしないように、
  ずっとずっと応援していきたいと思います。夏の疲れが出る時期です。
  どうぞご自愛ください』

「えー、ということですね。このー、感覚はすごいですね、あのー、
 そう、実際ね、俺もなんかそう思ったりもしたんです。そう思うって
 いうのは、こう、日本のファンの人が、海外に行くことを複雑に
 思ったりもするんだろうなっていうふうにも、思うこともあったりも
 してですね実際。なんですがこういうふうに、言ってもらえるのは
 すごく、僕らにとってはありがたいなぁというふうに思うんです。
 ありがたいですねほんとに。えぇ。ありがとうございます。ねー!
 外タレだからね。言うたら。不思議な感覚ですよ。しかも、なんか
 日本では、まぁ日本でもわかんないことはもちろんわかんないんだ
 けど、どういう曲が、こう・・・合うのかっていうか。盛り上がる
 かって、好きなのかっていうのも、結構、わかんなかったりも、する
 んだよね、実際。昔さ、この番組でさ、嵐の曲で好きな曲を投票して
 くださいみたいのやったことがあったじゃない。あれをちと、もう
 1回やりたいなと思うんですね。で、その時にも『あぁなるほど!』って
 思うような結果だったりとか、があったので。実際、今、ねぇそっから、
 曲も増えてますから。アルバム曲とか含め、シングルだけじゃなく、
 どの曲が一番好きかっていうのを、ちょっと日本の人にも聞いてみた
 いなと、思いますので。後でそれも、聞いてみようかななんて、思い
 ます。

 まぁあのー、たくさんメールを読んで、えぇいろんな意見がありまし
 たね。あのー・・・最初から、同じライヴを、まぁ構成を変えずに
 やってほしいとか。っていう、メールもありましたし。逆に、毎回
 変わっていく、ことがすごく、面白いという、ふうに言ってくれる
 人もいましたし。えぇ・・・まぁ・・・なんだろうなぁ。
 ・・・・・・別にねぇ、それは誤解しないでほしいんですけど。
 そん時にやって、やっている時のベストはそん時の状態だと僕は
 思っていて。で、まぁ、その状態より自分がなんか試したいなぁって
 思ったりとか?するものが、出てくるから、やってみたりとか。
 んで、まぁいかんせん、なんだろ、そういう細かいことを、バーッと
 言うのが僕しかいないので。僕は、観てる側じゃないから。出て
 チェックして。出て、出てる自分を後で見て、っていうことしかでき
 ないから、やっぱりそれが、まぁ悩みでもあるん、ですよね実際。
 悩みっていうか、ほんとは出ないで、(笑)観れればさ、自分で、
 なんか構成とかやってるんだったら出ないで、それを観れれば、あぁ
 こうすればいいのかなぁってもっと、より明確にわかったりすると
 思うんだけど。なかなか前に進むのが、時間がかかってしまったり。
 自分がこっちの方がいいと思ったことを、試したいなと思って今は
 やっているんだけど。

 だから人によっているのよ。もう1回作って本番開けたらもう絶対
 変えないっていう人もいるし。でも僕はなんか変えたくなっちゃうん
 ですねー。なんかこっちのが面白いかなぁって思ったり、これをやって
 みたいって思うと、なんか好奇心というか。そう思うとそっちに頭が
 働いてって、それを成立させるためには、っていうふうに考えちゃう
 んで。そうすっとやっぱこう、変わってしまう。難しいとこだと思うん
 ですけどね。だから、そのライヴが、毎回毎回面白く、そん時そん時
 に面白いものができればいいなと思うから。そう思うと曲が変わるって
 いうか構成が変わるっていうか、動きが変わるっていうかテンションが
 変わるっていうか。そん時の楽しみ方でそうなるだけだから。って
 いうのはまぁ作り手の考えですね、きっと。えぇ、そう思います。
 まぁ、でも楽しかったですよ今回。まぁ、実際そうやってなんか、
 手直し、というか結構細かく、セットリスト変えたり、動き変えた
 りっていうのがあったんで。僕はいい、それはプラスの意味で楽し
 かったなぁと思いますね。んー。では、ここで1曲聴いてください!
 『ARASHIC』に入っております、嵐で『COOL&SOUL』」
 
「えー嵐で『COOL&SOUL』を聴いてもらいました。松本潤がお送りして
 います、嵐・JUN STYLE。えー・・・まぁ先週今週と、えーアジア、
 台湾、韓国と。えー行ってきまして。えぇ、ていうか今も、たぶん、
 韓国にいる頃だと思うんですが。まぁ、台湾もそうだし、韓国もタイ
 も、どこも嵐5人で、行って、こう、歌を歌うということが、初めて
 のことなので。はっきり言って、どういう反応が来るかもわからない
 し。あのー、こないだねぇ、7月ですか?7月に、えー1回会見を
 しに、3ヶ国、1日で回るっていう、弾丸ツアーやって。でも歌は
 歌ってないので、どういうリアクションが来るかっていうのは、まぁ
 歌った時のリアクションがどう来るかっていうのは全然、まぁ行って
 みなきゃわかんないなーなんて思ってるんですが。まぁ初めて行く、
 ということなので、初めてらしい、もの、というか初めて、『はじめ
 まして嵐です』っていう感じの、ことができればいいなぁと、思って
 いたり、しますね。

 今回、その夏日本でツアー回った、セットリストとは全く違うものを、
 31日に、ライヴが終わって、日本のツアーが終わって、2日後、
 1日は別の仕事してて、2日目から、リハに入り。C1000のイベント
 のやつとか含め、こう、また新たに、セットリスト作って、やって
 いたんですが。まぁ全然違うもの、ですねほんとに。えぇ。んー、
 なんか、わかりやすーい感じですよ。言うたら。それが、まぁ、なん
 だろ、よく、も悪くも、とも思う。俺は。でも、まぁ最初だし、そう
 いう形でできればいいかなぁと、いう、ふうに、思っております。
 うん。ちょっとまぁ、メジャーに寄りすぎてるかなぁっていう気も
 するんだけどでも、普段、自分たちが、日本でやってるツアーを
 考えると、もう少し、尖ったことやってもいいかなぁとも思うんだけど。
 まぁでもそれも、あったりするかなぁって。まぁバランスはいいかな
 と思います。えぇ、そんな、感じでございます。はい。・・・すごい
 ね。動いてるよ。嵐は。えぇそんなことを最近、実感します。はい。
 では、日本の、というか、聴いている方々、えー嵐のライヴに来て
 くださった皆さんのために、えー嵐で1曲。嵐で『感謝カンゲキ雨
 嵐』」
 
「いかがでしたか?今回の嵐・JUN STYLE。えー今回のエンディング
 曲は、嵐で『きっと大丈夫』を聴いてもらってます!えーそして、
 この番組では皆さんからの参加も待っております。えー、秋のうん
 ちくネタ、あったら教えてください。そして、先ほど、番組の中で
 言いましたが、今まで出た嵐の曲の中で、好きな曲を、えーこう
 アンケート形式で、送ってきていただきたいと、えー思います。
 えーどんな形でもいいです。えー・・・10コ並べてもらっても、
 『私はこの1曲がいい!』っていうことでも、ベスト3でもいいです
 し。ぜひ送ってきてください。えーと、そうですね、じゃあその、
 嵐の曲に関しては・・・・・・『サングラス』係。・・・すいません
 僕の目の前に今サングラスがあったので。『サングラス』係で。
 送ってきてください(笑)ちょっと全然違うんでわかりづらいんです
 けど。
 
 えーということで、まだ来週も9月か。も、あっという間ですね。
 もうあと3ヶ月です。えぇ。4分の3、終わると。早いもんですね。
 えぇ。寒くもなってきましたから、風邪を引かないように。ちょっと
 ずつ、厚着厚着で、ね、いきたいと、僕も思っております。はい。
 ではまた来週聴いてください。お相手は嵐の松本潤でしたぁ、
 バイバイ!」

14:20  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/628-637a8472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。