FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2006.09.29 (Fri)

トテ馬車でまごまご(3)

あっという間に金曜ですな。
やっと今回の孫レポ完結編です。
週末の前に終わってよかったよ・・・。

あ、そうそう。
明日は幼稚園の運動会なので、JUN STYLEレポはいつもよりちょっと
遅くなりますのでよろしく。


では、以下孫レポその3です。


【More・・・】

午後3時。
ふたたび昇仙峡へ。
じ「あーっと」
に「うん」
じ「カズくん、御者やってみるかの?」
一瞬、言葉を反芻するような間。そしてぎょっと目を見開いて。
に「・・・えぇ!?」
じ「(笑)ちょっと無理かな?」
に「マジ?」
というわけで、御者席にちょこんと座ったにの。くー、プリティ。
に「俺いいよ、ここ、乗りたかったもんだって。あぁ、超すげーここ」
  「よし!こうちゃん出発!」BGMは「走れコータロー」(笑)
テ「無視!」チーン。
じ「あははは!」
に「こうちゃん出発!」
テ「無視!!」チンチーン(笑)
じ「(笑)」
に「よーし!こうちゃん、出発!!」ズドン!パフッ☆
テ「無視!!!」
に「こうちゃん、なんだよー」
じ「カズくんが運転してみてぇって言ったけど、ちょっと無理なようだ」
に「無理のようだ(笑)」
じ「ははは・・・」

お庭にしゃがんで種まきしてる智とばあちゃん。
智「さっきばあちゃんさぁ」
ば「うん」
智「じいちゃんの、馬車に乗ったことないって言ってたじゃん?」
ば「ええ」
智「『乗るか?』って言われたことないの?」
ば「ないないない」
智「ないの?」
ば「ない」
智「乗りたい?」
ば「んー、ま、一生に1回くらいは、乗りたいと思ってる」

ナ「一度は、おじいちゃんの馬車に乗ってみたい・・・。そんなおばあちゃんの
  思いを、おじいちゃんはまだ知りません」

に「ねぇ、じいちゃーん」
縁石に座って、こうたろうの足元にホースの水をかけているにのちゃん。
じ「はいよー」
に「ばあちゃんをさぁ、デートに誘おうよ」
じ「・・・なんて言った?」
に「・・・ばあちゃんを、デートに誘おうよ」
それにしてもタンクトップのにのちゃん最高☆
に「デートデート!」
じ「デートでばあさん出てくるかな?」
に「出ぇてくるよ!だって1回も乗ったことないって言うんだよぉ?」
じ「んーまぁ1回も乗ったことはないや」
に「でしょー?」
じ「んー」
に「だって来てほしくない?」
じ「んー、ぃやー来てもらいたいけんどなぁ(笑)」
に「来てもらいたいっしょ?」
じ「んー、来るか来んかわからんけど、来てはもらいたいさ」

に「誘おうよ!」
じ「誘ってみるか」
に「よし!誘おう。智くんに電話してぇ、連れてきてもらおう。それでぇ、
  そっからはもう、じいちゃん次第だよ」
じ「うん、じゃあ電話、してみてもらうか」
に「電話してみよう」
じ「んー」

に「出るかなぁ」
電話の音に、急いで取りに行く智。
智「もしもしー」
に「もしもし」電話越しに。
智「おう!ニノ。どした?」なんかこの言い方、お兄ちゃんだなー。
に「あのねぇ」
智「んー」
に「野菜炒めが食べたいんだって」(笑)
智「野菜炒めが食べたい」
テ「野菜炒め!?」
智「よっしゃぁ!作ってやる!(笑)」
に「何やってんの?今」にのが映った。ここからしゃべってる人が映ってる。
智「今ね、白菜、に種まくところ」
に「したら、じゃそれ終わったらさぁ、あのー、こっち来てよ」
智「あぁ、あOKOK。野菜炒めはいらない、んだね?」
に「野菜炒めいらない!」じいちゃん笑ってる。
  「うん。じゃぁ2人で来てねー。はーーーい。あいーー」
じ「来るってか」
に「来るって」
じ「うん・・・」
に「カッコよく誘うんだよ!」
じ「そっかい?」
に「白馬の王子様的な感じだから」じいちゃんの肩をポンポンしながら。
じ「じゃあ来たらなんか言わなきゃな!」笑顔のじいちゃん。
に「そうだよ。ちゃんとエスコートして」
じ「うん」
に「後ろに乗せて」

馬車にもたれてばあちゃんたちを待つにのとじいちゃん。
に「(じいちゃん)ちょっと緊張してるんだよ」
  「でも・・・あれじゃない?来る時言葉で決めようね」
じ「あぁー、いえいいよいいよ」
に「あぁー、いえいえいぃえ」マネ(笑)

に「来たぁ!?」
じ「あの調子じゃ来た来た」
に「あー!来たじゃん!」
  「ばーちゃん!!」
じ「ほい、ばあさん。来たかい?」
ば「孫に連れられて来ました(笑)」
じ「おー、孫に連れられて来たか」
智「これかぁ!かわいい」馬車がね。
に「(囁き声で)じいちゃん!」言いなよってゼスチャー。
じ「んでおばあさん、(小声で)よかったな、乗れる機会を得て」
ば「(笑)そうだ」
じ「おばあさんの乗る機会を得てよかったな」
ば「ええ」
じ「乗ってみる?」
ば「(笑)一生の思い出になると思います」
じ「よかったなぁ」

ナ「一番近いのに、一番遠かったおじいちゃんの馬車。そして、ずっと
  見てみたかった、昇仙峡を走るおじいちゃんの背中・・・」

1列目におばあちゃん、2列目に智、3列目ににのが乗りました。
じ「あと200メートル、参りますと説明第1話の亀さんの場所になります。
  亀石ね」
ば「おじいさんの案内なんて初めてです」
智「(笑)」
ば「(笑)」
に「じいちゃん!言うこと」
じ「ばあさん。まぁ・・・結婚して53年経つわけだけども、ばあさんを
  愛してるよ」ひゅーひゅー!
ば「(笑)ありがとう」
じ「こういうことは今まで1回もしたことはないけども。愛してることには
  変わらないよ」
ば「初めて言われたです(笑)」嬉しそう。

に「何がびっくりってぇ、まったくなんにも聞こえなかったからね」
智「(笑)」

午後6時。
みんなでスイカ食べてる。
じ「まぁ今日はあのー、まぁ並んで、馬車に乗ったっちゅうの
  初めてだから」
智「うん、そうだよねー」
じ「非常に、ばあさん一生忘れんと思う」
に「ばあちゃんは?」
じ「1回も乗ったことない、うん」
に「どうだった?」
ば「まぁ、ほんとに、一生の思い出になると思います。これからあと何年
  生きるか知らないけど(笑)」
に「ふふふふ、なんでそう、暗いトーンになっちゃったんだろう。
  でも、じいちゃんもね?実際ほら、あと1年ぐらいかなぁとか言ってた
  わけよ」
ば「そうそう。乗る人が悪ければもう、馬車はできないから」
智に「そうだよねぇ」
智「じゃあ」
に「わたくしたちから」
智「ええ」
に「プレゼントを渡しましょっか」
智「おう!」
に「俺から渡そうかな」
智「おう!」

今回の歌は『声のおまもりください』。
歌をバックに1日の回想シーン。
おじいちゃんが馬車に乗ってる時に言った『愛してるよ』が、
声のおまもりだっていうことだね。

歌が終わって、パチパチと拍手。
に「じゃあ続いて、智くん」
智「はい」
に「智くんからの、プレゼントですな?」
智「僕はねぇ」
に「うん」
智「おじいちゃんおばあちゃんの似顔絵を描きました!」
に「おぉ!」

ば「あぁ、すごい」
じ「いつの間に、すごいね!」
ば「へぇ?」
智「なんて言った?今」
に「うふあははは」
じ「いや、いつ描いたかわからんけど。ねぇ」
に「似てる?」
ば「ちょっと、ちょっと違うような、感じ・・・」そこは似てるって言おうよ(爆)
つか、似てるよ?ばあちゃんなんてクリソツ。
じ「はははは・・・」
ガックリの智。
に「ね。智くんがプレゼントするとぉ、おじいちゃんのテンションは下がるねぇ」
智「下がる」
に「ははは」
智「も、帰る」
に「おいとましましょう」
智「もう帰るわ(笑)」
に「うははは」
じ「帰っちまうんか」

夕焼けの時間。お別れ。
ば「はいこれ、おみやげ」にのに渡す。
に「ありがとお」
ば「持って帰って食べて」半分に切ったスイカ(笑)
に「すげぇおみやげだなぁ(笑)」
智「(笑)」
に「速攻食わなきゃダメじゃんこれ!(笑)」
智「ははははは!」

に「じゃあ俺たち帰るね」
じば「はい」
に「元気でじいちゃんたちも」
じ「はい。じゃあこっちにまた来たら」握手。
に「うん。またね」
じ「寄って。お茶飲んだらいい」
に「OK」かわりばんこに握手。
ば「お世話さまでした。はいどうも。ご苦労さまでした」
に「気をつけて、体にね」
智「ありがとうございました」
じ「おいしかったよ!」
智「おいしかった?ほんとぉ?」
じ「うん、ほんとにおいしかった」優しいじいちゃん・・・。
ば「じゃ、また来てください」
に「肉じゃがおいしかった?」
智「野菜炒めだよ!」
に「あははは。じゃあね?」
じ「肉入り、たくさんありがとう」
に「はーい、じゃあねー」
智「じゃあねばあちゃん、ありがとうじいちゃん」
じ「気をつけてって」
に「はーい」

に「こうたろう、バイバーイ」坂を下りながら、こうたろうにも手を振る大宮。
智「今日はねぇ」
に「んー」
智「新しいことをいろいろやった気がするね」
に「おっ!というのは何ですか?」
智「まぁ、料理、だよね」
に「肉じゃがですね?」
智「野菜炒めだって。確実に!」出た!智らしいセリフ(笑)
に「あは、野菜炒めってさー・・・もやしとか入ってるよね」
智「もやし入ってたって!」
に「もうねぇ、ドロドロで何がなんだかわかんねぇんだよ!」
智「(笑)」

ば「2人の孫がほんとの孫みたいでね。よかったですよ?んー」
じ「もう、横になって休む姿を見ててもね、こりゃほんとの孫みてぇだなぁと、
  そういう感じが強かった」
ス「おばあちゃん、この似顔絵どう思います?」
ば「・・・ん、まぁ平均的には似ていると思います」
じ「いやぁ似てるさ!そりゃあ似てるよ!」じいちゃんマジです。
ば「部分的には、ちょっと・・・(笑)」どこが気に入らないの??(爆)
じ「へへへ・・・」

記念写真は智が作った肉じゃが(違)を持った笑顔のじいちゃんと、
そのお皿を指さすちょっと微妙な表情のばあちゃん、そして笑顔の智を
「コイツだよ!」って顔して指さしてるにのちゃんで。

     にOO智
    じO Oば

こんな感じ。


おしまい。

22:21  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

太字の文かわすぎ~★★下線の文大野&二宮は優しい人だわ!!!!!!!!!!!   本当に かわぇぇなとおもう!!!!!!!キュート★
色付きの文字もう~ ふたりともかわいいすぎてば==========!!!! 
あたしのところきてほしいなぁとおもったけどやっぱ無理★うふふ
大宮★☆★これからも頑張ってください!! 応援しますぅ   フレフレ
 |  2007年04月30日(月) 08:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/633-f3f593b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |