09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.23 (Mon)

潤くんはプリンス(笑)

ベイストレポです。

今回はフットサルの話のほかに、アジアツアーの衣装の話も。
潤くん、翔ちゃん、雅紀くんはサイズを広げてたのに、
にのは以前の衣装が全部大っきかったんだって!
やっぱり49キロなんて言ってるから・・・(涙)
ちゃんと食べて、もう少しお肉つけないと!

一番最後にはママンの誕生日の話が出たけど、きっと収録はその前だね。
何にもあげなかったって言ってるから。
実際はとっても素敵なプレゼントをあげたんだもんね☆

ではスタート。


【More・・・】


「ちょっと抱いてよ!」

「はい、こんばんは。嵐のカズナリニノミヤです」

 『これは、一緒の女子高に通う友達が、同じ中学校だった男子に「ちょっと
  どいてよ」と言おうとしたら間違って言っちゃったんです。本音ポロリです
  よね。日々、女子ばかりといるんで、男子の前で変に緊張しちゃうんです。
  これは女子高の悩みでもあります』

「だって。へー、
にのくんも本音ポロリな体験したことありますか?
 ・・・本音、だったのかな?ちょっと抱いてよっていうのが。
 それはそれでまたねぇ、問題ですよねぇ。でも女子高、の方が、
 やっぱ・・・男子校から見るといいですよね?まぁ、って言ってる
 わたくしは男子校に通ったことはないんですけども。バレンタイン
 デーとかさぁ、渡し合いっこみたいのする、じゃない?女子高って。
 男子校ってそういうのないでしょ?ホワイトデーで、飴渡しあったり
 とかしないわけでしょ?ねぇ。そうなってくるとさぁ、やっぱり、
 女子高の方が、何かとイベントありそうだよね。なんか、カッコいい
 先輩、みたいのが出てきたりするじゃん。ラクロス部の先輩、みた
 いの。のが、出てきたりするでしょ。ああいうのがいいよね、女子
 高ってのは。『先輩、頑張って!』みたいな、とかってあるじゃ
 ない。あれ、が、やっぱ・・・私らから見ると、ね?微笑ましい、
 光景ですわな。あぁ。『ちょっと抱いてよぉ』かぁ。本音ポロリ
 ですよね、って。ってことはこの子も、抱いてよ!って思ってるの
 かな?16歳だぜ、St-by。・・・St-byの初体験は何歳の時
 ですか?」

St-by「ははははは!」
「はははは。

 それではカズナリニノミヤのベイストーム、今夜のオープニング
 ナンバーを紹介しましょう、蒼坊主さんで『ハロー・グッバイ』」

「さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう!」

【どうか、穏便に】by St-by

「さあ!このコーナーはですね、簡単に言えばごめんなさいをする
 コーナーでございますけども。えーー、メールがみんなから来てる
 と、いうことですわな。えーご紹介致しますか。まずはこの人」

 『今年の体育祭でフォークダンスを踊った時のことです。「ジェンガ」、
  ね。
(「ジェンカ」じゃね?違ったっけ?)ジェンガってさぁ、
  あんなシュールなゲームないわな。アレだよ?肩、持って、肩
  持ってグルグルグルグル回るやつじゃなかった?あの、足出して
  足出してってやつでしょ?あれってさ、終わりはなんなの?音楽
  が終わったら終わりなの?イェ?イ!
(パチパチ)ってこと?
  あぁそういうことなんだ。あれわかんないんだよ、あの面白さが
  未だに。
あれを踊ったんですが、私は本当にタイミングが悪くて、
  後ろの人の足を15回ぐらい踏んづけてしまいました。痛かったはずなのに
  「大丈夫だよ」と言ってくれた後ろの人、本当にごめんなさい!』

「フォークダンスってなんか、どう!?なんか俺はやっぱちっと受け
 付けないんだよな!フォークダンス。あのー、肩、持つやつと、
 手を持つやつあるじゃん。『ええ?!』みたいなやつ。なんか真ん
 中に集まっていくやつ。『えええ?!』みたいな、ああいうの全然
 なんか、盛り上が、れないんだよ。なんか、真ん中にさぁ、火が
 あってさぁ、なんか、UFOとか来ちゃったらどうすんだろ、みたい
 なさぁ、あの、シュールな空間が、どうも耐え切れない。だよね。
 でも俺ああいうのは、小学校ん時はレクリェーション係だったから、
 ああいうの全然できなかったんだよ。あの林間、学校ん時に、最後
 の、オバケだったの俺が。意味わかる?肝だめしあるじゃん。
 それの、最後のオバケだったの俺が。激恐いよ。1人でそこまで
 辿り着かなきゃいけないんだけどぉ、まぁた来んのが遅っせーの!
 1組1組さぁ。んだから最後の方全然驚かさなかったもん。
 すんごい、遅いね、とかって。もう、なんか『終わりだよ』みたい
 な感じでずっとしゃべってた。あんなんあったなぁ。でも青春なんだ
 なぁああいうのって。ねぇ」

 『中学時代のことですが、私の学校には毎年宿泊学習があると。
  そこで告白するのが恒例になっていました。私も中3の時、告白されたの
  ですが、その時は焦って「考えさせて」と言いました。とは言いつつも、
  私にはすごく好きな人がいたので、OKができませんでした。その返事を
  するのにすごく気まずく感じて、友達に「ごめんねって言っといて」って
  頼んでしまいました。今考えれば余計気まずくなるとわかるのに。
  今でも心が痛みます。本当にごめんね』

「と。これはね、雰囲気なんだよ。恒例行事じゃなくて。わかる?
 だから、愛媛で、ポンジュース飲むと、100倍うまいって、感じる
 わけよ。それと一緒なの。ね。マザー牧場でソフトクリーム食った
 方がうまいの。そういうことなのよ。スキー場で、男の子がカッコ
 よく見えたり女の子がかわいく見えたりっていうのはそういうこと
 なんだよねぇ。それだって告白したらゴールなんだもん、こういう
 のって。ねぇSt-by。その後の付き合いとかっていうのはさ、そん
 なに考えないね。たぶん。俺こういう宿泊学習とか出てないの。
 中学から。だ、中学から一切、行事っていうものに出てないの。
 体育祭も、学園祭も、音楽合唱コンクールも宿泊学習も。
 いいなぁ。・・・いいなぁ(笑)ほんっとに」


 『私はよく人に相談されるのですが、適当に聞いてることが多いのだと。
  聞いてる時はまだいいのですが、全く聞いてない時もあって、私を信用
  して相談してくれる人、ごめんなさい』

「相談ってでも、困るよね。なんか・・・別にそんな経験・・・ねぇ。
 豊富じゃないよって。思うときない?進路とか。『これから、俳優
 続けてっていいのかなぁ』とか言われてもさ、相談してくれてる
 からさぁ、なんか答えなきゃいけないから。『いいんじゃない?
 別に』とか言ったりするとさ・・・なんか、『そういうことじゃ
 ないんすよ!』みたいなこと言われたりしてさ。難しんだよねぇ!
 こういう相談受ける方ってのは。だから聞くのはタダだけど、答え
 んのは有料制にしようかなってそろそろ。んー。答え聞きたいん
 だったらなんかね。そこはやっぱ見返りを、もう異常に、取って
 いこうかなって。その相談聞くのはタダだけどさ。これから答えを
 どうしても欲しいっていう人には。もう、『じゃ、なんか、おまえ
 が先出せよ』みたいな、そんな上の立ち位置から攻めていこうか
 って今ね、思っ、てる。すごいなんか最近多いなぁ、そう考えると。
 やっぱ人と会ってるからだろうな。あぁ。舞台とか観に行った後とか
 だから、それも雰囲気なんだよね。ぅーん。そう、そういうのは
 多いかもしれない。確かに」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、嵐さんで
 『とまどいながら』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 続いてはこちら」

【裏嵐】のコーナー!

「まずこの人!」

 『この前の、ジャズ版「ナイスな心意気」めちゃくちゃ良かったです。
  にのは、嵐の曲を歌うのが楽しくなってきたと言っていたけど、にのが
  好きな嵐の曲を教えてください。私は「コイゴコロ」が大好きです』

「さあ、St-by」

St-by「はははは。笑っちゃった」
「今こそ。しゃべる時が、まいりましたけども。St-byが一番好きな
 曲っていうのは何ですか?」

St-by「『a Day in Our Life』ですね」
「おぉー!それはなぜに?『a Day in Our Life』が」

St-by「なぁんでだろ。いや、いい曲ですよ。ただ単に。説明できません」
「あぁなるほどね。何が一番好きだろ。投票する?でもやっぱ嵐に
 なるんだろうな。投票、起こすと。ねぇ。こないだ、韓国とか台湾
 とか、行くでしょう?そん時にさぁ、何が流行ってるかみたいのを、
 リサーチかけると、かけたわけですよ。台湾での人気、ベスト30
 とか。韓国での人気ベスト30とか。そういうの見るとやっぱり嵐だ
 もんね」

St-by「そうね」
「でもなー、韓国のなー、ベスト30に大宮SKが入ってなかったんだよ
 なぁ・・・あれが気がかりだったなぁ、確かに。でもやっぱ、14歳
 だよ?この子は。ダンス部長、14歳だけどさ。やっぱ才能あるんだ
 なぁ。あー。ジャズが好きだって。14歳のね、まぁ部長だからわかる
 けどさ。14歳でジャズが好きだったらやっぱさすが、いいよね。
 いいところだよ、これ。続いてこの人が。えーと」


 『アジアツアーも残すところあと韓国のみですね。タイに行けなくなって
  残念ですね。タイっ子たちも楽しみにしていただろうに、早く行けると
  いいですね。アジアツアーの記事を、いろいろ雑誌などで読みまくって
  いるのですが、気になることがありまして、メールしました。
  久しぶりに着た衣装がたくさんあると思いますが、体つきが変わってきて、
  着るのがキビシイ衣装とかありましたか?潤くんも雅紀くんも、ハウコン
  の衣装がきつそうで・・・。このほかにもアジアツアーの裏話、たくさん
  聞かせてください。お願いします』

「だって。潤くん、翔ちゃん、雅紀くん、が衣装、を、広げてたかなぁ。
 体が大っきくなったんじゃないのかな。たぶん。なんか変えてたよ。
 あのサイズを。サイズを変更してた。でもぉ、ビックリしたのがぁ、
 俺ちっちゃくなってんのよ。大っきいの、衣装が。全部。前着てた、
 衣装が、全部ねぇ、大、ちょっと大っきいの。あ、これベルトいらな
 かったのにみたいな、衣装とかも、ベルトが必要になってきたり
 とか。すーごい、なんか、あの時はちっちゃかったなぁ。台湾行った
 時。なんか60年前の衣装とかだったらさ、『あぁ、あの時は大っき
 かったね』みたいなこと言っててもいいんだけどさ、3年ぐらい
 前の、衣装だからね。おかしいよ。続いてこの人」


 『先日翔くんが、嵐のフットサルチームのユニフォームができたと言って
  いました。二宮くんの背番号は8だそうで。やっぱり原さんナンバー
  なんでしょうか?ちなみにほかのメンバーの背番号は何番ですか?
  早く試合ができるといいですね。「サッカーの試合やったよ!」って
  聞ける日を楽しみにしています』

「だって!St-by!」

St-by「ははははは」
「St-byちなみに何番ですか?」

St-by「僕、0番です」
「0番」

St-by「はい」
「名前は?」

St-by「いやそのまぁ、僕はSTBY、にしました」
「へ?。なんか潤くんの背番号みたいな数字は、あれ何なんですか?」

St-by「はははは。あれはねぇ、あれはアレですよ。プリンスの」
「えっ?」

St-by「プリンスのマークですよ」
「プリンスのマーク?」

St-by「んー。なんかあるじゃないすか、ト音記号みたいな」
「うんうん。そうそう」

St-by「あれのマークにしてくれと」
「あ」

St-by「背番号じゃなく」
「背番号じゃなく。翔ちゃんは?」

St-by「翔くんは?」
「あ、翔くん10番じゃなかった?」

St-by「あ、そうだ10番だ10番」
「で、S.SHOでしょ?ね。相葉さんは?」

St-by「何番だっけな?忘れた」
「キャプテンは?」

St-by「キャプテンは1番。あははは」
「あっふふふふ」

St-by「SATOSHIって普通に入れてる(笑)」
「ね、1番ってさぁ、あれは何?」

St-by「キーパーだと思う(笑)」
「1番ってのはキャプテンなの?別にキャプテンと関係ないんでしょ?」

St-by「関係ない」
「あの、野球じゃないから」

St-by「まぁ一応1番にしとこうと」
「へー。『何番でもいいよ』って言われたの?」

St-by「何でも。最初『いらない』って言われたんだけど(笑)」
「あははは!」

St-by「まぁまぁ、作っとこうよっつって。じゃあ勝手に作るよっつって」
「そうなんだ。渡したんだ。俺・・・は8番だよ。8番で、名前に
 HARAって書いてあんの。そうやってしたんだよね。見事にできた
 よね。8番HARA。やっぱねぇ・・・SHOとか、さぁ、えっ?潤くん、
 は入ってるの?そのプリンスのマーク、の上に」

St-by「名前入ってない。名前入れないでくれって言われた」
「プリンスだから?」

St-by「プリンスだから」
「なるほどね。で、SATOSHIとMASAKIと。だからぁ、なんかHARAとか
 いたらいいかなって。8番でHARAにしたんだよね。・・・あれどこ
 行ったんだろ、あのユニフォーム。あ、違、ソックスがないんだよって
 みんな言ってなかった?」

St-by「あぁ言ってた。あの、あるあるある。持ってる」
「あ、持ってんの。そろそろやんなきゃね。も、10月終わるよ。
 そんなこと言ってっとほんとにね、年終わんだよ。で、寒くなっ
 ちゃうの。で室内とかじゃないから、朝とか集まるとさみーよ。
 俺野球朝とか・・・始まるじゃない?で、9時とかなのよ。11月
 とかも9時集合とかなの。も、ダウン着てやってるからね。寒くて。
 も、邪道な、野球だよね。もうダウン着てモコモコになりながらぁ、
 野球やってる。だ、あったかくなってきたなって思って、脱ぐんだ
 けど。だからね、11月ぐらいのね、太陽がね、異様にあったかく
 感じるね。射し込むと。んー。サッカーとかってダウン着てやって
 いいの?でもサッカー下もだからな。短パンだから。ね、あれ長
 ズボンでも良かったのにね。あの、靴下の中に入れる、みたいな、
 ルールでさ。なんか、長ズボンでもいいのに、短パンだよね。
 サッカーってね」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、Mr.Childrenで
 『しるし』」

「はい!嵐のカズナリニノミヤがお送りしてまいりましたベイストー
 ム、そろそろお別れの時間なんですが。

 『17日はお母さんの誕生日でしたが、今年あげたプレゼントは?』

「あ、うちの母ちゃんの誕生日ってこと?なんかあげたかな・・・。
 あげてないよね。やっぱ、健康でいることが、最良のプレゼント
 だと。わたくしはね。この年に、この年でそれに気付けたんでね。
 毎日健康な体でいたいと、いうふうに、思います。素晴らしい。
 そういうことで、お相手は、嵐の二宮和也でした!また来週!」

01:03  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/654-bcf00a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。