07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.06.06 (Mon)

かわいい(ニノ)

昨日のうちにエントリーしたかったのに、ブログがダメでできなかったー!

              ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


パン屋さんの話が飛び出したベイスト。
マンスリー企画の曲は・・・
『チェックのマフラー』でした。
詳しくは次のエントリーでね。では、まごあらの後編です。


お昼も終わり、突然、昔には珍しかった恋愛結婚のおじいちゃんたちに
いろいろ聞いちゃうコーナーが。

ニ「孫に見せたいあの写真」
雅「おじいちゃんおばあちゃん昔は若かったのよ、ラブラブトーク!」

ニ「知り合ったきっかけっていうのは?」
じ「自然(笑)」
いろいろな会合の中で存在を知っていたと。

雅「付き合うときに、どっちが何て言ったの?」
じ「それは俺だよ」ヒューヒュー☆
ニ「それはそうだろ、なんつったの?」
じ「『付き合ってください』と俺は言った」
ニ「で、ばあちゃんなんつったの?」
じ「あの時黙ってたよなぁ」
ニ「たぶんそれフラれてるんだよ」(笑)
雅「付き合ってないんじゃない?じゃあ」(笑)

おじいちゃんたちが結婚した昭和30年代あたりはまだ恋愛結婚が
少なく、世間の恥と言われたそう。信じられないね。

ニ「二人は今、幸せで?」
じば「・・・」
じ「・・・うん、まぁな」
ば「お嫁さんがいないからよ、それが1番のあれだけどね。後(継ぎ)が
  いなかったら大変でしょうよ。これで終わりでは」

このおうちでは孫がいないことが大問題なのですね。

【More・・・】

午後はやまといもの植え付け作業。トラクターに乗って二人でお手伝い。
1個ずつトラクターの仕掛けに入れていくと、自動的に土に埋まっていく
仕組み。しかし1個入れそびれた雅紀。

ニ「あーっ!おまえそれはダメだろう!じいちゃん、イモ落としたよこいつ」
雅「じいちゃん、1個イモ落ちちゃった」
じ「関係ない関係ない」
ニ「気にしないの?」

雅「じっちゃんこれ、運転してもいいかな?」
トラクターを運転したいという雅紀。
じ「これは難しいよ」
しかしチャレンジ。BGMはF1のテーマ(笑)
超ノロノロ運転で、お父さんがたまらず駆けつける。

親・子・孫3代での作業ということで、見つめるおばあちゃんは感慨深げ。

その後、家に戻ったニノは、こたつでお昼寝。
微笑みながら見つめるおばあちゃん。

ば「かわいい。ほんとに寝ちゃった」
タオルケットを掛けてあげるおばあちゃん。

マジかわいいんですけど!子どもみたいなんですけど!
右手が軽くグーになってるんですけど!
もっとアップにしてくれぇ?!!


一方おじいちゃんチーム。やまといもの出荷作業中。
余分な部分を切り落として1個ずつパック詰めする。

雅「これ・・・すごい」
・・・非常にビミョーな大きさ・形のイモを持って。
何がビミョーかって・・・放送コードギリギリなんじゃないかえ?みたいな。
雅「すっげぇ・・・」
そのビミョーなモノを、ビミョーな位置に持っていく雅紀。
こらこらこらっ!!なんてことを!なんて手つきを・・・っ!
もっとやって(殴)

じいちゃんにどつかれる雅紀。
雅「(笑)形がなんか、ほら」
じ「そのくらい?」じいちゃんまで(笑)
雅「(笑)こんな・・・こんな」
首をかしげる雅紀。は?、もうたまらん(笑)

その後、盆栽の剪定などを手伝いつつ、おじいちゃんに話を聞く。
農作業以外にもいろんな仕事をもつおじいちゃん、ほかの仕事で家を
空ける時の家族の態度が気になっていた。

じ「なんにも言わないんだよ、女房もせがれも。ほかの仕事について」
雅「なんか言われたらどうする?」
じ「言われても困っちゃうよなぁ」


お昼寝から覚めたニノ。おばあちゃんとスーパーへお買い物。
それは、「孫と出かけたい」と言っていたおばあちゃんの夢を叶えるため。

カゴの中の品物を見ながら
ニ「俺は餃子、相葉ちゃんはサメ」サメ?
 「メシ作ってる間にちょっと食べたくなるから」

二人並んで袋に入れながら、ニノも笑顔。
楽しそうなおばあちゃん。

帰り道、おばあちゃんも本音をポロリ。
ば「それは(ほかの仕事は)やんないほうがいいと思うよ。みんなで
  やったほうが楽でしょう仕事が」
ニ「3人しかいないんだもんね」
ば「いない時は2人でやるから大変でしょう仕事が」
ニ「大変だと思ってるんだ」
ば「大変だよぉ」

帰ってきたニノ、お父さんにも話を聞いてみる。
ニ「今一番言いたいことって何なの?おじいちゃんに」

お父さんも、おじいちゃんにほかの仕事を減らしてほしいと思っている
が、自分はまだ独身でいるために(一人前とは認められず)言う
自信がないということらしく。
家族の希望は、おじいちゃんに農作業以外の仕事を減らしてほしい、と
いうことに尽きるよう。でもなかなかそれを口に出すことができずに、
すれ違ってしまっているのが現状。

孫として、その状況をなんとかしたいと思うニノ。
ニ「だって俺だってそうだもん。俺も、今自分ちが工場で、いとこが全員
  女の子だったから、後継ぎができたっつって。すごい喜んでたもんね、
  会社の・・・そしたらジャニーズ事務所に入っちゃった(笑)
  違う事務所に入っちゃったなんつったら。だからじいちゃん、たぶん
  すごいそん時反対してたと思う、確か・・・うん、訳のわからない
  トコに行くなとは言ってたけど・・・でも・・・そういうことじゃなくて、
  ただ普通に・・・」

ニノっていわゆる末っ子長男ってやつなんだよね?
やっぱりいろいろ大変なんだね・・・

孫としてこの家の状況を知った今、他人事ではなくなってしまった感じ。
なんとかしなきゃってことみたいで。


夕食の時間。
雅紀はおじいちゃんにお得意のマッサージ。今日は腰。
雅「今日すごい楽しかったね」
じ「本当・・・よかった・・・」

ニノはおばあちゃんと一緒に絵巻寿司というお寿司の夕食作り。
あの、切り口がお花になってるやつね。先生(?)みたいな人も。
模様のパーツを1本1本海苔で巻いて作り、最後に太巻きにする。

ニ「ほーらでーきた♪」と切ってみる。
きれいなお花が咲いてます♪
ば先「わーーーーーすごい!」
ニ「やっぱ咲いちゃうんですよぉ」得意げ。

いよいよ夕食。
やまといも料理や絵巻寿司で、楽しくなごやかに。
しかし、お父さんに笑顔がなく。
その思いを知るニノが、孫として口火を。

ニ「まぁ今回ね、お父さんが、おじいちゃんに話したいことがあると。
  こういう場だし、孫もいる中で、おじいちゃんに聞いてもらいたい」

農業のほかにいろんな仕事をしていて、この状況を続けていくことは
どうなんだ、というお父さん。
そんなに大変なら規模を縮小したらどうだ、というおじいちゃん。
浮き沈みの激しい農業では、安定した生活のためには縮小できない、と
いうお父さん。
いつまでも親を当てにせずに、早く結婚しろ、というおじいちゃん。
お父さんに口を挟む隙を与えない感じ。

その様子を黙って聞いていたニノ。
ニ「だからお父さんとしては、やっぱり真剣に後を継ごうと考えていて、
  外に出る気もないし、ここにずっといてね、後を継ぎたいから、
  早くお母さんお父さんを楽にしたいとも思う、結婚を考えては
  いるんだよ」
ば「考えててもこればっかりはどうしようもないよねぇ」

話し合いは1時間半ほど続いたようで。
やがておじいちゃん。
じ「こういう会話はね、できないよ。3人だったら。すれ違い」
ニ「そうだよね、誰かがキレちゃってね」
じ「ここまで話しできた」
ニ「じゃ、来てよかったんだ」
じ「ありがとう」
父「ほんとだよ。どうもありがとう」

すべてが解決したわけではないけど、とりあえずこれからはなるべく
話し合っていこう、と家族3人で握手。

そしてお別れのとき。

ニ「おばあちゃん、ありがとう」
ば「ありがとねぇ、また来てね」
ニ「うん」
じ「二人ともね、身体大事にしてさ、皆さんの期待に沿えるよう」

二人の肩をポンポン、と。ほんとは抱きしめたかったのかも・・・

雅「おじいちゃんもね、身体気をつけて。あんまり心配させちゃ
  ダメだよ」
父「どうもありがとう」
雅「お父さん、なるべくね、直接、直接話してね」
父「うん」

ニ雅「どうもありがとうございました」
ば「身体に気をつけて頑張りましょう」

家を後にする二人。

雅「終わりましたね」
ニ「そうだね」

二人とも目がうるうる。涙をこらえてる感じ。胸いっぱい、みたい・・・

ニ「今後そういう話が普通にね、できるような」
雅「家庭になってくれるといいよね」
ニ「うん」
雅「早くお父さんにね、お嫁さんが来るといいよね」
ニ「そう。ほんとに」


おじいちゃんたち、二人の孫はどうでしたか?

じ「やはりこういう時じゃないと、あのような話はできないよ。
  あぁ・・・今日はいい孫と出会ったよ」
ば「うん、ほんとに」
じ「もうこれ、一生忘れられないよ。皆さんにいい思い出を作って
  いただいた」
ば「ほんとに、この歳になってね、これ以上のことはないわ」
じ「感謝します」


次回予告。
あれ?中華街じゃないの?ニノ翔の孫だって!
この時すでにニノ、ニューヘアだよ。
翔ちゃんもなんか、すごくいい感じ。初のおじいちゃん担かな?
おばあちゃん、なんかナイスキャラみたい。
ニノ翔と3人でお芝居やったりするらしい。
面白そう?!
08:08  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

ぎゃあ!!
お昼寝ニノちゃんに殺される……。
と、表現が物騒ですが、この気持ちをなんと表現して良いのか分からな程に心臓を鷲掴みされとります。
見てぇーーーーーーーーー!!このぉ…確信犯め。
マチャキの暴走も見たい…(涎←ヤメロ)。
見る機会があると思うので心待ちにしたいと思います。
しかし、この孫企画。
メンバーそれぞれにまた新しい発見があってとても心が温かくなりますね。
良い子達じゃ…(感涙)。

そう言えば大宮の孫を見たのですが、色々と切なかった部分もあったけども、ニノが思った以上に頑張ってて良かった。
うん、あの子は頑張ったですよね。

翔クンとの孫も楽しみです☆
いず |  2005年06月06日(月) 12:45 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/66-4710caf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。