07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.01.20 (Sat)

僕妹を語る

今日は早めにできました、JUN STYLEレポでございます。

いよいよ今日から映画「僕は妹に恋をする」が公開ということで、
今回は僕妹の話がいろいろ聞けました。


ではどうぞ。



【More・・・】


「おはようございます。1月20日、土曜日の朝いかがお過ごしです
 か?松本潤です。えー今日!20日から映画『僕は妹に恋をする』
 が、えー封切となりました。僕が出ている映画でございます。
 えー・・・なんか、去年の、3月、2月3月とかに撮ってた映画
 なんで、やっと公開かぁ、というような、気持ちで、ございます。
 えー今日はそんな話をしていけたらと思います。では約30分間、
 僕松本潤とお付き合いください!JUN STYLEスタートです」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日の1曲目、
 えーGwen Stefaniで『Wind It Up』を聴いてもらって
 ます。これ邦題がすごいんだよね。グエン姉さんの、ナントカ行進
 曲、みたいな、感じだったんで。それは、ちょっと言いたくない。
 と思ったんで、『Wind It Up』で、ございます。
 えー、早速ですが、まぁ、えー、メールを」

 『近所のサンタマルクカフェ(サンマルクだよね)を通りかかって、おや?
  どっかで見たことある人の顔がバーンと出てるなぁと思ったら、我らが
  (笑)
松本潤さんではないですか。映画「僕は妹に恋をする」はサンタ
  マルクカフェとコラボレーションしているそうですが、映画とコーヒー
  ショップが連動するといったいどうなるのかわかりませんが、「僕妹カフェ
  ラッテ」とか「頼チョコクロ」とかがあるんですね。ちなみに私はカフェ
  ラテの上にメープルシロップをたらした温かい飲み物がサンタマルクでは
  一番好きです』

「ということです。そう、俺全然知らなくてぇ、全然聞いてなかったん
 ですよ。んで、12月頃だったと思うんだけど、12月の中旬ぐらい
 に、なんかいきなり、チケット渡されて、『はい』って渡されて。
 何これ?って思って見たら、なんか僕と、奈々ちゃんが、こうポス
 ターかなんかで使ってる写真だと思うんだけど、その写真が、入って
 るなんかこう、チケットみたいのを、なんか、スタッフさんから
 いきなり見せられて。『えっ?何これ』と思って。あ、こんなの
 やってんだって、その場で知ったんですけども。全然そういう話は
 僕んとこに降りてこなくてですね、全然わかりませんが。そう、今、
 サンタマルクカフェ(サンマルクだよ)で、えーやっているという
 ことなんで、ぜひ、えー気が向いたら(笑)足を運んでいただきたい。
 そんなふうに、思って、おります。はい。まぁちょっと、短い話
 でしたが。えーここで1曲聴いていただきたいと思いーます。
 TAKE THATで、『Patience』」

「えー、本日、1月20日は、恵比寿ガーデンシネマで、初日舞台
 挨拶をしているであろう、おそらく。松本潤がお送りしています、
 嵐・JUN STYLEです。えーちなみにここに資料がありまして、
 恵比寿ガーデンシネマは、えー、毎水曜日。水曜日毎にですね、
 えーサービスデーをやっているらしく、1000円で映画が楽しめ
 る、ということなんです。
(悪い言い方で)どうですかお客さん?
 (笑)えー、そんな恵比寿ガーデンシネマは、僕も、えーほんとに
 好きな劇場のひとつなんですが。えー、まぁ。あの映画館はねぇ、
 すごい、やってる作品も、すごく僕、いい作品を、選んでるなって、
 思、うんですね。で、あまりほかでやってない映画とかを、あすこで
 観れたりとか、そこでしかやってなかったりとかするので、よく行った
 り、するんですが。あの、造りとかも好きだし。あの・・・あそこ
 何だっけ、恵比寿、ガーデンホールの、なんかあの雰囲気も、好き
 だったりするので。えー、ま、ドラマもね(笑)使ったりとか、して
 るし。えー・・・まぁ、すごく素敵なところだなぁと思っているん
 ですが。えー、ま、水曜日、狙い目ですので。そういう意味では。
 はい、ぜひ観ていただきたいと、思います。

 えー、映画は、そうですね、あの僕も、あのーなるべく映画館に
 行きたいと思いながらも、DVDで観てしまうこともあったりするんで
 すが。まぁでもねー、あのー、それこそ、やっぱり、デカいスク
 リーンで、観て、聴いて、感じて、っていうのだと、全然感じ方が
 違かったり、するなぁっていうのをやっぱり、観に行くと思います
 ね。んー。最近、そうですね。年末、去年の年末に、あのー、いつ
 だ?僕らが春ぐらいに、公開するんですけど、5人で久々に映画
 撮ったその『黄色い涙』という、犬童一心さんが監督をやられた、
 作品があるんですけど、それを、ま、年末に観たんですけど。それ
 を観た時にねやっぱり、そのデカいスクリーンで、ああいう時間で
 こう、観れるっていうのは、すごくいいもんだなぁって、思ったり
 するし。あの空間がやっぱり、すごく、いいんだよね。こう、お客
 さんとさ・・・こう、なんだろ、感情を共有できたりとかするじゃ
 ない?空気がその場で、なんかひとつになるっていうの?すごく、
 いいなぁと、思うし。

 なんかこないだたまたま、舞台を観に行って。東京セレソンデラッ
 クスという、ところの舞台を観たんですけど。それの舞台が映画館
 の話だったりとかして。なんかすごく、映画館っていうのは風情が
 あるし、なんか、いい場所だなぁって、すごく、思いますねぇ、
 えぇ。なんかそんな、そんなドラマとかもやってみたいな。そんな
 映画とかもやってみたいんだよね。と思います。はい。まぁ今年も
 僕は、まぁ時間はそんなにある方ではないかもしれないけど、映画
 館に行って映画を観れたらと思います。えー、ぜひ皆さんも、
 『僕は妹に恋をする』、劇場で観ていただきたいと、そんなふうに
 思います。よろしくお願いします。
 ではここで、その、『僕は妹に恋をする』のエンディングテーマに
 なっている、クリスタル・ケイさんの『きっと永遠に』を、聴いて
 いただきたいと思います」

「もう1枚メールを読みたいと思います」

 『潤くんおはようございます。おはようございまーす。先日、BS2で放送
  されている「少年倶楽部プてレミアム」に、「僕は妹に恋をする」の原作者
  の青木琴美さんが出演されていました。青木さんは、絵コンテを描く時に
  頭の中に動いている姿を描いて、その中で一番カッコいい姿を絵にする
  そうなんですが、潤くんは頭の中で動いていた頼そのものだったと絶賛
  していました。私もHPの予告を観た時に、マンガの中の頼と潤くんが
  被る場面があったので、なんだか嬉しかったです。映画の公開、楽しみに
  しています』

「ということなんですが。・・・はい、今日公開なのでぜひ観に行って
 いただきたい。そう思います。あのー、それは、ある種、僕ん中では、
 まぁ、当然ていうかこう、まぁあり得ることだなぁと思うのは、逆に
 言うと、あの、青木さんが今、その、『いろんな姿を想像した中で
 1コマを描く』っていうふうに言っているんだけど、その1コマに、
 行くまでは、どういうふうに動いていたんだろうとか、あとは、
 こう、まぁ、それなりに続いている、原作のマンガだと、それなり
 にこう、1人の、人間の、ワンショットのコマっていうのって必ず
 出てくるわけじゃないすか。んで、そのワンショットが、その、
 なんだろ。ちょっと、大、広いサイズって言うか、ちゃんと足まで
 入るぐらいのサイズで描かれてる時に、の、絵をずーっと、読み
 ながら普通に追うんだけど、追ってくと、『あ、この体勢とか、
 この感じ、前にも、前の巻で出てきたなぁ』とか、っていうのが、
 なんとなく印象で残るのね。で、そうすると、『あ、こいつはこう
 いう動き方なんだろう』っていうのがちょっと想像できたりとかし
 て。そういうことをやっていくと、こいつがどう動くかっていう、
 人が、この人はどうやって動くんだろうっていうのを、追えたり、
 するかなって、僕は思っていて。

 ・・・なので、なんか・・・たとえば、映画を観ていただくとわか
 るんですけど、体育館で、なんか座ってるところとか、んー、まぁ
 そういうところの、なんだろ、姿・・・なんか体勢とかって、結構
 マンガの、頼が、こういう体勢で、いたなっていう僕のイメージが
 あって。そのイメージでやってるから、まぁ青木さんが観た時に
 たぶんそこを感じてくれるっていう、すごい嬉しいことなんだけど、
 青木さんが描いたものを、僕は体で表現できたらと思っているとこ
 ろもあるので、そのコマに関して。なんか、まぁ原作、が、ある
 作品なので・・・なのでそういうことはまぁ多少意識してたので、
 まぁそれが、できてたのかなぁと思うと、ま、嬉しいですね。はい。
 あのー、まぁ、前にも話したかもしれませんが、あの・・・まぁ、
 妹と、双子の兄妹、同士で、えー恋をしてしまって。お互い、好き
 だって言っちゃいけないのに好きだって言ってしまうことによって、
 えー2人の関係が、どうなっていくのか。まぁその気持ちだけは
 変わらないけど、えー好きだって言っちゃったが故に、苦しくなって
 いったりする中で、2人がどんな選択を取るのか、みたいな。
 すごく、あの・・・絶対的に、ま、兄妹ですから、結ばれることの
 ない、恋愛、なわけですよ。なので、んー、ものすごく、そこには、
 綺麗な、ピュアな、愛が詰まってるんじゃないかなと、思います。
 ぜひ、恋愛をしたい方、恋愛に、敗れてしまった方も、これから
 恋愛したい人も、観ていただければと、思います。よろしくお願い
 します。

 ではここで1曲、『花より男子2』の主題歌です。
 嵐で『Love so sweet』」
 
「いかがだったでしょうか?今回のJUN STYLEは。えー、今日は、
 嵐の曲で、『素晴らしき世界』を聴いてもらってます。
 えー、ここで、嵐のインフォメーションでございます。えー、今日から
 公開されて、います。映画『僕は妹に恋をする』、えー恵比寿、東京
 の恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館ほか、全国ロードショー
 となってます。ぜひ、劇場に足を運んで、えー作品を、ご覧になって
 ください。よろしくお願いします。
 ・・・えー、『花より男子』、3話まで終わりました。絶好調で
 ございます。頑張ります!えー、まぁ映画、もそうだし、ドラマも
 そうだし、『Love so sweet』に関しても、えー、感想を、
 このラジオに送ってきていただければと、思います。

 えー、ということで。すごいねぇ、ドラマやりながら、映画やって
 るってね。(笑)そんなにイメージの固まらないヤツもいないんじゃ
 ないかって気もしますけども。えーぜひ、観ていただきたいと、
 思います!よろしくお願いします!ではまた来週聴いてくだっさい。
 お相手は嵐の松本潤でしたぁ、バイバイ!」

14:37  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/725-97a39994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。