09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.04.02 (Mon)

背骨がない感じ?

やーっとできました!ベイストレポです。
久々にやったせいもあるだろうけど、やっぱり人数が増えると単純に
時間がかかるんだよー!

ってなわけで、今回は「親友」と「童貞」がキーワード。
裏嵐での聰ちゃんドラマのキャラの履歴的なものの中身の話題では
「童貞」を連発するにのちゃんに萌え・・・☆
拓ちゃんはやっぱりnot童貞だったのねぇとか(爆)
いやーん萌えまくり☆(やめれ)

はい。ではスタート。


【More・・・】


「ただ今お花畑にでかけているため、電話に出ることができません」

「はい、こんばんは。嵐のカズナリニノミヤです」

 『これは友達に電話をしたときに流れた留守電です。私は最初、からかわ
  れているのかと思ったのですが、本当にピーッと発信音が鳴ってしまい、
  無言の留守電を入れてしまいました。二宮くんは、ユニークな留守電、
  聞いたことありますか?』

「あるかな。留守電にユニークとかあるん、のか。ほんとに花畑に出か
 けてたんじゃないの?留守電てそもそもそんな簡単に録れるの?
 録れるんだ。へぇ?。録ったことないねぇ。んふ、そ、なんで今俺
 St-byに言ったのかも謎だけどさ。録ったことないわわたくし。
 そういうの。もらったことないなぁ。
『最近メールがあるので留守電を
 入れることが少なくなった』そうなのかなぁ。でもだいたい昔の、
 昔の人っつったら変だけど、留守電てさぁ、電波が悪いとこで入れられ
 るとさぁ、んなに言ってっかさっぱりでしょ。あと、あの、吐息が入る
 人とかいるでしょ。あのー、なんか、も、よくわかん、何言ってんだ、
 興奮してんだろうなっていうぐらいしかわかんない留守電てあるでしょ。
 雰囲気しか伝わってこない。あれとかわかんないよね。そういう点では
 やっぱメールってのはあれ、んー、便利なんだな。そう考えるとね。
 そっか、なるほど」

「それではオープニングナンバーをお届けしましょう、KREVAさんで
 『アグレッシ部』」

「さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう!」

【お願いDJ NINOMIYA】

「まずは、この人!」

 『私は最近男の子の親友ができました。でも男の子の親友というのは
  初めてで、どう接していいのかよくわかりません。どうしたらいいの
  ですか。また、にのに女の子の親友ができた場合どんなふうに接して
  いますか?教えてください』

「うふふ、接するのがよくわからないのが親友なのかな。どーゆー
 ランクで、その親友っていうランクがこの子のところにまずあるか
 だよね。同、世代。同性。友達。親友ってのはそういうランク?って
 いうのかな。それどこなんでしょうね。でも何でも話せるのが親友、
 じゃないですか?親友はいますか?皆さん。いや、うんうん、すごい
 頷いてるけどSt-byいるんですか?」

St-by「いますよ」
「それは、どういう。何年、何年来の、付き合いなんですか?」

St-by「いやもう、十何年来ですよ」
「あれ、何でそっちをチラッと見たの?」

St-by「いやぁ、親友が来てるんで」
「あ、今日」

St-by「ええ。今日ちょっと」
「じゃ、ちょっと連れてきてください。親友」

St-by「あ、ほんとですか?」
「はい」

St-by「あはは!」
「うふふ、なんでテンション上がった。早く連れてきてくださいよ親友」

St-by「いやなんか拒否られてますけど」
「大丈夫!ちょっとほら、出て連れてきなよ親友。いやぁ珍しいねぇ
 St-byの親友が来てるなんて」

St-by「はははは」
「わぁなんかもう『新婚さんいらっしゃい』みたいになってきた、なんか」

友「親友です」
「おいよいよ。あら!こんちは」

友「こんにちは」
「あら。親友。これ何の、どういうお付き合いなんですか?」

St-by「いやま、仕事が」
「スタートが仕事なんですか」

St-by「はい」
友「ま、一応」
St-by「プライベートも遊ぶ。気がついたら、ま、年齢違いますけど親友」
「へぇー」

St-by「何でもこう語り合える」
「何でも語り合える」

St-by「ある程度」
友「まぁ、9割ぐらいは」
「あれ。(笑)何でもじゃない感じが今。しましたけど。親友からは」

友「(笑)」
St-by「や、まぁそりゃちょっと。ま、大人ですから1割ぐらい残しとき
    ましょ」
「え、何で共通なんですか?何で、なんか共通項があったみたいな。
 同じ趣味みたいのね。があったとか。語れるものがやっぱあったん
 すか?2人には」

St-by「あぁ?、いるじゃないですか。最近流行の。サーフィン?みたいな」
「あぁー!サーフィンで」

St-by「ええ。まぁまぁ」
友「スポーツです」
St-by「まぁまぁ、スポーツです、スポーツ」
「あれ、絵もやるんだっけ?」

友「一応」
St-by「やります」
「そっかぁ。えー?それもう何年ぐらいの付き合いなんですか?」

友「15年、ぐらいですか」
St-by「そうですね、15年ぐらいです」
「じゃもう、必ずなんかあったら。必ず、一番に相談したりとか話し
 合ったりするんすか」

St-by「はい。そうです」
「じゃ、崖に、これ2人に共通の質問ですけど」

St-by「はい」
「あれ、親友、結婚、結婚してますよね」

友「はい」
「じゃあ、親友と、奥さんが。どっちか一人しか助けらんない。その
 時に、『いっせーのーせ』って言ったら答えてくださいね、どっち
 か。いいですか?いっせーの、せ!」

St-by&友「奥さん!」
「あはははは。(パチパチ)素晴らしい親友。素晴らしいね。さすが。
 さすが、通じ合ってますねぇ、親友同士。んじゃもう親友は奈落の
 底に落とすと」
St-by「しょうがない!」
友「仕方がない」
St-by「ねぇ、仕方がない。守るものは守る」
「んふふふ。あーなるほどね。こういうもんなのかもしんない。
 ちょっと今!今いい参考になったね。こういうもんです男って。
 うん。ぜひとも参考にしていただきたい。じゃ、次いこうかな」


 『先日、彼氏が急に真剣な顔をして「腋毛は生やしておいてね」って言うん
  です。ん?あまりにも変なことを言うので理由を聞いていたら
  「他の男が腋毛生えてるの見たら、お前のこと好きにならないでしょ」
  って言うんです。ん?彼女が腋毛生えてるのってイヤなものじゃ
  ないですか?彼の気持ちがイマイチよくわかんないんです。
  男の子の気持ちを教えてください』

「今日もう男だらけですかんねぇ。完全答えられるでしょ。これ、
 どう思います?もし!親友の奥さんが。ね?じゃあ夏にしましょうよ」

St-by「そ、そこですか?たとえは。あははは!」
「あはははは!親友の奥さんの、腋毛生えてたらどう思いますか?」

St-by「いや別に何とも思わないですよ?」
「もしちょっ、ちょっと好きなの、でも。ちょっと、好きなんだけど、
 腋毛生えてるとやっぱ冷めますか?」

St-by「いや別に冷めないです」
「冷めない?」

St-by「はい」
友「僕もまぁ、そうですね。どっちかっていうと、そそられる(爆)」
「あははは!あれ?親友もちょっとキテますね。H(エイチ)気味ですか?」

St-by「あー、ですかねぇ(笑)」
「あははは!H気味ですね。え?でもそうだよね、そう考えると、
 いや、俺はでもわかんないなぁ。・・・でもなぁ、生えてる人、俺
 いっぱい見てきてるからなぁ。海外とかでいない?ヨーロッパは
 すごいよね。でもそこがさぁ、その、文化じゃない。もうそこまで
 くると。だからさ、あんまり何とも思わないんだよねきっと。だ、
 この間も行った時に、部屋ん中だと暑いからさ、みんな脱いだりする
 とさ、やっぱり腋毛生えてるから。やっぱ、そういう国なんだなと
 思、思うわけじゃん。そうじゃなくて、じゃ何をしたら、この子は、
 そういうことを防げるわけですかね?やっぱり男は、そういうこと
 ではなく魅力ですか?中身ですか?」

St-by「そうです。中身です」
「ちぁす。ちぁすってなんか今、つぃすって何ですか」

St-by「いやぁ、そうですって」
「あ、そうですって言ったんだ」

St-by「そうです」
「今つぃすって言うから(笑)何なのかなぁと思って今。なるほどね。
 な、どういうのをじゃあ、女の子は好きなのかな。グッと来る、
 男、の魅力ってなんか、何を、こう磨けば・・・たとえば、ね?
 たとえば。女の人が料理をね、結婚したら料理がうまければすぐ
 帰ってくるって、よく言うじゃん。男の人はね。そういうことです
 よ。男はどういうことをすれば、女の子は、ね。その、自分のところ
 から、羽ばたいて行かないのか。何が一番魅力ですか?・・・マメ。
 これなんだよなぁ。マメなんだよ、マメさなんだやっぱり。だ、
 松潤みたいなことでしょ。料理を取り分けるみたいなことでしょ。
 ね?そういうことなんだよ。すごい笑ってる(笑)も、すごいウィスパー
 で笑ってる。そういうことなんだよね。できないじゃん。やっぱり、
 そういうの。家族でいる時、そういうことしますか?しないか。」

友「たまに、やりますね」
「あーわかる!その気持ち。やります?」

St-by「(笑)やりません」
「やんなよ、ねぇ」

St-by「そういうの一切やりません」
「そんなTシャツ着てる人はやらんわ。絶対やらないわ。だってほら、
 もうなんか、ねぇ。ちょっと、ちょっと、やっぱ、なんか上だもんね。
 ね。あ?でもこういう親友の在り方ってあるんだなぁ。へぇ?、
 すごいねぇでも、マメなんだねやっぱり、男はこれから。じゃ、もう
 全然、すごい、顔がタイプの人でも、全然マメじゃなかったらやっぱ
 りそこはグッと来ないの?へーぇ。男の人って面、面食いって言うん
 ですかぁ?顔重視の人多くないですか?あ!St-by顔重視です
 か?あ、そうなの?」

St-by「そうです」
「奥さんはじゃちょっ、まぁ芸能人で言うなら、だいたいここかなって
 いうのは誰、どこらへんですか?」

St-by「いやぁ、ここカットしましょうよ」
「ここはカットしますよじゃあ」

St-by「滝Oクリステル(笑)」
「はははは!これはカットできないわ。すごい面白い」

St-by「いや、よく間違えられるらしいですよ」
「う?そだよ絶対!!(声高っ!)ほ?んとに!?」

St-by「いやちょっとね、ハーフ系なんですよ顔が」
友「ぽい系」
「ぽい系なんだ」

St-by「ぽい系。ハーフ系なんです」
「うそ」

St-by「だ、ハーフとよく間違えられる」
「マジ?『ハーフでしょう』とか(笑)言われたりするってこと?うそ。
 マジ?それ、写真とかないですか?」

St-by「写真なんか持た、持たないです」
「面食いですか?」

友「どっちかっていうと、そうですね。面食い・・・」
「面食い。今じゃあ、2人の中で、これもいっせーので言ってもらおう
 かな。じゃ今、自分の中で、一番、イチオシの、女優さんでも、
 グラビアアイドルでも誰でもいいです。いっせーので言ってもらい
 ましょう。やっぱ親友だったらね、たぶん見てるものとか、そう
 共通項があるから。『かわいくない?かわいくない?』みたいな
 こと言って。『おぉ?!』みたいなことで盛り上がれると思うんです
 ね。で、そこで、ちょっと一発。2人のね。親友、ちょっと親友
 トークをしてもらいたいなと思う。これもね、ぜひね、参考にして
 いただきたいなと。じゃ、いきますよ。いっせーのーで」

St-by「井上真O」
友「(安田美沙子?かな?)」
「あはは、井上まゆこに聞こえちゃったもん。ふふふ。井上まゆこに
 聞こえちゃった。今誰だったかわかんないけど。これはもう、ね。
 追求すんのやめましょ。まぁ親友だからね。そこはいいやね、うん。
 ていうことで今日はね、ここまででございますけど」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、チャットモンチーで
 『サラバ青春 卒おめ2007ver』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 それではここでマルチメディアケースの当選者発表したいと思います!
 今回の応募条件はマルチメディアケースにちなんで『ケース』を
 お題にダジャレを考えてもらうものでしたがたくさんの応募、そして
 ダジャレがありました。ありがとうございました。早速ね、その中
 から、当選者を発表したいと思います!まずこの人!えーと。ダジャ
 レは?
「みんな早く寝なさい。電気ケース(消す)よ」。
 さあ。続いて。ダジャレは?
「そのCDケース、早くケースなよ
 (返すなよ?)」「・・・さあ、続いて。ダジャレは、「拝ケース(拝啓)、
 父上様」「・・・まさかそんなケースがあるとは、ケースぁん(計算)外」
 ・・・さ、続いて。
「嵐のデビュー衣装は、スケースケ」
 ・・・(パチパチパチ)これ変わんないすか?なんでこんな盛り上が
 らない?ダジャレ。こんな盛り上がる感じで言ってんのにさぁ。笑い
 もしない、クスリともしないんだよ。言い方で面白くなるかもしん
 ないからちょっと言ってみて」

 St-by「まさかそんなケースがあるとは!計算外(爆)」
「全然普通に『計算外』って言っちゃってるじゃんもう。あふふふ。
 全然ノーマルだよ、びっくりした今俺。ほんっとびっくりだよ。
 まぁね、この人たちにはね、マルチメディアケース。これちょっと
 紹介して!」

St-by「はい。何ですかねぇ、首からぶらさげます」
「んー」

St-by「ぶらさげる、えー何でも入るですね、何でも入るったらアレ
    ですけど(笑)」
「んふふふふふ」

St-by「まぁ携帯電話とか」
「んー。表に何がそれ」

St-by「嵐・Love so sweetって書いてありますけど」
「うわ?ぉ」

St-by「Not for sale!」
「Not for sale!キタぁ。Not for saleを押すんですよ。彼。
 これね、素晴らしいですから。このねぇ、マルチメディアケースには
 内ポケット、そしてフック。そして安全装置が付いてます。この
 3点セット(笑)気になるねぇ。気になるけどこらもう当たった人に
 しかね?これは味わえない。残念ながら味わえませんけど、これは
 もう内ポケットとフック、安全装置の、3点セットの、マルチメディ
 ア(笑)ケース。これぜひともね、大事に使っていただきたい。おめ
 でとうございます。これ5名の、今ね?紹介した皆さんにね、あげ
 たいと思います。大事にしてください!えー、そして!続いては
 こちら、【裏嵐】のコーナーにまいりましょう!」


 『携帯サイトの<今週の一言>で「ねえ、ねえ、ねえ、ねえ、ねえ
  ・・・さて私は誰でしょう?」って和也くんですか?こんなこと
  やるのは和也くんだろうなと思いつつも、「わたくし」と言って
  いない部分に自信がなくて、とても気になります』

「と。・・・これ私かなぁ。あんまりわかんないんだよねぇ。でもま、
 こういうことやんのたぶん俺しかいないよね。『さて、今何回ねえを
 言ったでしょう?』みたいなことなんだよたぶん。でも文字数が足り
 なくなっちゃったんだきっとね。だ、こっちにちょっと、変更した
 んだよ。んー。まぁ、ね。こういう感じだからさ。人間的にさ。
 まぁ、あんまね、そんな、わーってなるような、価値なかったな。
 うん、まぁ・・・まぁ、俺なんだろうな。続いていこうかな。続いて
 はじゃあきっと・・・St-byに読んでもらおうかな」

St-by「えっ!?・・・はい、続いては。『3月7日のニッキにて、
    ヨコちゃん・・・と』(笑)」
「(笑)何?今の」

St-by「すいません、漢字読めなかったです。『と(笑)大倉くんと、
    ダーツをやった』とありましたが、誰が一番上手でしたか?
    ヨコちゃんも、『むっちゃ楽しかった。またやりたい』と
    話していました。この日の話を聞きたいです」
「なるほど」

St-by「はい。そういうことです」
「なんかやっぱ読み手が変わるとずいぶんと雰囲気が変わるんだな
 やっぱりね!これはねぇ、えーとねぇ、やっぱヨコが一番うまかった
 んじゃないかな。でも俺この後またやりに行ったの。うん。違う
 メンバーでね。したらねぇ、カウントアップっつうんですか?あれ
 600いきましたよ。なんか店員の人に『すごいですね!』って
 言われたの」

St-by「すごいですよ。550でだいたいプロの方、あれですよ」
「(笑)絶対うそだよ(笑)」

St-by「いやほんとほんと」
「絶対うそだよ」

St-by「550でかなり上手いですよ。かなりってか相当上手いっすよ」
「ラウンドが10回ぐらいあったから。550だったらだって、あぁ
 そっか、550以上あったらそっか。でも50点最低取ってれば、
 500点いくわけでしょ?2人はダーツやるんですか?」

友「僕は、ほとんどやらないっすね」
「あっそう」

友「はい」
St-by「僕たまにちょっと」
「うわぁ」

友「なんかちょっと自信があるみたいで」
「うそ、最高そのカウントアップっていうのはどれぐらいなんですか?」

St-by「いや僕最高でも530ぐらいです」
「だってリアクション良かったもんね、600って言った時のリアク
 ションがね。今度じゃあ行きましょう3人で」

St-by「行きましょう行きましょう」
友「いやいや」
「あははは。なんで俺まで親友、みたいな括りになっちゃったんだ今。
 ちょっと一瞬びっくりした、自分で。自分で今びっくりしちゃった。
 続いてこれ」


 『和くんに教えてほしいことがあります。「拝啓、父上様」も終わりましたが、
  倉本さんの脚本には役ごとにプロフィールがあるということで、もしよかっ
  たら一平のプロフィールにどんなことが書いてあったか教えてください』

「プロフィールっていうか履歴ですね。『何月何日に生まれる』みた
 いな。『1歳の時に、何が起きる』とか。『3歳の時に、なんかある』
 みたいな。そういうのですよ。履歴です。今まで生きてきた、なんて
 言うんですか、生い立ちですな。いわゆる。『高校を2年受験して
 失敗』とかあるんですよ。なんか今拓郎くん、こないだ『優しい
 時間』の時はね、そうだったかなぁ。なんかね、『高校を受験して
 失敗してる』みたいな。そいで不良ん時に、その、不良仲間の、
 年上の、女の人に、『童貞を奪われる』みたいなこと、いっぱい
 書いてあるんですよ。事細かく。一平くんはちなみに童貞です。
 はい。だから、今回、僕が童貞の役をやることが、何回かあったんです
 けど、僕ん中で、その童貞、っていう、イメージが・・・あれちょっ
 となんか、背骨がない感じの動き方ってわかります?わかんないか
 なぁ?!このね、すごい難しいんですけど、そういうイメージなん
 です。で、ある一箇所の部分においてはものすごい、プライドを
 持ってる。っていうのが、僕のその、『童貞』の中の条件なんです
 よ。なんか適当なこと言っても、『あ、それ違うけど』みたいな。
 あははは。わかる?わかるかな?『それ違うけど!』みたいなこと
 言う、いきなりガーンって、いきなり怒る、みたいなのが、僕の
 イメージで。でもそう考えると一平ちゃんはちょっと違いますよね。
 ね。たぶんそれコメディ的な時にね、やる、やるからな。でもそう。
 背骨が通ってない感じっていうのは、わかります?・・・わかん
 ないか。なんでSt-byわかんないんだろうな。そう、そんな感じが
 するんだよね。そう、そういうのはね、いっぱい書いてありました
 よ、プロフィールに。んー。そのプロフィールにはお父さんとかも
 書いてあるんですよ。実は(笑)はい。雪乃ちゃんの、プロフィール
 に、お父さん書いてあるんですよ。それはね。ドラマを見てのね、
 お楽しみ。ってか終わってる?終わって、あ、くっそ?!終わって
 んだ。ほんとぉ!ほんとだ!4月んなってるもん。あ!明日!こん
 なとこに、言ってもしょうがないんだけど。じゃあ後枠で言おうか
 な。あぁ。じゃ、ちょっと曲いこうかな。うん。曲いきたいと思い
 ます。嵐で『NA!NA!NA!』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしましたベイストーム、
 そろそろお別れの時間なんですが。

 わたくし明日、4月の2日にですね、あの、橋田寿賀子賞みたいな
 の頂きまして。みたいなのじゃないですね。(笑)橋田寿賀子賞を
 頂きましてですね、授賞式に出ると!素晴らしい!(パチパチパチ)
 あれでも、すごい面白いのが、番組は番組で獲ったりするわけです
 よ。なんていうんですか、アカデミー賞とか、その映画賞と違うの
 は、その人本人がもらってるんですよね。あの、たとえば『硫黄島
 からの手紙』の、二宮和也さ?ん、みたいなんじゃなくて、も、
 普通に『二宮和也さん』っていう、あのね、なんかの作品出て、
 それが決め手で獲った賞、とかではないらしいんですよ。だから、
 俳優さんだけじゃなくて、なんか、人の心をあったかくさせた人
 みたいのが獲るみたいで、だ、そういう人の心をあったかくした
 番組とか。そういうのはあるみたいで、なんかだから直接的な、
 作品と直結してない賞らしいですよ。ね、明日それ行ってきます。
 ということでそれね、ぜひ皆さんも見ていただきたいなと思います
 けども。どこで見れるんだって話ですけどね。そらもう気合で探し
 ていただいて。まぁ頑張っていただきたいと思います。
 ということで!お相手は嵐の二宮和也でしたぁ、また来週!」


03:03  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★お疲れ様です

みゆゆさん、こんにちは。

実はずーっと忙しそうだったので、寂しかったです。でも、こんなに長くて、大丈夫でしたか?楽しい内容ですね。st-byの親友が出るなんて驚きです!
みゆゆさんのペースで書いてくださいね。
ありがとうございました。


パセリ |  2007年04月02日(月) 10:24 | URL 【コメント編集】

レポ再開おめでと&ありがとですm(_ _)m
首を長くして待ってました(^皿^)
ホントにみゆゆさんのレポは早くて見やすくて大好きです♪
これからも出来る時だけでいいですから(´∀`)無理せずによろしくお願いしま~す!
みさき |  2007年04月04日(水) 22:52 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/745-8a7b4e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。