09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.04.16 (Mon)

頭が上がらない人

ベイストレポです。
今日は比較的早くできたよ(^-^)v

さて、今回はSt-byの一発ギャグがツボったらしいにのちゃんの笑い声が
いっぱい聞けましたよ。うふふ、あははは。かわええのう。

そして5月に発売される「天城越え」のDVDの話。
初めて共演した人はM.Tさんだったんだね。
この撮影でずいぶん待たせてしまったために、会うと緊張するんだそうな。

ではでは、スタート。


【More・・・】


「靴下は白!ぜぇ?んぶ真っ白!!」

「えぇーっと、こんばんは。嵐の二宮和也です。
(テンション低)
 え?こんなテンション(笑)じゃダメですか?こんなテンションもある
 でしょう、そりゃぁ。4月の15日、日曜夜にじゅう、2時!から
 22時半までの番組をやっています私、二宮和也と申します。よろ
 しくお願いします」

 『これは私の友達が修学旅行中に発した意味のわからない寝言ですと。
  その後に本人に聞いてみたのですが、何の夢を見ていたのか覚えてません
  でした。にのは変な寝言言ったことありますか?』

「だって。ま、意味のわかる寝言ってそんなないよね。でしょ?俺は
 なんかあったかなぁ?。でも俺、こないだドラマやってたんですよ。
 『拝啓、父上様』っていう。素晴らしいドラマやってたんですけど。
 まぁあのドラマやってる時にですね、車で移動中、移動してたら、
 『あと、6ページなんだ』って言ってたみたいですね。俺ね、そん
 な寝言言わないみたいですけど、『あと、6ページ、だから』って。
 で、マネージャーも、『何がですか?』ってずっとしゃべってた
 みたいね、10分ぐらい。で、10分ぐらいずーっと言ってたみた
 い。ほんとに。『あと6ページなんだ』っていうの。で、『何が
 ですか?』ってずっと言ってたらしいんだけど、運転しながら。
 あっふふふ。気づくだろ?だって。寝てんだもん。その前から。
 俺が車入って移動してぇ(笑)それで寝た、瞬間とか、おまえと一緒
 にいるわけじゃん。寝てから、そいつが入ってきたわけじゃないの。
 でもしゃべってたみたいですよ。それぐらいはっきり言ってたみた
 い。珍しいんだよね、俺がそういうこと言うのねぇ。まぁまぁそん
 時たぶん疲れてたんだろうね。

 それではカズナリニノミヤのベイストーム、今夜のオープニング
 ナンバーを紹介しましょう、YUIで『CHE.R.RY』」

「いい曲。チッ、すごいいい曲。こういうの、は、下北、とか、が
 好きな女の子に歌われたら、俺ぁ、いいな。かわいいなって思うね。
 わかる?下北なの、下北なの・・・下北だなぁ。お送りした曲は、
 YUIさんの、『CHE.R.RY』でございましたぁ!
 さて嵐の、カズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう」

【シャッフルファイト・キーワード】!

「いやぁ、いい曲だぁな。僕はね、実は、こんな感じですけど、YUI
 さんのCDを買ったのはねぇ、初めてだったんですよ。んー、いい
 曲でしたねぇ、んー」

■カラオケ

 『私はよくカラオケに行くのですが、歌ってる途中に店員さんが入ってくる
  と、なんとなく歌うのをやめてしまいます。と。にのはカラオケ
  に行った時、特別気にすることとかありますか?』

「ないな、カラオケなんてもぅ何年行ってないかなぁ。もうね、たぶん
 機械とか扱えないよ。曲が鳴らないと思う。カラオケの機械から。
 でも嵐の曲とか入ってんだろうね。俺見たかなぁ自分の曲がああ
 いう歌本に載ってるの。あのカラオケの、本だよ?んーあるかなぁ
 と思って今。St-byカラオケ、行きました最近?」

St-by「あぁ行きましたよ」
「行きました?そういう時って嵐の曲とかって見ます?」

St-by「見ますよ一応」
「どれぐらい入ってんすかね?」

St-by「いっぱい入ってます、最近は」
「何曲ぐらい入ってんすか?」

St-by「いやぁ何曲入ってますかねぇ?相当」
「相当入ってるの?へぇー」

St-by「シングルの、A面・B面」
「あ、B面も入ってんの」

St-by「入ってます入ってます」
「あぁそう!」

St-by「入ってます」
「そうなんだ。でもやっぱ女の子が歌う方が、比率的には多いだろう
 ね。そんなことないのかな?」

St-by「あぁ・・・そんなことないですよ」
「いや、なんかカラオケの店長みたいな感じで言いましたけど。はは、
 で全然、カラオケのお客さんの方でしょ?びっくりしちゃった今。
 続いてこの人」


■変わってる?

 『この前友達と話していて、私の家ではトーストの、トーストに
  納豆を乗せて食べるという話をしたら、めちゃめちゃ引かれました。
  二宮家では変わった食べ物の組み合わせはありますか?』

「だって。・・・ねぇな。あります?自分ちで。でもなっ、大阪って
 やっぱり納豆は売ってないんですか?」

St-by「いやぁ(笑)売ってます売ってます」
「・・・ぁふふふ。『そんなことあるわけないでしょ』みたいな笑い
 だったけど今」

St-by「いやぁ売ってますよ」
「どこに売ってる?普通に売ってんすか?」

St-by「いやぁ普通売ってるんじゃないすか?」
「今はもう、大阪の人も納豆は食べるんすか?」

St-by「食べる人もいる、と思いますけど。どうなんでしょうね」
「奥さん、食べます?」

St-by「食べないす」
「食べないんだ。やっぱヤなんだ。ヨコちゃんも食べないんすよ。
 ぁあいつもねぇ、納豆食べないんだよなぁ。なんでだろうなぁ。
 やっぱ普段から食べてないからなのかねぇ。ね。俺んちの食べ物で
 組み合わせで変わったのはなかったと思うけどなぁ・・・続いて
 この人」


 『この前、お宝音源の「楽園」を聴いて、にのは本当に天才だと思いまし
  た。私の周りにも、何をするにも器用で、大抵のことは無難にこなせる
  友達がいて羨ましいなぁと思っています。にのは曲作り以外で何か
  「これは才能だ」と思うことはありますか?』

「だって。キーワードは『天才』ですよ。さ(笑)あは、『才能だって
 思うことはありますか』だったけど、キーワードは、『天才』。
 なんかありますか・・・まぁ?でもなぁ?。なんかありますかぁ?」

St-by「器用ですね」
「うん・・・まぁね」

St-by「何に、何に対しても」
「でも、何か一部、だけ、の、才能ってのもやっぱ、秀でてるわけじゃ
 ないですか、誰か。俺が、今ここにあるもので、一発ギャグができ
 ないように。それはやっぱ、ねぇ。SYXさんの方が、やっぱりそれ
 は、秀でてるわけ、じゃないですか。ねぇ。じゃ、これ・・・やり
 ますか」

St-by「・・・ヒィ?!(裏声)」
「うっははははは・・・
(高笑い)いいな、その、その伝わる、
 もっかいやってもらっていいですか?」

St-by「んー」
「これ、じゃあ。これ、なんかクイズにできないのかなぁ。何を使って、
 ギャグをしているか」

St-by「ヒィ?!」
「ぅぁははははは・・・
(高笑い)あいてててて。あいって。
 いってぇー。なんか・・・肩と胴体の繋ぎ目が痛い。はぁ、思いっ
 きり笑うとここが痛い。そういうことなんすよ。だぁらねー、才能って
 自分で見つかんないからねぇ。だって今あまりにも普通だと思った
 でしょこれ。この、このギャグは。やっぱねぇ、それは難しいよね。
 でも今の、よ、良かったなぁ。今の伝わらない具合が良かったんです
 よ。なんかちょっとクイズにできないかなぁ今の。ねぇ。いや、クイ
 ズにしましょうよこれ。ねぇ。なんか、ノベルティとかないんです
 か?(笑)『バンビ?ノ!』のノベルティみたいなの(笑)まだないん
 ですか?」

St-by「まだないです」
「あ、まだないんだ、しょうがない、じゃしょうがないね?まぁまぁ、
 今日はここまででございますけど。

「それではここで1曲聴いていただきましょう、Mr.Childrenで
 『彩り』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますベイストーム、
 続いてはこちら」

【裏嵐】のコーナー

「はい、まずこの人!」

 『この間の「まごまご嵐」で大ちゃんが「デビューした時は30分?1時間
  ぐらいしか寝れない日が1ヶ月あった」と言っていましたが、どんなことを
  していたんですか?デビュー当時のことを知らないので教えてください』

「ん?。どんなことしてましたかねぇ。デビュー当時。僕も知らない
 なー。何してたかなー。1時間ぐらいっすね。でも寝てたのは。
 んー。長かったなぁ。1ヶ月。ま、どんなことしてたかっていうと、
 めざましテレビ、の打ち合わせを、も、始めてみようものならもう
 5時ぐらいから起きてないと、間に合いませんから。それでバレー
 が終わんのが9時ぐらいでしょ?それから、なんやかんやして、
 その『なんやかんや』は何やってたんだろうな?もう覚えてねーな。
 ヤバイ!ちょっと、だんだん疲れが溜まってきたからここで一発、
 吹き飛ばしてもらおうかな。お願いします!」

St-by「ヒィ?!」
「あははははは・・・わかった!これで笑ってっから疲れんだ!これ、
 これ逆効果だったんだ今。今気づいたわ」


 『ゲームニッキに「拝啓、父上様」の打ち上げの2次会で、高橋克実さんと
  「青春アミーゴ」を歌ったそうですが、振り付きでやったんですか?
  衣装を着たと書いてありましたが、どんな衣装を着てやったんですか?
  教えてください』

「だって。どぉんな衣装着て、なんか制服みたいの着てましたよ。
 なんか、そういう、なんか体だったんでしょ?『青春アミーゴ』って。
 違った?そんな感じですよね?・・・そうそう。で、克実さんに
 振り付けを教えてもらって、やったんですね。俺あん時奥田さんと
 ずっとしゃべってたのになぁ。高橋さん、空気読めないから。んー。
 だから、ねぇ、そういうことになっちゃったのかなぁ。あれ大変
 だったよ。だって一番大変なのは、それを見て、俺その日に言われ
 たの。その日に言われたっていうか、そん時、いきなり連れて行か
 れて『一緒にやろうぜ』みたいなことになったんですよ。そんなね、
 そんーな即戦力ないでしょ。ね?それでさ、俺はいいけどさ、ヨコ
 ちゃんは何にもできないのに、『いや、俺はほんとに何にもできま
 せんから』とか言って、なんか、スタッフの人に、あの、『関風
 ファイティング』、を、勝手に入れられて、あの、その衣装とかも
 何にも用意されてない、普通の私服で、歌っ、てたよ。『すいま
 せん、すいません』って言いながら。あれが一番まぁ、かわいそう
 だったかな。全然打ち上げじゃなかったあの人だけが。続いてこの
 人」


 『この間ツOヤのホームページを見ていたら、98年に二宮くんが出演して
  いた「天城越え」のDVDが5月(笑)16日に、5月16日
  木曜日、木曜日、する?という情報が書いてありました。
  なんだろこれ。入、荷するってことなのかな。
当時小学生だった私に
  とって、アイドルの断髪式や坊主は珍しく、アイドルが髪を切るのって
  こんなに大事なんだってびっくりした記憶があります。今、当時の映像が
  DVD化されるのはどういう気持ちですか?また坊主に対して、周りの
  反応が大変だったエピソードがあったら教えてください』
 
「だって。マジで!?俺今初めて知った!よ?はぇー!きっついなぁ。
 なぁんで今さらなんだろ?なぁんで今なんだろう?まぁ別にいいけど
 さぁ。んー。いや、高かったんだよねぇ、このビデオ。何でもさぁ、
 箱型って高いじゃん。カセットにせよ。カセットとCDにしたって
 単価が違うじゃない。そうでしょ?違うんですよ。あれ実はカセット
 のがね?高いんですよ単価的には。それこそファミコンと、だから
 NEO?GEOとか。あれ、ROMの、ディスクのやつが、あの、
 ディスクのの方が安いんですよ。コストが。だか、ファミコン時は
 1万、1万、飛んでいくらみたいな、ちょい飛び出るぐらいのカセッ
 トが主流だったんです。だ、全然買えなかったもん。でも今、ねぇ。
 どんなに高くても1万超えないでしょ。それがだって、フタ開けて
 みたら、3枚組とかになってたりするのに、かかわらず、超えない
 時ありますからね?1万円。ま、三国無双ぐらいでしょ。今超える
 の。1万円ねぇ。コーエーですよ。コーエーの、三国無双、スペシャ
 ル・エディションパックみたいのじゃないと、今1万超えないです
 よ。やっぱり。あれ、ものすごい入ってますからね。三国無双の、
 (笑)スペシャル、スペシャル・エディションパックだからね。もの
 すごい入ってるよ。いやもぅ完全に『へ?』みたいな顔してますけど。
 

 DVDとメイキングと、も、何もかも一緒になったみたいな感じ
 ですよ。嵐のCDでも。なんならその2枚を、重ねて、売り出す
 みたいな。もんだから。だかぁね、高かったっすよ、このビデオ。
 でもなぁ。メイク、メイキングとか入ってんのかな?入ってるわけ
 ないよなぁ。だってメイキングとか入ってたら引くよ?マジで結構。
 あの当時メイキングっていう、何、文化って言うの?なんて言うの?
 そういうのがなかったから。NG集とかならあるけど。だってワン
 カット、1日かかった時ありましたからね?全然、うまくできなく
 て。だから、ね?M.Tさん?M.Tさんとかに会う時はやっぱり
 緊張しますね。僕がその時一緒だったんですよ。俺がいっちばん
 最初に初めて共演したのが田中美佐子さんです。うん。もっと厳密
 に言うと不破万作ですけどね。うん。僕のお父さん役でしたから。
 俺のお父さんとお母さん、一番最初のお父さんとお母さんは、不破
 万作さんと、余貴美子さんだからね。こんな普通の子が生まれて
 くるんだから。・・・あははは。びっくりですよ。

 でも!いっちばん最初にその、シーン撮ったのは、田中美佐子さん
 だったんすけど、俺あの人1日待たせたからね。ワンカットで。
 映画じゃないんだよ、ドラマだよ?あーれはもう、あれからもう、
 なんか、ダメだったなぁ。俺は。んー。あれからもう、頭が上がら
 ないんだよなぁ!ほんっとに。そんなドラマですよ。それが5月の
 16。いやぁ俺初めて知ったぁ。すーごい情報だったな。全然表だ
 よ。ねぇ。【裏嵐】のコーナーじゃない、全然、普通の表ですよ。
 いやびっくりしたなぁ。まぁこんな感じで【裏嵐】のコーナーでした
 けども。お知らせがあると!えーとぉ?『長きにわたってお待たせ
 していましたベイストームオリジナルグッズ、いよいよ作り始めた
 らしい。イェーイ』パチパチパチ。ということで。Tシャツが。
 ね?今作ってるんですよ。これどうやってプレゼントするかも考え
 中ですからね。今ね。楽しみにしていただきたい。ちょっと考え
 よっかな。じゃあどうやって・・・どれぐらい作るんですかね?
 Tシャツ。100ぐらいは。ま、うち80は僕が持っていきますから。
 まぁあと20を皆さんで取り合っていただくという形になります
 けど。まぁそうだなぁ、ちょっと考えよっか。ね、St-by。
 まぁ曲を1曲聴いていただいて。おっ!こ、この曲は!」

St-by「おっ!この曲は!なんと」
「なんと」

St-by「嵐の」
「おぉ!」

St-by「ニューシングル」
「ワァオ?!」

St-by「先週もかけましたが」
「うーん」

St-by「5月2日に発売になります」
「はい」

St-by「嵐で、『We can make it!』」
「『Love so ソゥエト
(って言った(笑))』ぁふふふふ。
 なんでしたっけ」

St-by「『We can make it!』」
「これどういう意味なんすか?」

St-by「まぁ、『成せばなる』みたいな、感じじゃないすか?」
「じゃぁもう、前に、向かった歌ですね」

St-by「そうです。前向きな歌です」
「じゃ、曲紹介の方お願いします」

St-by「はい!嵐で『We can make it!』」
「『Love so sweet』ぅはははは・・・」

St-by「ヒィ?!(笑)」
「あはは、お!ヒィ?なしのヒィ?が。わぁなんだぁ、もう会得してん
 ですねぇ。あ、ちょっと、すいません邪魔しました」

St-by「とんでもないっす」
「じゃ、曲紹介の方お願いします」

St-by「はい。それでは、嵐で『We can make it!』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしましたベイストーム、
 そろそろお別れの時間なんですが。

 どうしますか?」

St-by「『黄色い涙』」
「あ、いや『黄色い涙』の話してました?今俺。あ、『黄色い涙』の
 話、しますか?」

St-by「えぇ」
「これ、しましょうよ」

St-by「そうですね。もう映画もね、公開、されておりますけども」
「これは、まだ、今のところでは?あれですか?グローブ座だけです
 か?」

St-by「いやいやもう、この時点では、あれですね?グローブ座、ね、4月頭
    から始まって」
「うん。もうこう拡大してるわけですか?」

St-by「はい。徐々に拡大してます」
「あ、昨日から、恵比寿ガーデンシネマと、ワーナーマイカルシネマズ
 みなとみらい。横浜の方ですな」

St-by「そうですね」
「んー。梅田ガーデンシネマ。ね、これは大阪ですな。シネカノン。
 神戸にてロードショーされましたと。そうなんだね、そろそろね。
 あのー、感想があってもね、いいんではないかなと思いますので
 ぜひとも皆さんねぇ、観たら送ってきていただけたらありがたいな
 という、ふうに思います!ということでお相手は嵐の二宮和也でし
 たぁ、また来週!」


01:55  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/754-723e478e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。