FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2007.05.12 (Sat)

第1話の反響を語る

JUN STYLEレポできました。
今回からスタジオ収録に戻ったみたいだね。

潤くんがうっかり「今夜は」って言っちゃってるのがツボでした。
収録は第1話放送の後だったようです。

ではスタート。


【More・・・】


「おはようございます。5月12日、土曜日の朝いかがお過ごしです
 か?松本潤です。えーー、ラジオをお聞きの皆さん!ゴールデンの
 休みから1週間経ったと、えーため息をついている方も、いらっしゃ
 るんではないでしょうか。えーここで、映画『ホリデイ』より、
 こんな言葉を。
(エコー)『人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇が
 ある』・・・何をしたいんですかこれは(笑)まぁそういう日が、
 あるから大丈夫だってことを伝えたいと。なるほどね。えー、大丈夫
 です。5月病にならないように、頑張っていきましょう。僕は、
 かれこれどれくらい休んでないんでしょうか。みんなも、(笑)頑張
 ろうぜ!っていう感じで、約30分間、僕松本潤とお付き合いくだ
 さい。JUN STYLEスタートです」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日のオープ
 ニング曲はクリスティーナ・アギレラで『Candy Man』を
 聴いてもらってます。えー、まぁ、4月の18日からドラマが始ま
 り、今週で4話まで終わったと。いうことなんですが。ま、1話の
 頃とかもそうなんですけど、あのー、いろんな人からメールが来ま
 して。1話終わった時点で、一番最初に、連絡があったのは、中村
 勘三郎さんでした。っていうかね、あの、終わる直前っていうか、
 まだなんかこう、クレジットが流れてる最中に電話をかけてきて。
 なんか『面白かった』っていきなり言われて。ビックリしましたね。
 んでなんか、その、息子の、七之助、が、こないだ電話かけてきて
 『あっれ面白いやぁ』って言うのを、今まで、さんざんドラマやって
 きて、高校時代からずーっと一緒にいて初めて言われましたね。
 『あのドラマ面白い』っていうふうに、彼は、言ってましたね。
 なんか新鮮でしたよ、高校時代から知ってるヤツが、『面白いね、
 あれ』って言うっていうのをなんか。ん、あのーあの家族はなぜか
 みんな一緒になって、『バンビ?ノ!』を観てるらしいです。はい。

 ではここで1曲聴いてください。細野春臣さんのトリビュートアル
 バムの中から、坂本龍一さん+嶺川貴子さんで、『風の谷のナウ
 シカ』」

「松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEです。えー今夜は、約1ヶ
 月前の話になりますが、えー放送が始まった『バンビ?ノ!』に
 ついての、えー感想のお便りがたくさん届いているので、ご紹介
 していきたいと思います。ちょっとラジオは、ね。前前、前もって
 前もって録ってるもんで、ちょっと1話のものに、を、読ませて
 もらうんですが。1話終わってすぐ来たメールから紹介したいと
 思うんですが、あのーほんとに、幅広いっていうかこう、僕らと
 同世代とか僕らよりもっと若い年代の人も含め、僕らと同世代、
 そこからちょっとこう年月が経った、ドラマで言う香取とか、ちょっ
 と、えー、何年か過ごして、ワンランク、ツーランクぐらい上に
 上がった人たちもいるし、もっと上の、おじちゃんとかおばちゃん
 とか、こう、役職に就くぐらいの、レベルの、あのー人とかですね、
 いろんな方からメールをいただいてて。ちょっと面白いなと思った
 んで。えーいろんな、ポジションて言えばいいのかな、いろんな、
 人たちの意見を読みたいと思います。えーまず1枚目」
 


 『潤くんこんにちは。こんにちは。私は潤くんと同い年で、4月から
  看護師になった者です。仕事をすると同時に、1人暮らしも始めました。
  毎日先輩に教えてもらうことや、動きや技術を覚えることにいっぱいいっ
  ぱいになり、患者さんの看護にまで気が回らない日々を送っています。
  そして家に帰り、家事をしなくてはならないので、弱音を吐いている暇も
  ないのです。それなので『バンビ?ノ!』を観ると、自分と被る部分も
  あって、感情移入しすぎてしまって、一緒に悔しがったりしちゃうんです。
  それに、花男で大好きになった潤くんがこの時期にこのドラマを演じて
  くれるなんて、ほんとに嬉しいです。私の励みです。潤くんはよくラジオ
  で、例えば新しいドラマの撮影が、『楽しむ』という言葉をたくさん使って
  いるなぁと感じたのですが、お仕事を始めた頃も、楽しいと感じることは
  できたのですか?私は、たとえ好きな仕事でも、成長していくために、
  苦しかったり辛かったりということはあると思います。お仕事、想像でき
  ないくらい大変かと思いますが、お体に気をつけて頑張ってくださーい。
  やっぱり、男の人も女の人も健康が一番ですよね!』

「ということです。はい。という感想ですね。僕と、同い年で。今年
 の4月から看護師になった方だと。まぁ最初は大変ですよね。いろ
 いろ、特にこういう、しかも、命に関わる仕事をしてたりとかする
 とねぇ、自分がミスするだけで、なんかあったらね。すごいプレッ
 シャーの中で、仕事をしなくちゃいけなかったりするんじゃないか
 なぁと、推測しますけど。まぁ、でも。それこそ、なんですかこれ。
 えーと『楽しむ』最初から楽しむ、楽しめたか。そうですねぇ、
 もちろんあの、ずーっと、っていうか今もそうだけどずーっと楽しい
 わけでは決してなくて、辛いなと思ったり、なんかいろいろあると
 は思うんですけど。まぁどこに、自分がこう、その仕事を、して
 いく上での、なんか、楽しみというか、やりがいみたいのを見つけ
 るかっていうこと、だと思うんですね。で、僕は今やってる仕事に
 それを見つけられてると思うので、んー・・・なので、続いてる
 ことだと思うし。

 まぁ一度始めたことっていうのもあるんですけど。ま、でも、それ
 よりも何よりも、やっぱり楽しいから続いてるんだと僕は思います
 けどね。えぇ。そうですねぇ、辛かったり、ということはあると思
 います。それはみんなあると思うんで。えぇ、そこでなんかこう
 ・・・結局、ドラマでも言ってましたけど、辛いこととか何かこう、
 壁にぶつかることから、逃げないことも才能だっていうのも、すご
 い素敵な言葉だなぁと僕は、思ったんですが。えぇ。まぁ、4月から
 なったばっかでまだ1ヶ月ですか。大変だと思いますが、OOさん、
 そして、ラジオを聴いてる方々、頑張っていただきたいと思います。
 えー、まだ、曲の後も読みたいと思いますが、その前に1曲。
 えー『バンビ?ノ!』の主題歌になってます、嵐で
 『We can make it!』」

「さあ続いて」

 『松本さん、スタッフの皆さん、こんにちは。こんにちは。
  「バンビ?ノ!」見ました。見終わっての感想は、とても面白かったです。
  伴くんが、どんな成長をしていくのかが楽しみで仕方ないという印象を
  持ちました。ただ1話が終わるまでは、なんとなく覚えのある悔しさと
  恥ずかしさを、伴くんを見て感じました。それは、自分が社会人になって
  間もない頃の、仕事をわかった気がしていて生意気な気持ちでした。
  さしてわかっていないのに大丈夫と言ったり、経験があまりないことなの
  に「できる」と言ったことで、周りに想像以上の迷惑をかけてしまった
  数年前の自分を思い出しました。ただ同時に、その経験があって今、
  必要以上に背伸びをせず、29になった今でも、わからないものはわから
  ないと言っても、周りは温かく包んでくれることも思い出しました』

「えー、29歳の方からいただきました。こうちょっと、ひとつ世代
 が上がることによって、懐かしさを、覚えるんですね。なんか思い
 出すというか。あのー、そうですね、これぐらいの人たちからする
 と、逆に、あのー、そのルーキー世代が自分の中で終わって、上に
 行って、ちょっとこう足踏みしてる人たちとかが、この、ドラマ
 観て、また、昔の自分の気持ちを思い出して頑張ろうと思います、
 みたいなメールとかも、結構あって。嬉しかったですね。
 さあ、もう1枚ぐらい読みます」

 『潤くんこんにちは。こんにちは。「バンビ?ノ!」初回、見ました。
  ドラマの率直な感想をと思っていたのですが、潤くん演じる伴を見て、
  自分が仕事を始めたばかりの新人だった頃を思い出しました。この
  人もそうですね。
それは、都内ホテルのレストランで、接客係として
  働いていた時のことです。右も左もわからず、先輩からもお客様からも
  信用がなく、やることはみんな裏目に出てしまって、本当に情けない日々
  でした。徐々に仕事を覚えても、私は毎日仕事を辞めることばかり考えて
  いました。自分で選んだ仕事を、「こんなはずじゃない」と。逃げ出したい
  という気持ちでいっぱいでした。結局半年後には、社内の移動でレストラ
  ン勤務ではなくなってしまったのですが、今思うとあの時死ぬ気で頑張ら
  なかった自分に後悔しています。伴のように、何があっても正面を向いて
  進んでいけばよかったと。社会人6年目を迎えても、このドラマを通して
  「仕事って甘くない」ってことを実感しています。伴に負けないよう、
  この3ヶ月で今よりも成長していきたいと思います』

「ね、あの、真ん中、らへんっていう言葉でいんですかねぇ。の人
 たちから見ると、なんかこう、そういうふうに思い当たるところ
 があったりするみたいですね。えぇ、はい。じゃあ今週はこのへん
 で、終わりにしたいと思います。また来週もちょっと、読めたら
 読みたいと思います。ではここで1曲。パティ・スミスで
 『Helpless』」
 
「いかがだったでしょうか?今回の嵐・JUN STYLEは。えー今日の
 エンディング曲は、嵐の『We can make it!』のシングルの
 カップリングですね、『Di-Li-Li』を聴いてもらってます。
 
 えー、ここで嵐のインフォメーションでございます。嵐のニュー
 シングル『We can make it!』、発売中です。ありがとうござ
 います!ドラマ『バンビ?ノ!』も、ありがとうございます!
 そして、5月23日!5月の23日です。嵐ライヴ・ドキュメン
 タリーDVD、『ARASHI AROUND ASIA』が、リリースされ
 ます。23日でございます。えー初回限定盤は、台湾の『AROUND
 ASIA』の映像が入っていたり、するので。えー、それはちょっと、
 お買い得かも、しれません。そんな、感じですね。あと、ま、通常
 盤としては、ジェットストームと言って僕らが去年、アジア3ヶ国
 を1日で回った映像だったりとか、横浜アリーナでやった夏のライ
 ヴの、えーダイジェストが入っていたりとか、そんな感じになって
 いるので、ぜひ見てみて、いただきたいと、思い、ます。

 ということで。5月病になんないように頑張りたいと。そんなふう
 に、思っております。ではまた来週聴いてください。お相手は嵐の
 松本潤でしたぁ、バイバイ!」

15:37  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/770-c14401fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |