FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2007.06.30 (Sat)

『Time』の曲を語る・1

お待たせしました、JUN STYLEレポです。

昼間お知らせしたとおり、今回は嵐のニューアルバム『Time』の
特集Part1ってことで、6曲オンエアされました。

で、蛇足ではあるんですが、曲紹介の後に、その曲を聴いた私の
感想とまではいかないけど、印象をちょこっと書かせていただきました。
別エントリーにすると、きっと書けないで終わる気がするからさ(;^_^A

ということで、スタート。



【More・・・】


「おはようございます。6月2日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。6月もラストでございます。2007年も半分が終わって
 しまうわけですが、今週と来週は、7月11日にリリースされる
 嵐ニューアルバム『Time』、特集をしたいと思います。では。
 早速、いきたいと思います。JUN STYLE、お聴きください。
 どうぞ」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日のオープ
 ニング曲は嵐で『We can make it!』聴いてもらってます。えー、
 『バンビ?ノ!』、終わりまして。まぁ、長かったですね、正直。
 んー、まぁあっという間っちゃあっという間でもあったんですけど。
 まぁ1月クールから連ぞら、くドラマですか。あー2本立て続けに、
 やったんで。まぁ、半年?だって俺こないだ計算したんだけど、
 えっとね、22本。結局、花男も11本で、『バンビ?ノ!』も11本
 だったんで、22本、ドラマやってたんですね。で、26週、あるん
 ですよ。6月末までに。1月から。そのうち22週ドラマやってるって
 いう。すごい状況だったなぁって・・・しかもだって、1月から
 撮り始めたんですよ、なんか。もう去年の11月ぐらいから撮って
 るから。どんだけ、どんだけぇ?ふふっ、くだらねぇ(笑)って思うん
 ですけど。えぇ。ずっと芝居、をやりながら、ライヴやったり、
 シングル、とかレコーディングやったりとか。まぁいろんなこと
 やってて。いい思い出です(笑)・・・ふっ、そんな感じです。まぁ
 こっからは、レギュラーと、あと嵐のコンサートですか。えぇ。
 14日から始まりますから。7月の。えぇ、そっちの方も、焦点を
 合わせていきたいなと、そんなふうに思っております!

 では、ニューアルバム『Time』の中から、1曲聴いていただきたい
 と思います!えーこの曲、まぁこないだかけましたけど。聴いて
 くだっさい!嵐で『WAVE』」

 ★WAVE
  夏っぽい曲。なんとなく夏の島の海、みたいな。夏の恋の歌かな。
  サクラップありです。ちょっと懐かしいような感じもする・・・
  なんでだろ?

「いいね。夏っぽい感じがして、いいね。嵐で『WAVE』聴いて
 もらいました」

「松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEです!ではここで1曲、
 嵐、アルバム『Time』の中から、『ROCK YOU』」


 ★ROCK YOU
  ホーンの音が目立つね。あとピアノ。明るい曲だなー。
  これもサクラップあり。にのちゃんのソロが長いよー☆嬉しい!

「まぁ、ほんとにこのアルバムのレコーディングは、ドラマ、やってる
 最中に、やってたんですけども。あのー、まぁ『しんどいかな』って
 正直思ったり、こう曲聴く時間が、セリフ覚えたりっていうのも
 あるんで、なかなかない中でやってたんですけど。でも、まぁ楽しく
 できましたね。うん、こう、特に、ちょうどこれをレコーディング
 してたのって5月、とかだったんで、まぁこう、伴くんが、凹まさ
 れてる時期とかが多かったんですよ。だ、そういう時期とかに、こう
 いう明るい曲とかを歌ってると、まぁこう、気持ちも、明るくなった
 りとかして。やっぱり歌っていうのは歌うことによって、こないだの
 カラオケの話じゃないですけど発散もされるし、気分も明るくなるし。
 曲聴くことによって、いろんな感情がこう、湧いてきたりとかするん
 で。んー、改めて、なんか楽しい、作業でしたね。んー、そう思い
 ます。
 
 えー、それぞれデモを聴いた時の第一印象・・・。デモの段階で、
 結構あの、やっぱ見えてる、曲が多かったですね、今回は。んー。
 し、僕らが、一番最初にもらったデモでもう、あの仮歌とかが入って、
 もう、オケとかも出来上がってるものとかも、何曲かあったりとか
 して。ま、そういう中で進んでってたね。えぇ。ま、面白い、なんか
 アルバムだなって。大人っぽくなったなって印象も、あったりしま
 すね。それと同時に、こう、大人っぽくなった部分もあるんだけど、
 シンプルでわかりやっすい、みたいなところもすごく、あって。
 ポップだなぁって、気が、しますね。えぇ。
 では!ここで1曲聴いていただきたいと思います。嵐の『きっと
 大丈夫』、を、えー作ってくれた、えーShinnosukeさん、が
 書いてくれました。嵐で『Love Situation』」

 ★Love Situation
  ノリが良くて、覚えやすいメロディの曲。
  潤くんの「近づきたい」ってセリフがキメ☆
  オシャレに踊ってほしいなぁ♪♪

「この曲は、僕がなんかこう、すごく、軽快な、踊りが、頭ん中に、
 こうイメージして聴く曲ですね。えぇ。この曲振り付け、やりまし
 たよ。大変ですよ。えぇ。まぁ、そんな話は置いといて。
 えー、松本潤がお送りしています、嵐・JUN STYLEですが。
 えー、今回、7月11日にリリースされる、嵐のニューアルバム
 『Time』の、特集Part1といった感じでお送りしてますが。
 1枚流れてこう、流して、頭っから順に聴いてくと、それこそ、
 シングルがまぁ3曲『Love Situation』と『We can make it!』
 と、『アオゾラペダル』ですか?3曲入ってるっていうのも、ある
 んだけど、すごく、そうだなぁ・・・まさにこう、『今』な、イメー
 ジが、あるんですね。あのータイトルが『Time』っていうふうに
 付いたのも、あの『今』っていう意味だったりとかこう、現在、を
 表すための『Time』っていう意味、らしいんですね。っていう
 意味で、翔くんが、『「Time」ってどう?』って言ったのが、
 今回アルバムのタイトルになってるんですけども。んー、まさに、
 こう、聴いてて、今だから歌える曲だったりするのかなぁって。

 まぁ今じゃなくてももちろん歌えるんだけど、なんか今このタイミ
 ングで歌うことがいいんじゃないかなぁっていうふうに思ったり、
 しますね。んー。あの、等身大っていうか。今の、自分たちが言い
 やすい言葉で、書かれてる曲が多かったり、しますね。んー。
 なので、聴いてて、すごく僕は聴きやすいなぁって。嵐って、あぁ、
 今ってこうなんだなぁっていうふうに思ったり、しますね。はい。
 えー、今回アルバムはですねぇ、2つ、2パターンありまして。
 初回限定盤、の方にはですね、えーディスクがもう1枚付いてて、
 メンバーのソロ曲が、5曲収録されていると。えー通常盤にはです
 ね、ボーナストラックが1曲入っていて、えびばで前進、という、
 えー『Everybody前進』、これまた名曲ですよ。僕は、あの、
 それこそこの、えびばで前進を、ドラマのこう、苦しい、凹まされ
 てる伴くん、で、気持ちがこう、落ちてる時に、これ聴いて元気に
 なってました、はい。あの、この後、今日のラストでかけようと
 思ってます、はい。ではえーその前に1曲、聴いてくだっさい!
 えーアルバム『Time』の中から、嵐で『Be with you』」


 ★Be with you
  『Days』『シルバーリング』の流れを汲んだようなバラード。
  それよりさらに大人っぽい歌詞かな。この曲も好き。

 ★Everybody前進
  まさに前向き!前進してる曲(笑)確かに元気が出るよね。
  全体に(ってまだ全部聴いてないけど)明るい曲が多い中、極めつけ
  みたいに明るく力強い曲って感じ。とにかく元気いっぱい!
 
「いかがだったでしょうか?今日のJUN STYLEは。えー今日の
 エンディング曲は、えびばで前進。『Everybody前進』。
 いいね。このタイトルがいい。もう既に。えー、7月11日、嵐ニュー
 アルバム『Time』リリースです。そしてそのアルバムを引っさげ、
 7月の14日から、夏のコンサートツアー、スタートします!関東
 では、横浜アリーナで、待っております。
 
 えー、来週も、アルバム『Time』特集、やりたいと思います。
 来週は、えー僕のソロなんかも、かけられたらいいなと、思ってる
 次第であります。では、また聴いていただきたいと思います!
 えー運転中の方、事故のないように。(エコー)安全運転で、お出
 かけください。・・・ふふふ、ではまた来週聴いてください。
 お相手は嵐の松本潤でしたぁ、バイバイ!」

 

23:37  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/802-936b6a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |