FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2007.08.20 (Mon)

移動車の座り順は?

ベイストレポです。

今回もSTBYは不在で、代わりにフリちゃんでした(つか3本録りだね)。
どうやらハワイで夏休みの模様。ま、どうでもいいけどね(爆)

今回は、移動車の座り順のこととか、私もエントリーでちょこっと書いた
コンサートの時キャプテンとにので分ける香水のことなど、面白い話が
聞けましたよん☆

ではスタート。
オープニングがごっそり抜けてるけどね(;^_^A


【More・・・】


「お送りした曲は久保田 meets KLEVAで『M☆A☆G☆I☆C』
 でした。

 さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、
 この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう!」

【どうか穏便に】「バカヤロウ!」(byフリちゃん)

「・・・まぁ笑ったの1人だけですけどね。どうすか今の出来は?
 新しいジングルになって」

フ「あんま、前の方がいいんじゃないっすかね?」
「ん、まぁ正直どっこいどっこいでしょうねー。んー。でもねぇ、
 これからはもう、STBY亡き後ね、頑張っていただきたいと思いま
 すよ。彼はもう帰ってくることはありませんからね。残念ながら。
 まぁ1回ぐらいあんのかなぁ?今何やってんですか?STBY」

「なんか・・・ハワイに行きました」
「またですか」

「んー」
「ハワイに行くぐらいだったら辞めちゃえばいいのにね。あんなに、
 デスクがキレイなんだから。っふふふふふ・・・」

「・・・ははは・・・」
「・・・ずいぶん声が出るのに時間かかったね今あなたね(笑)ビックリ
 しましたよ。さあ!今日はね、今だから言えるね、ごめんなさい
 エピソードを告白してもらいね?まぁ、この彼に、あのーうまく
 まとめてもらうっていうことですけどもね。この人、まず」


 『この前、もうすぐデビューするインディーズのバンドのライヴを観に行った
  のですが、メンバーの1人をマネージャーさんだと間違えて話しかけて
  しまいました。すごく失礼ですよね、ごめんなさい!』

「これおたくのバンド?」

「こ・れ・は違いますね」
「あ、違うんだ」

「いやいや」
「うん・・・どういうことだ、でもマネージャーさんの顔は知ってたって
 ことなのかなぁ?この人は。このバンドの。それともうちのマネー
 ジャー、ってことなのかな?でもうちのマネージャーを知ってるって
 そら相当だよね?へぇーそんなことあったんだねぇ。でもよくあり
 ますよね、こういうのってね。僕も、ドラマとかの撮影してて、
 『誰が来てるんですか?』とかよく言われますよ。・・・ほんと
 ほんとほんと。すごいよく言われるよ?こないだ『山田太郎もの
 がたり』でも言われたしね。こんな、あんなすごい制服着て、撮影
 なんか見てないだろーって。驚きですよね、ほんとにねぇ。さ、
 続いて」


 『私がこの前親の留守中に洗い物をしていたら、スポンジが2つあって1つは
  犬の食器洗い用のスポンジでした。そしてもう1つが普通に食器洗い用で
  した。ですがどちらが普通の食器洗い用かわからず、思い切って適当に
  選んだ方を使って、そこは乗り切りました。ですが数日後、お母さんが
  犬の食器を洗っていたのを覗いてみると、なんと数日前私が食器を
  洗ったスポンジで犬の食器を洗っていたのでビックリしました。
  お母さんにはまだそのことを言っていません。お母さんごめんなさい』

「・・・そういうのはね、もう気持ちだろ。ねぇ。んー。思いません?
 そうでしょ。犬の食器用のスポンジがあることさえ俺はビックリだ
 けどさ。そんなでっかいのかな?でっかい犬なのかな?でっかい犬
 だろうねたぶんね。俺んちはなかったなぁ、ちっちゃい犬だったし。
 ねぇ。でも思いっきり、選んだ方が、その違う方になるってことは、
 まぁまぁよくありますよ。続いてこの人」


 『家で、保育園の時みんなの将来の夢を書いて集めた文集を見つけたん
  です。その中で私の友達の小さい頃の夢が「クジラになること」でした。
  あまりにも面白かったのでその友達をバカにしてたけど、そんな私の
  小さい時の夢は「コオロギになること」でした。バカにしてごめんね』

「と。小さい頃何になりたかった?2歳ぐらいの時」

「・・・2歳は覚えてない」
「ふふふふ。まぁ覚えてないだろうね」

「えぇ」
「え、じゃ小さい頃の夢は何ですか?」

「プロ野球選手かな」
「ぁあ?!つまんねぇ男だなぁ。『ケーキ屋』ぐらいつまんないよ。
 んー。小さい頃の夢は?」

「・・・コメディアン(笑)」
「ふははは。なるほどね。あなたの、その面白い選択肢のボーダー
 ラインとして、コメディアンだったら面白いだろうと。はぁなるほどね。
 そうプロ野球選手に関して言うと、その具体的な目標はあったん
 ですか?ホームラン王になりたいとか」

「あぁありましたね」
「三冠王を獲りたいみたいな」

「んー。強肩捕手になりたかったですね」
「キャッチャー。ほう、誰でも刺せるみたいな」

「んー」
「刺してやるぜみたいな。いや、よく打つ方だったんすか?」

「(笑)あ、僕ですか?」
「んー。何番だっけ?6番?」

「5番か6番」
「5番か6番。よく打つ方だったんすか?じゃ」

「えー、よく、長打が、得意な、キャッチャーでした」
「ふふふふ。まぁだいたいキャッチャーって長打が多いんだよね。
 ファミスタとかも」

「そうですね(笑)」
「んー。ファミスタの5,6番てよく打つからね。小さい頃の夢、何
 でした?・・・病室の・・・美容室の、髪の毛を掃く人?あ?、あ!
 でも俺も、切った髪の毛、ものすごい量多いんすよ、髪の毛の量
 が。だから切った髪の毛を、こうグイグイまとめて、スプレーかけて、
 思いっきりぶつけたことありますね。こうやって。超迷惑だよね。
 あの皮のなんか、くっつく、あの、なんか、種みたいのあるでしょ。
 よく生えてる。草の。えい!とか付けると付くやつ。あれぐらい迷惑
 だよね。今考えるとね。まぁ今日はここまででございますけども」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、嵐で『WAVE』」

「・・・これの最初に、あのーサックスあるじゃないですか。あの
 サックスって、1発録りだったって知ってますか?しかもそのサックス
 の人は、曲も聴いてないで、現場に入ってきて、曲を聴いて、合わ
 せて吹いてるらしいですよ。いいよね。それが、だからその人の
 スタイルだからすごいよね」

「んー」
「ねぇ。曲聴いて、ねぇ、何となく頭ん中入れてきてもいいのに、
 聴かないで、敢えて聴かないで、その場でいきなりやるみたいな
 こと言ってましたよ。ねぇ。お送りした曲は、嵐さんの、『WAVE』
 でした」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしとりますBAY STORM、
 続いてはこちら」

【裏嵐】のコーナー!

「まずはこの人!」

 『今コンサートで地方を回っていますが、地方ならではの食べ物って何か
  食べましたか?また移動中のメンバーの席って決まってるんですか?』

「移動中の、バンの、席は決まってます。これ不思議なんだけど。
 ま、何がどうしたって訳じゃないんだけど、自然とそうなったって
 のがあって。ま、バンですから、シートが3列あるじゃないすか。
 ね?で、まぁ上から見て3列あって、運転席があって、右側が運転
 席で左側助手席で。で、その左側に、助手席のちょうど後ろらへん
 に、ドアがある、車が、まぁ主流じゃないですか。片、片方開きの。
 で、その、1列の、あの右側。ドアの一番、ドアから離れた方に、
 潤くんが座ります。でその隣にマネージャーが座ります。で、2、
 2列目の、一番、2列目の右側に、相葉ちゃんが座って、その隣に
 翔くんが座るの。後ろの、右側に、俺が座って、左側に、あ、右側に
 大野くんが座るの。
(え?話の流れからすると、智が右だからにのは左
 だよね)これが、主ですね。この後ろの席に関しては、変わった
 ことは1回もないです。

 時々マネージャーが2人になったりすると、2列目が2席しかないん
 すよ。ここは、1列のシートだから3人座れるんです。でもここは
 席がセパレートになってて、2席しかないからここで、席を稼ぐ
 ことができないわけじゃない。で、ここに、補助席が付いてるの。
 要は2列目んとこには。3人座れるように。で、当時は、この、
 一番後ろの、右側、に座る人が、一番、まぁ、偉かったというか。
 一番、権力を持ってた人なんですよ。てのは、この補助席を倒して、
 脚を伸ばせる、スペシャルシートだったわけですここは。で、最初
 は、キャプテンそうやってたんだけど、途中から潤くんが座るように
 なって・・・したら潤くんが、なんかの理由で前に行ったんすよね。
 ・・・なんだっけな?・・・なんかで前に行ったんすよ。
 したら、どこにいたのか知らないけどリーダーが戻ってきたんです
 よねここに。それからずっとここですね。そう。それが、そういう
 のあるね。あぁ。まぁ、どうでもいい決まりごとなんだけどねぇ。
 いつも、でもそのねぇ、座りですなぁ。続いてこの人」


 『横浜アリーナのコンサート行きました。すごく楽しかったです。MCで、
  大野くんとにのが香水を付け合うという話をしていましたが、きっかけの
  ようなものはあったんでしょうか?また、どんな香りですか?爽やか系?
  甘い系?』

「・・・これに関しては、んー、きっかけはこっちが知りたいくらい
 なんだけどね。・・・なんでだろうな。なんか、リーダーが(笑)
 中学ぐらいから付けてる香水なんですよそれ。これね、あんまり
 知られてないですけど。MCん時に言ってましたけどぉ。あんま
 香水付けない人みたいなこと言ってたんすけど、結構付けてんすよ。
 普通に。そん時から付けてる香水だから、もうこの、まぁ、嗅ぎ
 覚えはありますよ。そのなんか知らないけど、付けられて・・・
 たって話ですね。んふふふふははは。さあ続いてこの人」


 『僕は、最近ゲームで「どうしてもここがクリアできない」と悩むことが
  あります。でも攻略本は買いたくないし、自力でクリアしたいしという
  気持ちがあり、なかなか前に進めません。が、クリアした時の達成感は
  あります。そこで、二宮さんはどうしてますか?わからないところが出て
  きたら攻略本を買ったりしますか?それと、このゲームには苦戦した、と
  いうゲームはありますか?』

「だって。これね、男子諸君。に関して言いますけども、も、男子
 諸君ん中で、も、ちょっとね、高橋名人的なね、クラスにね、もう
 そろそろわたくし来てますね。男子のメール、ほとんどゲームっす。
 ほぼ、ほぼゲームですよ。ただ、私がこのゲームに苦戦したって
 いうのを敢えて言うんであれば、僕はね、横スクロール系のゲーム
 はねぇ、結構苦手だったんすよ。『ファイナルファイト』とか。
 ファイナルファイトとか、絶対友達とケンカになるでしょ。あれ、
 やったことないですか?あ、ないんだ。ファイナルファイトって、
 これちょっとな、どこだっけな、なんかニューヨークみたいな街が、
 舞台になってて。この、男と男が、その、こう横、歩いてくと、
 こっちから出てきて、『エイエイ!』みたいな。殴ったり、蹴ったり
 するような、ちょっと、まぁね、バイオレンスな、ゲームですよ。
 なんだけど、この、この画期的な、このゲームの画期的なとこは、
 例えば、コイツがやられてたりして、わーってやられたりすると、
 コイツが助けにいくでしょ?ね?画面上で言う上のヤツが叩かれて
 たら、下のヤツが助けに行くんですよ。ね?行くこともできんの。
 でも、上のヤツの気持ちとしては、殴られたから絶対俺が倒して
 やる!って気持ちがあるわけ。それで、間に入ってきた、助けに
 来た、この下から来たヤツを、殴れちゃうんですよ。そう、そういう
 仲間を、ボッコボコにできるんすよ(笑)ふふふ。これ画期的なゲー
 ムなんですけど。それが、ちょっと後半になってくるとイライラして。
 なんか。あのね、『1発殴らせろよ』みたいな。話になるわけ、
 最終的に。あれはねぇ、苦戦した感はありましたねぇ。あれ俺らん
 時超流行ったのになぁ」

「ファミコン?」
「うん。あ、スーパーファミコン」

「スーパーファミコン」
「そこに出てくる中ボスみたいなのが、友達の母ちゃんにそっくりで」

「(笑)」
「(笑)プロレスラーなんだけど。あの吊りパン着てんだけど、髪の毛
 アフロで、アフロっていうかなんかね、ちっと、まアフロみたいな
 感じの、中ボスみたいなのが毎回、毎回出てくるんだけど。それが
 ね、すげぇ、その友達の母ちゃんに似てて。『やっちゃえやっちゃえ』
 (笑)みたいなこと言って」

「ははは」
「もうボッコボコにしてましたねぇ。あ?れは苦戦しましたねぇ。だ、
 『ロックマン』とかも苦手なんすよ。マリオとかも。スーパーマリオ
 とかも。も、苦手なんすよ。この横に動いてくのが。あれがね、
 やれなかったなぁ。だからぁ、こう、『ここがクリアできない』みた
 いのないですよ。自分の、実力?なのかな。ぐらいじゃないと、
 ほら、なんかほら、謎解きみたいのあるじゃん。最近。ああいうの
 は、たぶん、やんない、やって『あ、ここがよくわかんないな』とか
 あるかもしんないけど。もう、俺ちっちゃい頃やってたのは、ほんと
 もう、自分が上手くないとプレイできないみたいの。だからあんま
 り悩んだことなかったけど、それは、最終的にいつも友達とケンカ
 になってたからねぇ。あれだけは、ちっと・・・ま、人間、関係上、
 苦戦したゲームっすかね?あれは。んー。ということでね、以上
 【裏嵐】でしたけど。
 
 それではここで1曲聴いていただきましょう、ウルフルズで
 『泣けてくる』」

「思い出した?」

「思い出しました」
「あれさ、途中に出てくる中ボスのさぁ、アンドリアっていうさぁ、
 吊りパンが超デカイさぁ、男覚えてない?」

「覚えてないですねぇ」
「そーれがほんとにマジ友達の母ちゃんにそっくりだったんだよなぁ。
 それだけわかってほしいんだよなぁ?」

「それではBAY STORM、オリジナルTシャツが欲しい!という方、
 キーワードを書いて、専用のメールフォームから応募していただく
 ということで。今週のキーワードは・・・『ファイナルファイト』。
 これいきましょう。ね。『ファイナルファイト』と書いて、えー、
 送ってきていただきたいと思います!ということでお相手は嵐の
 二宮和也でしたぁ、また来週!」
 


01:30  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/836-1910d5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |