FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2005.06.18 (Sat)

髪型について語る

潤くん、いよいよ孫になったみたいで。
来週、楽しみだわぁ。

今日は昼間出かけたせいで、ちょっと遅くなりましたぁ☆
JUN STYLEでーす。
ちょっと久々に語っちゃってますよん♪髪型について。
前にもそんなことあったよね。





三浦大知『Free Style』

「松本潤です。いかがお過ごしですか?ジメジメですかね?まあ6月です
 からジメジメだろうと晴れてようと楽しくやっていきましょう、と。僕が
 言いたいのはこれだけです」


『この季節になるといろんな匂いが飛び込んできますね。私が「もうすぐ
 夏だなぁ」と感じるのは潮の香りです。潤くんはこの季節、どんな匂いに
 囲まれてますか?』

「う?ん、一つは冷房の匂いとか、まぁ潮の匂いはいいっすね。僕も好き
 ですね。あとは、キャンドルの匂いとかも好きだし。んー、いつかなぁ、
 ウエストサイドやる時に、楽屋で使うためにキャンドルを買って、
 『エデンの東』やった時もそうだったんだけど、なんか電気が暗いほうが
 集中できるかなぁと思ったり。暗い話をする時に暗いところにいたほうが
 気分的にいいなぁとなんとなく思ってキャンドルを買ったんだけど、その
 キャンドルの匂いとかも好きだし、『エデン』の時もずっとそれ焚いてたり
 したし。

 あとは、この季節だとなんだろ。匂いで言うと・・・雨の匂い?
 草が濡れた匂いとか。俺あの匂い大っ嫌いなんすけど・・・とかかな。
 目で言うと、それこそカタツムリとかアジサイとか、蜘蛛とか。
 逆に雨降ったあとの青空とか、目で言うとそういうのが多いですかねぇ。
 と思いますね。はい」




【More・・・】

Alicia Keys『Karmastition』

「松本潤がお送りしている嵐・JUN STYLEです。コンサートが
 終わるまでは誰がなんと言おうと試して試して試しまくるのです。
 すいません、これ春までって言ってた気がするんだけどね、もうすっかり
 梅雨だよね。もう夏ですよ。今回はこちらです」


【どんなギリでもかかってこい!○○のギリを探せ】

「では今回のお題を発表したいと思います。さっき見たらちょっと難しそう
 だったんだよねぇん」


『私の学校の髪型の規則に「流行を追う髪型、奇異な髪型は禁止」というのが
 あります。流行を追う髪形、奇異な髪型とそうでない髪型の境界線を探して
 ください』

「無理だろ(笑)『奇異』を広辞苑で調べると、普通と異なっていて怪しく
 不思議なこと。同義語としては奇妙、奇怪というのが入るそうです。
 なんすかねー。まぁ・・・だからさ、そのへんはもう『一般的な』って
 ことですよね。大衆性があるかないかってことです。大衆が理解できる
 髪型かできない髪型かってことですよね。だからテクノカットはダメって
 ことですよね。芸能人で言うと、ふかわりょうさんダメです。きっと。
 あと誰がダメかな。パンチパーマダメでしょ?・・・なんでだろうね。
 流行でもないし、奇異でもない。パンチパーマOKなんじゃない?
 普通と異なるか。

 俺らも学校、高校時代とか頭髪うるさかったんだけど、俺らはね、
 もみあげが耳の途中、どの辺だったか覚えてないけど、どっかより先に
 出たらいけないとか、襟足が襟に付いちゃいけないとか。
 ブレザー着てるときにブレザーに掛かったらダメだとか、ありましたねぇ
 いろいろ。・・・まぁ『流行を追う髪型』ですから、だから流行ってない
 ものしかダメってことだよね。おー・・・難しいな。

 だから、すごいわかりやすいことを言うと、流行か奇異かを判断する人が
 そう思うか思わないかでしかないと思うんですよ。で、一般論だったり、
 大人の人が受け付けられる髪型、大人の人が清潔だと言える髪型かどうか
 ってことでしかない、という結論ですよね。だからそれがどうなったら
 どうなるかっていうのは、イメージの問題がありますので、この書き方って
 すごく難しいよね。具体的じゃないから。

 俺みたいにさ、襟足が付いちゃいけないとかだったらすごいわかりやすい
 けどさ、誰の中で奇異かっていう話もあるじゃない。だって今金髪とかの
 人ってざらにいるわけじゃん?全然奇異でもなんでもないわけじゃん?
 で、流行を追ってるわけでもないじゃん?もう流行もクソもないからさ。
 ていうことはそれはOKだったりしちゃうわけじゃん?でもその学生と
 するなら、っていうような話も出てくるわけじゃん?

 だからそれこそさ、三つ編みにしなきゃいけないとかスポーツ刈りに
 しなきゃいけないとか、いいんじゃないかなって思うけど。だってさ、
 あと何十年もしたらさ、逆に三つ編みしてんのが奇異だって言われるかも
 しんないよ?それこそ。坊主にしてるのとかさ。『それは奇異だよ』って
 言われるかもしれないし。『流行を追う髪型』に坊主は入らないんですかね?
 ハリウッドの俳優とかもさ、坊主にする人多いじゃん?

 流行してんじゃん、とか思うよね。ベッカムとかもしてたもんね。じゃあ
 それは流行じゃないのかよって話じゃないですか。と思いますから、
 まぁ難しい話ですけど、結局は境界線を引く人間がいて、大人の大衆性
 とか一般論がそこに出てきちゃうわけですよ。だから、そこの境界線を
 探して、髪型をいい髪型にするっていうのは、もうそういう規則がある
 時点でもう誰かの指導を受けざるを得ない状況を作られてるわけですね。
 ていうカラクリだと思いますよ、僕は。ええ。

 だからそういう規則があるって言うんだったらそれを守らせようとする
 のが、えー、教育者だし、それを『面倒くさいな』って思ったり『なんでだろ』
 って思ったりするのが生徒なんじゃないかな。だからそこでさ、しっかり
 答えられるべきだよね、教育者は。と思う、俺は。何がダメとか具体的に
 言えないっていうのはどうなんだろうって思うから、それは学校の校則と
 してあるんであれば、その学校の教師はそれを全部把握してなきゃいけな
 いんじゃないかと思いますね。何が良くて何がダメなのかとか。結局それも
 イメージだったりとかするわけでしょ?それはどうなんだって思いますけど。
 だから大人の人の匙加減なんですよ、結局。そういうのは断固否定して
 いきたいと思います、はい。てな感じです」


LOVE PSYCHEDELICO 『Right now』

『私の法則です。「お姉ちゃんがいる男の子はぶりっ子が嫌い」これは
 潤くんにも当てはまりますか?』

「んー・・・そう言われるとそうなのかもしれないとも思いますね。
 うん。でも俺、思うに、基本的にぶりっ子って嫌われないかなぁって
 思うんだけど。でも違うんだね、たぶんね。それはね、たぶん男の人と
 女の人の意見が割れるところだと思うんだけど。あれ、ぶりっ子だろう
 とぶりっ子じゃなかろうとね、かわいきゃいいんですよ別に。そういう
 意味で言うと。そこにいやらしさとか汚なさが見えなきゃ。

 なんかさ、女の人とかが話してる中でさ、その『あいつ、なんかさ、
 男にそういう弱いとこ見せて汚いよね』とかっていうけど、んー、それは
 その人の表現方法だったりするから、それを表現できるかできないか、
 するかしないか、そういうことなだけなんだと思うんだよね。その人が。
 例えば言い方を変えると甘え上手とかさ、そういう言い方にもなったり
 するわけじゃない?で、それをすることに対して別に・・・んー、だから
 計算をたぶん『ぶりっ子』って言うんだよね。そういうの計算してんのをね。
 ぶりっ子は、かわいいとは思わない。『あ、すごいな』って思う。逆に。
 『あ、この子はなんてすごいんだろ』って思う。見てて。

 確かに・・・言える、俺には言えるな、これは。法則としては確かに
 言えるかもねぇ。うん、なんか男兄弟、今頭に思い浮かべてたんだけど
 男兄弟だけんところって確かになんかその、女の人を好きになる趣味が
 俺にはわかんないところがあったりする。でも兄弟が、女姉妹がいるやつ
 に対しては、あーなるほどねって思うこと、確かにある気がする。
 そんな気はちょっとしたなぁ」


Mario『HOW COULD YOU』

嵐『RAINBOW』

「いかがでしたか?嵐JUN STYLE。えー、アルバムのほうも作って
 おります。夏、ライブ前に皆さんに聴いてもらえるんではないかと思います。
 そんな感じでございます。また来週、聞いてください。お相手は嵐の
 松本潤でした。バイバイ」





・・・てライブ前じゃないじゃん!!みたいな。
潤くん的にはその前には出せるだろうと思ったのかしらん?
やーね、大人の事情って!断固否定してやってちょうだい(笑)


さ、まごあら見よ。

23:59  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

こんにちは。小6の麻奈未です。
松本りょう君は、どうやって、タレントになったんですか。私もタレントになりたくてお母さんに言ったんだんだけど、だめで、どうやったらタレントになれるのかなやんでいます。教えて下さい
麻奈未 |  2005年12月03日(土) 12:07 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/84-1d919230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |