07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.06.19 (Sun)

酪農でまごまご(その2)

今夜はお誕生日後初のベイストだ?!!
楽しみ楽しみ♪♪

その前に、まごあら続きです。


午後3時。おじいちゃんチーム、午後の作業再開。
トラックで運んできた干し草を倉庫に降ろす作業。
干し草といっても、智の体重ほどもある重さの大きな束。
肉体労働してます、大野智。緑のつなぎに変わってるね。

智「じいちゃん休んでていいよ、やるよ」さすが孫。頑張ってる。

一方、翔ちゃんはまだドライブ中。
ば「大野くんは牛、初めてなんだ」
翔「そうだねぇ。うん」
ば「ねぇ、それできつい仕事させられて今日はひどいね(笑)」
翔「(笑)んふふふ」

のんきな翔ちゃんたちをよそに、額に汗して働く智。
息遣いも荒く、すごーく大変そう・・・

じ「それここ」
智「・・・じいちゃんこんな重いのいつもやってんの?」
じ「そうだよぉ、そうだよ」
智「すげえな」
じ「すげえなったってさ、やるほかねぇんだよ」
智「すごいねこれ、でも・・・わらのベッドだよ」


ドライブ中の翔ちゃんたち、何かを見つけて降りる。
・・・と、そこは・・・

ボ、ボウリングですか!?いきなり翔ちゃんがスペア取ってるし。
おばあちゃんとハイタッチしてるし。おばあちゃんストライク出しちゃうし。
またおばあちゃんとハイタッチしてるし。楽しそうだねぇ、翔ちゃん・・・

翔「(大笑)すげー!」
ば「こういうこともあんだねぇ(笑)」
翔「楽しいね、ボウリングね」
ば「楽しいね。足痛かないし、ここ(腕)だけだもん、使うの」
翔「大丈夫?痛くない?ほんと、じゃよかった。やっと午後にして孫に
  なれた感じがするなぁ」




【More・・・】

午後4時。おばあちゃんチーム帰宅。
翔「智くんどこにいんの?」
じ「ここにいるわ(笑)骨折ってっから見て来い。手伝え少しは(笑)」
翔「(笑)怒られちった、はっはっは」
 「どこにいんの?さ、智くん」

智、寝。干し草のベッドにて。

翔「えぇ?(笑)、どうしたの?」
ば「あら、疲れちゃった?」
翔「おばあちゃん楽しかったねぇ、ボウリング」
ば「ねぇ、ボウリング連れてってもらって」
翔「楽しかったよ?」
ば「ねぇ顔見せてよ、大野くん、顔」

ゆらゆらと立ち上がる智。こ、こわい・・・

翔「すげえ汗かいてる!大丈夫?」
ば「ねえ・・・」
翔「何やってたの?」
智「これ(干し草)運んでたの」
ば「運んでた」
智「えぇ、どこ行ってたの?」
翔「ボウリング」

固まる智(笑)

翔「ボウリング1ゲームやってきてねぇ?」
ば「ねぇ」
智「ボウリング行ってきたの?」うなずくばあちゃん。
じ「行ってきたんだって」
智「足悪いんでしょ?」(笑)ちょっと居心地悪そうなばあちゃん。
翔「いや、足使わないから・・・ボウリング」
ば「投げる・・・」
翔「手だからねぇ・・・」
智「ちょっとさ・・・」智、鼻の穴ふくらんでるよ・・・
翔「言葉出ないね、全然」
ば「言葉出ないよ」申し訳なさそうなばあちゃん。

そのあと、酪農作業の追い込み。放牧していた牛たちを戻し、智が運んだ
干し草を撒いてやる。
おばあちゃんと翔ちゃんは、子牛にやるミルクを準備する。

ミルクの匂いのするカメラマンさんが子牛にめっちゃ舐められてるのを見て
素でウケる翔ちゃん。「めっちゃ舐められてますよ」って素で引き笑い。
その子牛には特大の哺乳瓶でミルクをあげる。
翔「もう、なんかサークルの飲み会みたいな飲みっぷりなんだけど」(笑)

智「お孫さんとかは?来たりする?」
じ「孫は・・・たまに来る。滅多に来ねぇ」
智「やっぱ嬉しいっしょ?」
じ「嬉しいっていうかなんつうか、こづけえ(小遣い)取られるだけだっぺ」
智「こづけえって?あ、お小遣いもらいに来るってこと?」
じ「昔から言うんだよ、『孫飼うなら犬飼え』って(笑)」
智「そういうの(ことわざ)があんの?」
じ「なんでかっつうと、孫は大きくなるとじいちゃんたちゃ相手にしなく
  なっちゃうから。小さいうちはじいちゃん、じいちゃんて来て
  お小遣いもらえるだろ・・・滅多にねぇもん、来ねぇもん。やっぱり
  高校生ぐらいになりゃなかなか来られねぇんだ」
智「・・・なるほどねぇ」

放牧から戻った牛たちが食事中、さらにほかの種類の餌を撒く智。働くねぇ。

子牛の世話のおばあちゃんチーム。
ば「これで子牛のお世話は終わり」
翔「いや??働いたねぇ」って!!
ば「ねえ」翔ちゃん高笑い。

そこに餌を補充しにやって来た智。
翔「智くん。仕事終わったんで先に家戻ってますね」
智、ズッコケ。
翔「(笑)いや、晩飯の準備しないと。すごいね?、コントベースですね」

ようやく餌やりも終わり、腹ぺこで翔ちゃんの様子を見に行く智。
!!また顔が固まってるじょ?。

智「おまえら!!(怒)」
思いっきりスイカ食べながらTV見てる翔ちゃんとばあちゃん(笑)
智「おまえら!・・・何しとんの(怒)」
翔「感動してんだよ、今ちょっといいシーンなんだから黙っててよ」
智「晩飯は?」
翔「ごめん、ちょっとクライマックスでさ・・・『お水の花道』」涙をふきふき。

智、固まる。
テ「凝固」(笑)まさしく。
智「カメラ回ってるよ!!」(笑)

午後5時。仕事も大詰め。最後は搾乳。
手順は、1.乳房の汚れを取る
      2.乳頭に付着した雑菌を出す
      3.搾乳機を乳房につける

智、じいちゃんと一緒に搾乳機をつける作業にチャレンジ。
牛にしっぽで払われながら、
智「これ2個?」
じ「3個、4個」
智「どこにあんのよ?あ、これか」スカッ!
 「無理無理」とじいちゃんに交代。
 「これはできねぇな」と渋い顔。
じ「あぁ?できるよ」ビビる智。

勇気を出して再チャレンジ。今度は成功!嬉しそう♪
智「すげぇ緊張する、これ」
じいちゃんと並んで搾乳を続ける。

翔ちゃんはおばあちゃんの肩をマッサージ中。
翔「孫に揉んでもらったことある?」
ば「孫に揉んでもらったことないわ、ほんと」
翔「まあね、なかなかね、機会がないから」
ば「なかなか機会がないから・・・ちっちゃい頃はあるよ、幼稚園に
  行ってた頃」
翔「ふーん」
ば「その頃は結構『小遣いやるから肩揉んで』なんて言うと肩たたき
  とかやってくれた」
翔「ほんと」
ば「でももう大きくなってはだめ」
翔「忙しいしね」
ば「そう」

すっかり日も暮れる頃、搾乳も終わり。
じ「ごくろうさん、智。ごくろうさん。ほんと終わり」
智「終わり」
じ「ごくろうさんでした」
智「終わった」
家に向かって歩く二人。
じ「ごくろうさまでした」
智「いや?・・・充実してたな」

しかし。家の中をのぞいた顔が、またしても!!固まってる?!
翔ちゃん、今度は何を・・・!?

網戸をガッと開ける智。すると・・・
智「あ!ビール飲んでる!!」(笑)
じ「あ。いやぁ早いよ(笑)」
翔「いや?腹減ったね」
智「ビール飲んでたよね?(怒)ビール飲んでるよね?それ(怒)」
翔「麦茶、麦茶、麦茶」

翔ちゃん、智の様子に軽くビビッた感じで(笑)
翔「麦茶。・・・麦酒、麦酒、ビール、ビール、ビール、ごめん。
  ビール、すいませんでした」土下座しちゃったよ(笑)

じいちゃんの肩にすがりつく智。
じ「まさにかなわねぇな(笑)」
智「も・・・もういいや言葉が出ねぇ」じいちゃん爆笑。
じ「言葉が出ねぇのか(翔に)ショックで疲れちゃったぞ」
翔「え?・・・お疲れ?」おい!
智「うるせえ!!(怒)」

午後7時。やっと夕食。牛乳鍋だって。
智「あぁ?うんまいわ」
じ「おいしいか。ほんとに」
翔「あ、うんまいこれ」
智「あー、うんめえ」
じ「働いたからうまいんだ」
ば「ねぇ、疲れ取れるようにたくさん食べて」
智「なんか、働いてよかったって感じする」
翔「俺らだってボウリング行ってよかったもんね」
ば「ねぇ」じいちゃん爆笑。

翔「おじいちゃんどうだった1日、智くんは」
ば「一生懸命やって」
じ「一生懸命に働いた。一生懸命だった」
翔「ほんと」
智「大丈夫だった?」
翔「いい孫だった?」
じ「うん。あんなふうにできりゃいいよ」
ば「最高だっつった」
じ「最高」
智「ほんと?・・・やった」嬉しそう。頑張ったもんね。
翔「嬉しいねぇ」
ば「ばあちゃんも最高だった。ボウリング(笑)」
じ「おめえは最高だろ(笑)」
翔「マジ最高だった」

翔ちゃんにビールを注いであげるおじいちゃん。
翔「すいませんねぇ・・・ありがと」
じ「ほんとに孫みたいになっちゃった、困ったなこれ」

智にもビールを注いであげる。
じ「ほんとに孫みたいになっちゃった」
智「ほんと?」
じ「1日だって、違うんだなぁ、一緒にいると。違ってくるんだなぁ」
翔「ほんと?」じいちゃんにビールを注いであげる。

じ「ほんとに、あれだわな」
ば「よかったねぇ」
じ「よかった。俺もよかった」
翔「ほんと」

最後に、智がお約束の絵を。
智「できました!プレゼントです」
翔「うめぇ」思わずつぶやく。

牛の上におじいちゃんとおばあちゃんが乗ってピースしてる。子牛も横に。
『じいちゃん、ばあちゃん、牛たちどうもありがとう!!』

ば「あら!」
じ「これ、くれんの?」
ば「いやぁ、すごい」
智「ごめんね、牛のほうがメインになっちゃって」翔ちゃん爆笑。
じ「これでいいんだよ、これでいいの」
ば「ありがとうございました」
智「いえいえ。こちらこそです」
翔「些細なお礼ですけどね」

そしてお別れのとき。

智「じいちゃん!ありがとう。ばあちゃんも」
じ「あいよ!どうも」笑顔。
ば「ありがとうね」
翔「ありがとう」
智「またね」
ば「ありがとうございました、いろいろ」
智「じゃあね、じいちゃん。元気でね」
翔「元気でね、おばあちゃん。ありがとうございました」


翔「大変だったでしょう」
智「いやぁでもねぇ・・・最初きつかった。けどねぇ、途中からね、
  なんだろね、これをおじいちゃんが毎日休まず365日やってる
  のを思うと、なんか頑張れたというかね」
翔「そうだよねぇ」
智「尊敬しちゃって。途中からもう。『おぉすごい』と思っちゃって」
翔「僕は逆に、ただ1日おばあちゃんといた、みたいな感じだったから、
  それがすごい『おじいちゃんおばあちゃんのとこにいた』感じが
  ありましたねぇ」
智「今日はいい1日だったなぁ」うん、すごくいい顔してるよ智。  
翔「まぁ言ったら今日は、酪農おじいちゃんおばあちゃんつうか、
  またおじいちゃんおばあちゃんが増えちゃいましたね」
智「増えましたね」

ば「とても楽しかったです、ばあちゃん。ね」
じ「俺も楽しいけど、あれ苦労したっぺ、孫は」
ば「孫は苦労した(笑)それ心配して」
じ「それは心配してる(笑)」
ば「名残惜しくてもう、ね。お別れすんのが辛いくらいです」



次週予告。
いよいよ潤くんが初の孫に!!
智と二人で柔道バカの孫になるってことで。
つぶれてしまったおじいちゃんの柔道場を復活させるために頑張る。
潤くんはやっぱりおばあちゃん担当なのね、まるで『Mの嵐!』みたいに
荒れた柔道場をお片づけしてます。
ってか智、またじいちゃんかよ!でも麦わら帽子で畑仕事、かわいいな。


・・・やっぱり中華街はこのままフェードアウト?





17:48  |  まごまご嵐  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/86-14468655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。