07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10.29 (Mon)

姉ちゃんのだったんだ

ベイストレポです。

今回はほんと、先日のニッキにあった家族でお買い物の日のことを
詳しく、ってかほとんどぼやきまくりで話してくれました。
二宮家というよりは姉ちゃんちの模様替えだったんだって。

しかしその時声かけた人、全然空気読まなかったんだね。
そういう時はそっとしといてあげてほしいなぁ。


ではスタート。


【More・・・】


「まだいますけどー!」

「はい、こんばんは。嵐のカズナリニノミヤです」

 『先日、友達と映画に行ったんです。バイト後だったのでレイトショーに
  なってしまい、劇場の中には私たち2人を入れて4人。ちょっとした貸切
  状態で観た映画はとても面白くて、エンドロールまでずっと観ていました。
  エンドロールが終わり、帰る準備をしていたら、なぜか客電がつきません。
  劇場内は薄暗い状態のまま。しかも周りを見渡すと私たち2人だけ。
  ドアがゆっくりと開き、係員の人が恐る恐る見渡していたので、友達が
  泣きそうな声で一言こう言ったんです。二宮さんは、どこかで置き去りに
  されたり忘れ去られたりしたことありますか?』

「・・・僕、アメリカで、その映画撮ってた時、は、もうほんとによく
 忘れられましたね。もう、迎っかえには来られないし、帰りのバスは
 行っちゃうし。帰りのバスって行って1時間待ってたんですよー。
 こんなひどい話ありますか?だって、終わった後にサインして、ね?
 何時に、ね、二宮終わりましたよ。っていうのをサインして、それで、
 バス、でねぇ、確認するでしょう、どう考えても。まぁそういうこと
 がありましたねぇ。まぁまぁ。そんな感じ、ですよ。ね?しょうがない、
 もう。これはもう。でもぉ、映画館、てそんな、レイトショーって何、
 遅くやるやつなの?へぇ?。俺映画館とか行かねぇなー!ほんっと
 にぃ。最近いつ行ったろうな、映画館とか。『黄色い涙』の、挨拶
 ぐらいだな。あれ以来行ってないね。観た、となると、そうだな。
 あの、『黄色い涙』の、なんか。できたやつを観たぐらい。ね、
 5人揃って。あれぐらいしか映画館で最近は観てないなぁー」

「それではカズナリニノミヤのBAY STORM、今夜のオープニング
 ナンバーを紹介しましょう、スピッツで『魔法のコトバ』」

「・・・これ、あれですよね。ハチクロですよね。あ!そういえば
 すっかり忘れてました、新しい、仲間を紹介するの。えー先週ね、
 フリハタくんが、残念ながらこの番組を去ったということで。新し
 く、来てくれた、フリハタXさんです!」

フ「ども。こんばんはー」
「こんばんはー」

「こんばんは」
「この曲いいっすね。やっぱり」

「いいっすね、はい」
「泣けるね!あー。青春て感じがするよね」

「はい」
「いい曲でございます。お送りした曲は、スピッツさんの、『魔法の
 コトバ』でした。

 さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしとりますBAY STORM、
 この時間はこちらのコーナーをお届けしましょう!」

【どうか穏便に】ばかやろう!(byフリちゃん)

「・・・いやぁ?。新旧のね。ぶつかり合いですよ。肉と肉との。
 ぶつかり合いですね、完全なる。頑張っていきましょう!」

「はい」
「さあ、まずはこの人!えー、福岡県って聴けるの?(笑)毎回こういう
 こと言ってるけど。じゃどっか、友達から、送ってもらったりしてんだ
 なぁ、すごいなー。この人は、えーとぉ」


 『この前友達と公園に行った時、私は階段で躓き、とっさに友達のズボンを
  掴んでしまいました。言うまでもなく、ズボンが下がり、パンツが丸見えに
  なってしまいました。その後、公園は気まずい雰囲気に・・・。あの時は
  本当にごめんなさい』

「そんなちっちぇえ公園なのかな。・・・2人のね、雰囲気がね(笑)
 その、気まずくなるんだったらわかるけど、公園の、雰囲気が気ま
 ずくなるぐらい、すごいパンツをはいてたのか、それぐらい、公園
 がちっちゃいのか、どっちかですよね。こういうこと、ないだろうなぁ。
 やられる方でしょ?Xは」

「そうですね。どっちかと言うと」
「ねぇ。でも、なんであの女の子のスカートめくりって・・・なんで
 あんなにやったんだろ、みんな。・・・いや、俺それ、その状況を
 見てたタイプですね。スライディングとかして、みんな見てたじゃ
 ないですか。で、俺の友達が、そのスライディン、グが楽しくなって
 きちゃって。ずーっと、ヘッドスライディングをやり始めて、で、こう
 上向きながらスライディングをしてたから、当時、その、廊下に、
 あの給食、の、バケ、バケツじゃないか。何?入れもんみたいのを
 置くさ、2段になってる、この、ガシャン!ってやる、長くなる机
 みたいのあるじゃん。給食当番がやる。あれが廊下に置いてあったん
 ですよ。あれに、ぶつけて、そ、おでこ、左のおでこを切ってました
 からね。血だらけになってパンツ見てましたからね。そこまでして!
 何があるのかと。もう不思議でしょうがなかったですよ。でも、それ
 ぐらい流行ったよね。・・・なぁんだったんだろうあれ。若気の至り
 かしら。ねぇ?。続いてこの人」

 『私は放送委員で、給食中の放送をやっているんですが、ある日マイクを
  切ってあると思って、友達とAちゃんの好きな子の話をしていたんです。
  すると先生に「マイク入ったままだよ」と言われて、初めて気付きました。
  Aちゃん、あの時は本当にごめんなさい。でもこういう失敗ってよくあり
  ますよね』

「・・・これはさぁ、いやいやわかるけど、ごめんなさいっていうのは
 ねぇ。どう思います?Xは」

「いや、よくありますよね、ほんとに」
「そんーなにないでしょ。だってもう給食食わないんだから」

「あぁそっか」
「そうでしょ?」

「僕もありますよ、小学校の時」
「うそ。社内でこういうことはないの?あるとしたらどういうことで
 あるの?社内で。だ、例えばなんかねぇ、メールとかで。ちょっと」

「あるとしたら間違いメールとかですよね」
「あぁ。☆☆さん、の気に入ってる子今、隣に座ってますよねって、
 言った隣に送っちゃったみたいなことってない?」

「それはないですよね」
「ん何やってんの?仕事って。んははは。すごい、大きな質問で申し訳
 ないんだけど」

「あぁはい」
「その、何、座って、パソコンと向き合ってるって、基本的にな、何を
 やってるのかな」

「いろんな、企画書とかを書いたりとかー」
「ちなみに、フリハタXが考えた企画っていうのはやったことあるん
 ですか?」

「あんまないですけどね」
「あ、そうなんだ」

「ええ」
「俺、これイチオシだ!っていう企画は、もしね、聞いてファンの子が
 ね、いや、Xそれはいい考えだっていうことで、その、署名運動
 みたいのが起きるかもしれないじゃないすか。自分が今まで書いた
 企画書ん中で、『こーれは、最高なんすよ実はやってないけど』って
 いう」

「・・・それは(笑)そーんなにないですかねぇ。(笑)」
「ははは。それはそんなにない」

「例えばノベルティグッズとか作っててぇ」
「うん」

「ボツになったんだけれども、こう自分で気に入ったものを全部、置いてるん
 ですよ」
「それ何があんの?」

「あのー・・・時計付きの、ペンケース。あ、ペンケースじゃない、鉛筆立て」
「時計付きの、鉛筆立て」

「だからこれが鉛筆立てだとすると、ここに時計が付いてるの。日にちも(笑)」
「さあ!続いて」


 『私には高校が別の彼氏がいるのですが、この間デートしている時にバッタリ
  同じクラスの男子に会ってしまいました。私は恋バナが面倒なので、高校
  で彼氏はいないと通していました。なのでその時に「やばっ」とパニックに
  なり、男の子に「彼氏?」と聞かれて、私は思わず「いや全然違うから。
  友達友達。彼氏とかありえないし、いないから」と、今思えば怪しいなって
  くらい、全力で否定してしまいました。その後彼は怒ってしまい、未だに
  口をきいてくれません。嘘をついてごめんなさい。にの、何か仲直りする
  いい方法ありませんか?』

「・・・たぁ、こういうことって青春だなぁ!青春だよ、スピッツ聴けよ。
 なぁ。青春だよぉ。そうしたらもう、だいたい大丈夫だよ。な。
 ぇえ?あ?いやぁ、なんで彼氏いないって言ってんだろうね。って、
 男の人はそう思いますよ。なんで女の子は隠すんでしょうか。恥ずか
 しいのかな、存在が・・・めんどくさい。そう、面倒、面倒って何なの?
 17ですよ、花の。花の17歳が、面倒くさいから彼氏はいない
 と通してるってことは、なんか、じゃ面倒なことが起きるんすかねぇ。
 いやぁー、なんか仲直りする方法ありませんかぁ?まま、スピッツ
 聴けば、ま、だいじょぶだよ。ね。続いて」

 『最近私の父は、自分の部屋で寝ず、私の部屋で寝ます。だから私は母
  と一緒に寝ているのですが、私の友達は誰も母とは寝ていないので、
  この間思い切って父に「自分の部屋で1人で寝たいから、今度から自分
  の部屋で寝てよ」と言ったら、「もうママと寝るのは卒業かな?」とからか
  われてしまいました。それを聞いた途端、私はカチンと来て「私だってママ
  とは好きで寝てるわけじゃないんだから」と言ってしまいました。あの時は、
  ママのことを悪く言うつもりはなかったのに、つい言ってしまいました。
  本当にごめんなさい。あと、心が広くない娘でごめんなさい』

「いやいやいやいや。優しい子だなぁ。こういうのはねでもね、出ちゃ
 うんすよ。ね。『別にそんな、一緒に寝たくないよ』って。言っちゃ
 うのはしょうがないやねぇ、これは全然悪気がない、からこそ、
 お母さんは辛かったりすんのかなぁ。ま、ただなぁ、どう考えても
 この3人で言うと、お父さんの気持ちもわかんないしお母さんの
 気持ちもわからないからなぁあははは。いや、ただ。でもこれは
 俺全然ねぇ、いやいい、こんな、いい娘がいたらいいなって思う
 ぐらいの、ねえ。あの、考え方ですよねぇ。全然いいと思うけど。
 ね。いいと思うけどなぁ俺は全然。なんか、可愛くていい感じです
 よね。13歳だ。ちょっと、痛みそうな、話題ですわな、これはな。
 っていうことで今日はここまででございますけども」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、嵐さんで
 『Firefly』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、
 続いてはこちらのコーナーにいってみましょう」

【裏嵐】のコーナー!

「まずは、この人!」

 『二宮くんのゲームニッキに、家を模様替えすることとなり、家族と家具
  などを買いに行ったら、そこでお母さんと軽く言い合いになってしまった
  そうですね。ゲームニッキの中に怒りマークの絵文字が結構ついていまし
  た。その時のことを詳しく教えてください』

「・・・ぃやま、うちの姉ちゃんが、あのー。ま、帰ってきて。旅から。
 帰ってきて、やりたいことが見つかったと。見つかったらしいん
 ですよ。それで、『私、大学院に行く』っていうことになりまして。
 まぁまぁ、言うのは簡単だけどねぇ、入んのは難しいとこですから。
 でも、絶対行ける!みたいなこと言うんだけど。そんな簡単に行ける
 わけ(笑)ないだろっていう話をしてたんですよ。なんかね大学院って
 なんかね、何を学ぶって言ってたっけな。なんか、難しそうなやつを、
 学ぶ、から大学院に行きたいみたいなこと言っていて、んでそれの
 お金も貯めて、で、あとはもう受けるだけだみたいなことになって。
 で、そのー、実家じゃなく、その地元に、その、家を借りたい。と
 いうことになって。ま、正確に言うと姉ちゃんちを、模様替えするっ
 てことになって、買いに行ったんすよ。しったらぁ。もー、めんど
 くさくて。めんどくさくて。姉、ちゃんは、なんか、自分の、まま
 小物みたいのをひたすら選んでるわけですよ。
 で、テレビ台、とか、ね?そう、あの、カーテンだとか、そういう
 のを全部選ばすわけですよ。うちの母ちゃんも、俺も、特に俺は、
 車の運転してたから、ちょっと渋滞が、あったんですよ。もう、土日
 だっ、どに、どっちだったっけなぁ、忘れちゃったけど、週末だった
 から。ものすごい渋滞で、んでー、もう疲れきってたわけですよ。

 だから、俺はずっとカートを押してるだけだったんだけど、その、テレビ
 台とか選ぶ時にぃ、そのテレビ台、をね?最後持ってかなきゃいけ
 ないわけですよ。車まで。それもものすごい重くて。俺だけ持って。
 うちの母ちゃんは、なんかずーっとさぁ、も、めんどくさいからやって
 くれみたいなことんなって。だって、おまえがね?みんなで『じゃあ、
 時間あるんだったら一緒に行きましょうよ』って、言った、ね?
 もう、首謀者ですよ。ヤツが完全なる。んで、姉ちゃんは1人で
 いいって言ったんだけど、もう何年ぶりだったんですよ。どれぐらい、
 何十年ぶりぐらい、家族揃って。それ買い物に行くのが。で、なんで
 行かなかったかって言うと、絶対ケンカになるんすよ。あれがいい、
 これがいいって。じゃあ、俺はね?『じゃそれどっちも買えばいい
 じゃん』って。言うんだけど、それじゃもったいない、何だ、違う
 これがいい、これがいいって。絶対ケンカになるんですよ。だから、
 俺はあんまり行く、行く機会がね、なければいいなって思ってたん
 ですよ。家族揃って旅行、旅行じゃないや、買い物なんて。だ、
 旅行もたぶんそうですよ。あそこに行きたい、ここに行きたい。もう、
 北と南に分かれて大ゲンカですよ完全に。絶対。

 それでぇ、こないだ行った時も、そういうことになって。で、カーテン
 選んでくれって言われて、わかんないから。カーテン選んだら、
 『ダサくてやだ』とか言うわけですよ。『そんなのダサい』とかって。
 で、ダサいって言うんだったら、じゃあおめーで選べよ!(笑)って。
 『なんでおめーのカーテンを俺が選ぶんだよ!』みたいなこと言った
 ら、『すいません、二宮くんですよね?』とかって、気付かれて。
 『あ、はい』『握手してもらっていいですか?』って、『あぁいい
 ですよ』とかって握手して。んで、またカーテンとこ戻って。もう、
 すごいタイミングでしたね。も、帰っ、帰り。も、ぐーだぐだです
 よ。んもうなんか、どーしょもなくなって。家帰っても。だ、まだ、
 その、荷物を、渡せてないですからね。姉ちゃんちに。だからなんか、
 夜逃げした、部屋みたいになってますよ今。完全なる。うちの姉ちゃ
 んの。部屋が。(笑)早く持ってかないとあれいけないですよね。
 あれ大変だわ、持ってくのもひと騒動ですよ。つって、なんで送って
 もらわなかったんだろあれそういえば。ねぇ。送ってもらぃゃよかった
 のにね、それねぇ。なんで持って帰ったんだろ。続いてこの人」


 『にのちゃん、大野くん、松本さんは、ジャ☆ーズの携帯サイトで書いて
  いますが、他の2人(相葉ちゃんと櫻井くん)はなーんもやらないんです
  か?不精なのかな?にのちゃんが知りうるとこまで教えてください』

「うん。不精なんじゃないっすかねぇ。あんま、なんか『こういうこと
 やろうかな』って言う、人も特にいないっすよねぇ。たぶんリーダー
 も、正直な話、自分からやるっていう、自分発信じゃなかった気が
 するんだけどな。俺思うに。なんか他の、グループの、サイトと、
 なんか、違う何かを、出そうみたいなことで、絵、描いてもらえま
 せんか?みたいなこと言われて、描いて、るん、描いて、たんだと
 思う、最初は。確か。たぶんね。だからねぇ、実は大野さんはそん
 なに、たぶん自分発信じゃなかった気がするけどあの2人は、ま、
 やらないだろうねぇ。まぁ、このメール送るんだったら相葉さんの、
 ラジオの方に、相葉さん、もなんか、日記書いてくれみたいなこと
 送った方が、よかったんじゃないのかな?ねぇ、うん。今度送って
 くださいよ。相葉さんのラジオに。ね。頑張ってね、やってもらえ
 るようにしてもらえばいいんだから。あぁ、ということで【裏嵐】
 のコーナーでございました。

 それではここで1曲聴いていただきましょう!嵐で
 『Be with you』」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りして参りましたBAY STORM、
 そろそろお別れの時間なんですが。
 
 なんか、お知らせある人いますか?嵐のお知らせとか大丈夫ですか」

「えー、10月17日にリリースした、東京ドームのDVDを、引き続き、
 よろしくお願い致します」
「なるほど。フリハタさん個人のお知らせは大丈夫ですか?」

「もうもう、全然。あの」
「なんか、飲み会、やるとか言ってたから。なんか合コンみたいの
 やるって。言わなくて大丈夫ですか?」

「いえ、大丈夫です」
「そのお知らせは」

「全然全然、大丈夫です」
「ねえ。何月何日に。どっかで、とか言ったら、たぶん集まってくれる
 んじゃないかなって」

「(笑)」
「大丈夫ですか?」

「大丈夫、大丈夫です。はい」
「ふはは。あ、じゃもう」

「問題ないです」
「揃ってんですね?」

「揃ってます」
「はい、じゃあ。ぜひともね。その、経過もね。結果と共に教えて
 ほしいなぁって。思いますので」

「はい」
「と思ったんですけど。なんと。残念ながら。フリハタXさんが、
 今週でお別れだということで。ほんっとにありがとうございました」

「いえ。短い間でしたけど。お世話になりました」
「ほんとにねぇ。わずかの30分っていうことで。いやぁ短い間でした
 けど。ぜひともそのね?合コンで。将来のね。お嫁さん見つけて
 いただけたらなと。じゃその、抱負で。今週は、お別れしましょう。
 じゃ。飲み会に向けての、抱負を。お願いします!」

「好きな食べ物は、カツカレーです」
「ということでお相手は嵐の二宮和也でしたぁ、また来週!」
 



01:33  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★ありがとうございました!

先日『福毛』のペンネームを伺ったかのです。
‥コレ、やっぱり私です(^O^)おっぱっぴーです笑。

これ以来、ちゃんと毎週録音するようにしました★
でゎ、またコメントしに来まぁす(^-^)/
かの |  2007年10月31日(水) 20:56 | URL 【コメント編集】

★お返事です

かのさん♪

またしてもずいぶんお返事が遅くなりましたが(;^_^A
そうですか、おっぱっぴーさんだったんですね(笑)
いいなぁ、にのに読んでもらえるなんて。
また読まれるように頑張ってメールしてくださいね。
みゆゆ |  2007年11月23日(金) 00:43 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/881-539d4d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。