07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.01.12 (Sat)

セカンドアルバムを語る(追記あり)

JUN STYLEレポです。

今回は【嵐 温故知新】のコーナーがあり、セカンドアルバム『HERE WE GO!』を
取り上げていました。
その頃のコンサートのエピソードも交えて、いろいろ話してくれたよ☆

なのに。
その途中で30秒ぐらい録音がぶち切れてしまいました…。
申し訳ございませんー!!<(__)><(__)>

なので。
その間に何て言ったのかは、前後の感じで各々ご想像くださいませ。
私もそこんところ聞けなかったので、何とも言いようがございません。
ほんと申し訳ないです。

そしてエンディングでは、新曲のリリースが決まったというお知らせと、
来週聴けるかもしれないという(!)話もありました。
キャプテンの個展に関しては、今回の放送ではまだ言ってませんでしたよ。

ということで、スタート。


※ 1/14 追記:ご親切に、コメントで中断部分を教えてくださった方がいらして。
          中断部分を補足することができました。
          ご好意に心より感謝いたします<(__)>


【More・・・】


「おはようございます。1月12日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?松本潤
 です。えー、学生の皆さんは、3学期も始まったということで。えー特に
 受験生の皆さん。えー来週いよいよ、センター試験もあると。いうことで、
 えー、今が、一番、頑張り時なんでしょう。えー風邪など引かずに、えー
 頑張って、いただきたい。そんなふうに、思って、おります。では、約30分間、
 僕松本潤とお付き合いください。JUN STYLEスタートです」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日のオープニング曲は
 レッド・ツェッペリン『移民の歌』聴いてもらってまーす♪いいね。テンション
 上がるね。メール、読みたいと思いまーす」

 『潤くんこんにちは。こんにちは。実は先日、いとこに2人目の赤ちゃんが生まれ
  ました。男の子で、名前は「嵐」くん、です!名付け親は私なんです。上の女の子
  が生まれた時も、私が提案した名前を付けてくれていて。今回も一緒に考えてと
  言われました。いくつか候補を挙げたのですが、却下されて。次の日、嵐のライヴ
  に行く予定だったので、「嵐でいいんじゃないの?」と言ったら、旦那さんも「カッコ
  いいなぁ」とお気に入りで。画数も良かったらしく、そのまま採用されました。えー、
  ということですね。えー
いつか嵐を連れて、コンサートに行けたらいいな』

「という。面白いですね。『あーらーし』っていうコールが、『おぉ、俺だよ』
 みたいな。ことなんすね。えぇ。すごいね、嵐くん。らんくんとかあらしくん
 とかすごいな。えー…嵐くんかぁ。『あらしー』って呼ばれんだ。どうなんで
 しょうね(笑)ふふ。その名前は。ねぇ。まぁでも、旦那さんも気に入ってくれた
 ということで。えぇ。いい子に育つといいですね。えぇ。そんな感じで、いい
 ですか?えー、ではここで、1曲。去年の11月に、えー、出たアルバム、えー
 『Chrome Dreams II』というアルバムなんですが。これなんか昔、『Chrome
 Dreams』っていうのを作ろうとしたらしいんですね。なんだけどそんときに、
 結局作れなかったみたいね、出さなかったらしいんですけど、それの、なんか
 Part2という、題名が付いています。ニール・ヤングで『Dirty oldman』」

「えー松本潤がお送りしているJUN STYLEです。えー、ここでメールを1枚、
 ご紹介したいと思います。
(ラジオネームを見て)すごいね。JUN STYLEの
 おかげで、昼、起きれるようになったと。素敵なことですね。んー。
 (エコー)まぁ、朝なんですけどね。はい」

 『潤くんおはようございます。おはようございます。新しく始まった「温故知新」の
  コーナーも、興味深く聞かせていただきました。潤くん的には、デビュー当時の
  音源なんかも出てきたりで、複雑なようですが。私は去年になって、嵐のファンに
  なったので、昔の音源もいろいろ聞けると嬉しいです。もちろん早く全CDも揃えたい
  のですが、なかなかお小遣いの関係で一気にとはいかず…。だからこうして、エピ
  ソードも交えつつ、曲を紹介してもらえると、次のCD購入の参考にもなりますし、
  私のように最近ファンになった者には昔の話も大変興味深いです。もちろんCDを
  買って、それを聴いて「いい曲だなぁ」と思って聴くのもいいですが、私はコン
  サートでやってくれたり、特にオープニングでやった曲は楽しみにしていたドキ
  ドキが、迫力とともに心臓に突き刺さるとか。ものすごく思い出になり、それまで
  あまり好きではなかったとしても、大好きな曲になります。自分のその時の恋愛状
  況や、仕事、家族、いろいろなコミュニケーションが、その人にとっての曲の価値を
  上げるように、潤くんがエピソードを紹介してくれたら、その曲の一歩深いところを
  感じて、また聴けるのかなぁと思います。少し話は逸れましたが、ちょっぴり恥ず
  かしいかもしれない過去の音源も大切な嵐の一部なので、嫌がらずに今後レギュ
  ラー化してください』

「という。……あのー、そう、こういう、新しくなった人は、そういうふう、に
 聞いていただいて。昔から知ってる人は、懐かしいな?と、思い出を、こう振り
 返りながら、聞ける、という、あの、メールをたくさんいただきまして。えぇ、
 なので、えー今日も、やらせていただきたいと。思います。

 えー【嵐 温故知新】。第2回の今日はですね、セカンドアルバム
 『HERE WE GO!』についてお話していきたいと、思います。えーアルバム
 『HERE WE GO!』…これはセカンドなんですね。えー、2002年に出てるのか
 な?えぇ。僕、実はこのアルバムすごい好きで。んーー、あの、コンサートやる
 時とかに、コンサート作る時に、とりあえずひととおり全曲、聴きなおすんだけ
 ど…そうすると、この、アルバムって、どのアルバムよりも、一番、あ、この曲
 こういうふうにしたら面白いなぁとかっていう、なんかやり方を、すごく…こう
 想像を膨らませてくれるアルバムなんですね僕の中で。しかも、その年に
 よって、全然違うものが、浮かんだりするっていうのは、んー面白いなぁと、
 思いますねぇ。
 

 ここで中断!こんな大事なところで。ごごごめんなさい?<(__)><(__)><(__)>
 (追記ここから)
 この頃考えていたこと、あのー、そうですねー、尖ってましたね。ははっ。
 あのー、ライブ、その年のライブにもすごくそれは表れていた気がするんだ
 けど、うーん、ジャニースっていう、色んなグループがある中…で、んー、
 俺らがそのド正面のジャニーズっぽいことを、やってもしょうがねぇだろとか
 思ったり、んー、まぁ、ラップとか…ねぇ、やってたし、そのーデビュー当時から。

(追記ここまで)

 その当時は、ラップ、らしいラップをやる人たちはいなかったので、ジャニーズ
 に。んーー、なんかまぁそこもあったしー、コンサート作る上で、もっと違う形、
 を、やろうとか、こういうのがアリなんじゃないかとか、っていうのを、んー自信
 がないながらに、すごく、あの、これでいいんだ!と思って、作…ってたんで
 すよね。で、それがすごく、顕著に表れて、その先のコンサート作ってく上で、
 …んーある種、良くも悪くも勘違いした、タイミングがこの『HERE WE GO!』って
 いう、アルバムの、ツアーだったんですね。えぇ。だからぁ、あの今でも覚えて
 るんだけど、コンサートの、最後、本編の最後、20分ぐらい、ダンスメドレーを
 やったんだけど、ダンスメドレーやってそのまんま、終わっちゃうっていう。
 も、これでいいんだ!って、いうふうに、作ってやって、初日ー、を、大阪だっ
 たかなぁ、どっかでやっ…ちょっと、どこだったかまでは、ごめんなさい、定か
 ではないんだけど。

 初日、それを作ってやったら、ドーン!っつって終わって、あのー、
 『Easy Crazy?』なんですけど。『Easy Crazy?』、踊り終わって、最後特効で
 バーン!っつって終わんだけど、終わった時に、なんか、『終わりです』みた
 いなことを(笑)モニターに出したら、客が(エコー)『えーっ!?』って言ったの
 を、覚えてますね、えぇ。
(楽しそう)ま、良くも悪くもー、狙いどおりって
 いう。感じだったんすけど。んで結果的に、最後、いろんなことをやって、手ぇ
 加えてって、んー面白い形で終わ…ったなぁ、って、いうふうに思いましたね。
 なんかそっから、ある種、エンターテインメントとしての、バランスの良さみた
 いのはどんどん失ってくんだけど(笑)そこから、1年ぐらい。でもまぁそれは
 結果としては…まぁよかったんじゃないかなぁと、思いますね。今となっては。
 んー。まぁ、ということで。えー、そんな『HERE WE GO!』の中から1曲、
 かけたいんですが。まぁ、今後その『HERE WE GO!』を振り返るかなぁと
 思いつつ、まぁ1回目ということで、今話したような内容、のこと、を…
 思い浮かべたので、えー今日は、嵐で、『HERE WE GO!』の中から、
 『Eazy Crazy Brake Down』。聴いてもらいたいと思います」

「えー、Nack5で松本潤がお送りしています。JUN STYLE。えー、メールを
 読みたいと思います」


 『潤くんこんにちは。こんにちは。今日は私と姉の、不思議な話を聞いてください。
  私と姉は、一卵性の双子なのですが、この間の夕方、急に私の右足首が痛み出し
  たんです。ひねった覚えもないのに、と不思議に思いながらも、あまりの痛さに
  湿布を貼って1日を過ごしました。そして次の日。姉にそのことを話すと、なんと!
  その同じ時間、姉が足首をひねっていたことが判明。それからというもの、私が
  風邪を引いた日は、元気だった姉も急に咳と吐き気に襲われたり。またある時は、
  姉がひどいめまいに襲われた時は、私も同じようにめまいが起こったり。どうも
  最近、双子パワーがパワーアップしているようで。まだまだ、今の世の中不思議
  なことがあるもんだな、なんて感心している毎日です。
  P.S. 潤くんは不思議なこと、信じますか?本当の話です』

「っていうことなんですけど。これさぁ、あのー、実際、実体験としてこうやって
 聞いたのは、初めてだけどぉ。言うよね。あのー、一卵性だけなのかな。二卵
 性でもそうなのかなぁ。伝染しちゃう…っていう、テレパシーじゃないけどなん
 か。みたいなふうに言ったりしますよね。僕も、自分の周りにいたりするわけ
 じゃないのでわかんないですけど。そういう話、を聞くと、あぁ不思議だなぁと
 思いつつ、ねぇ。まぁ医学的にそれこそ、解明されてるものじゃないのかも
 しれないから。ホントかどうかっていうのはこうやって、実際の話聞かないと
 わかんないですけど。ってかまぁ、自分自身が体験してることじゃないから
 僕の口からは、『ホントなんですよ』とは言えないけど。んー。あるんでしょう
 ねぇ、って感じですよね。…だから、まぁ医学的にそれを、証明することが
 正しいのかどうかはわかんないけど、証明できたら面白いなぁとは思います
 ねぇ。んー。どういう仕組みなのかっていうのがね。わかるといいなぁとは
 思いますが。はい。

 そういうことで、ここで1曲。BUMP OF CHICKENの、えー、去年ですね。先月
 ですね。えー、出たアルバム、『orbital period』の中から、えー聴いて
 いただきたいんですけど。この番組でもかけてる、そのー、『メーデー』って
 曲がありまして。それが3曲目なんだけどその前に、『星の鳥』っていう、
 曲が2曲目にあって。そこのつながりが僕はすごい好きで。あの、盛り上がる
 んですねぇ。なので、えー、それをちょっと続けて、聴いていただきたい。
 そんなふうに思います。BUMP OF CHICKENで、『星の鳥』そして『メーデー』」

「…まぁ、曲聴いていいなぁって思うことって、ま、あるんですけど。すげえ、
 なんかこう、わぁー!ってテンション上がるのって、年に、実は、何回かしか
 なかったりするんだけど。ひっさびさにこれは、よかったですね、僕の中で。
 はい。えーBUMP OF CHICKENで『星の鳥』そして『メーデー』、聴いてもらい
 ました」
 
「えー、いかがだったでしょうか?今回のJUN STYLEは。えー今日のエンディン
 グ曲は、嵐で、『言葉より大切なもの』、聴いてもらってます。
 えー、ここで、インフォメーションです。新曲のリリース。します!決まり
 ました。えー2月の20日。嵐、21枚目のシングル。えー、初回盤には、えー
 特典として、PV、プラスメイキングDVDを付けるということです。えー通常盤、
 も、あります。えーこちらは、C1000の、えーCMソング。『冬を抱きしめて』が
 入ると。えー2月の20日に、えー21枚目のシングル、発売するのでぜひ、
 楽しみにしててほしいと思います!
 
 えー。2月にシングル出すと。いうことですよ。えーそのうち皆さんに聴いて
 いただけるんじゃないかなと。……来週聴けるかも。ほー、そんなに早く出し
 ちゃいますかぁ。J-Storm切羽詰ってますねー。ふふっ、そうじゃないって?
 えー。ということで。えー、来週、聴けるかもしれない。これ(エコー)3週
 ぐらい引っぱろうか。ねぇ。(笑)聴けるかもしれないっていう。えー、ぜひ。
 来週も、お聞き逃し、なく。では、また来週聴いてくだっさい!お相手は嵐の
 松本潤でしたぁ、バイバイ!」

 

18:30  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★ありがとうございました!

上のコメントをくださった方。

おかげさまで、欠けた部分を補足することができました。
こういう時、ブログも1人でやっているんじゃないんだと実感します。
本当にありがとうございました。
今回のように、時々ポカをやらかしてしまいますが、
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

みゆゆ |  2008年01月14日(月) 01:20 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/934-a50256e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。