FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2008.02.16 (Sat)

ムービングステージを語る

JUN STYLEレポです。

今日はお出かけしていたため、もっと遅くなるかと思いましたが、
案外いつもとそんなに変わらない時間にできました(笑)

今回は【嵐・温故知新】のコーナーがあり、アルバム『One』の中の
『Yes?No?』を取り上げていました。
その中で、『One』ツアーで初めて登場したムービングステージの話を、
改めていろいろ話してくれましたよ☆

『Yes?No?』で始まる『One』コン、今もDVD化を願う声が多いと思いますが。
この曲聴くとテンション上がるよね!って感じだよねーほんと(>_<)

ね、今からでも遅くないからDVD出しませんか?Jスト様!
今なら絶対売れるよ!(爆)


ということで、レポスタート。



【More・・・】


「おはようございます。2月16日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?
 松本潤です。えーーー、もう花粉が、すごいことになってますよ。
 1月の段階で結構、もう…重度の人たちは来てましたけどもですね。
 僕もー、なんかちょっと感じー、ちゃってまして。今年は、花粉用の
 注射を、打とうと、決意しました。だって今年3倍なんでしょう?
 去年、でぇ…大変だったんだよ僕ー。なんで今年、3倍とか言われたら
 もう確実だな、と思うんで。ちょっと注射打とう、と思ってます。はい。
 なんか…辛いねぇこんな時期からそんな、ことを気にしなきゃいけない。
 花粉症って結構春の印象があったんだけど。こんなに早いんですね、って
 感じです。はい。まぁ、皆さんも、えー花粉だけじゃなく、えー風邪、
 インフルエンザなどなど、えー気をつけていただきたいと、思います。
 では約30分間、僕松本潤と、お付き合いください。JUN STYLE
 スタートです」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。今日の1曲目、
 レッド・ツェッペリン『ロックンロール』。これは、こないだの、
 こないだっつっても結構前ですけど。あのー、復活した、ライヴの、
 ラストがこの曲だったって書いてあって。んまぁ盛り上がるでしょうなぁ、
 これ最後に流れたら。んー、いいですね。行きたかったなぁ俺も。
 …さ。(笑)えー…メールを読みたいと思います!」

 『松本潤さま。こんにちは。土曜日の朝、いつも潤くんのラジオで始めさせて
  もらっています。お世話になってます。いいえ。こちらこそお世話に
  なってます。
さて、今発売中の「Cut」を見て、びっくりしました。無造作
  ヘアに無防備な表情の、いつもと全然違う、見たことのない潤くんがいたから
  です。(最後の、猫背の潤くんなんて初めて見ました)いろんな意味で大人な、
  一人の男の人がそこに写っていて、背後にあるストーリーがたくさん浮かんで
  きました。モノクロ写真のせいもあるのでしょうか。映画のワンシーンを見て
  いるような気持ちになったんです。写真を見てそんなふうに思ったのは初めて
  なので、衝撃でした。いつものキラキラした潤くんも素敵ですが、Cutの写真の
  ような、けだるくて深みのある潤くんも大好きです!そこで質問なんですが。
  あの写真を撮っていたときは、何を考えていたんですか?どうやったらあんな
  いろんな解釈ができる表情ができるんでしょうか?』

「ということなんですけど。あれはねぇ。なんかテーマが決まっててぇ。
 コーヒー&シガレッツ、みたいな。…なんかね、そんなような話を
 してて。ジャームッシュの、イメージっつう話をしてて。まぁそれはなんか
 モノクロだったっていうのもあるんだけど、なんか、どういう感じ…
 にしますか?みたいなことを聞いたら、ちっとなんかストーリー性の
 あるけだるい感じで、こう、ジャームッシュの、世界に出てくるような、
 感じ、とかって言ってて。あぁわかった。って言って、んで、なんか
 撮り、始めたんすよね。だから、あれちょっとわかりづらいんだけど、
 ずーっと撮ってて、ずーっとなんか背中丸くて、ずーっとなんか、
 あんななんか、こうけだるーい感じで、撮影してて。30分もかかって
 ないっすけど、すぐ終わっちゃったんだけど。なんかね、その、ロケ地…
 が、団地で、そのうち潰れちゃう団地だったんすけど、そこで撮ったん
 です。んー。そう。だからなんか、どっちかっつーと、あれちょうど
 『隠し砦』やってる最中とかで。なんかこう……んじゃあちょっと、
 芝居っつうわけじゃないけどこう、気持ち作ってやりますか?みたいな。
 ことで、やってますね?えぇ。はい、そういう感じです。

 えー、ではここで1曲。えー来週の水曜日発売ですね。2月20日発売、
 嵐の21枚目のシングルです。『Step and Go』」

「松本潤がお送りしている嵐 JUN STYLEです。えー、さあ!こっから、
 【嵐・温故知新】のコーナーにいってみたいと思いますが。えー、
 今回はこんなメールが届いています。えーーと」

 『潤くんこんにちは。こんにちは。私は去年から嵐のファンになった、
  まだまだ新人でーす!って書いてあります。えー、今まで嵐が出したCDを
  大人買いして聴いています。嵐の曲はどれも親しみやすいし、ジャンルの
  幅が広いので、聴いていて飽きません。今私がハマっているのは、アルバム
  「One」の中の、「Yes?No?」です。この曲を聴くとテンションが上がるので
  低血圧で朝に弱い私にはぴったり。おかげで今年の私のチャレンジである
  「遅刻をしない」が達成できそうです。そこで、「Cの嵐!+嵐・温故知新」の
  質問です。今までの嵐の曲の中で、潤くんにとって、また嵐にとって、挑戦
  だった曲ってありますか?レコーディングの時とか、コンサートでやる時とか。
  何でもいいです。嵐の挑戦、聞かせてください』

「ということです。なんすかねぇ?そー、ですねぇ。あのー、まぁ、
 どっかこう、パンフレットとかで言ったことあるかもしんないですけど、
 あのー、ちょうどこのアルバム、『One』ツアーの時ですねぇ、今も、
 みんな結構使ってますけどジャニーズムービングステージっていう。
 床が、上に上がってそれがそのまま移動するっていう、ステージを、
 作って、初めて出したのがこの『One』のツアーで。…なんか、こう
 打ち合わせとかしている中でまぁそういう話になり、やったんですけど。
 打ち合わせ段階で、どうやったらそれが、成立するかねぇ?っていう
 話含めて、『こういうのやりたいんだけど』って言い始めたとっから
 始めて、結局なんかネックだったのが、そんときって、アリーナツアー
 をやったんだけどぉ、んー最初が大阪で…次が代々木だったのかな?
 2ヶ所目が。で、その、結局さ、客の上を、通るとかっていうのが、
 そのー…基本NOなわけですよ。それはこう、その、地域その地域に
 よって違ったりするんだけど、あの、消防、的な問題とか、こう安全
 面、として、クリアになんないとそれができない、っていう中で、
 それ自体が、こうOKが出るかみたいな、ことをやってて。

 なんかすごいね、『そのとき歴史が動いた』みたいになってきてるけど。
 (笑)あのー、で。1回そのセットを組んで、まずそのー、そういう人たち
 に見てもらおうって話になって。んで…都内からちょっと行ったところに、
 セットを組んで。そこで初めてまぁ僕ら乗って。…んでそのなんか、
 そういう人たちに、見てもらってて。で僕らステージ上で、も、上に
 乗ってる段階で、『あ、全然これ危なくねーなぁ』みたいなことを、
 (笑)わざと言ったりとかしてて。で、しかも、その日にちょうどでっかい
 地震があった、のね?その、近くで。で、地震があったんだけど、それ
 でもそれは全然、どうにもなんなかったから、ビクともしなくて。
 で、まぁそういうのとかも含めて、まぁ、大阪城ホール1発目でやらせて
 もらったんで、で、そっから先もそれでずーっとできたとか…ま、
 僕にとっての挑戦っていうわけじゃなくて、まぁそのコンサートを
 作る、スタッフとかを含めての挑戦だったりすんですけど。まぁ、
 それがあったからこそ、今ねぇ、みんな、ムービングステージ使えてる
 わけだし。まぁそもそも、やらしい話?俺らが考えなかったら?みんな
 使ってないわけですから?えぇ。ジャニーズ、ムービングステージ。

 そう、それができたのが、こう『One』ツアーだったし。まぁどこで、
 それを動かすのが一番、いいかねぇ?みたいな話とかをしてて。
 一番最初大阪城ホールで、それを動かした時に…(笑)あまり客がどよ
 めいて、『なんだこれ?』っていう感じになってたんで、気持ちよかった
 ですね。えぇ。まぁその、『One』ツアーの、オープニングだったん
 ですね、『Yes?No?』が。んーこの始まりもすごく好きでしたねぇ
 僕は。では、ここで1曲。えー2005年8月3日に、リリースされた
 アルバム、『One』の中から、えー嵐で、『Yes?No?』」

「嵐で『Yes?No?』を聴いてもらいました。えー、FMNack5で松本潤が
 お送りしています。嵐 JUN STYLE。えー、では、メールを、読み
 たいと。ペンネーム、えみかちゃん、です。すご、自分でペンネーム
 に、『ちゃん』付けて、送ってきました。よっぽど『ちゃん』って付けて
 ほしかったんですね。(エコー)えみかちゃんちゃんってことですね。

 (いぢわる)はい」

 『潤くん、おはようございます。おはようございます。久々に、お手紙を
  書いてます。前の放送で、プリクラの話をしていたので、最近のマイブーム
  を聞いてほしいと思ったんです。それは、嵐プリクラを撮ることです。
  最近の機械では、好きなものを背景にできるものがあるので、こんな
  プリクラも撮れちゃうんです。どうですか?えー、という、これ、載って
  るんですけど。「これがほんとの嵐なの!」って書いてあって、
  松本、二宮、櫻井、大野、そして、えみかちゃんと。なぜか相葉が
  いない。ふふふ、えー(エコー)プリクラが貼ってあります。相葉くんが
  嫌いなのかもしれないですね。ははは。
(ドS)とか、えー、とか、
  ライヴの、なんだろ、写真とか。なんですかねぇこれ?と一緒に、
  こう撮ってて。へー、こんなの撮れんですね今。えー
今までの嵐プリ
  クラの合計は、71枚でした!ってすごいね!えー潤くんがプリクラを
  撮ったと聞いて、なぜかテンションがMAXになっちゃったので、
  早速手紙を書いたというわけです。潤くん、またプリクラ撮ったら教えて
  ください。P.S.潤くんとプリクラ撮りたいよー』

「っていうことです。はい。僕も撮りたいです。てか撮ってるでしょ。
 まぁ背景ですけど。ま、とーぶんプリクラ撮んないと思いますけど
 僕は。まだ高校生とかやっぱプリクラ撮るんだねぇこうやってね。
 すごいね、こんななんだ今。最近の機械…すごいですねぇ。合成できんだ
 こんなキレイに。まぁ、若干やっぱ違うは違う、合成だっていうのはすぐ
 わかりはするんですけど。でもこれすごいと思うな。で、しかも、
 なんかこう、普通のプリクラみたいに字も、書き込めて。すごいね。
 えぇ、プリクラ。進みますなぁ、時代っていうのは。プリクラ話でした。
 えぇ。

 えー、ではここで1曲。ノラ・ジョーンズがですねぇ、ウォン・カー
 ウェイの、監督作品に、最新作に出てると。ノラ・ジョーンズ第1回
 主演作品。第60回カンヌ国際映画祭オープニング作品…ノラ・ジョーンズ
 ・・・が芝居やるってちょっと、興味ありますよね。しかもウォン・カー
 ウェイが撮ってるっていうのすごいね。しかも出てるのがジュード・
 ロウ、ナタリー・ポートマンとかってすごいよ。レイチェル・ワイズ
 とか。すごいね。えーまぁ、映画見せるわけじゃないんで、曲紹介
 したいと思います。ノラ・ジョーンズで『The Story』」

「…『どこから始めていいのか私にはわからない』とか。日本語訳にする
 とね?(エコー)『どのストラ、ストーリーも、既に語られているから』
 と。で、その、女優業をどう始めていいかわからない(笑)っていうのと
 あの、ウォン・カーウェイが、こう脚本の物語の最後を教えてくれないって
 いうので、どう(笑)なるのかわからないって言ってるっていう。なんか、
 ウォン・カーウェイが、そのサントラに合いそうないい曲ないかっつったら
 自分でこれ書いて渡した(笑)っていう、話らしいんですが。面白いっすね。
 えぇ、ノラ・ジョーンズで『The Story』聴いてもらいました」
 
「えー、いかがだったでしょうか?えー、JUN STYLEは。えー今日のエン
 ディング曲は、嵐で『冬を抱きしめて』、聴いてもらってます。
 今、聴いてもらってる『冬を抱きしめて』も、カップリングとして
 入ってます。2月20日発売。えーシングル『Step and Go』。
 よろしく、お願い、します!えー、それに伴って、今週も。えー、
 そして来週も、えー歌番組に出ると。明日ですね、明日。17日。えー
 BSの方で、NHKのBSで、えー『少年倶楽部プレミアム』出ます。えー
 今回僕、太一くんと、対談、することになってます。えー、そして、2月の
 18日。えー『HEY!HEY!HEY!』にも、出ます。はい。ぜひ、お楽しみに。
 
 では、また来週。お相手は、嵐の松本潤でした。バイバイ」

 

18:53  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/963-047d4d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |