FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2008.03.08 (Sat)

近況と「LOVE」を語る

JUN STYLEレポです。

なんとか出かける前にできたよ!GRAも見ないで頑張りました☆

ということで。
今回は、花男の撮影で行ったラスベガスの話と、そこで観に行った
シルク・ド・ソレイユの舞台『LOVE』と『ZUMANITY』の感想を、それは楽しそうに
話してくれましたよ。
そしてauの庭へのお誘いとかね(笑)

今日は時間がないのでこれにて。

ではスタート。


【More・・・】


「おはようございます。3月8日、土曜日の朝いかがお過ごしですか?松本潤
 です。えー先週も言いましたが、えー2月は、ほんとに、ヘタしたら半分
 ぐらい日本にいなかったんじゃないかと、えー思うぐらい、半分ぐらい、
 少なくとも半分ぐらい、家にはいなかったですね。えぇ、半分ぐらいホテル
 暮らし、をしてましたね、えぇ。えーそうなんです。『花より男子F』、映画、の
 ロケでですね、えー香港行って、えーラスベガス行って。えー、とか、いろいろ
 ロケを、して、おりまして。えー正直今これ録ってる、最中、完ー全な時差ボケ
 です。昨日帰ってきたんですけども、昨日帰ってきて、えー夜コンサートの
 打ち合わせなんぞをやっててですね。えー、んで今日、えー『ひみつのアラシ
 ちゃん!』の、番宣をやり。そして、『東京フレンドパーク?・嵐スペシャル』
 これを3月31日に放送されると、いうことで。頑張ってきましたよ。頑張って
 働いたんだけど、もー2つめぐらいの種目から(エコー)も、ねーむくて眠くて。
 ふっふふ…。ま。そんな中で頑張ってきましたよ。はい。えー、ま、そんな
 こんなでですね、えー海外とかでロケやってたんで、そんな話なんかを今日
 はしたいと、そんなふうに思っています!
 えーでは、約30分間、僕松本潤とお付き合いください。JUN STYLEスタート
 です」

「改めましておはようございます。嵐の松本潤です。えー今日のオープニング
 曲は、ザ・ビートルズ、アルバム『LOVE』から『Get Back』、聴いてもらって
 ます。
 
 ま、もう皆さん、えーテレビ見て、みたり、大型の、電気屋さんに、行ったら、
 まぁ、あると思いますが。au by KDDI。はい、CM、やらせてもらっていただ
 いております。ま、僕ーはなんかここ何年ぐらいですかね?もう5?6年とかに
 なるんですかねぇ、もっとですかね。あのーずーっとauユーザーで。ずーっと
 au使ってたんで。あのー、あ、よかった、と思って。au持てるようになって、
 ようやく、こう、携帯、外に出せるようになるじゃないすか。それまで外にあん
 まり携帯って出せなかったので。そういう意味ではすごく、よかったなぁなん
 て。思いますね。auはねぇ、切れないですよー。電話。はい。あのこれ、ほん
 とに僕、ずっと使ってたんで。一番最初別の会社から、あのauに移した時に、
 その前の携帯がすーごい切れてたの。それこそ街とかで電話してると、すー
 ぐ切れちゃう、携帯で。ちょっとやだなぁと思ってて、俺の友達がauに替えた
 ら、『全然切れねーよ』っていう話になって、マジで?って言って替えたら、
 ほんとに切れなくなったからね。えぇ。それぐらいやっぱいいっす。auの庭。
 (エコー)庭ですか。庭ですか?…庭。ワニじゃなくて?…ていう。えぇ。
 ぜひ、えーauの庭へ、いらっしゃってください。はい。そんな感じでございます。

 では、今日、また、『またおまえビートルズかけてんのかよ?』って言われる
 かもしれませんがですね。あのーなぜかけてるかっていうと僕がベガス行っ
 て、あのー『LOVE』。見てきたんです。はい。なんで今日は、えービートルズ
 のアルバム『LOVE』から。えー曲をお届けしたいと。そんなふうに思っており
 ます。えー、この曲は感動した。ザ・ビートルズ、アルバム『LOVE』から。
 『Strawberry Fields Forever』」

「えー、松本潤がお送りしている、嵐 JUN STYLEです。
 えー2月ー、末ですかねぇ。そうですね、あのーちょうど、『Step and Go』の
 リリース、前後ですか。それぐらいのタイミングで、あのー香港行きまして。
 で香港で撮影して。んでそのあと、ラスベガス行って。撮影して。んー、あの
 香港も、ミュージックステーションの、ために1回戻ってきたんですけどぉ、
 香港は、それこそ3?4時間ぐらいで行けるんで、いいんですけど。ラースベガ
 スもう行って帰ってホントしんどいっすよ!はは、直行便ないから今。それこ
 そ俺らはロス経由なんだけど。すげー…あぁ…直行便作ってほしいわぁ。って
 感じですよ。でもー。何年ぶり、8年ぶりぐらいに、ラスベガス行ったんすよ
 僕ら。嵐、たぶん、僕の記憶が確かであれば、えーと嵐が、デビューする前の
 '99年の夏とかに、行ってて。それがたぶん最後だと思うんだよね、ベガス
 行ったのって。で、その頃とか、にぃ、シルク・ド・ソレイユの『O』とかが
 あっ、できてちょっと経ったぐらいだったんだと思うんだけど。それで『O』
 とか観て、お?、すげぇって。ギャグじゃないよ。思っててぇ(笑)

 んでま、それ以来だったんでぇ、結構なんかラスベガスも、雰囲気変わっ、た
 なぁ?って思ったりするところもありつつ。あー、なーんか懐かしいなって。
 それこそホテルベラージオってホテルがあんですけど。その目の前に噴水が
 あって。そことかもすーごいー、なぁーと思いながら。なんかラスベガスの
 イメージって結構そこが、イメージ強くて。覚えてるんすけど。んー今回も通り
 過ぎた時に『あ?、ベガス来たなぁ?』っと思ったりとか。したぐらい。なんか
 思い入れが強かったんですけど。んー。昔ベラージオに泊まった時に、あの
 …どれぐらいだろ。半年ぐらい、俺のキーケースにベラージオの鍵を、なん
 かそのまま、付けてた、記憶があって。あのー鍵刺さないとエレベーターが、
 開かない、ホテルだったんで。んー、すごくよく覚えてたりしますけど。えぇ。

 まぁ、それこそカジノ、できるように、なりまして。年的にも。んでカジノ、
 に、行ったりもしたんですけど。えぇ。まぁ?ラスベガスはいい?街はいい街
 ですね。ただね、俺ひっさびさに行って思ったんだけど、ものすごいあの街
 乾燥してる。びっくりするぐらい、手とかカッサカサになるのね。びっくり
 しました。それは。まぁ、あとは、あの、さっきも言いましたけど、シルク・
 ド・ソレイユの舞台『LOVE』、そしてあと、も1コ、『ZUMANITY』っていう
 舞台も観てきたんっすけど、『ZUMANITY』も面白かったっすね?。んー。
 えぇ…良かったです。まぁ、その話は、まぁ後でするとして。

 そうなんです、撮影で行ったんですけど。まぁアメリカの規模っていうのは、
 すごいですな!あのー……車とかさぁ。ものすごいでかいわけ。あのー、
 牽引っつって車引っ張る、あの車とか、が、出てくるんだけど。あの、さ、
 ほんとに、ものすごいでっかいトラック…の、荷台みたいなところに、普通の
 車積んじゃうんだね。それで走らせるんだ。普通、あの日本の牽引って、日本
 にもそのシステムってあるらしいんだけど、道がやっぱ狭いから、あんま使え
 ないらしくて。日本でよくやるのは、車、前の車が、後ろの車、に、繋がって、
 前の車がそのまま引っ張るっていう状態なんだけど。こないだアメリカで撮っ
 てたのは、その…前の、トラックの、後ろに、そのまま普通に、こう繋がってる
 タイヤみたいに、レッカー車みたいに。だから、1コ乗っけて、その状態で
 走ってくっていう。…まぁ、すごいこと考えるなぁ、みたいな。んー。
 
 スタッフはねぇ、うーんと技術スタッフも美術スタッフも、半分ずつぐらい
 かな。日本から半分ぐらい行って、例えばじゃあ、えっと、ひとつの部署で
 4人とか5人とかいるところを、2人とか3人とかにして、で海外のスタッフが
 2人とか3人とか入るとか。そういう感じだったかな。それこそ向こうの機材、
 を、使わなきゃいけない。例えばクレーンとか、向こうの人で使わなきゃいけ
 なかったりとかするから、そういう、撮影部も、クレーンとか、の、その特機
 部とかは、別でいたりとか。っていう感じ、でしたね。んー。すごいのがさ、
 向こうって、6時間おきにメシ食わせないと、お金が発生するんだって。だか
 ら、6時間、それこそ…夕方の…だから、4時とか。4時にメシ食うと、それが
 夕食なわけよ。夕方4時。だから10時ぐらいに、昼食食うのね。で、それよりも
 前に、1回メシ、食ってきたりとかするー、わけじゃん。で、10時ぐらいに昼食
 とって、4時にメシ食うわけですよ。で4時にメシ食ったと思ったら、今度10時に
 夜食が待ってんのね。6時間おきに(笑)絶対食わなきゃいけないっていう、
 食わせなきゃいけないっていう規則があったりとか。

 あと、なんか面白いのは、エキストラの人とかも、それが、そういうふうに
 決まってるから、そうするとエキストラの人たちが、ごはんに行くじゃない。
 そうすると、最後に、ごはんをとった人から、30分は絶対に
(休憩を)取らな
 きゃいけないとか。ちゃんと決まってるんだよね。…で(笑)すごく切ない話を
 すると、アメリカではそういう規則があるから、それは確実に守んなきゃいけ
 ないから、守るわけですよ。で、どうするかっていうと、アメリカのスタッフが
 メシ食ってる間(笑)日本のスタッフだけ残って撮影してるっていう(笑)現状が
 あって。俺らは何なんだろう、みたいな。ちょっと切なくなりますよねあれは。
 えー…面白かったですけどね、んー。まぁそんな感じです。

 えーではここで1曲。えー嵐で、『Step and Go』」

 えーFMNack5で松本潤がお送りしているJUN STYLEです。
 海外ですよ。えぇ…。あのー、そう、それこそ、この番組でも昔から言ってた
 と思うんですけど、ちょうど1年、ちょいとかか。去年の1月とか?それぐらい
 かなぁだいたい、12月とか1月ぐらいに、あのーアルバム『LOVE』…ビートル
 ズのアルバム『LOVE』を僕が聴いて、おぉー、これいいわー!って思って、
 そこからずーっと観に行きたくて、ようやく念願叶い。すんーごいハードだった
 んだけど、スケジュール。無理くり行って。でもメチャメチャ面白かったです
 ね。あの…それこそ……言っていいのかな?あのね、『Blackbird』っていう
 曲が。…『Yesterday』の前に付いてるんだけどアルバムで。その
 『Blackbird』って曲が、歌が入ってないのね?CDん中だと。んで、それが
 舞台上ではあって、それぐらいかなぁ。それ以外はほんと細かい繋ぎとか
 以外は、もろまんまCDの、音なのね。だから、サイズとかも、全部覚えちゃっ
 てるから、もう。も、完全に1人でノリノリ状態で観てて。すごい面白かったっすね。

 僕がやっぱ好きだったのは『Get Back』とさっきかけた『Strawberry fields…』
 とか、『Hey Jude』とか。は、やっぱ良かったなぁ。あと、『Octopus's Garden』
 とかも良かったですね。すごい世界。あと『Lady Madonna』も良かった。
 んー。結構面白いなぁーと思って、観てましたねぇ。あとねぇ、すごいびっくり
 したのが、久々にその、シルクの舞台を観たんだけど。去年さぁ、コンサート
 やっててそのMJ WALKだったりとか、あのー、なんかアンコールでびゅん
 びゅん飛んでたりとかする、あのフライングシステム、あるじゃない?あれと、
 使ってる機材とかね、ほとんど一緒なんだよね。なんだけど、ほんと俺らが
 使うとああいうくだらないびょんびょーんってやったりとか、するのとかになっ
 ちゃったりするんだけど、ほとんど同じなんですよ。んー、あの綱元は、俺は
 確認できなかったんだけど。(笑)そんな夢のねー話したってしょうがねーか。
 (笑)まぁそんなところ見てるわけですよ結局。何が面白いっつーとさ。まぁ
 もちろんステージ上でなんか起こることとか、世界観を観るのもすごい楽し
 いんだけど、フライングどうなってんだろうとかライティングどうなってんだろう
 とか、どこに何のヤツ映してんだろうとか、そういうこと見てたりするんで。
 んー、面白かったですねぇすごく。あぁ…なんか、そういうシステムって、
 あぁ、俺ら結構いいのを使わせてもらってんだな(笑)みたいな。えぇ、思いま
 したし。
 
 あとね、『ZUMANITY』もすごい面白かった。『ZUMANITY』って、えーと『ZOO』
 と動物園のZOOっていうのと、『HUMANITY』。っていうのがかかってて、人類
 愛をテーマにしてて、その、男女だったり、同性愛だったりとか、あと動物っぽ
 い、こう獣っぽいものとかが出てきたりとかする中で、やるんだけど。基本的
 に男も女も、トップレスなんだよね。…だから、たぶん、あの入場制限とかある
 んだと思うんだけど。ちょっと面白かったですね。僕は。んー。すごく、まぁ
 そんなに、最近できたもんでもないらしいんだけど『ZUMANITY』自体は。でも
 なんか音とか、こう、灯りの感じとかすごく、今っぽい作りだなぁと僕は思って
 見てて。んー。英語がすごく、ちゃんとわかるわけじゃないし、もうほとんど
 わかんない状態だったりとかするから、MCで、あの、林家、ペー、パー、みた
 いな、2人組が出てきて、漫才みたいのするんだけど、それはもう全然追いつ
 けないぐらいバーっとしゃべってて。周りの人『ウァッハッハ!』って。も、大爆
 笑ですよ。アメリカ人。ほんとに。おまえらなんでそんな笑うの?みたいな。
 しかもたぶん言ってることちょっと、感じること、ちょっと下世話なのね。
 なんだけど。みんなゲッラゲラ笑いながら、んー。でもなんかすごい面白かっ
 たですね。んー。まぁ、そんな時間のない中、2本、無理くり観れたのは僕と
 しては嬉しかったですけど。

 あとほんとは『KA』観たかったの。で、『KA』もチケット取ってたんだけど、
 結局、(?)が押しちゃって行けなかったりとか、して。満喫ー、するほど
 時間はなかったけど、まぁでも楽しめましたね。久々に行ったベガス。また
 ゆっくりベガス行きたいなぁって、すごく思いました。えぇ。そんな、感じで、
 ございます。
 えー、では、ここで、もう1曲。えー僕が感動したナンバーでございます。
 ザ・ビートルズ『LOVE』から、『Hey Jude』」

「えー、いかがだったでしょうか。えー今日のJUN STYLEは。えーエンディング
 曲は、ザ・ビートルズで、『ALL YOU NEED IS LOVE』、聴いてもらってます。

 えーーー、『Step and Go』発売中。えーそして、4月10日木曜夜10時から、
 TBS系列でですね、『ひみつのアラシちゃん!』という新番組が始まります。
 えー簡単にどういう番組かというとですねぇ、社会派謎解明…テレビ。と題し
 まして。まぁ、あのそれぞれ、みんないろんな、こう…職業の人たちがいて、
 それぞれのプロフェッショナルな人たちがいるわけじゃないですか。で、その、
 その職業を、例えばじゃあ、えー、床屋さんだったら、床屋さんは、床屋業界
 のことはすごく良く知ってる、当たり前のことだとしても、一般的には、全然
 知られてなかったりとか、その理由を聞いた時に、えー!とか、そういうこと
 なんだ。とかっていうふうに、思ったりするようなことを、それぞれ僕らが、
 こう徹底的に、調べて。それを発表するというような、ことですね。

 あのー、打ち合わせしてたんだけど、こないだ。ひとつ、案として上がってた
 のが、コンビニ?コンビニの床ってすーごいピカピカにしてあるじゃない?
 あれは理由があるんだって。それはなぜか。っていうこととか。まぁコンビニ
 で、まぁバイトしてたり、働いてる人は、たぶん、すごく当たり前のこととして
 知ってるんだと思うのね。なんだけど、まぁ僕ら…言われてみたら、あぁそう
 だねって思うけど。あんまり知らないじゃない?そういうこととか、まぁ、
 今のはすごく身近な例として。こういろんな、今僕らが知らないことを、
 ちょっとずつこう、その番組で、皆さんに教えて。ちょっと得した気分になって、
 次の日とかどっかで、こう話のネタになるような、えー番組になればいいな
 と。そんなふうに、思っております。
 
 そして、3月31日に、『東京フレンドパーク?』2時間スペシャル。嵐スペシャル
 でございます。こちらの方も出るので。楽しみにしててほしいと思います!」
 
「ということで。では!お相手は、嵐の松本潤でしたぁ、バイバイ!」

 
13:40  |  JUN STYLE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/978-47637b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |