FC2ブログ

01月≪ 2020年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2008.04.14 (Mon)

庭は洗濯機置き場

BAY STORMレポです。

あー、会話は時間かかる。まじで。
今夜は第2週ということで【オレってこんな奴クイズ】の正解発表がありましたが。
正解率は34%で、さきほどのエントリで書いたとおり、お宝音源はナシでした。

今回は裏嵐で「マチソワ」って何?っていう質問があったけど。
それを聞くのは最近ファンになった方ってことでしょうね。
ずっとニッキを読んでる人たちはみんな知ってるはずだもんね。
にのちゃんが「理由なき反抗」をやった時、マチソワを流行らせたいって書いて
なかったっけ?たしか。ニュアンス違ったかな?
でも「みんなも使って」って書いてあった気がするよ。
だから当時からの嵐ファンはみんな普通に今マチソワって使ってるよね?


ということで。
このあとはBAY STORMレポです。どうぞ。



【More・・・】


「要するに頑張ってください」

「はい、こんばんは。嵐のカズナリニノミヤです」

 『この言葉は塾の先生が20分かけて話をしたのを、私たち生徒が最後に言った言葉
  です。20分授業を潰して先生が将来のことを言っていたのを「要するに頑張ってくだ
  さいってことでしょ?」とある生徒が言い、先生が苦笑い、私たちは大爆笑。最後の
  最後は「まぁ、とりあえず頑張ってください」と先生も言っていました。にのはいろいろ
  説明したのに、一言でまとまったっていう経験はありますか?』

「ってことですけども。…俺は、ないなぁ。そういう人前で何かをしゃべるってこと
 が特にないですからね。そういうのは、ねぇ。翔くんとかさ。が多いのかな」

オ「そうですね。比較的、櫻井さんは」
「俺はこういう、人の前で、それこそ20分だとか何だとかっていう、ことはないもんね」

「そうですねぇ、どっちかっていうとこう、横から突っ込む方…が多い、ですよね」
「ねえ。だぁ俺こういうことがないんだよなぁ。でも12歳で塾に通ってるんだってさぁ。
 何受験?中学受験?俺も受けたなー。塾の、なんか試験みたいの。試験で受かっ
 た人しか入れない塾とか、あったよね。…俺受けたなぁ。すっっげぇ訳わかんな
 かったなー。うちの姉ちゃんが頭良かったからさぁ、俺も頭いいんじゃないかみた
 いなことになって受けたんだけど。んー受かってないんだろうなぁ。あれ受かんな
 かったんだろうなー!なんか、行って、もう満足しちゃったの。その時間に起きて、
 本八幡まで行って。そこに、席に座ったことでなんかも満足しちゃってさ。早く帰り
 てーなぁってことばっかり思ってたね。だからたぶん受かって行っててもそんな
 感じだったんだろうね。俺でもそうだな、そう考えると人の前でしゃべるってことは
 ほんっとに、なかったですねぇ」

「そして今夜は1ヶ月に1度のお楽しみ、【オレってこんな奴クイズ】の正解発表を
 しますので、メールを送ってくれた皆さんは楽しみにしていただきたいと思います。
 それでは、カズナリニノミヤのBAY STORM、今夜のオープニングナンバーを紹介
 しましょう、嵐で『Happiness』」

「さて、嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、この時間は
 こちらのコーナーをお届けしましょう!」

【シャッフルファイト・キーワード】

「…まずはこれ!」

■ソフトクリーム
 『私はカラオケに行くと必ずセルフのソフトクリームを食べます。カップにソフト
  クリームを渦状に入れるのですが、なかなかうまく巻けなくて、友達によくう☆こ
  みたいだと言われます。にのちゃん、ソフトクリームをよく食べますか?』

「だって。てゆーか最近カラオケ、ボックスってそんなことになってるの?…えー!
 カラオケってすごいねぇ。なんかいっぱいそういう、ごはんとかのメニューもあるん
 でしょ?カラオケかぁ。最近カラオケ行ったのいつですか?」

「半年ぐらい前ですかね」
「それでも半年ぐらい前には行ってるんだ」

「はい」
「ふーん。何歌うの?オオクスさん行って」

「やっぱり、嵐!ですかね」
「……そっか」

「いやいや(笑)」
「それは、ま、盛り上がるんだろうな。そっか」

「はい(笑)」
「オオクシさんはそうなんだね」

「『Happiness』とか、盛り上がります」
「へー。どういう人で行くの?周りは」

「うちの会社の、人たちとかー」
「J-Stormで?」

「そうですね」
「行くの?」

「たまに行きますね」
「ふぇー!俺行かないなぁほんっとに。だ、こういうサービスがあるって知らないもん」

「ソフトクリームだけではなく、あらゆる、綿菓子とか」
「えぇ?」

「綿菓子の機械とか、はい、あったりとか」
「もう、形それじゃカラオケしてないじゃん」

「そうですね」
「んー」

「あともう、それこそ、様々な種類のドリンク、スープ、ま、何でも」
「うん」

「はい」
「売り込まれてるみたい」

「いやいや(笑)」
「オオクスさん、さすがその、様々な、ドリンク、スープ」

「はい」
「あるわけだ」

「あります、ねー」
「やっぱそういうとこで勝負していくんだもんな。だってカラオ、ケボックスの、
 定義としての、主役はそんなに、進化できないもんね。音楽流れて歌うっていう
 ことに関して言うとね」

「そうですね」
「ね。…はー!俺の友達でもカラオケの音とか作ってたよ。バイトで昔。嵐の曲とか
 いっぱいやったっつってたもん」

「へー!」
「なんかあれなんだってよ?カラオケ用の曲と、なんか、リアルサウンドみたいのも
 あるんでしょ?なんか音がいい、みたいな。曲によっては。そうじゃない、リアル
 じゃない方やってたってよ。そういえば。さあ続いて」

「はっ…(笑)」
「んふふふ…っはっは、こちら!」

「あっ!(笑)」
「あははは。今優しいと思ったんだ。だめ、オオクシさん。ペンネーム、アルバムの
 予約したよ!さんからいただきましたよ!」

「ありざすっ」
「っとだよねぇ」

「はい。あざーっす」
「ねぇ、えっと、ペンネームは、あ、間違ったキーワードは」


■片付け
 『私は女のくせに片づけがあまり好きじゃありません。出したものは出しっぱなしなの
  で、いつも母親か父親に「おまえの部屋は小屋か」と言われてしまいます。にのは
  片づけが好きですか?』

「好きか嫌いかで問われてるんだったら…どっちでもい、あ、嫌いかな」

「どっちか言うと、嫌い…」
「嫌いだね。ただ、片したら、もうほんっとにキレイだよ。俺1回自分で、掃いた床
 とかで滑ったことあるからね」

「マジっすか(笑)」
「うん。小学校の頃とか」

「へえー」
「これほんとに。リアルな話あの、四角い木のタイルみたいなのあるでしょ?あれ
 とかすごい掃除して。滑ったことある、自分で」

「へぇー!ワックス…」
「全然もう掃いたりとか拭いたりとかして。だからしたらすごい。そりゃ。…あんな
 こと起きるんだっていうくらい、自分で、だってキレイにして自分が滑ってるから
 ね。だいたい自分でやったことってそんなに、引っかからない。その、限界がわか
 るっていうかさ。例えば眠い時とかさ、人から見てさ、あんま、眠くなさそうだなって
 思ってる人がさ。して、すごい眠かったりする、時とかあるじゃん。自分の限界って
 何となく自分でわかってるじゃん。だ、そういう、自分の限界を超えた瞬間ですよね」

「なるほど」
「こんなに、磨いてたかっていう」

「はい」
「やったらやったですごいんだけど、そのやる機会っていうのがね?ないんだな?
 大掃除とかさ、あるもんね。やる、やる年とやらない年」

「やる時は、何年に1回ぐらい」
「2?3年、2年3年かなぁ。大掃除はねー、そのねぇ、日によるんですよねー。
 カウントダウンがあるでしょ。カウントダウンのリハーサルが」

「そうですね」
「その前に終わらしておきたいんですよね、僕としては」

「んー」
「それからちょっとだけ残して、カウントダウンのリハやって、朝やるでしょ、カウン
 トダウンのリハーサルを」

「はい」
「それで終わった後に……やりに行くか」

「んー」
「でもまぁ基本的にみんなとそんとき遊んじゃったりしてんだよな。結局。まぁなー、
 どっちかっつたらでも嫌いだな。あーまぁ今日はここまででございますけども」

「それではここで1曲聴いていただきましょう、嵐さんで『Life goes on』」

「オオクスさんこれアルバムの」

「はい」
「曲ですよね。」

「そです」
「何て曲でしたっけ」

「えっとー…『Life goes on』」
「はふふふふ。リアルにおせぇ!」

「(笑)すいやせん」
「リアルに遅かったね今ねー!」

「(笑)失礼しました」
「オオクスさんこの曲好きですか?」

「いやこれはこれで、あのーいいじゃないすか」
「おぉ(笑)全然好きそうじゃない。ははは」

「いやいや(笑)いいですよ」
「これはこれでいいじゃないすか(笑)」

「失礼しやした。あのー、何すかねー、やっぱ大人っぽい、ですかね。これはどっちかに
 分けると」
「こういう曲ってあんまなかったのかもしれませんねー」

「そうですねー」
「嵐さんねぇ」

「しゃれ、しゃれてますね」
「シャレオツな。楽曲だと」

「そうですねぇ」
「アルバムに入ってますからね」

「入ってます」
「ぜひ聴いていただきたいと思います。お送りした曲は嵐さんの『Life goes on』
 でした」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしておりますBAY STORM、続いてはこちらの
 コーナーにいってみましょう」

【裏嵐】のコーナー!

「はい、まずこの人!」

 『二宮さん、短い髪の毛すごく似合います。さて、タモステ…タモステって言うの?
  へー。
タモステSPに嵐さんたちが出ましたが、二宮さんはタモさんに「髪切った?」
  と聞かれました?こっそり期待していたのに、オンエアではなかったので、他に
  何か裏話があったら教えてください』

「だって。裏話ねぇ。まぁ長いよね。待ってる時間の方が」

「そうですねぇ、3時間、の生放送、プラス、ねぇリハーサル」
「リハーサルがあって」

「ねぇ」
「長かったねぇ。あの時はねぇ。でも…リハーサルができないかも、みたいなこと
 言ってたじゃないっすか」

「えぇえぇ」
「翔さん、と大野さんが。ちょっといろいろ仕事をやってて。最初3人だけだったじゃ
 ないっすか」

「はい」
「でも意外にみんな早く集まりましたね(笑)」

「なんとか。余裕が(笑)」
「んふふふ」

「安心しました」
「みんな、3回ぐらいできましたからね。1曲ね」

「そうですね」
「いや、久々だったから僕らもちょっと不安だったわけですよ。5人で1回も合わせて
 ないでね?そのーー、できるのかどうかってのがね?でも、結構、普通にできま
 したね」

「そうですね」
「考えてみたらね」

「あのー、ディレクターが、J-Stormのディレクターが。リハーサル見て、ちょっと心配した
 けどさすが、本番はびっしりやってくるなと」
「ふふふふ」

「言ってましたよ?」
「ふっ、さすが。さすが越後屋」

「いやいやほんとに」
「驚いたね。グッとその、持ち上げるっていう、ことに関して言うとほんとに」

「はい」
「そういう本出してみたらいいんじゃないかな。続いて」


 『この前のゲームニッキXで出てた「マチソワ」って何のことですか?ぜひ教えて
  ください』

「…こんなこと言ってたんだね。…マチソワって何のことですか(笑)ってこれ、
 難しいね。2回公演、じゃない?たぶん。リーダーの舞台の時かな?たぶん使った
 の。…あのね、1回目のことを、マチネって言うんですよ」

「はい」
「で、2回目をソワレって言う…何語?フランス語?」

「フランス語…」
「かな?そうそう。で、2回公演のことをマチソワっ…て、言わない。か。1回目、
 とかって言うか。だ、今日1回目、とかじゃなくって、だ、昼公演を、マチネって
 呼んで、夜公演を、ソワ、ソワレって言うのね?」

「はい」
「だから、『あ、今日マチネだけだから別に、終わったら、行けるよ』みたいな」

「へぇー!」
「『あー!今日、マチソワなんだ、ごめんね』みたいな。『今日ちょっとごめん、
 出れない』みたいな、『疲れてるから無理』みたいな。『マチソワだから無理』
 みたいな。まぁ(笑)そうか、出ちゃったかなぁついに。カッコいいところが。
 まぁね!わかる、そんななん、意識してないんだけどなぁ、どうしても出ちゃうんだ
 ろうなーそうやって。ん?。まぁ、使いたかったら使ってもいいんじゃない?
 みんな。2本撮りとかあるんだったら。『今日マチソワだー』みたいな。…まぁ
 フランス住んでたから出ちゃうんだろうな。ちょいちょいちょいちょいな。んー。

 さあ!続いてはですね、メールフォーム限定企画のこちらにいってみましょう」

【オレってこんな奴クイズ】

「さあお待たせしました。毎月第2週目は正解発表の日ということで、この番組
 のメールフォームだけで僕にまつわるクイズを出題中の、【オレってこんな奴
 クイズ】。3月分のクイズは正解率50%を超えることができたのか!まずは
 クイズのおさらいをしましょう。3月分のクイズはこちらでした。『二宮家の庭
 には、毎年タンポポが咲く。Oか×か』」

「えぇ、正解の発表にいきたいなぁなんて思っておりますけども、正解は!…×
 でした?!!(パチパチ、パチ)そういうことでね?今日も。ねぇ、しょぼくれ
 た感じでやってますけども。庭、がね。ん、まーないんですよ。コンクリート
 ですよ。完全なる。ん、工場だからね。工場の、あのー人たちが使う洗濯機とか
 が置いてありますよ。うちの、そこを庭と称すならね?…二層式の。……あれぁ
 うるっさくてねー!脱、脱水かける時にもぉーうるさくて。ほんっとになんか、
 泥棒入ったのかなっていうぐらい。うるさい。基本的には5時で終わりなんすけど
 出張から帰ってきたりするとまぁ8時9時になったりするわけですよね。そーすっと
 その時間から洗濯機を回されるとまぁーうるさい!ガータガタガータガタ。それに
 びっくりして犬がまた吠えて。またさらにうるさくて。もーダメだね。あれ。
 買い換えないと。でも、さすがにさぁ、ドラム式とかを外に置ける自信とかって
 ないよね。ないでしょ。絶対ないよね。なんであの二層式は置けたんだろうか外に。
 団地の、さぁ。あのー住んでる人とかもさぁ、あの、外に置くじゃん」

「はい」
「乾燥機が上にあったりとかさ、してさ」

「そうですね」
「置いたりする人いるでしょ?」

「はいはい」
「なんで、まぁでもそうだね、完全外だからね。うち」

「屋根、もないんですか」
「ないないない」

「あ!それはすごいですね」
「うん。食堂の、食堂と工場を繋ぐ道…のとこに、手ぇ洗う場所があって、その隣
 に、置いてあるのね」

「へぇー」
「それがねぇ、そう、もうだぁコンクリートですからね。完全にないんだけどね」
 
「そして気になる正解率50%以上だったらお宝音源をオンエアしちゃいますが今回の
 クイズの正解率はなんと、34%!…低いなぁ。…難しいのかなー。確かに、あり
 そうな感じするもんね。でも俺工場だからねぇ、ないかなーっていう感じで言って
 たんだけどな。ただまぁ俺が工場に住んでるって人がどれだけ知ってるかって
 ことがポイントなんだよね。まぁ、正式に言うと工場には住んでないからな。
 …難しいかもしんないね。俺のひいじいちゃんの銅像ありますけどね。んー。
 ねぇ、んーなんかね、そういうねぇ、家系なんですよ。たいしたことやってない
 のに、そういうのに残したがるんですよ。うちの家系。普通に、だ、ほんとなんも
 やってない。でも、なんか、こういうのが欲しいみたいな。のでねぇ、すぐそう
 いう、うちのじいちゃんがそうでした。なんか。銅像みたいなやつ。なんか作ったん
 ですよ」

「ほんとっすか」
「んー。(笑)誰が欲しいんだろっていうようなのを?作ってましたね。だから全然。
 会ったことない、っすけど、まぁたぶんこの人ひいじいちゃんなんだろうなって
 いうのは銅像でよく見てましたね僕。そういう家系なんだろうね。ままま。
 今回ね、34%でございましたけどね、えー4月分のクイズもアップしましたので。
 来月は正解率50%以上を目指していただきたいと思います。それではここで1曲
 聴いていただきましょう、嵐さんで『Once Again』」

「…この曲は、通常盤に入ってるんだっけ?」

「これーはー…通常盤(笑)に入って…」
「おっとぉ?データーが?崩壊し始めたのかー!」

「ちょっと…」
「一生懸命ページをめくっているぞー!オオクシさん!」

「カバンの中に、すいません(笑)失礼しました。あ、そうですね」
「この曲?」

「はい!」
「んふふ!」

「失礼しました」
「元気だな今の『はい』」

「(笑)」
「この曲は、通常盤に。逆を言うとこの曲は通常盤にしか入ってないってことですか」

「そうなります」
「ね。初回限定盤には、ソロが付いてるが故、通常盤にだけこの曲が収録されている
 ということですね」

「そうです。はい」
「なるほどね。わかりました。お送りした曲は、えー嵐さんの、『Once Again』
 でした」

「さて!嵐のカズナリニノミヤがお送りしましたBAY STORM、そろそろお別れの
 時間なんですが」

「えーっと嵐さんの情報と致しましては?えっとぉ?4月の12日、に?『VS嵐』がぁ?
 始まったぁ!昨日か。昨日始まって。でー、16日に、えーDVDが出るということで
 すね。ほー、『Time』の。『Time』の収録したやつが、10月8日。の、ドーム公演を」

「はい」
「収録されてるんだ。えーそれが出て。で、その1週間後に、アルバムが、出ると
 いうことでございますな」

「そうです」
「なるほど。これからも大変ですなぁ。そしてもうこの1ヶ月、も過ぎる、1ヶ月も
 経たないうちにツアーが始まって」

「はい」
「な、忙しいなー!嵐さん!来週は、プレゼントがある。ってことで。ねぇ。
 そりゃそうだよね。もう、アルバム出るんだから」

「そうですね」
「プレゼントがね、あるから。嵐のオリジナルグッズが当たるということで、ぜひ
 とも来週もチェックしていただきたいと。いうふうに思っております!ということ
 でお相手は、嵐の二宮和也でした、また来週!」
 

02:24  |  BAY STORM  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://pikanino.blog8.fc2.com/tb.php/995-907b8256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |